初めての北海道・美瑛おすすめ観光紹介!何度でも訪れたい絶景スポット

初めての北海道・美瑛おすすめ観光紹介!何度でも訪れたい絶景スポット

なだらかな丘陵地帯が続く北海道の美瑛町。ここへは何度も足を運びたくなる素晴らしい場所です。初めて美瑛を訪れて、その素晴らしい景色に魅了され、再びこの地を訪れたいと思う方はたくさんいらっしゃることでしょう。美瑛は、駆け足で巡れば1日で観光することができますが、時間が許すのであれば1泊以上宿泊してのんびりと観光されることをおすすめします。四季折々の美しさと大自然が魅せる絶景を堪能することができる、美瑛の魅力を存分に味わう旅をしてみませんか。

2016年12月15日

北海道 美瑛町について

北海道 美瑛町について817739

出典:トムとジェリーさんの投稿

北海道のほぼ中央部に位置する美瑛は、北は旭川、南は富良野と隣接する、なだらかな丘陵地帯です。旭川と富良野を結ぶJR富良野線沿いに、美瑛の見どころが点在しています。美瑛では、ヨーロッパの田園風景を彷彿とさせる素晴らしい景色が広がっています。地平線が見えるほどの広大な大地、遠景に見える十勝岳連峰、雄大な大自然の美しさ、豊かな土壌が魅せる実りの大地など、美瑛は、北海道の魅力が凝縮されたような場所です。
北海道 美瑛町について817741

出典:ぱんだやさんの投稿

しかし、公共の交通手段があまり充実していないため、美瑛を訪れる場合は、レンタカーを借りることをおすすめします。美瑛では、観光スポット同士を結ぶ道中でも、まるで絵本の世界のような素晴らしい景色を楽しむことができます。今回は、じっくりと美瑛を観光したいという、リピーターにおすすめの美瑛の見どころについて紹介します。

美瑛でのおすすめレストラン

美瑛に着いたら、観光を始まる前に、ランチを食べに行きませんか。

美瑛の観光スポットは丘陵地帯に点在しおり、ドライブ観光を始めると、なかなかレストランが見つからない……ということもあります。“いきなりランチ?”と思うかもしれませんが、市街地となっている美瑛駅や美馬牛駅周辺でランチを済ませてから、ゆっくりと観光をはじめることをおおすすめします。

ファームレストラン千代田

「ファームレストラン千代田」料理 817746 ビーフシチュー

出典:とろぱんださんの投稿

ファームレストラン千代田は、豊かな牧草地で育てられた「びえい和牛」のレストランです。特製ソースと一緒にじっくりと煮込まれた、びえい和牛のビーフシチューは絶品で、心も身体も温まるはずです。

「ファームレストラン千代田」料理 817747 サーロインステーキ

出典:おかめっこさんの投稿

ちょっと贅沢をしたい気分なら「びえい和牛のサーロインステーキ」もおすすめです。一口食べると、口の中いっぱいに、ジューシーで柔らかいお肉の旨味が広がってゆきます。

「ファームレストラン千代田」外観 817748

出典:とろぱんださんの投稿

JR富良野線「美瑛駅」から車で道道213号線を経由し、南東に進み約15分。

ファームレストラン千代田の詳細情報

ファームレストラン千代田

美馬牛 / 洋食、ステーキ、ハンバーグ

住所
北海道上川郡美瑛町水沢字春日台第1-4221
営業時間
4/1~12/31 11:00~20:00(L.O) 1/2~3/31 11:00~16:00(L.O)
定休日
12月31日、1月1日
平均予算
  • ¥3,000~¥3,999

データ提供

STAPLE(ステイプル)

「ステイプル」料理 817752 前菜。

出典:

STAPLE(ステイプル)は、美瑛のパノラマロードにあるレストランです。美しい色遣いと盛り付けの前菜から始まるランチコースは、思わず写真に収めたくなるものばかりです。

「ステイプル」料理 817753 美瑛産小麦を使用したパン。

出典:

美瑛で穫れた小麦を作って作られたパン。まさに「美瑛を食す」という気分を味わうことができます。

「ステイプル」内観 817754 店内から。

出典:

JR富良野線「美馬牛駅」から車で道道824号線を北に進み約10分。

ステイプルの詳細情報

ステイプル

美馬牛 / レストラン(その他)

住所
北海道上川郡美瑛町字瑠辺蘂第5
営業時間
11:00~17:00 (L.O.16:00) 1/4〜3/31までは、御予約のみ。 3日前までに御連絡ください。
定休日
木曜
平均予算
  • ¥3,000~¥3,999

データ提供

ランチでお腹いっぱいになったら、さっそく観光地めぐりを始めましょう。

美瑛のおすすめ観光スポット

ぜるぶの丘

ぜるぶの丘817760

出典:beuringさんの投稿

ぜるぶの丘は、国道237号線沿いにある大きなお花畑です。競うように咲き誇る色とりどりの花が、この地を訪れる観光客を迎え入れてくれます。

ぜるぶの丘の詳細情報

ぜるぶの丘

住所
北海道上川郡美瑛町大三
アクセス
JR美瑛駅から車で5分
営業時間
[4月〜10月]
定休日
[11月〜3月]

