池袋の注目ブックカフェ「本と珈琲梟書茶房」とは?

池袋の注目ブックカフェ「本と珈琲梟書茶房」とは?

2017年6月、池袋駅直結のEsola池袋にオープンした大型ブックカフェ「本と珈琲梟書茶房」。実はこのカフェ、人気カフェチェーン「ドトールコーヒー」の新業態で、選書のセンスに定評がある本屋「かもめブックス」のオーナーとタッグを組んで生まれたブックカフェなんです。今回は読書の秋にぴったりな「梟書茶房」をご紹介します。

2017年09月07日 最終更新

ブログで紹介

HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。

7

本好き・珈琲好きにはたまらない!「梟書茶房」

超本格的なブックカフェが池袋に誕生

超本格的なブックカフェが池袋に誕生1316033

出典:えこだねこさんの投稿

池袋駅直結、Esola池袋の4階にオープンした「梟書茶房」はほぼワンフロアを占める大きなブックカフェ。まるで図書館のような店内には「かもめブックス」代表の柳下恭平さんが選んだ1,000冊あまりの蔵書があり、本好きにはたまらないお店なんです。

A post shared by KAORI.H (@hinohana87) on

ドトール系列なのでコーヒーやフードメニューだって抜かりなし!天井が高く広々とした空間の中で、美味しいコーヒーを片手に時間を忘れてゆっくりと読書を楽しんでみてはいかがでしょうか。今回は話題のブックカフェの魅力を詳しくご紹介します。

シックでお洒落なブックカフェは楽しみ方が色々!

趣も用途も異なる全部で6つのスペースからなる「梟書茶房」は純粋にカフェで本が読めるというだけでなく、ちょっぴりヘンテコな本屋さんも併設。カフェスペースも含めてエリアごとにその魅力をご紹介します!

①秘密の本屋さん

①秘密の本屋さん1307006

エントランスの周辺には本がズラリと並ぶブックコーナー。約2,000冊の本は、すべてタイトルが非公開になっている袋綴じの「シークレットブック」として販売されているんです。本にはそれぞれ紹介文が記載されていて、書名や著者名などは買って開封するまで分からないというからドキドキです。

A post shared by Craig (@dacrag) on

だけど紹介文を読むと、読んだことのある人なら「あ、あの本だ!」って分かっちゃうこともあるんですね。知っている本を見つけ出すワクワク感も楽しめます。もちろん、知らずに買って開ける楽しみも♩

②コーヒーや食事を楽しむラウンジ

②コーヒーや食事を楽しむラウンジ1305710

カフェ入口を入って右手に広がるのがラウンジスペース。コーヒーや食事をゆったりと楽しめるスペースです。天井からはゴージャスなシャンデリアがぶら下がり、ゆったり座り心地の良いソファ席や会話をしやすいテーブル席が並んでいます。お友達同士で本を読みながらのんびり過ごすには最高のエリアです。

③書架に挟まれた図書エリア

③書架に挟まれた図書エリア1316101

ラウンジエリアの一部を囲むように設けられているのが図書エリア。見晴らしのいい窓際の2人用カウンター席です。本棚に囲まれた場所にあり、書籍閲覧にはもってこいのエリアなんです。

④読書に没頭するアカデミックエリア

A post shared by @hiromixloves on

続いて、まるで図書館に来たかのようなアカデミックなおひとり席は、じっくり読書をするためのエリアです。向かいの人の顔が見えないように目の前には高い衝立てがあるので読書に集中できますね。テーブルの一部がガラス張りになっていて、おすすめの本が紹介されており、自由に読むことができます。

⑤日差しが心地よい森の部屋&⑥グリーンテラス

A post shared by Kyouko (@kyouko_green) on

森の部屋はシックな雰囲気からは打って変わり、外からの日差しを体感できるウッディな座席スペース。コーヒーやスイーツと一緒にお喋りを楽しむエリアです。さらに外に出れば、煙草を吸いながら、のんびり読書とコーヒーが楽しめるグリーンテラスもあります。喫煙者にとっては至福の場所ですね。

自慢のメニューをご紹介!

