【香川発】のんびり島旅を楽しもう♪ 瀬戸内の離島「女木島・男木島」

【香川発】のんびり島旅を楽しもう♪ 瀬戸内の離島「女木島・男木島」

瀬戸内国際芸術祭で世界的にも有名となった瀬戸内の離島たち。香川県の高松港からフェリーですぐの島も多く、有名な小豆島や直島以外にも素敵な島がたくさんあります。今回は、そんな数ある島の中から小さなふたつの島「女木島・男木島」をご紹介します。女木島は別名「鬼ヶ島」、男木島は別名「猫島」と特徴的な島。どちらもコンパクトな島で、徒歩や自転車で散策するのにぴったりなんです。今度の週末は、のんびりできる島旅に出かけてみませんか?

2017年08月10日

香川県・高松港から島旅へ!

香川県・高松港から島旅へ!1251550

出典:タダマサトさんの投稿

日本で一番小さい県である香川県。うどんのイメージが強いですが、実は船旅にぴったりの土地なのです。県庁所在地の高松からはさまざまなルートのフェリーが運航されていて、向かいの岡山県まで渡ることもできるんですよ。ターミナルとなる高松港はJR高松駅から徒歩5分とアクセスも良好です。今回は、高松港からほど近い女木島・男木島をご紹介します。

JR高松駅から高松港までのアクセスはこちら

女木島・男木島って?

高松港から見て手前にあるのが女木島(めぎじま)、その奥が男木島(おぎじま)となります。高松港から女木島まではフェリーで20分、女木島からさらに20分フェリーに乗ると男木島に到着です。女木島⇔男木島間もフェリーが運航されているため、一度高松港に戻る必要がなく、高松港~女木島~男木島~高松港という風にふたつの島を巡るのがオススメ。どちらも小さな島ですので、日帰り旅行でもじゅうぶん楽しめます。
女木島・男木島って?1276996

出典:雲くじらさんの投稿

いざ、女木島(めぎじま)へ!

いざ、女木島(めぎじま)へ!1279133

出典:雲くじらさんの投稿

女木島は別名「鬼ヶ島」とも呼ばれています。実は香川県にも「稚武彦命(わかたけひこのみこと)」がモデルとされる桃太郎伝説があり、稚武彦命が征伐した鬼(海賊)が女木島に住んでいたとされることから、女木島は鬼ヶ島と呼ばれるようになりました。島には紀元前100年頃に手で掘られたといわれる長さ400m、面積4000㎡の大規模な洞窟洞窟があり、「鬼ヶ島大洞窟」と名付けられ観光名所となっています。

まずは、乗船券を購入

港に着いたらまずは切符売り場で乗船券を購入します。予定に合わせて切符を購入してくださいね。時刻表の確認もお忘れなく!船が出発する10分前に乗船となりますので、時間に余裕をもって到着しておきましょう。
まずは、乗船券を購入1251643

A post shared by さこぴ (@sakopiiii) on

女木島、男木島へはこちらのフェリー「めおん」で向かいます。白と赤の船体が海に映えてとってもキュート♪300羽のカモメがお出迎えしてくれます。

鬼ヶ島大洞窟へ向かおう!

鬼ヶ島大洞窟へ向かおう!1251553

女木島では、まず山頂の方にある鬼ヶ島大洞窟をめざし、その後、島の風景を楽しみながらのんびり下山するルートがオススメです。鬼ヶ島大洞窟へのバスは船のダイヤに合わせて運行していますので、時間のロスなく移動できます。平日は運休となることがありますが、レンタサイクルを利用することもできます。洞窟までは上り坂が続くため、バスもしくは電動自転車をオススメします!バスのチケット購入やレンタサイクルの受付は港からすぐの「おにの館」にて。資料館や食堂などもありますので、休憩にもオススメです。

