大阪「サントリー山崎蒸溜所」でウイスキーの魅力を体感しよう♪

大阪「サントリー山崎蒸溜所」でウイスキーの魅力を体感しよう♪

ハイボールなとで気軽に飲むものから、じっくりと味わう高価なものまで、多種多様な楽しみ方があるウイスキーですが、そもそもどんなお酒かご存知ですか?ウイスキーをもっとおいしくいただくために、ちょっとウイスキーについて、お勉強に出かけましょう。ジャパニーズ・ウイスキー発祥の地「サントリー山崎蒸留所」をご紹介します。

2017年10月31日

1306421

出典:☆シリウスさんの投稿

NHK朝ドラ「マッサン」によって火がついたウイスキーブーム。サントリーやニッカなどの国内メーカーを中心に、ウイスキーブームはいまだ健在です。ハイボール人気なども重なって、ウイスキーを気軽に楽しむ人も増えています。でも、ウイスキーって、そもそもどんなお酒かご存知ですか?ウイスキーについて知れば、もっとおいしくいただくことができますよ。ジャパニーズ・ウィスキー発祥の地「サントリー山崎蒸留所」で、ウイスキーについて、ちょっと楽しいオトナのお勉強をしましょう!

サントリー山崎蒸留所とは

サントリー山崎蒸留所とは1306347

出典:dosannkoさんの投稿

ウイスキーは、もともとヨーロッパで作られていた蒸留酒で、日本に入ってきたのは江戸時代の末期です。本格的に輸入が始まったのは明治になってからですが、おもに国内の外国人の消費のためのものでした。やがて日本人の間にもウイスキーがわずかながら広まっていきます。ただ、それはウイスキーとは名ばかりのアルコールにフレーバーをつけただけの粗悪品、つまりイミテーションでした。

サントリー山崎蒸留所とは1306349

出典:dosannkoさんの投稿

そこで、日本でも本物のウイスキーを作るべく、現サントリーの創業者鳥井信治郎が、のちにニッカウヰスキーを設立する竹鶴政孝と共にはじめたのが、この山崎蒸留所です。

サントリー山崎蒸留所とは1310336

出典:しゃきさんの投稿

山崎は、古い時代から名水の湧き出でる場所として知られていました。豊かな自然と湿潤な気候、そしておいしい水という好条件がそろった山崎で、ジャパニーズ・ウイスキーの歴史が始まります。

サントリー山崎蒸留所を巡ろう

「山崎ウイスキー館」は無料で見学OK

「山崎ウイスキー館」は無料で見学OK1306354

出典:毎日外食グルメ豚さんさんの投稿

ジャパニーズ・ウイスキーとサントリー・ウイスキーとの歴史を学ぶことができるのが、「山崎ウイスキー館」です。サントリーの商品開発の歴史などともに、懐かしいパッケージやポスターなども展示されています。テイスティングは有料ですが、館内の見学は無料です。

テイスティングもできるツアー(有料)に参加しよう

テイスティングもできるツアー(有料)に参加しよう1306412

出典:

有料ツアーなら、ガイドさんの説明付きで製造工程の見学もできますし、「山崎」の構成原酒のテイスティングもできます。もちろん、「山崎ウイスキー館」の見学から案内してもらえます。時間があるなら、ぜひこちらに参加してみてくださいね。インターネットから予約ができます。

「山崎ウイスキー館」でジャパニーズウィスキーの歴史を知ろう

「山崎ウイスキー館」でジャパニーズウィスキーの歴史を知ろう1306419

出典:

「山崎ウイスキー館」には、モルトウイスキーがどんな風につくられていくのかを、ミニチュア模型で理解できるようになっています。なんだかワクワクしてきます♪

「山崎ウイスキー館」でジャパニーズウィスキーの歴史を知ろう1306396

出典:

年配の方にはちょっと懐かしいCMやポスターなども飾られています。「トリス」は最近また人気が復活していますので、若い人にもよく飲まれていますが、実はかなり歴史があるお酒なんですね。

「山崎ウイスキー館」でジャパニーズウィスキーの歴史を知ろう1306399

出典:

こちらは、本当にオールドな「オールドボトル」。ウィスキーといえば、このボトルを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

「山崎ウイスキー館」でジャパニーズウィスキーの歴史を知ろう1310561

出典:ひでやんさんの投稿

そして、これがジャパニーズウイスキーのはじめの一歩。あまり評判にはならなかったみたいですが、それだからこそ、今日のジャパニーズウイスキーのクオリティがあるのかもしれませんね。

「山崎ウイスキー館」でジャパニーズウィスキーの歴史を知ろう1306401

出典:

あまりにも有名なこのポスター。女神像のようにふくよかで美しい女性と、真っ赤なワインの色が、とっても印象的。時がたっても、色褪せない素敵なポスターですね。

「山崎ウイスキー館」でジャパニーズウィスキーの歴史を知ろう1306402

出典:

