2017年09月11日

日本酒好きは要チェック!清酒発祥の地・奈良で酒造巡りをしよう

日本酒好きは要チェック!清酒発祥の地・奈良で酒造巡りをしよう

日本酒といったらお酒好きもそうでない方もまず思い浮かべるのが米どころ・新潟ですよね。では、そのはじまりはというと…実は奈良発祥って知ってましたか?(諸説あります)厳密にいうと現在のような透明度の高い澄んだ清酒の発祥地として知られているんです。今回はそんな清酒発祥の地・奈良の美味しい地酒を作る酒造をご紹介します。利き酒体験や酒蔵見学が楽しめる酒造を厳選しました。

奈良は清酒発祥の地なんです

奈良は清酒発祥の地なんです1322631

出典:お酒さんの投稿

古来どぶろくだった日本酒が、今のような澄んだ日本酒になったのは室町時代のこと。どぶろくを布でこして澄んだお酒を造る技術は、奈良にある正暦寺で生まれました。この技術が広まったことにより、日本各地で清酒が作られるようになったのです。日本酒のターニングポイントは意外や意外、お米どころではなく奈良にあったんですね。

正暦寺には石碑が!

A post shared by Reina (@love_sake_tokyo) on

正暦寺には「日本清酒発祥之地」の石碑が。現在でも、大事な年中行事として「菩提酛(ぼだいもと)清酒祭」が毎年1月に行われ、正暦寺の境内で酒母の仕込みが行われています。仕込んだ酒母を奈良県内の蔵元が持ち帰り、各々がその酒母を用いて清酒を醸造しているんです。

奈良の酒造に出かけよう!

A post shared by sakatsutogo (@sakatsutogo) on

そんな清酒発祥の地・奈良には美味しい地酒をつくる小さな酒蔵がたくさん。今回は酒蔵見学や利き酒体験ができる酒造を紹介します。時期や酒造によっては酒造りの作業をしているところが見られたりと、日本酒ファンにとっても貴重な体験ができますよ。
※見学内容や時期等は変更となる可能性があります。詳しくは各酒造まで確認してみてくださいね。

①今西酒造(桜井市)

A post shared by UOTA7TH (@uota7th) on

今西酒造は江戸時代1660年の創業で、文楽の「妹背山婦女庭訓(いもせやまおんなていきん)」の舞台にもなった歴史ある酒造です。酒の神・大神(おおみわ)神社のお膝元である奈良県桜井市三輪にあります。JR三輪駅から徒歩5分ほどです。こちらの酒造では、利き酒を楽しむことができます。通年を通して酒蔵見学も実施していましたが、残念ながら現在は酒蔵改修中のため利き酒のみとなります。(再開日未発表:2017年9月時点)

A post shared by Kazuya Nobori (@nobori555) on

主要銘柄は「三諸杉(みむろすぎ)」と「鬼ごのみ」。ただ辛いだけで終わるような辛口酒ではなく、しっかりと米の旨みを感じる「三諸杉 辛口純米 切辛」など食中酒をつくっています。酒米は奈良県に古来から伝わり幻と呼ばれる露葉風(つゆはかぜ)や正統派の山田錦など地元三輪でとれたものを使用。仕込水は三輪山の御神水である狭井神社の薬井戸と同じ水脈のものを使っています。

A post shared by あべたや (@abetaya) on

利き酒体験は前日までに要予約で有料です。築120年の本屋・実際に酒造りをしている築170年の酒蔵を横目にくいっと一杯。利き酒の方法や日本酒の裏ラベル表示の見方なども教えてもらいましょう。お土産に「酒造りワークシート」と利き酒に使ったお猪口(ちょこ)がもらえます。

②梅乃宿酒造(葛城市)

②梅乃宿酒造(葛城市)1322364

出典:

