【青森】豊かな自然にグルメも♡女子のひとり旅おすすめスポット10選

【青森】豊かな自然にグルメも♡女子のひとり旅おすすめスポット10選

本州の最北端「青森県」。方言に始まり、独特な文化を持つ青森県は見所スポットがいっぱい!寒い北国にありながら、魂を揺さぶられる情熱的な面と自然の神秘を持ち合わせた素敵なオススメスポットをご紹介します!

2017年10月07日

青森女子ひとり旅!

A post shared by @k_k_620 on

本州の最北端「青森」。2010年に新青森駅と東京間で新幹線が開通になってからますます旅がしやすくなりました。新幹線だけでなく、青森空港と三沢空港の二つの空港がある珍しい県。実は交通の便が良い青森は気軽にひとり旅ができます。見どころいっぱいの青森の旅、ゆっくりひとり旅を楽しみましょう!

1.弘前市洋館巡り

1.弘前市洋館巡り1342687

出典:シュンブさんの投稿

明治初期ごろから外国人教師を招いて英語教育に力を入れていたという弘前。戦争の空襲から逃れたことも理由の一つですが、市内には多くの歴史的建築物が残っています。その中でも洋館建築はうっとりしてしまうほど美しく、古いのに新しい。ノスタルジックな雰囲気に浸れます。

1.弘前市洋館巡り1342688

出典:yamayamachiさんの投稿

JR弘前駅から出発してプロテスタント教会の「日本聖公会弘前昇天教会」、「日本キリスト教団弘前教会」、「弘前カトリック教会」、「青森銀行記念館」、「旧東奥義塾外人教師館」、「旧弘前市立図書館」、「藤田記念庭園」、「鏡ヶ丘記念館」など、いずれも歩いていける距離に点在しているので、お散歩がてらに洋館巡りを満喫できます。

「大正浪漫喫茶室」 料理 37614754 オークレールのアップルパイ!

出典:★*さんの投稿

大正時代に造られた「藤田記念庭園」の洋館には喫茶室「大正浪漫喫茶室」があり、大正ロマンの雰囲気の中コーヒーやアップルパイが楽しめます。

詳しい情報はこちらをチェック!

2.弘前グルメ

レストラン山崎

「レストラン山崎」 料理 54670441

出典:こいのぼりさんの投稿

実はフランス料理の名店が多いということでも有名な弘前市。数ある名店の中でも人気なのが「レストラン山崎」。材料からもこだわりを感じる極上のフレンチ。ランチは比較的リーズナブルに楽しめます。一人フレンチを満喫できる名店です。

レストラン山崎の詳細情報

5000レストラン山崎

中央弘前 / フレンチ

住所
青森県弘前市親方町41
営業時間
11:30~14:00(L.O.) 17:30~20:30(L.O.)
定休日
月曜日
平均予算
  • ¥5,000~¥5,999
  • ¥6,000~¥7,999

データ提供

中みそ

「中みそ」 料理 34736812 弘前のソウルフードと呼ばれる「中みそ」

出典:

弘前のソウルフード「中みそ」の味噌ラーメン。ラーメン女子には絶対に試してほしい逸品。弘前の中心地にある老舗デパート中三(なかさん)のフードコートにありながら、行列の絶えない名店。ちょっと甘めの味噌味にニンニク、生姜のアクセントがたまりません!

中みその詳細情報

中みそ

中央弘前 / ラーメン、おにぎり

住所
青森県弘前市土手町49-1 中三弘前店 B1F
営業時間
[月~日] 10:00~18:30(L.O)
定休日
無休
平均予算
  • ~¥999
  • ~¥999

データ提供

可否屋葡瑠満

「可否屋葡瑠満」 料理 60148613

出典:kei3838さんの投稿

弘前は歴史ある建物の中に雰囲気の良いレトロカフェがたくさんあります。その中でもオススメは「可否屋葡瑠満」。ずらりと並んだカップからお客様にあったカップで出されるコーヒーは絶品。コーヒーだけではありません。アップルパイやチーズケーキも最高においしい。一人でゆっくりするのにオススメのカフェです。

可否屋 葡瑠満の詳細情報

可否屋 葡瑠満

中央弘前 / コーヒー専門店、喫茶店、カフェ

住所
青森県弘前市下白銀町17-39
営業時間
8:00~19:00(L.O.18:30) 冬季12月~3月・桜祭り期間 9:00~19:00
定休日
月曜日・第2火曜日・8月13日・年末年始
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