データ提供

JR富良野線「美瑛駅」からで国道237号線を北に進み約5分。

ぜるぶの丘でお花畑の魅力を堪能したら、北西の丘展望公園へ向かってみましょう。

北西の丘展望公園

北西の丘展望公園817764

出典:FJさんの投稿

北西の丘展望公園は、美瑛駅からほど近い展望台です。ここでは、美瑛の丘陵地帯を360度の大パノラマで見渡すことができます。

北西の丘展望公園の詳細情報

北西の丘展望公園

住所
北海道上川郡美瑛町字大久保協生
アクセス
美瑛駅から車で8分

データ提供

JR富良野線「美瑛駅」からで車で国道237号線を経由して北西に進み約6分。

北西の丘展望公園で360度の大パノラマで美瑛の丘陵地帯を眺めた後は、新栄の丘展望公園へ向かってみましょう。

新栄の丘 展望公園

新栄の丘 展望公園817768

出典:鈴電さんの投稿

新栄の丘展望公園は、美瑛でも人気のパノラマスポットです。東側を眺めると、遠くには十勝岳連峰と赤い家が見えます。冠雪した十勝岳連峰、なだらかな丘陵地帯、広大な大地に1軒だけ静かに佇む赤い家が織りなす風光明媚な景色を眺めていると、絵本の中に入り込んだかのような感覚を覚えることでしょう。

新栄の丘展望公園の詳細情報

新栄の丘展望公園

住所
北海道上川郡美瑛町美馬牛新栄
アクセス
JR美瑛駅から徒歩で60分4.00km - JR美瑛駅から車で7分4.00km
料金
無料

データ提供

JR富良野線「美瑛駅」からで車で南に進み約8分。

新栄の丘展望公園を訪れたら、クリスマスツリーの木へ向かってみましょう。

クリスマスツリーの木

クリスマスツリーの木817772

出典:ろけっとんさんの投稿

クリスマスツリーの木は、地平線が見渡せるほど広大な畑の中に一本だけポツンと立つトウヒの木です。よく見るとこのトウヒの木の先端が、クリスマスのオーナメントのように星の形をしているように見えてこないでしょうか一本だけ立っているトウヒの木を眺めていると、多くの農作物が収穫できる豊かな美瑛の土壌は、このクリスマスツリーの木が与えてくれたプレゼントではないか、という思いが込み上がってきます。

クリスマスツリーの木817773

出典:トムとジェリーさんの投稿

冬景色の中にひっそりと佇むクリスマスツリーの木。見渡す限り銀世界が広がる中、クリスマスツリーの木が一本だけ静かに立っている様子を眺めていると、まるでサンタクロースの故郷を訪れているかのような気分を味わうことができます。

クリスマスツリーの木の詳細情報

クリスマスツリーの木

住所
北海道美瑛町美馬牛

データ提供

JR富良野線「美瑛駅」からで車で、国道237号線を南に進み約11分。

クリスマスツリーの木を訪れたら、美瑛でも屈指の人気観光スポット、四季彩の丘へ向かってみましょう。

四季彩の丘

四季彩の丘817777

出典:コーサンさんの投稿

四季彩の丘は、美瑛のほぼ中央部に位置する7ヘクタールの敷地を誇るお花畑です。美瑛でも屈指の人気を誇る四季彩の丘では、四季折々で美しい花が大地を彩っています。色とりどりのお花畑の向こうには、カラマツ林、さらに遠景には十勝岳連峰を見渡すことができます。

四季彩の丘の詳細情報

四季彩の丘

住所
北海道上川郡美瑛町新星第3
アクセス
JR美瑛駅から車で20分
営業時間
[12月上旬〜4月中旬] ウィンターシーズン [4月下旬〜11月] グリーンシーズン
料金
大人 200円 夏季体験料金;バギー(1人乗り)500円、カート(4人乗り)2000円/15分 冬季スノーランド体験料金;ソリ遊び・チューブ200円、スノーラフト・バナナボート600円、1人乗りスノーモービル1周(1km)料金1000円 その他 200円 花畑管理費用として1人200円の募金(春〜秋)

データ提供

JR富良野線「美馬牛駅」から車で道道824号線南東に進み約6分。

四季彩の丘を訪れた後は、三愛の丘展望公園へ向かってみましょう。

三愛の丘展望公園

三愛の丘展望公園817781

出典:ぱんだやさんの投稿

三愛の丘展望公園からは、美瑛のパノラマロードの全景を一望することができます。なだらかな丘陵地帯の向こうに、十勝岳連峰を臨むことができ、美瑛らしい景色を堪能することができます。