梅乃宿酒造は明治時代1893年創業で、葛城山と二上山の麓・奈良県葛城市にあります。近鉄新庄駅から徒歩15分ほどです。伝統の味わいを継承しながら日本酒を使った新しい取り組みにも意欲的な蔵で、梅酒やもも・りんご・みかんなどを使ったリキュール「あらごしシリーズ」は日本酒ベースのリキュール市場を確立しました。例年3~4月には、日本酒製造の工程の説明を受けながら酒蔵を見学することができます。

A post shared by Asako Numata (@asachanchi) on

銘柄は梅乃宿・山風香(さんぷうか)・アンフィルタードサケ、など。山田錦・備前雄町・奈良県産ひのひかりなど多様で蔵平均55%という高精米の酒米を原料にし、仕込水は葛城山系の伏流水を使っています。味のある酒・心地よい余韻を残す酒を目指して手間ひまを惜しまない製法にこだわっています。

蔵の見学・利き酒体験は事前に要予約で有料です。所要時間は1時間半から2時間ほど。案内してもらえるのは清酒蔵で、タブレットを使用して日本酒の製造行程をスタッフに詳しく解説してもらえます。見学の後は利き酒タイム。お猪口などお土産をもらえるのも嬉しいですね。

梅乃宿酒造の詳細情報

梅乃宿酒造

近鉄新庄、大和新庄 / 日本酒バー

住所
奈良県葛城市東室27
営業時間
8:30~17:30
定休日
日曜日・祝日
平均予算
  • ¥2,000~¥2,999

データ提供

③喜多酒造(橿原市)

A post shared by Kita-ko (@esahitaki) on

喜多酒造は江戸時代1718年の創業で、大和三山に囲まれた奈良県橿原市にあります。近鉄畝傍御陵前(うねびごりょうまえ)駅から徒歩10分ほど。現在の社長・喜多氏は東京農大を卒業後、醸造研究所や福井の黒龍酒造で酒造りを学ぶなど研究熱心で、美味しいお酒をつくるべく日々に酒造りに取り組み、地元から愛されている小さな酒造です。こちらでは通年を通して蔵内の見学や利き酒体験が楽しめます。

銘柄は御代菊(みよきく)・白檮(はくじゅ)・あすか川、など。初代・喜多利兵衞(きたりへえ)は水と米を選りすぐり納得いくまで酒屋として旗揚げしなかったこだわり者だったそう。その創業者の意思を受け継ぎ、造り手の思いが飲む人の心に伝わるお酒を造っています。

A post shared by Yumiko Matsubara (@ymk0327) on

蔵の見学・利き酒体験は要予約で有料です。予約時に日程を相談してみてくださいね。利き酒はマッチングゲーム方式。蔵おすすめの5種類のお酒の利き当てをして、満点なら賞品があるかも?蔵見学のお土産には本醸造酒・御代菊300mlが付いています。

④上田酒造(生駒市)

A post shared by kikichoko (@kikichoko) on

上田酒造は室町時代1558年創業で、生駒山の麓・奈良県生駒市壱分町にあります。近鉄一分駅から徒歩5分ほどです。400年の伝統を受け継ぎ地元に愛されている日本酒を大切にしながら、新しい取り組みも始め近年は完全無農薬有機米を使用した「嬉長」有機純米酒を発売しました。こちらの蔵では例年2月~3月に酒蔵見学ができます。

A post shared by @mikan10cy on

銘柄は生長(せいちょう)と嬉長(きちょう)。「生駒の長でありたい」と「嬉しいことが長く続くように」との願いが込められています。代々の杜氏による知恵と勘で磨かれ受け継がれてきた技術と生駒山系の仕込水・良質の酒米を使って品質本位の日本酒を丹念に造り続けています。

④上田酒造(生駒市)1308217

出典:

利き酒を含む蔵の見学は無料で事前に予約が必要です。見学する日によっては、利き酒だけでなく蒸したお米で作ったお餅や甘酒の振る舞いがあることも。蔵の見学に来てファンになり直接購入しているという方も多く、蔵の酒の多くが消費者に直接届けられる販売ルートを確立しています。

⑤美吉野醸造株式会社(吉野町)