鬼ヶ島大洞窟へ向かおう!1251552

バスは洞窟のすぐそばまで乗せていってくれますので、迷う心配はありません。レンタサイクルの場合は地図を確認しつつ進みましょう。受付で入洞料500円を払い、大洞窟の入り口へ。鬼が待ち構えています。洞窟なので中は夏でもひんやり。暗いので足元には気をつけてくださいね。

鬼ヶ島大洞窟へ向かおう!1251554

洞窟に入ってみると、こんな風に鬼が座っているスポットも!鬼の宝庫や仏間など、さまざまな部屋があります。解説の案内板もありますので、かつてここに住んでいた鬼に思いを馳せながら楽しんでみてください。

洞窟を出たら鷲ヶ峰展望台へ

A post shared by Yutaro (@yutaro555_) on

洞窟を出たあと必ず立ち寄ってほしいのが鷲ヶ峰(わしがみね)展望台。洞窟から10分ほどの距離にあります。女木島で一番高いところとなっており、360度瀬戸内海を見渡すことができます!晴れた日の瀬戸内海は本当に美しく、何時間でも見ていられそうです。

のんびり下山

帰りのバスも運行されていますが、徒歩もしくは自転車でのんびり下山がオススメです。島のレトロな景色が楽しめますよ。あちこち歩き回って、お気に入りの景色を発見してみてはいかがでしょうか。なかでもオススメのスポットをいくつかご紹介します。

禿鷹墳上「20世紀の回想」

禿鷹墳上「20世紀の回想」1252043

出典:雲くじらさんの投稿

港で目立っているのがこちらのピアノ。禿鷹墳上さんの「20世紀の回想」という作品で、ピアノに大航海時代を象徴する帆が立てられています。近くに寄ると穏やかな音楽が流れており、海をいっそう美しく見せてくれます。

女木島だけの文化「オーテ」

冬は強風が吹く女木島。海沿いの家は波しぶきなどが舞い、家の中まで入ってきてしまいます。そのため、風から家を守る「オーテ」という石垣が備え付けられています。高さは3~4メートル、長さ15~20メートルにもなるんだとか。この石垣は女木島特有のもの。ぜひ探してみてください。

一泊してみたくなったら、女木島ビーチアパートへ

A post shared by Meg (@meg_traveling) on

せっかくの島旅、夜までのんびりしたい…!と思われた方にはこんな素敵な宿泊施設もあります。「女木島ビーチアパート」は海に面した素敵なロケーション。
共用のリビングダイニングやバーベキューのできるお庭など、リゾート気分を味わえるお宿です。一棟貸しも受け付けているとのことなので、みんなでわいわい旅行にもオススメです。一泊して夜の海、朝の海を楽しむのも素敵ですね。

男木島(おぎじま)へ

男木島(おぎじま)へ1251954

出典:umigorillaさんの投稿

男木島の特徴は、細い路地のような道と入り組んだ迷路のような町並み。男木島ではどこか目的地を目指して歩くというよりは、迷子気分を楽しみながらの散策を楽しむのがオススメ。港からすぐの交流館でレンタサイクルもできますが、港周辺は坂道が多く階段などもあるため散策するなら徒歩の方がよいでしょう。散策の際に知っておきたい男木島のみどころをご紹介します!

猫の楽園

猫の楽園1252108

出典:たまちち猫まっしぐらさんの投稿

島内を歩いているといたるところで見かけるのが、猫。男木島は「猫島」とも呼ばれ、世界の猫好きが集まるスポットとなっています。漁港や神社など猫が集合しているスポットもありますので、ぜひ探してみてくださいね。

「オンバ」って知っていますか?

「オンバ」って知っていますか?1251973

出典:なかた。さんの投稿

男木島名物のひとつである「オンバ」。手押し車のことで、坂道の多い男木島で荷物の運搬手段として愛用されています。島内で見かけるオンバはとってもカラフルでキュート。瀬戸内国際芸術祭の際、オンバを修理・ペイントしアート作品とするとりくみが行われたからなのです。ぜひ探してみてくださいね。

A post shared by @pua_melemele2 on

芸術祭終了後も工房は残っており、併設のカフェでは手作りおやつやドリンクなどが楽しめます。ケーキがオンバの形になっていてとってもかわいいですね!

