2017年10月01日

【熊本】日本の世界遺産を巡ろう!三池炭鉱『万田坑』でワクワク冒険気分!

【熊本】日本の世界遺産を巡ろう!三池炭鉱『万田坑』でワクワク冒険気分!

熊本県荒尾市は、子供が喜ぶ大型遊園地「グリーンランド」で有名ですが、何かいつもと違うお出かけを考えている方には三池炭鉱の「万田坑」がおすすめです!世界遺産にもなった万田坑は、暗いトンネルやレンガ造りになっていて、まるで冒険のようでワクワクすること間違い無しですよ!

世界遺産の三池炭鉱「万田坑」とは?

世界遺産の三池炭鉱「万田坑」とは?1328918

出典:

福岡県大牟田市と熊本県荒尾市にまたがる三池炭鉱は明治時代にかなりの出炭量を誇り日本の近代成長を支えてきました。現在は、ユネスコの世界文化遺産に『九州・山口の近代化産業遺産群』として荒尾市の「万田坑」が登録されています。

万田坑の当時の姿を見てみよう!

さぁいよいよ冒険の始まりです!まずは有料区域に入るための入場券を購入します。

詳細情報

【アクセス】JR鹿児島本線荒尾駅から車で約10分/バスで約15分(万田坑前下車)
【時間】9時30分~17時(有料区域の入場は16時30分まで)
【料金】万田坑跡:大人410円、高校生300円、小・中学生200円
    万田坑ステーション:無料
【休館日】月曜日(祝日の場合は、翌日)/年末年始(12月29日から1月3日まで)

ジオラマで万田坑全体を確認!

A post shared by sspaparazzi (@pentaxiomi) on

入り口付近にある無料スペース「万田坑ステーション」の施設では、当時の万田坑を再現したミニチュアのジオラマがあります。他にも当時の写真や、服など興味深いものばかり。

あの人気映画の舞台にもなった!

A post shared by Das Das Das (@d_a_s_d_a_s) on

ここ万田坑は映画「るろうに剣心」のロケ地になり、トンネルが撮影で利用されました。俳優の江口洋介さんが着ていた衣装も展示されているので、ファンの方は必見です!では、さっそく万田坑を見学していきましょう。

万田坑見学、4つのワクワクポイント!

その①「第二竪坑 櫓」の大きさにびっくり!

その①「第二竪坑 櫓」の大きさにびっくり!1329043

出典:ducksさんの投稿

まずはこの万田坑のシンボルとも言える、高い鉄製の「第二竪坑 櫓(だいにたてこう やぐら)」です。約18.8mの高さの櫓はどこから見ても存在感があり、迫力満点!人や資材を運ぶためワイヤをを吊るし、隣のレンガ造りの建物にある巻揚機で上げ下げしていました。

その②まるで別世界?薄暗いトンネル歩き

その②まるで別世界?薄暗いトンネル歩き1329151

出典:Hsakiさんの投稿

では、この櫓の下を見学してみます。少しだけ光が差し込む、薄暗いトンネルを歩いていきます。左側に見える長方形の箱のようなものはゲージと呼ばれるエレベーターで、この中に25人ずつ乗り、地下の坑底まで降りていきました。坑底までの深さは約264m あり、1分ほどで一気に降りることができました。
その②まるで別世界?薄暗いトンネル歩き1329064

出典:Hsakiさんの投稿

更に奥に進むと、竪坑があります。現在、穴は埋められていますが、当時はここからケージに乗ってどんどん降りていきました。周りのレンガは湿っており、ところどころツタや雑草に覆われ、上から光が差し込みます。SFの映画みたいに、全く別の世界へ来てしまったかのような雰囲気です。

その③今にも動き出しそうなレトロな「信号所」

その③今にも動き出しそうなレトロな「信号所」1329088

出典:ducksさんの投稿

向かって左側には緑色のような小さな小屋があります。ここは「信号所」で、巻揚機室の運転手や坑底と鐘・ベル・電話で連絡をとりあっていました。当時の機械がそのまま残っており、手書きの看板などもレトロな雰囲気です。緑の小屋もノスタジリックで、まるで昔の映画のセットのよう。
次の建物へ移動するときにも狭い通路や、トンネルのような場所をみかけます。機材がそのまま置いてあって行き止まりだったり、先が暗闇になっていたりと、まるで迷路がどこまでも続いているようで、冒険している様なワクワクした気持ちになりますね。

その④ヘルメットを被って「第二竪坑巻揚機室」へ!

A post shared by .xo_o04 (@ars_olid) on

次に第二竪坑巻揚機室に入ります。ここは、大きな櫓にあるケージを上げ下げするために、巻揚機を使ってワイヤーを動かしてた部屋です。危ないので黄色のヘルメットを被ります。急な階段を登っていくので、頭上に気を付けて!
その④ヘルメットを被って「第二竪坑巻揚機室」へ!1329094

出典:ducksさんの投稿

狭い階段をのぼると、大きなワイヤーが現れます。当時としては最新の機器を使用しており、その大きさに圧倒されます。手書きの説明や、注意書きも残っており、当時の面影が残ります。
その④ヘルメットを被って「第二竪坑巻揚機室」へ!1352708

出典:さらんさんの投稿

他にも事務室や煙突跡、更衣室・休憩室も見学ができます。当時のヘルメットや湯呑みなどがそのまま残されており、まだどこかで人が働いている雰囲気です。まるで、自分が昔にタイムスリップした気分になります。また、ガイドさんの話を聞けば、当時の労働者の様子などをより深く学ぶことができますよ。

万田坑へ訪れてみよう!

万田坑へ訪れてみよう!1352728

出典:a-kichiさんの投稿

福岡県と隣接している荒尾市の三池炭鉱「万田坑」は、当時の建物や仕事環境を学びながら、楽しく見学ができる場所です。福岡や佐賀からもアクセスがしやすく、一度は見ておきたいスポットですね。近くにはアミューズメント施設「パスカワールド」や温泉スポット「弥生乃湯」があり、万田坑を見学した後に楽しむのもおすすめです!いつもと違ったお出かけに万田坑へ訪れてみてはいかがですか?

熊本県のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

関連キーワード

永田町を旅する編集部おすすめ