3.津軽三味線「響」

「津軽三味線ダイニング 響」 外観 50598256

出典:glacéさんの投稿

津軽といえば「津軽三味線」。津軽三味線を津軽で聞ける場所として有名なのが、「津軽三味線ダイニング 響き」。料理と演奏を楽しめるレストランです。

「津軽三味線ダイニング 響」 料理 50230305

出典:horie33さんの投稿

津軽の郷土料理を味わいながら津軽三味線を聴く。贅沢な時間を過ごすことができます。最近では津軽三味線を聴くことができるお店が減ってしまったこともあり、予約が必須です。また、演奏時間が決まっていますので、時間を確認し、予約をしてから行きましょう。

津軽三味線ダイニング 響の詳細情報

津軽三味線ダイニング 響

中央弘前、弘前、弘高下 / 居酒屋

住所
青森県弘前市土手町126 弘前パークホテル 3F
営業時間
17:00~22:00
定休日
月曜日(G.W.期間中とねぷた祭り期間中は営業)
平均予算
  • ¥4,000~¥4,999

データ提供

4.鯵ヶ沢町「わさお」

4.鯵ヶ沢町「わさお」1343636

出典:hidetakagoさんの投稿

ブサかわ犬として一世を風靡した「わさお」。青森県の鯵ヶ沢町に住んでいます。鯵ヶ沢は海の町。春は菜の花が咲き乱れ、夏は海に遊びに来る人達で賑わう海水浴場があり、美しい夕日と日本海を堪能できる町です。

「菊谷商店」 料理 71050388

出典:an&bnさんの投稿

わさおの家は「菊谷商店」というイカ焼きの店です。この通りは「イカ焼き通り」と呼ばれ、いくつものイカ焼き屋が軒を連ねています。ここのイカ焼きも絶品!わさおに癒されたら、是非イカもご賞味あれ!

4.鯵ヶ沢町「わさお」1343646

出典:juntarouさんの投稿

お土産はやっぱりわさおグッズ!菊谷商店では様々なわさお商品を取り揃えています。とにかく可愛いわさおのアイテムをお土産にどうぞ!

菊谷商店の詳細情報

菊谷商店

鰺ケ沢 / その他、和食(その他)

住所
青森県西津軽郡鰺ヶ沢町大字南浮田町字美ノ捨59-19
営業時間
8:30~18:00
定休日
無休
平均予算
  • ~¥999

データ提供

詳しい情報はこちらをチェック!

5.弘前 アップルパイ食べ歩き

「ボンジュ-ル」 料理 50660442 アップルパイ270円

出典:コマネチ坊やさんの投稿

りんごが有名な青森県。特に弘前はアップルパイが有名。いろいろなお店で独自のアップルパイを作っています。小ぶりのアップルパイは食べ歩きにピッタリ!弘前駅から徒歩10分程度にある「ボンジュール」のアップルパイは2016年の弘前アップルパイ総選挙で1位を獲得した名店。

ボンジュ-ルの詳細情報

ボンジュ-ル

弘前、弘前東高前 / ケーキ

住所
青森県弘前市城東中央3丁目1-3 焼肉叙々苑 1F
営業時間
[金~水]10:00~19:00
定休日
木曜
平均予算
  • ~¥999

データ提供

A post shared by ・x・ (@_____miiio.m) on

駅の周りだけでなく、町の中心街である土手町など、多くの店がアップルパイを販売しています。弘前では「アップルパイガイドマップ」があり、なんと47種類ものアップルパイを食べ歩きできるのです!

ラグノオのまるごとりんご

「ラグノオ」 料理 55766026 気になるリンゴ(カット)

出典:おいしん坊!万才さんの投稿

食べ歩きだけじゃ満足できない!家でも堪能したい!という人におすすめなのがアップルパイのお土産。ラグノオの「気になるリンゴ」はリンゴまるごと1個がパイに包まれたアップルパイです。そのボリュームも味も驚き!駅などでも購入できるのもうれしい!

ラグノオの詳細情報

ラグノオ

中央弘前 / ケーキ

住所
青森県弘前市百石町9
営業時間
8:00~19:00
定休日
年中無休(1月1日のみ休み)
平均予算
  • ~¥999

データ提供

詳しい情報はこちらをチェック!

