レトロな街並みを楽しむ♪盛岡ぶらり散歩にでかけよう。

レトロな街並みを楽しむ♪盛岡ぶらり散歩にでかけよう。

岩手県の県庁所在地である盛岡市は、明治から昭和にかけての建物が立ち並ぶ、レトロな街並みが魅力です。ぶらり散歩にでかけてみませんか?4時間ほどで廻れるモデルコースをご紹介します。

2017年08月25日

歴史ある街並みの残る盛岡市

A post shared by ayumi (@ayunko012) on

クラシカルなカフェやレトロな建造物が点在する「盛岡市」。そんな盛岡では、レトロな街並みを巡る旅が人気です。ぶらり散歩をしながら盛岡タウンを満喫しましょう♪

さっそくレトロ散歩に出発!

岩手銀行赤レンガ館

岩手銀行赤レンガ館1293855

出典:花芽吹さんの投稿

盛岡市のシンボルともいえる美しい「岩手銀行赤レンガ館」。東京駅を設計した辰野金吾氏の手によるものです。盛岡銀行の本店行舎として1911(明治44)年に建築され、のち2012(平成24)年8月3日まで岩手銀行の店舗の一つとして利用されていました。外見だけではなく、明治時代の建築らしい上品で華麗な柱や天井、扉などの内部も見どころです。

岩手銀行赤レンガ館1293905

出典:花芽吹さんの投稿

室内の家具調度や、階段、エントランスなどのたたずまいも、うっとりしてしまいそうな雰囲気です。フォトジェニックな場所としても人気ですから、ぜひ、素敵な写真をたくさん撮ってくださいね♪

ござ九

ござ九1293925

出典:

「紺屋町」と呼ばれるエリアには、江戸時代後期から大正期までの歴史的な建造物が残っています。現在でも営業を続けているお店もありますから、ぜひのぞいてみましょう。そのひとつ、こちらの「ござ九」は、1816年創業という200年も続いているお店です。今では珍しい竹細工などを売っています。

ござ九1293914

出典:

このように、建物情報も表示されています。江戸時代の人たちもお買い物をしたお店、ということですね。どんなものが人気だったのでしょう。そんなことを考えるのも楽しいですよ。

A post shared by rie (@petitatelierie) on

管理などにもちょっと手間のかかる「竹細工」ですが、使ってみると食卓が華やいで、とても素敵ですね。しかも、食欲もそそります。おうちで使えそうなものを、探してみませんか?

紺屋町番屋

紺屋町番屋1293911

出典:

こちらは、赤い屋根がポイントの「紺屋町番屋」。にょきっと飛び出た櫓にも、ちょこんと赤いとんがり屋根がのっているのが、ちょっとカワイイですね。1891(明治24)年に、「盛岡消防よ組番屋」として現在地に建てられた建物を、1913(大正2)年に、「消防組第四部事務所」として改築されたものだそう。なかなかオシャレな消防団だったんですね。

紺屋町番屋1293913

出典:

こちらの説明にもあるように、建物もさることながら「消防組織」の移り変わりを知るうえでも貴重な建物なのだそうです。現在の「消防団」でも使用されている、というところもスゴイですね。

shop+spaceひめくり

A post shared by miemnkw (@miemnkw) on

「shop+spaceひめくり」は、中津川沿いにあるちょっとユニークなお店です。「地場のもの」と「紙にまつわるもの」を扱うお店なのですが、作家さんたちのギャラリーとしても使用されることが多く、その展示即売も行われています。ワークショップやトークイベントなどがおこなわれるときもありますよ。
東北で活動する作家さんたちを中心に、ガラスや木工、陶芸から、南部鉄器などの伝統工芸に至るまで、幅広く取り扱うお店です。どんな作品があるかは、訪問した時のお楽しみですね。
サイトには、イベントや取扱い作品などについての情報があります。お目当ての作家さんや作品がないか、チェックすることもできますよ。素敵なお気に入りの作品に出会えるといいですね。