三愛の丘展望公園817782

出典:Mondobluさんの投稿

抜けるような青空、陽射しを浴びて輝く白い雲、黄金の麦畑、広大な緑豊かな牧草地帯、白い皮肌をしたシラカバの木が織りなす景色の素晴らしさは、絶景そのものです。

三愛の丘展望公園の詳細情報

三愛の丘展望公園

住所
北海道上川郡美瑛町字三愛
アクセス
美瑛駅から車で10分
料金
無料

データ提供

JR富良野線「美馬牛駅」から車で東に進み約17分。

三愛の丘展望公園で、美瑛の丘陵地帯の美しさを堪能した後は、白金温泉方面へ足を延ばしてみましょう。まずは、青い池へ向かってみませんか。

青い池

青い池817786

出典:えしえしさんの投稿

青い池は、十勝岳山麓の白金温泉からほど近い場所にある池です。もともとは1988年に噴火した十勝岳の火山泥流による災害を防ぐために造られた堰堤(えんてい)に水が溜ったものです。

ターコイズブルーの水面に立ち枯れのシラカバの木が並び、幽玄とした雰囲気を創り出し、この世のものとは思えないほど神秘的な光景が広がっています。

美瑛(白金) 青い池の詳細情報

美瑛(白金) 青い池

住所
北海道上川郡美瑛町白金
アクセス
JR美瑛駅から約18km、白金温泉から2.5km
営業時間
7時00分〜19時00分

データ提供

JR富良野線「美馬牛駅」から車で道道824号線を経由し、道道966号線を南東に進み、約22分。

青い池817788

出典:ぱんだやさんの投稿

青い池では、期間限定でライトアップが実施されています。

漆黒の闇の中、浮かび上がる白い立ち枯れの木が水面に映し出される様子は、まるで木が中に浮いているかのようです。白と黒のコントラストが魅せる夜景を眺めているとは、まるでモノクロの世界に入り込んだかのような気分を覚えます。

青い池を訪れたら、白ひげの滝へ向かってみましょう。

白ひげの滝(しらひげのたき)

白ひげの滝(しらひげのたき)817792

出典:P&Fさんの投稿

白ひげの滝は、白金温泉郷にある高低差30メートルの滝です。轟く音、岩肌を覆う白いしぶき、周囲の緑、青みがかった川が織りなす景色は、絶景そのものです。

白ひげの滝の詳細情報

白ひげの滝

住所
北海道上川郡美瑛町字白金
アクセス
1) JR美瑛駅からバスで30分 2) JR美瑛駅から車で20分18.50km

データ提供

JR富良野線「美馬牛駅」から車で道道824号線を経由し、道道966号線を南東に進み、約26分。

白ひげの滝で絶景を見たら、十勝岳展望台へ向かってみましょう。

十勝岳展望台

十勝岳展望台817796

出典:

十勝岳展望台からは、十勝岳連峰の主峰で標高2077メートルを誇る十勝岳を間近で見ることができます。日本百名山、花の百名山に指定されている活火山、十勝岳の堂々たる佇まいは、大自然の美しさだけでなく、畏怖さえも感じ取ることができます。

十勝岳望岳台の詳細情報

十勝岳望岳台

住所
北海道上川郡美瑛町白金
アクセス
1) 白金温泉〜望岳台間のバスは廃止。 2) 美瑛駅から車で35分 3) びえい白金温泉から車で10分

データ提供

JR富良野線「美馬牛駅」から車で道道824号線を経由し、道道966号線を南東に進み、約26分。

勝岳展望台で絶景を堪能したら、白金温泉でゆっくりと身体を休めてみませんか。

びえい白金温泉

びえい白金温泉817800

出典:

観光や絶景めぐりで疲れたら、びえい白金温泉に入って、ゆっくりと旅の疲れを癒すのもおすすめです。

びえい白金温泉の詳細情報

びえい白金温泉

住所
北海道上川郡美瑛町白金
アクセス
美瑛駅からバスで35分20.00km

データ提供

JR富良野線「美馬牛駅」から車で道道824号線を経由し、道道966号線を南東に進み、約26分。

美瑛でのおすすめ宿泊スポット

森の旅亭びえい

森の旅亭びえい817804

出典:

白金温泉郷にある森の旅亭びえいは、客室露天風呂付の部屋があるこじんまりした旅館です。客室も17室という小規模な旅館なので、白金温泉でゆっくりと旅の疲れを癒したいという方におすすめです。

公式詳細情報 白金温泉郷 森の旅亭びえい

白金温泉郷 森の旅亭びえい

旭岳・天人峡・白金 / 高級旅館

住所
北海道上川郡美瑛町白金10522-1地図を見る
アクセス
道央自動車道旭川鷹栖インターより国道237号線美瑛町を経て白...
宿泊料金
23,100円〜(2名1室 / 1名)
宿泊時間
15:00(IN)〜 11:00(OUT)など

23,100円〜 / 人

もっと見る

データ提供

いかがでしたか?

美瑛には、紹介したスポット以外にも素晴らしい場所がたくさんあります。なだらかな丘陵地帯が魅せる風光明媚な景色を眺め、雄大な十勝岳連峰で大自然の畏怖を感じ、白金温泉でゆっくりと身体を癒し、美瑛の魅力を存分に味わってください。
いかがでしたか?817808

出典:m-hillさんの投稿

北海道のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

関連キーワード

奈良を旅する編集部おすすめ