【三鷹】入館料無料!隠れおでかけスポット「星と森と絵本の家」に行こう

【三鷹】入館料無料!隠れおでかけスポット「星と森と絵本の家」に行こう

新宿駅からJR中央線で20分ほど。東京・三鷹市に「国立天文台」があるのをご存じでしょうか?その敷地内にあるのが今回ご紹介する「星と森と絵本の家」。古民家で絵本や星を無料で楽しむことができる施設です♪都心部からやや離れていることもあり、混雑することが少なくのんびりと過ごせる穴場スポットなんです。親子でのお出かけはもちろん、デートにも女子散歩にもオススメです!

2017年11月01日

入館料無料が嬉しい!「星と森と絵本の家」

A post shared by @yukiesat on

東京都三鷹市に位置する国立天文台本部。日本の天文研究の拠点であり、施設の一部は見学することも可能で、星や天体に親しむことのできるスポットとなっています。その敷地内にあるのが「星と森と絵本の家」です。名前の通り、森に囲まれた古民家の中で星と絵本に親しむことができる、三鷹の無料お出かけスポットです。子どもの感受性や好奇心を育むことを目的としたこちらの施設は、大人にとっても子ども心を思い出せる楽しい空間となっています。親子でのお出かけにはもちろん、デートにも女子散歩にもオススメ。今回はそんな「星と森と絵本の家」の楽しみ方をご紹介していきます!

営業時間

入館は無料、開館時間は午前10時~午後5時。火曜日と年末年始は休館となります。

アクセス

A post shared by misuzu (@w3bell) on

訪れる際は「国立天文台 三鷹キャンパス」を目指しましょう!最寄り駅はJR武蔵境駅もしくは三鷹駅、京王線調布駅で、それぞれの駅からバスで15~20分程度で到着します。天文台に到着したら「星と森と絵本の家」にむかう看板を探してくださいね♪

「星と森と絵本の家」4つの楽しみ方♪

1.大正生まれの古民家を歩く

こちらの建物はもともと天文台の官舎で、大正4年(1915年)に建てられたもの。書斎や客間、お手伝いさんのお部屋まである立派なお家でした。平成に入り、ほかの官舎が老朽化で取り壊される中、こちらの官舎は文化財の価値があるとして取り壊されず保管されていたのだそう。その後、三鷹市により子どものための施設として活用されることが決まり、外観や書斎、客間などの内装が建築当時の姿に復元されました。現在は三鷹市の登録有形文化財となっています。

A post shared by 小布幸司 (@ogirekouji) on

長い廊下、縁側、足踏み式のミシン、火鉢、引き戸に障子・・・まるで大正・昭和の時代にタイムスリップしたかのようで、思わず感嘆のため息が漏れてしまいそう。中をあちこち歩き回るもよし、お庭から外観を眺めるもよし、大正時代の建物を味わいつくしましょう!お家もお庭も広く、散歩しがいがあります。

A post shared by mido (@midoriiro526) on

部屋に置かれているものはどれもレトロで、なんと壁掛け電話まで!「となりのトトロ」に登場した電話そっくりで、ジブリ好きにはたまりません♡ダイヤルを回したり、受話器を実際に持ってみることもできるのでぜひ記念撮影を。

A post shared by muneo (@kinokorora) on

建物内には、隠れ撮影ポイントも。ぜひ探してみてほしいのが、「くまモン畳」。畳の縁にこっそりくまモンが・・・♪館内を探索中、和室を通りかかったら要チェックです!

2.2500冊の絵本を楽しむ

A post shared by Yuri (@yanoyuri) on

館内にはあちこちに本棚があり、歩いているだけでわくわく。絵本はなんと2500冊も置かれているんです。貸し出しはできませんが、古民家内であれば自由に読むことができますよ。子どものころ大好きだったあの絵本、探してみませんか?

A post shared by Nao (@naoxon) on

絵本の家では、図書館とは違った特色を出すためオリジナルの分類がされています。「星」「地球」「森」「人」のように、ふだんはあまり見かけない分類で絵本が並べられているので、ぜひ注目してみてください♪

3.星について学ぶ

A post shared by azusa(p) (@__interzone) on

星に関する絵本が充実しているだけでなく、館内のあちこちで星や天体にまつわる展示が行われています。天文台内にある施設ならでは!星について深く知ると、夜空を見上げるのが楽しくなりそうですね♪
3.星について学ぶ1400264

出典:Bioakoさんの投稿

もっと星の世界に浸りたい・・・!と思われた方はぜひ天文台の見学も。定められた見学コース内であれば自由に見て回ることができますよ。受付は国立天文台正門の窓口にて。

4.童心にかえって遊ぶ

A post shared by @mai3mbaby on

館内には絵本以外に、おままごとなどの遊びを楽しめるお部屋もあります。手作りのおままごとセットは、とってもキュート♡もちろんお子さま優先ではありますが、童心にかえって遊んじゃいましょう!

A post shared by めぐろみよ (@meguromiyo) on

広いお庭では「竹馬」や、輪に棒をあてて倒れないように転がして遊ぶ「輪回し」といった昔ながらの遊びが楽しめます。運動不足が解消されるかも!?

A post shared by momo_sakai (@momo_sakai) on

週末には「草木染め」や「しかけカードづくり」といったクラフト体験や読み聞かせ会など、さまざまな催しも行われています。お出かけの際はぜひイベント情報をチェックしてみてくださいね。

近隣お食事どころ情報

「吉田屋 玄庵」 外観 567677

出典:せいろ蕎麦さんの投稿

「星と森と絵本の家」から徒歩10分ほどのところにあるのがお蕎麦やさん「吉田屋 玄庵(よしだや げんあん)」。麺は茨城のブランド蕎麦である「常陸秋蕎麦」を店内の石臼で挽いてつくっています。とても細いのが特徴で、つるっと食べやすく喉ごしがよいと人気です。お蕎麦やさんとしてはちょっと意外なコンクリ建ての建物がおしゃれ。住宅街の中にありますので、うっかり見逃さないようにご注意を!

「吉田屋 玄庵」 料理 567678

出典:せいろ蕎麦さんの投稿

人気は「鴨つくねざる」。ジューシーかつふわふわっとした食感のつくねがたっぷり入っていて食べごたえあり。甘辛いつゆに細いお蕎麦が絡み、味わいをしっかり楽しめます。

「吉田屋 玄庵」 内観 721551 玄庵

出典:ジゲンACEさんの投稿

店内も外観同様コンクリ打ちっ放し、BGMにはジャズが流れていてまるでカフェのよう。知る人ぞ知る名店といった雰囲気で、落ちついてお食事が楽しめるオススメスポットです!

吉田屋 玄庵の詳細情報

吉田屋 玄庵

新小金井、多磨、武蔵境 / そば

住所
東京都三鷹市野崎4-7-14
営業時間
[月・火・木・金] 11:30~16:00 [土・日] 11:30~18:00
定休日
水曜・第2木曜
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

いかがでしたか?

いかがでしたか?1401155

出典:

絵本を読んだり、庭で竹のぽっくりに乗って昭和遊びしたり、はたまた活動を通して自然や科学へ興味を抱いたり。子どもたちが特に喜ぶ、ステキな施設「星と森と絵本の家」に、この週末ぜひ足を伸ばしてみてくださいね!

東京都のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

東京都×ホテル・宿特集

関連キーワード