神奈川のご当地グルメを勝手にランキング!あなたはいくつ知ってる?【13選】

神奈川のご当地グルメを勝手にランキング!あなたはいくつ知ってる?【13選】

どこの地域にもある”ご当地グルメ”。自分が育った土地のご当地グルメならご存知だと思いますが、他の地域のものも知っていますか?全国的に有名なものから、同じ土地の人でも知らなかったようなものまでいっぱいありますよね!今回は、人気の神奈川県からご紹介していきたいと思います。

2017年11月10日

神奈川県はこんな街♪

神奈川県はこんな街♪1403504

出典:watermanさんの投稿

デートスポットで有名なみなとみらいに、海の街湘南、温泉街の箱根など、神奈川には名所と呼べるスポットがたくさん!日本人のみならず、海外の人からも人気のエリアです。そんな神奈川県には、全国的に有名なご当地グルメから、県民にもあまり知られていないご当地グルメまで盛りだくさん!今回は、神奈川を愛する筆者がランキング形式でご紹介しますよ♪あなたの知っているグルメはどれくらいありますか?早速見てみましょう。

【13位】とん漬け(厚木)

厚木の名物グルメである「とん漬け」。上質な豚肉を使用し、お店ごとの自慢の特製味噌ダレに漬け込んだものです。その昔、あるお屋敷に大切なお客様を迎えることとなり、料理人が考え出して「とん漬け」を振舞ったのが始まりだといわれています。そのお偉いお客様が気に入り、広く知れ渡るようになったんだそうですよ。

「肉の田口」

「肉の田口」 外観 38958506 松枝交差点

出典:くうるどっぐさんの投稿

”とん漬け”といえば「肉の田口」といわれるほど、地元の人にも愛されています。このお店は、本厚木駅から歩いて15分ほど、厚木市立病院の横にあります。店内は、アットホームな雰囲気が広がっており、ショーケースには上質なお肉が数多く並べられています。

「肉の田口」 料理 18417839

出典:P-Chanさんの投稿

厚木市のご当地グルメとして有名な「とん漬け」は、厳選した豚肉を秘伝のタレに漬け込んだシンプルなもの。フライパンやオーブンで焼くもよし、フライにしていただくのもよし、と様々な料理に合います。ぜひ購入して自分なりのお料理を作ってみてください。

「肉の田口」 料理 54652912 豚漬け

出典:hikar.kagayakiさんの投稿

こちらでは、地方名産物の「相模豚」の上質な部分だけを使用しています。信州米みそ、中京みそ、九州麦みそに、 厚木の地酒「盛升(さかります)」を使用した特製のタレがまた絶妙にマッチしていて美味しいんです!味噌に負けない豚の甘みを感じられますよ。

肉の田口の詳細情報

肉の田口

本厚木、厚木 / デリカテッセン

住所
神奈川県厚木市水引1-15-12
営業時間
10:00~18:30
定休日
無休
平均予算
  • ~¥999

データ提供

【12位】鎌倉ハム(鎌倉)

1874年に、イギリス人「ウィリアム・カーティス」が鎌倉でハムを製造し、横浜居留地の外国人相手に商売をしたのが始まりだといわれています。その後日本人にもレシピを教え、鎌倉ハムは広く伝わるようになりました。ちなみに「鎌倉ハム」とは現在の鎌倉市の名産品ではないんだそう。現在の鎌倉市・横浜市・藤沢市にあたるエリア「鎌倉群」が発祥です。しかし、現在は鎌倉土産として、贈答品などにもちいられるほどの人気を誇っています。

「鎌倉ハム富岡商会 鎌倉小町 本店」

「鎌倉ハム富岡商会 鎌倉小町 本店」 外観 24299211

出典:KEN21さんの投稿

鎌倉駅から歩いて3分ほどの、小町通沿いにある、創業明治33年の歴史あるお店です。ショーケースには自慢のハムがズラリ。種類も多くどれを購入しようか迷うほどです

「鎌倉ハム富岡商会 鎌倉小町 本店」 料理 24113975 スライスして。。

出典:chika**さんの投稿

このお店の鎌倉ハムは、2週間もかけて作られています。ハムに相応しい肉を見極め、余計な部分をそぎ落として完成するそうです。まさにプロの目でしか分からない最高級品。メディアにも取り上げられた有名店です。

鎌倉ハム富岡商会 鎌倉小町 本店の詳細情報

鎌倉ハム富岡商会 鎌倉小町 本店

鎌倉、和田塚 / その他

住所
神奈川県鎌倉市小町2-2-19 相模屋ビル 1F
営業時間
10:00~19:00
定休日
年末年始
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

【11位】小田原のカマボコ(小田原)