「肉の米内」で、冷麺&焼き肉ランチ♪

「肉の米内」で、冷麺&焼き肉ランチ♪1293870

出典:さすらいの食べ歩き人さんの投稿

ぶらぶら歩いていると、やっぱりお腹が空いてきます。盛岡といったら、やっぱり「三大麺」のうちのどれかは、味わって帰りたいものですよね。今回は、「冷麺」のお店をご紹介しましょう。こちらの「肉の米内」は地元の人にも人気のお店ですが、なんと創業明治32年という老舗の精肉店なんです。岩手県奥州市で育てられている黒毛和牛の「前沢牛」を、堪能することができますよ。

「肉の米内」で、冷麺&焼き肉ランチ♪1293871

出典:スカクーさんの投稿

冷麺は、辛味は別についていますので好みで調整できますよ。コシの強い麺に、澄んだスープのすっきりとした味わいが絶品と評判です。

「肉の米内」で、冷麺&焼き肉ランチ♪1293873

出典:loroさんの投稿

「冷麺」だけでもいいですが、せっかくですのでお手頃価格でいただける「前沢牛」の焼き肉も楽しみましょう。玉ねぎ・ピーマン・人参などといったたっぷり野菜と、極上のお肉♪ちょっとランチとしては贅沢かも?でも、午後もまだ歩きますので、スタミナをつけておきましょう。

肉の米内の詳細情報

肉の米内

上盛岡 / 焼肉、冷麺、ホルモン

住所
岩手県盛岡市紺屋町5-16
営業時間
平日  11:30〜14:30(LO)  17:00〜22:30(LO) 土日祝  11:30〜22:30(LO)
定休日
第2・第4木曜
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999
  • ¥2,000~¥2,999

データ提供

盛岡正食普及会

盛岡正食普及会1293878

出典:だーくさんの投稿

かなり歴史がありそうな雰囲気のこちらの建物は、「盛岡正食普及会」というお店です。盛岡正食普及会は、戦後間もない食糧難の時代に発足した団体で、現在でも営業・活動中です。オーガニックにこだわったパンやお菓子が作られています。

盛岡正食普及会1293883

出典:行列のできるさんの投稿

おいしそうなフカフカのパンがどっさり!半世紀以上にわたり、無添加にこだわって作り上げてきたパンは、味も評判ですよ。

A post shared by Katsuya Shogaki (@shogakik) on

懐かしい味わいが人気のロシアビスケットもありますよ♪お土産にもおすすめです。また、2階は、「一茶寮」というカフェスペースになっていて、レトロな雰囲気を味わいつつ静かにティータイムを過ごすことができると、人気です。

盛岡正食普及会

食べログに店舗情報が存在しないか一時的な障害で店舗情報が取得できませんでした。

紅茶の店しゅん

紅茶の店しゅん1293890

出典:わがまま30さんの投稿

旅の最後は、おいしいお茶やコーヒーで締めましょう。こちらは、カレーとミルクティーが評判のカフェ「紅茶の店しゅん」です。盛岡の人たちに30年あまりにもわたって愛され続ける紅茶の専門店で、ご店主自らがインドに茶葉を買い付けに行くというこだわりぶり。茶葉や、ジャムなども売っています。

紅茶の店しゅん1293893

出典:りゅうとまめさんの投稿

軽いアフタヌーンティを気取って、スコーンはいかがですか?お気に入りの紅茶に、クリームたっぷりのスコーン。散歩で疲れた体にはちょうど良いですね。店内にはピアノも置いてあり、ときどきコンサートも開かれるそうです。

紅茶の店しゅん1293895

出典:kobuta33さんの投稿

カレーも人気のお店ですが、ここは人気の「はちみつ入りのミルクティー」で。旅の余韻をかみしめながら、ゆっくりと温かいお茶をいただきましょう。

紅茶の店しゅんの詳細情報

紅茶の店しゅん

上盛岡、仙北町、盛岡 / 紅茶専門店、喫茶店、カフェ

住所
岩手県盛岡市中ノ橋通1-3-15
営業時間
11:00~19:00
定休日
水曜日
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

最後に

レトロな街並みを楽しみながら、のんびりと散策を楽しむ盛岡の旅、いかがでしたか?ちょっぴり懐かしい雰囲気の建物や、おしゃれでアートな雑貨たちを眺める旅は、静かな時を過ごす「おとな旅」にぴったりですよ。盛岡を思いっきり楽しんでくださいね!

岩手県のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

関連キーワード