⑤美吉野醸造株式会社(吉野町)1306844

出典:てるてる!(^^)!さんの投稿

美吉野醸造は明治時代1912年創業で、桜で有名な吉野山をはじめとする大峰山脈に囲まれた奈良県吉野町にあります。近鉄六田駅から徒歩15分ほどです。日本酒が本来持っている酸味や旨味をバランスよく引き出し、料理の邪魔をしない香りのある日本酒造りを目指しています。こちらの酒造でも、例年冬の時期に酒造見学を実施しています。(2017年は1月実施ですが2018年実施時期は未定)

A post shared by Hideko Yamaki (@hidekoyama) on

銘柄は花巴・はなともえ・弓絃葉(ゆずりは)など。酒米は地元農家との連携を進め、奈良県ではじめて作付した酒米「吟のさと」を中心に約80%は奈良県内産酒米を使用しています。仕込水は「弓絃葉の井戸」と伝わる井戸から湧き出る大峰山系の伏流水です。「花巴」はしっかりとした米の旨みに加え、酸度の高さが魅力のお酒です。味わい深い一杯に仕上がっています。

蔵の見学は仕込みの時期の合間を縫って行われます。2017年には利き酒体験がついた見学が実施され、さらに過去を遡ると世界に一つだけのラベル作成+ラベル貼りや酒粕の袋詰め放題など有料体験があったりと、見学時の内容は実施年によって変わります。

美吉野醸造の詳細情報

美吉野醸造

六田 / 日本酒バー

住所
奈良県吉野郡吉野町六田1238
営業時間
9:00~17:00
定休日
無休
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

⑥今西清兵衛商店(奈良市)

⑥今西清兵衛商店(奈良市)1306884

出典:若2さんの投稿

近鉄奈良駅から徒歩20分、ならまちの一角・奈良県奈良市福智院町にある「今西清兵衛商店」。創業は1914年と他の酒造と比べると、少し歴史が浅いように感じるかもしれませんが、創業一族である今西家は代々春日大社の神官をつとめ、春日大社の酒殿で神酒を造っていた由緒ある家柄で非常に歴史のある酒造なんです。こちらの蔵では味・コク・香りすべての点で先進技術と高品質を誇った「南都諸白」の伝統を現在に伝える酒造りをしています。

⑥今西清兵衛商店(奈良市)1306892

出典:若2さんの投稿

銘柄は春鹿・白滴(はくてき)など。山田錦・五百万石などの酒米を磨きこみ、仕込水には奈良県では珍しい硬水の春日山系湧水を使用しています。「春鹿」のようなコクがありながらもキレが良い日本酒は、甘みのある日本酒が多い奈良では珍しいタイプのお酒です。

A post shared by Manami (@auuuuh_79) on

そんな蔵の見学は2月の土・日曜日に行われ、事前に予約が必要です。酒蔵見学とは別に、併設の酒蔵ショップでは専用グラスを購入すると5杯まで試飲ができます。季節によってグラスの色も、試飲できるお酒も変わるので、季節が変わるたびに訪れたくなってしまいます。スタッフが銘柄によって異なる日本酒の味わいなど詳しく説明してくれます。

今西清兵衛商店の詳細情報

今西清兵衛商店

京終、近鉄奈良 / 日本酒バー、その他

住所
奈良県奈良市福智院町24-1
営業時間
10:00~17:00(利き酒ラストオーダーは16:30まで)
定休日
お盆、年末年始+社内行事2日(年間11日前後お休みを頂戴致します)
平均予算
  • ~¥999

データ提供

いかがでしたか?

いかがでしたか?1306966

出典:てるてる!(^^)!さんの投稿

奈良には今回ご紹介した蔵以外にも、小さな酒造所がたくさんあります。秋になると各蔵のひやおろしが出始め、秋が深まると新酒の仕込みが始まります。見学すると造り手さんの日本酒造りに対する考えや情熱を知ることができてもっと日本酒が好きになりますよ。あなたも奈良の酒造所へ出かけてみませんか。

奈良県のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

関連キーワード

奈良県を旅する編集部おすすめ