海が目の前!淡路島の「FBI」でオシャレな大人キャンプ♪

海が目の前!淡路島の「FBI」でオシャレな大人キャンプ♪

兵庫県の淡路島。キレイな海があり、観光地として有名です。そこには、キャンパーたちの間で人気のキャンプ場があるんですよ。それは「FBI」。キャンプと言うと、テントで眠るイメージ。ですが、ここではソファやベッドが揃ったキャビンで眠ることもできるんです。さらに海を目の前にして、レストランバーでお酒を楽しめます。気取らず、初心者でも気軽に楽しめる「FBI」にキャンプへ行ってみませんか?2017年07月16日 最終更新

ブログで紹介

HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。

0

FBIとは?

A post shared by adachi kyoko (@kokoanuenue) on

「First Class Backpackers Inn.(ファーストクラス バックパッカーズ イン)」略して、「FBI」。「FBI」は、淡路島の五色町にある総面積約2,000坪の小さなキャンプ場です。キャンプ場では、テントやキャビンに宿泊したり、BBQや花火、海水浴をしたりと、思い思いのスタイルのキャンプが楽しめます。

コンセプトは「大人の秘密基地」

「FBI」内観 1246594

出典:ラインバックとブリーデンさんの投稿

夜遅くまで営業しているバーでアルコールを傾けたり、流行のグランピングでキャンプをおしゃれに演出したり、波音を聞きながら花火や談笑で拭けていく夜は、まるで海外のリゾートキャンプのよう。ワクワクとした気持ちにさせてくれます。自然と共鳴して遊ぶ、まさにここは大人の秘密基地です。

営業期間・予約

営業期間・予約1242949

出典:bei0668さんの投稿

営業期間は、4月~10月末まで。5月・6月・10月の休日は毎週木曜日、7月・8月・9月は無休です。予約は、3カ月先まで可能。FBIのサイトからできます。あっという間に予約が埋まってしまうので、予約開始日に申し込むようにしましょう。

景色がきれい

景色がきれい1243938

出典:

キャンプ場前に広がる船瀬ビーチは、入り江にある波静かな遠浅のビーチ。人目につきにくいこともあり、穴場的雰囲気が魅力です。

A post shared by Shinya Katagami (@shinya822) on

プライベートビーチのような小さな海水浴場は、人も多くなく、海も透明度が高くきれいです。ビーチから海を眺めて、ぼ~っとする時間は、プライスレス。日ごろの疲れもストレスも、一瞬で吹き飛んじゃいます。
夕暮れ時の景色も見逃せません。美しグラデ―ジョンの中に浮かぶ情緒的な灯りは、人恋しくなりますね。

色々なキャンプスタイル

A post shared by Toshiyasu (@haratoshi) on

宿泊やBBQが楽しめるテントサイトは、「ビーチエリア」と「シービューエリア」の2つ。「ビーチエリア」以外なら、オートキャンプが可能で、マイテントでもFBIのレンタルテントを設置したり、焚き火もできます。区画線もないので、普通のキャンプ場よりも自由なスタイルのアウトドアが楽しめます。

キャビンがあるシーサイドエリア

キャビンに泊まろう

キャビンはウッドデッキ付きの小さなお家。テントが苦手という人やアウトドア初めてさん、小さいお子様がいる方にはおすすめですよ。趣きや使える人数が異なるので、いくつか紹介していきますね。
●BILLY(ビリー)

A post shared by kojiro (@pe_la_chan) on

ビーチハウスのすぐ横に立つ6名用キャビン。インテリアも内装もオシャレでゴージャス!冷蔵庫付きキッチンやアメリカンサイズの大型バーベキューグリル、調理道具や食器まで完備されています。食材を持ち込むだけで、グランピングキャンプがはじめられちゃいます!
●LUCY MAY(ルーシーメイ)

A post shared by tsunchan108 (@tsunchan108) on

4名用キャビン。目の前のオーシャンビューを眺めながらウッドデッキでBBQの準備をしたり、心地よい海風と波音を感じながらうたた寝をしたりと、海を身近に感じられます。デッキの両端にあるヤシの木も、リゾートっぽくていいカンジです。
●frisby(フリスビー)
ヴィンテージ感があるウロコ屋根とトタン壁が素敵な、4人用キャビン。ウッドデッキには、赤で統一されたバーベキューテーブルとハンモックがあります。クリフサイドに唯一建てらえたキャビンからは、水平線が一望できます。

スタイリングテントテントもあります!