オンバ・カフェの詳細情報

オンバ・カフェ

高松市その他 / カフェ

住所
香川県高松市男木町216
営業時間
11:00~16:30
定休日
不定休(瀬戸内芸術祭期間は無休。瀬戸内芸術祭期間以外は土日祝日のみの営業。)

データ提供

豊玉姫神社

豊玉姫神社1251990

出典:りうですさんの投稿

島の人から「玉姫さま」と親しまれる豊玉姫神社は高台にあり、島内を一望できるオススメのスポットです。豊玉姫は神武天皇の祖母にあたる人で、縁結び、安産、子孫繁栄の神様として知られているんですよ。港前にある大鳥居が玉姫さまへの入り口となっています。

A post shared by なよ (@nasubiiis) on

居心地がいいのか、猫のたまり場になっていることもしばしば。

豊玉姫神社の詳細情報

豊玉姫神社

住所
佐賀県嬉野市大字下宿乙2231-2
アクセス
1) 武雄温泉駅から嬉野温泉駅行きバスで嬉野温泉駅下車 徒歩5分 2) 長崎自動車道 嬉野ICから車で4分

データ提供

男木島図書館

A post shared by @mywhitelittlehouse on

ぜひ訪れておきたいのが「男木島図書館」。島に移住されたご夫婦が運営する図書館で、2016年に開設されました。それまで島には図書館がなく、読書の習慣がない方も多かったそう。島の方の読書環境を支える存在となっています。本の閲覧は自由。貸し出しは男木島・女木島・大島の人向けで、島外の人が借りることができるのは文庫のみとなっています。

男木島灯台

男木島灯台1252002

出典:宏さんの投稿

男木島には素敵な灯台もあります。日本の灯台50選にも選ばれているのだそう。灯台職員の元住宅を改装した資料館もあり、歴史を感じることができますよ。港からは離れた位置にありますが、近くの浜辺におりることもでき、静かな時間を楽しめるスポットとなっています。

家並みにも注目!

家並みにも注目!1252005

出典:宏さんの投稿

段々になった家並みが美しい男木島。坂道の多い島であることがよくわかります。船で到着するときや出発直後、忘れずにこの景色を楽しんでくださいね!夕方には夕日が家並みに射し、また違った表情を味わうことができますよ。

お食事処

A post shared by み (@nyarcsk) on

ランチをするならオススメは「ビストロ伊織」。なんとフレンチレストランなんです。高松から島へ移住してきたシェフが営むお店で、おしゃれで美味しいお料理がいただけると評判。島の漁師さんが獲った魚や島で採れた野菜を使っており、地産地消のお料理が楽しめます。ぜひ訪れてみてくださいね!

ビストロ伊織

食べログに店舗情報が存在しないか一時的な障害で店舗情報が取得できませんでした。

一泊するなら民宿体験を!

男木島にはお宿がいくつかありますので、島を堪能するなら一泊してみてはいかがでしょうか?オススメは、タコ漁師のご夫婦が運営する「民宿さくら」。とれたての瀬戸内の幸を女将さんが料理して出してくれるので、島の恵みをたっぷり味わうことができます。タコ壺漁の体験をさせていただけることもあるのだとか。お部屋は男女別の相部屋が基本となっていますので、島旅友達ができるかもしれませんね!

A post shared by you sakana (@yousakana) on

こちらのタコ飯は絶品だと有名で、島外から食べにくる人もいるほどなんですよ。ぜひお試しを♪

いかがでしたか?

小さい島ながら、みどころはご紹介しきれないほどで、何度でも訪れたくなります。一日で二島を巡ることもできますし、民宿に泊まり普段とは違う時間の流れを堪能するのもオススメです。おだやかな瀬戸内の海でのんびりした島時間、過ごしてみませんか?

香川県のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

関連キーワード