カフェなのに珍スポット?!愛知「パブレスト百万ドル」がスゴすぎる!

カフェなのに珍スポット?!愛知「パブレスト百万ドル」がスゴすぎる!

モーニング文化の根強い愛知県には、話題のカフェや老舗の喫茶店など個性的なお店も多く存在します。その中でも一際目立つ存在として知られているのが、犬山にある「パブレスト百万ドル」。珍スポットとして数々のメディアでも取り上げられた有名店ではありますが、カフェなのに珍スポットって…?気になりませんか…?そこで百万ドルの魅力、なんだか人情を感じる珍スポットの魅力をご紹介します。

2017年07月01日

A post shared by Atsushi Hayase (@ahaya_orca) on

進化し続ける愛知の食文化「喫茶店でモーニング」。他府県と比較にならないサービスの愛知のモーニングセットは、来訪者を魅了し続けます。
「百万ドル」外観 1225450 店頭

出典:ナナモンさんの投稿

ここでまた、名物カフェと呼ばれるお店をご紹介しましょう。一風変わったオーラを持つその店の名は「パブレスト百万ドル」。一風変わった…という形容詞だけではすまされないその外観は、数多くのメディアでも取り上げられ今もなお語り継がれています。
今回は「愛知の珍スポット」の異名を持つ、「パブレスト百万ドル」の謎と、その魅力に迫っていきます。

外も内もマスターも…コッテコテ!カオスなカフェ「パブレスト百万ドル」

A post shared by @asahi_yoshi on

名鉄犬山線犬山遊園駅東口から少し歩くと、明らかにただものではないオーラを放った建物が現われます。実のところ駅からも目に入り、電車で通過するたびに凝視してやまない建物でもあります。
「百万ドル」外観 1225457 普通の道路に突然変な建物。バックには墓地が。

出典:とき2さんの投稿

まず、この得体の知れないその建物はお店です。そして、喫茶店です。さらに付け加えていえば、カラオケもできます。

A post shared by 高嶺 京香 (20) (@kyokaiu) on

アーティストなのか、怪しいだけなのか分からないその外観に、「コッテコテ」「カオス」という横文字が脳裏をよぎることでしょう。何も知らなければ入店することすらためらいます。

メディアで取り上げられ人気が回復したというこのお店は、その外見の激しさが故に一時期客足が遠のいたとマスターは語ります。

ですが、その外観の激しさ、マスターの独特なキャラを愛し、通い続けるファンもいるのです。

いよいよパブレスト百万ドルに潜入!

A post shared by Mai (@maiilhnzl) on

話は「パブレスト百万ドル」に戻り、いよいよ潜入します!

竜門をくぐれ! 

A post shared by t.宏和 (@t.hirockers) on

「竜門」と書かれた入り口が目の前に立ちはだかります。「登竜門」のような意味合いなのでしょうか。確かにここをくぐれば、生まれ変わりそうな気がします。

パブです

中は広く、カフェというよりは昔ながらのパブのようです。そういえば、店名にもパブレストと書かれていましたね。

土足厳禁の店内は、絨毯が敷かれ、カウンター席、ソファー席、さらには床にライトが埋め込まれた本格的なカラオケスペースまであります。

アート!アート!あと、写真

「百万ドル」内観 1225539

出典:motojirouさんの投稿

店内も外装に負けない名画がびっしり飾られています。これらもすべて、マスターが自分で描いたもの!完成度の高い絵画に目を奪われます。油絵かと思いきや、これらはすべてペンキで描かれているのだとか。巧妙な厚塗り加減が、それを感じさせません。名画って画材を選ばないものなのですね。

「百万ドル」内観 1225537 店内

出典:ナナモンさんの投稿

店内もマスターのギャラリーなのかと思いきや、写真やポスターも多く飾られています。よく見ると、多くの写真に同じ女性が映っています…!

待ってました!名物メニュー!

「百万ドル」ドリンク 1225549 アイスコーヒー

出典:ナナモンさんの投稿

落ち着かない店内で、落ち着いて目的のメニューが到着するのを待ちます。まずは飲み物を注文♪

なぜかみたらし団子が付いてきますが、どうやらこれはお約束のよう。このコーヒー、侮るなかれ、さすが老舗喫茶店だけあっておいしいのです。意外と言ってはいけません。

A post shared by MIKAKO (@19880720) on

ドリンクを注文しただけですが、ほっこりしたところに続いてサンドイッチも登場!ボリュームがあり、お味もバッチリです。なぜか、三色団子も付いてきますが、これもお約束の一品です。

A post shared by ETO RUMI (@rumi.e) on

ちなみにドリンク以外のフードメニューを頼むと、団子がサラダに乗ってくることもあります。

「百万ドル」料理 1226397 すいか

出典:ナナモンさんの投稿

コーヒー一杯にこのボリュームでドリンク代だけというのはまずまずお得、なんて考えていたら次の部隊がやって来ます。

「百万ドル」料理 1226402 シュークリーム

出典:ナナモンさんの投稿

なぜかスイカ、どら焼き、お菓子…などが次々に運ばれて来る様子に、「これが噂の愛知モーニング!?」と度肝を抜かされることでしょう。実はモーニングタイムだけでなく、常にサービスがスゴイんです!