6.十二湖「青池」

6.十二湖「青池」1343653

出典:雉虎さんの投稿

ブナの原生林に囲まれた33の湖。江戸時代に発生した大地震によってできたといわれています。その際に崩山から見ると、12の湖に見えたことから「十二湖」と呼ばれています。白神山地が世界遺産になってからますます人気の絶景です。

6.十二湖「青池」1343656

出典:雉虎さんの投稿

十二湖の中でも一番の人気は「青池」。なぜ青い色をしているのかいまだに解明されておらず、神秘の湖です。その日の天候によって光の差し具合が違うため、様々な表情を見せる青池。その美しい様を是非写真に収めてください。

6.十二湖「青池」1343660

出典:スリーピーさんの投稿

気軽にトレッキングが楽しめるのも十二湖の人気の秘密。ガイド付きツアーであれば、冬場のスノートレッキングが可能ですが、基本的には4月から11月の間だけしか見ることができない特別な湖です。

7.十和田市美術館

7.十和田市美術館1356352

出典:だたふさんの投稿

十和田市にある「十和田市現代美術館」はここでしか見ることのできない、特別なアート作品が揃った個性的な美術館です。ロン・ミュエクの「スタンディング・ウーマン」は特に人気の作品。日本で常設されているのはここだけです。

7.十和田市美術館1356357

出典:だたふさんの投稿

この美術館は野外展示があることでも有名です。草間彌生など、現代を代表するアーティストの作品が展示されています。常設展示では五感を刺激する体験型のアートが多く、夜のレストランを体験したり、天井の穴から違う世界を覗いてみたり、闇の中の木々の息遣いを感じたり。ちょっと変わったアート体験ができます。

詳しい情報はこちらをチェック!

8.奥入瀬渓流

8.奥入瀬渓流1356362

出典:tk23さんの投稿

「奥入瀬渓流」とは奥入瀬川の一部で十和田湖岸の子ノ口(ねのくち)から焼山までの14キロメートルの渓流のことです。マイナスイオンたっぷりのハイキングがオススメです。美しい川のほとりを歩いてリフレッシュ!

8.奥入瀬渓流1356366

出典:masapさんの投稿

奥入瀬渓流の見どころはいくつもある滝。その中でも「銚子大滝」は迫力満点!高さ7メートル、幅20メートルの滝はの荘厳さに圧倒されます。

8.奥入瀬渓流1356367

出典:まめ吉さんの投稿

奥入瀬渓流は生き物たちの住処でもあります。野鳥のさえずりを聞いたり、ブナの木のあいだからのぞくカモシカに出会えたり、トウホクサンショウウオという珍しい生き物に出会えることも。

9.青森市ベイエリア

A post shared by KudohDaisuke (@mikee.k) on

青森湾に面したベイエリアは青森駅から数分の場所にある観光スポットです。青函連絡船メモリアルシップ「八甲田丸」や青森県観光物産館アスパムなど、見どころいっぱいです!

A post shared by ayano fukuda💋 (@_ayano_f_) on

青森県産りんごでつくったシードルの販売と醸造所を兼ね備えた「A-factory」。シードルの飲み比べや、レストランでの食事を楽しむことができます。ショップでお土産を購入することもできますよ。
9.青森市ベイエリア1356373

出典:REI.Wさんの投稿

青森市の夏祭り「ねぶた祭り」を1年中堪能できる「ワ・ラッセ」。ねぶたの歴史と作品を見ることができます。ねぶたの色付けや金魚ねぶた作成など、体験もできまよ。

詳しい情報はこちらをチェック!

10.津軽藩ねぷた村

10.津軽藩ねぷた村1343615

出典:katoさんの投稿

青森といえば「ねぶた」ですが、実は弘前は「ねぷた」と呼ばれる名前は似ていますがまったく別のお祭りがあります。ねぷたはねぷた絵が描かれた扇状の山車を掛け声をかけながら練り歩くお祭り。お祭りは夏の短い間だけですが、「津軽藩ねぷた村」では1年中ねぷたを見ることができます。

10.津軽藩ねぷた村1343621

出典:ぺがさすさんの投稿

ねぷた村のもう一つの人気コーナーが山絃堂(さんげんどう)での津軽三味線の生演奏です。ここでは全国大会A級チャンピオンクラスの奏者による生演奏を聞くことができます。津軽三味線を堪能できるもう一つの場所です。

10.津軽藩ねぷた村1343627

出典:S-アキさんの投稿

クラフト好き女子に是非挑戦してほしいのが、「民工芸製作体験」です。青森県を代表する工芸品の「こけし」「金魚ねぷた」「こぎんざし」をはじめ、「ねぷた絵」や「つがる塗り」の製作体験もできます。思い出の一品を作りましょう!

情熱の北国青森へ!

情熱の北国青森へ!1356380

出典:taka1451さんの投稿

青森の歴史、グルメ、祭りそして癒しの旅。本州最北端の青森には情熱のスポットがいっぱい!四季の移ろいがはっきりしているからこそ、自然も豊な青森へ、旅してみませんか?

青森県のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

関連キーワード