ウイスキーをおいしくしてくれる「樽」。実は、貯蔵している間、なかで寝ているウィスキーは、少しずつ減っていくんです。俗に「天使のわけまえ」といわれます。

「山崎ウイスキー館」でジャパニーズウィスキーの歴史を知ろう1306389

出典:

サントリーのさまざまなウイスキーも展示されています。「山崎」以外にもいろいろな銘柄がありますね。

「山崎ウイスキー館」でジャパニーズウィスキーの歴史を知ろう1306355

出典:dosannkoさんの投稿

最近はちょと手に入りにくくなっている、人気のシングルモルトウイスキー「山崎」。こんなに種類があるんですね。ちなみに、明るい色であるほど新しいものです。つまり、一番上が長く寝かせたものということになります。

A post shared by ♬ (@tkahas_m) on

こちらはブレンデッドウイスキーの「響」。古くなればなるほど褐色の度合いが深くなっていきます。光に透かすと、とてもきれいですね。
「山崎ウイスキー館」でジャパニーズウィスキーの歴史を知ろう1310400

出典:Mimi kanaさんの投稿

ずらりとならんだ原酒やウイスキーたち。琥珀色の美しいウイスキーたちが、静かに並んでいる光景は、圧巻。

「山崎ウイスキー館」でジャパニーズウィスキーの歴史を知ろう1306403

出典:

こちらは、引退したポットスチル。そとから眺めるだけではなく内部ものぞけるようになっています。その後ろにあるのは、発酵槽で、そのなかにもウイスキーが展示されています。

「山崎ウイスキー館」でジャパニーズウィスキーの歴史を知ろう1310591

出典:

有料になりますが、格安で各銘柄の飲み比べもできます♪色々試してみてくださいね!

製造工程見学は、ガイドさんの説明も楽しい♪

製造工程見学は、ガイドさんの説明も楽しい♪1310550

出典:

いよいよ製造工程の見学へ。どんなものでも、製造工程の工夫や苦労を知ると、さらにおいしく感じられるものですよね。ガイドさんに詳しく説明してもらえますから、ウイスキーのトリビアをたっぷりと蓄積していきましょう。

製造工程見学は、ガイドさんの説明も楽しい♪1310551

出典:

工場内には、ウイスキーのようなビールのような香りが漂います。アルコールに弱いと、この香りだけで酔ってしまうという人もいますが、ウイスキー好きにはたまらない芳醇な香りです。

製造工程見学は、ガイドさんの説明も楽しい♪1310554

出典:

蒸留窯といわれるポットスチルは、独特の形。まるで、理科の実験室のよう。

製造工程見学は、ガイドさんの説明も楽しい♪1310557

出典:itsさんの投稿

静かに眠るウイスキーの原酒たち。あとは時間だけができる仕事です。ここのお酒が飲めるようになるのは、何年後なんでしょうね。

お待ちかね!テイスティングにチャレンジ

お待ちかね!テイスティングにチャレンジ1310563

出典:

ガイドさんが、最後においしいウイスキーの飲み方などをレクチャーしてくれます。メモをして帰りましょう。

A post shared by JIN母 (@jinhaha39) on

数種類の原酒をテイスティング。香りや味、色の違いなどを楽しみましょう。新しい発見があったり、自分の好みに気がついたりするかもしれませんね。

お土産も選ぼう!

お土産も選ぼう!1310572

出典:

ウイスキーをはじめ、蒸留所でしか手に入らない限定アイテムなどが用意されています。テイスティンググラスなども購入できますよ。

お土産も選ぼう!1310577

出典:

可愛いミニボトルのセット。このままお部屋に飾っておきたくなりそう。

お土産も選ぼう!1310578

出典:

醸造所限定などのお酒は、大切な人への贈り物などにもいいですね。

お土産も選ぼう!1310584

出典:

ウイスキーとスイーツのマリアージュが好みという人は多いですよね。蒸留所でつくられたスイーツのお土産はいかがですか?

アクセス方法

アクセス方法1306409

出典:

JR東海道本線「山崎」駅または、阪急京都本線「大山崎」駅から、徒歩で10分ほどです。山崎蒸溜所内には、一般駐車場はありません。近くの有料駐車場を利用することとなりますが、シーズンには満車となることも多いようです。公共交通機関がおすすめです。なお、車で来場される場合には、ウイスキーのテイスティングは控えましょう。

最後に

最後に1401166

出典:itsさんの投稿

いかがでしたか?おいしいウイスキーの試飲はもちろんですが、ジャパニーズウイスキーの歴史やこだわりについても学ぶことができる施設です。じっくりとゆとりをもって巡りたいですね。見学を終えてからのウイスキーは、飲み方にこだわりたくなりますよ。

大阪府のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

大阪府×ホテル・宿特集

関連キーワード

埼玉県を旅する編集部おすすめ