何はなくともまずはこれ!ドリンクメニュー

サイフォン抽出にこだわった梟ブレンド

A post shared by akko (@gingerzaru) on

コーヒーは、日本スペシャルティコーヒー協会理事でもあるドトールコーヒーの菅野眞博氏が開発した「梟ブレンド」。グアテマラをメインにビターチョコレートのような深いコクが特徴です。

サイフォン抽出にこだわった梟ブレンド1316151

出典:えこだねこさんの投稿

こだわりのコーヒーは、オーダーを受けてからサイフォンで丁寧に抽出してくれます。

すっきり爽やか!フルーツティー

ビジュアル的にもとっても素敵なフルーツティー。ピッチャーに入って来るのでたっぷり2杯分は楽しめます。ほんのり甘いアイスティーとカラフルなフルーツが、とびきりの読書タイムを演出してくれそうですね。

ブックカフェならでは!スペシャルメニュー

珈琲とシークレットブックセット

珈琲とシークレットブックセット1307373

目玉は、柳下恭平さんが選んだ袋綴じの本と、その作品に合わせてドトールコーヒーの菅野眞博さんがブレンドしたコーヒーをセットにした「梟叢書(ふくろうそうしょ)」でしょう。シーズンごとに数量限定で販売されています。

フードメニューも豊富なんです

本屋さんならでは!BOOKシフォン(プレーン)

本屋さんならでは!BOOKシフォン(プレーン)1307539

出典:Don葉桜さんの投稿

コチラのお店のシグネチャーメニュー「BOOKシフォン」は、本に見立てたシフォンケーキです。ふわふわの本の中には、溢れんばかりのホイップクリームが。大人気の看板メニューです。

BOOKシフォン(トリオdeショコラ)

BOOKシフォン(トリオdeショコラ)1307547

出典:もにょ9737さんの投稿

コチラも大人気「トリオdeショコラ」。ショコラシフォンの中にはチョコチップとチョコクランチがたっぷり。そしてチョコソースをかけていただくチョコづくしのシフォンケーキです。

BOOKサンド(サーモンタルタルとごちそうサラダサンド)

BOOKサンド(サーモンタルタルとごちそうサラダサンド)1307652

出典:ゆずきなこさんの投稿

開いた本の間に、はみ出さんばかりの具材を挟んだサンドイッチ。「サーモンタルタルとごちそうサラダサンド」のほかにも「ハムとチーズ」「コンビーフと北海道ポテト」などバラエティー豊かなメニューが揃っています。

本格的なパスタメニュー(イベリコベーコンの醤油バター)

A post shared by yashirock (@yashirock) on

食べた方が口を揃えて「これは美味しい!」と太鼓判を押すパスタメニュー。「イベリコベーコンの醤油バター」「ナスとWチーズのボロネーゼ」「エビとモッツアレラのトマトクリームソース」などなど、どれもカフェとは思えない本格的な味が楽しめます。

早くも人気のパンケーキ

早くも人気のパンケーキ1307653

出典:Don葉桜さんの投稿

コーヒーにやはりスイーツは不可欠です。しっとり食感が人気のパンケーキはスキレットで出て来るのでアツアツ。バターとメープルシロップでいただきます。

お会計までなんだかお洒落

お会計までなんだかお洒落1315993

コチラのお店では、伝票の代わりに鍵がテーブルに置かれます。この鍵をお会計にもっていて支払いを済ませるんです。

お会計までなんだかお洒落1305717

お会計は入口脇にあるひときわシックなカウンターで!カフェのお支払いだけでなく、シークレットブックを購入する際にもこちらでお支払いをします。まるでホテルのレセプションのようですね。

梟書茶房の詳細情報

梟書茶房

池袋、東池袋、都電雑司ケ谷 / カフェ

住所
東京都豊島区西池袋1-12-1 Esola池袋 4F
営業時間
10:30~22:00(L.O.21:30)
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

いかがでしたか?

袋綴じのシークレットブックやBOOK型のシフォンなど、本好きじゃなくてもワクワクするものばかりです。寛ぎのカフェ時間や、新しい本との運命の出逢いを求めてぜひ立ち寄ってみてくださいね。

このレストランの紹介記事

あなたにおすすめ

SNSで人気

関連キーワード