「百万ドル」料理 1225543

出典:kazu.926300さんの投稿

ですが、これで終わりません。いつのまにやら、机の上は満員御礼状態。

A post shared by Tomo Eagle (@tomoeagle) on

ドリンクを頼んだだけで、こんな状態になっちゃうかも?!

A post shared by @dubles on

コーヒーを頼んだのに、シメに缶コーヒーがやって来ることも…。後半は市販品のサービスですが、明らかにコストパフォーマンスが良すぎでしょう。経営の方が心配になります。

通常のセットメニューでもこのデカ盛りです。

マスター曰く、「ぼくはお客さんと話すために続けている」とのこと。本当に人間が好きという、マスターの人柄が垣間見られます。

マスターという一人の男

ブイブイいわすよ70代

A post shared by 金髪豚野郎 (@burusuco) on

到底70代とは思えない風貌のマスターは、男の色気を感じさせ、加えてタフな人物。お話好き、世話好き、歌も好きといった根っからのサービスマンに見られる共通の雰囲気が漂います。来訪者には必ず声を掛け、楽しい話題をふりまきます。

手厚いサービス、真心がこもった接客で、来訪者を魅了してやみません。

降臨するイメージはスペクタル

A post shared by ハル (@halspace) on

お店の外装も、店内の絵画もマスターがペンキで描いたもの。特にお店の外装に施されたメッセージは、マスターの中に突然降りてきたフレーズを書いたものなのだそうです。

「百万ドル」料理 1225573

出典:motojirouさんの投稿

降りてきたらその意味を考えずに書く。例えば、何か喜ばしいことがあったとき、言葉を飾り立てず、そのままのイメージで記すのです。

絵に関してもその日、「これを描こう」と思って描くのではなく、思いついたときに思いついたイメージのまま描くのだとか。それがつもりに積もって、店の雰囲気を一段と個性的にしていったのですね。

すぎさりし日々の…

もともとパブレスト百万ドルは、普通のどこにでもある喫茶店でした。それが「珍スポット」という名を冠するまでになったその理由は、いうまでもなくこの外装。自らをアーティストと称し、ギャラリーと化した店内外。こうなるまでには一体何があったのでしょうか? 

A post shared by 高嶺 京香 (20) (@kyokaiu) on

その昔、マスターには愛した女性と、その間に息子さんがいました。二十数年の歳月をともに過ごし、幸せは続いていくものと疑いもしなかったある日。女性と息子さんは忽然と姿を消してしまったのです。

マスターは悲しみにくれ、荒れた生活を送ります。荒れに荒れて、店の外装の修繕を業者に依頼する資金すらつきてしまいます。自分で刷毛を持ち、ペンキを塗っていたそのとき。無性に息子さんの絵が描きたくなってきたのです。

A post shared by 金髪豚野郎 (@burusuco) on

板の上に描いた息子さんの絵は、初めてと思えない出来映えでした。これがきっかけとなり、マスターは無我夢中で絵を描き続けました。次第に板の上だけではなく、店の外装に進化していったのです。

マスターは「絵を描いていなかったら死んでいたかもしれない…」といいます。今でもマスターはあのときのように思いついたことやイメージを、好きな場所に、好きなように描き続けます。

マスターの消えない思い出は、この店の外壁に記されています。「聖女純子」これは愛した女性の名前。そして、店内に飾られている写真に映る女性です。

所々でみかける「ゆうき」の文字。これは息子さんの名前なのだそうです。

この話を伺ってから改めてメッセージや絵を見ると、すべての作品からその魂が伝わってくるようですね。

不思議なカフェ。それは愛ゆえに

いかがでしたか? 個性と人情、そして愛が詰まった不思議なカフェ「パブレスト百万ドル」。店名のごとく、百万ドル、いえ、それ以上の価値のある世界があなたを待っていますよ。

愛知県犬山市にお越しの際は、ぜひお立ち寄りくださいね。

百万ドルの詳細情報

百万ドル

犬山遊園、新鵜沼、鵜沼 / カフェ、喫茶店

住所
愛知県犬山市大字犬山字瑞泉寺31-1
営業時間
11:00~21:00(夜は予約制)
定休日
不定休
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

愛知県のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

SNSで人気

関連キーワード

全国を旅する編集部おすすめ

お得に旅する編集部おすすめ

Go To トラベルキャンペーンでお得に旅しよう♪ 知っておきたい基本情報&オススメの旅先