A post shared by 戎谷 大樹 (@_ebistagram) on

キャンプ感を楽しめる、テントもありますよ。でも普通のテントとは一味ちがいます。コットンテントの「JERRY(ジェリー)」は、4~6名収容可能。テント内には絨毯、テーブル、チェアを配置され、ダブルベッドも完備!タープスペースには、グリルとダイニングテーブルが備え付けられています。完璧な設備とセンスが光る、女子なら絶対、利用したくなるテントです♡

テントで楽しむビーチエリア

ビーチエリアでは、FBIのスウェーデン製ティピやマイテントでキャンプライフを満喫。海水浴やBBQ、花火を楽しんだ後は、波の音を聞きながら夢の世界へ。

スタイリングテント「TIPI(ティピ)」

A post shared by RICO (@xxtrmrk) on

国内未発売のスウェーデン製ティピ。こちらで、お手軽にグランピングが楽しめます。ティピは、収容人数や内装が異なった「CLASSIC(クラシック)」、「TIPI RELAX(リラックス」、「SLEEPY(スリーピー)」(写真)が用意されています。

マイテント

A post shared by ないき (@nike7190) on

自前のテントを持ち込んでもOK。持ち込むのは面倒という人は、FBIのレンタルテントを借りてもOKですよ。

レストラン&バー

キャンプ場の中心にある木造小屋のビーチハウス。ここには売店やカフェがあります。受付やレンタルもここで出来ますよ。

カフェ

昼のビーチハウスは、カフェとして営業。アメリカンサイズのハンバーガーやロコモコなど、季節に合わせたランチメニューが味わえます。ポテトやかき氷などもありますよ。ビーチが一望できるウッドデッキや、ソファ、ベンチチェアなどが並べられたおしゃれな空間。お気に入りの場所を見つけて、まったりしましょ。
「FBI」料理 1243339

出典:ラインバックとブリーデンさんの投稿

南国風に盛りつけられたグリーンカレーは、山盛りサラダが嬉しいワンプレートランチ。

バー

「FBI」内観 1243158

出典:ラインバックとブリーデンさんの投稿

カフェは、夜はバーに早変わり。映画のような雰囲気のカウンターで、アルコールとおしゃべりで更けゆく夜を楽しんで!

「FBI」ドリンク 1243354

出典:sanasan123さんの投稿

アルコールメニューでオススメなのが、ミントたっぷりのモヒート。モヒートは、注文を受けてから自家栽培のミントを摘みに行くので、鮮度も香りもバッチリです♪

11のルール

ビーチやキャンプ場を利用するうえで、いくつかルールがあります。気持ちよく楽しむためにも、ならず者にならないためにも、頭に入れておきましょう。
11のルール1242986

出典:涼風さんの投稿

ルールは以下のサイトから確認できます。海で遊んでもOKですが、ジェットスキーやスキューバダイビングなどは漁船の妨げになるので禁止になっています。

11のルール1243000

出典:GOATさんの投稿

騒音にも気をつけましょうね。花火はロケット花火や大きな音が出るものは禁止です。ゴミは持ち帰るなど、簡単なルールばかりですので、行く前にみんなでチェックしましょうね♪

大人の秘密基地はいかがでしたか?

大人の秘密基地はいかがでしたか?1246655

出典:xxりぃxxさんの投稿

毎年、予約が殺到する人気のキャンプ場「FBI」。キャンプやグランピングがお手軽に、思うがまま楽しめる、自由度の高さが魅力でしたね。アイデア次第でいくらでも面白くなるキャンプは、日帰りも宿泊も可能。友達や仲間と体験してみてくださいね!

FBIの詳細情報

FBI

南あわじ市その他 / 旅館・オーベルジュ(その他)、バーベキュー、カフェ・喫茶(その他)

住所
兵庫県洲本市五色町鳥飼浦2359
営業時間
10:00~24:00
定休日
無休
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999
  • ¥3,000~¥3,999

データ提供

淡路島を旅する

編集部おすすめ

関連まとめ

関連キーワード