実はかまぼこの起源は、はっきりしたことが分からないと知っていましたか?太古から作られていたと思われ、書物で記述がでてくるようになったのは、室町時代に入ってからやっとなんだそうです。また、始まりは現在の「ちくわ」の原型となるものだったそうですよ。小田原でかまぼこ作りが盛んになったのは、今から220年くらい前だといわれています。小田原は、元々漁業が盛んでたくさんの魚が獲れており、保存方法として生まれたのが小田原のかまぼこだそうです。
「かまぼこ」のおこりはたいへん古くはっきりとしたことはわかりません。 おそらく日本人が歴史上に現れた太古の昔からすでに存在していた魚肉の料理法であったと思われます。

出典:小田原蒲鉾十か条

「鈴廣蒲鉾 本店 」

「鈴廣蒲鉾 本店」 外観 64718881

出典:O'Hareさんの投稿

堂々たる造りの日本家屋が自慢の「鈴廣蒲鉾 本店」です。まるで豪華なお屋敷のようですね!箱根登山鉄道風祭駅から歩いてすぐの場所にあります。

「鈴廣 かまぼこの里」 料理 46434357 謹上蒲鉾。ストレートかつ淡泊で、わざとらしさのない味。わさび漬との相性は抜群です

出典:よい子さんの投稿

鈴廣蒲鉾では定番の紅白以外にも、カラフルな蒲鉾が用意されています。しかしそんな色鮮やかな蒲鉾も、人口着色料は一切使用しておらず、全て天然素材で作るこだわりよう!揚げや焼きなどさまざまなものを取り扱っているので、おつまみにぜひどうぞ♪

黄色/うに、たまご
みどり/まっちゃ、ほうれん草、よもぎ
水色/クチナシ
オレンジ/かぼちゃ、にんじん
ピンク/コチニール(カルミン酸)*中南米の砂漠地帯が産地。南米では約500年前から使わわれています。サボテンの白い部分に生息するエンジ虫を天日で干し、貯蔵をし色が変わるのを待ちます。

出典:素材 天然素材とものづくり 天然素材でつくる|鈴廣のかまぼこづくり|鈴廣かまぼこ

鈴廣蒲鉾 本店の詳細情報

鈴廣蒲鉾 本店

風祭、入生田 / その他

住所
神奈川県小田原市風祭245 鈴廣かまぼこの里
営業時間
9:00~18:00
定休日
無休(1月1日のみ休み)
平均予算
  • ~¥999

データ提供

【10位】牛鍋(横浜)

すき焼きの前身ともいわれている「牛鍋」。横浜港開港以来西洋の肉食文化が広まって誕生したのが「牛鍋」です。その当時は大ブームを巻き起こしたそうですよ。牡丹(いのしし)鍋の手法を真似て味噌で牛肉を煮込み、ネギを入れて肉の臭みを消していたそうです。シンプルながらも美味しい横浜発祥の名物グルメです。
横濱では開港以後、西洋人の肉食文化を取り入れることにより誕生した牛鍋が一世を風靡しました。

出典:横浜老舗元祖牛鍋・太田なわのれんの歴史

「太田なわのれん」

「太田なわのれん」 外観 69067598 外観('17/06/24)

出典:こば ひでさんの投稿

京浜急行・日の出町駅、黄金町駅、横浜市営地下鉄・阪東橋駅、JR関内駅など、4駅から徒歩10分以内で行ける、アクセスの良い場所にあります。「太田なわのれん」の名前らしく、店先には縄の暖簾がかかっています。

「太田なわのれん」 料理 54773293 ぶつ切り牛鍋

出典:けそけそけそさんの投稿

このお店の牛鍋の特徴は、なんといってもその厚さ!ここの初代がお酒好きで「朝からほろ酔い気分で肉を切るので薄く切ることができず、肉は全てぶつ切りにした」という逸話があり、逆にその厚さがうけたんだとか。

「太田なわのれん」 料理 54773258 ぶつ切り牛鍋

出典:けそけそけそさんの投稿

グツグツに煮立った味噌ダレが、分厚い牛肉に染み込んでいて絶品です!濃い味噌ダレにも負けない牛肉の旨みと甘みを感じることができます。

「太田なわのれん」 料理 52956263 溶き玉子とあわせて頂きます

出典:山海美味さんの投稿

やっぱり溶き卵と一緒に食べるのが合います♪山形産や鹿児島産など、産地は仕入れ状況によって変わりますが、常にA5ランクの国産和牛を使用しているので旨みが違います!

太田なわのれんの詳細情報

5000太田なわのれん

日ノ出町、黄金町、伊勢佐木長者町 / すき焼き、懐石・会席料理、ステーキ

住所
神奈川県横浜市中区末吉町1-15
営業時間
[火~金] 17:00~22:00 [土・日・祝] 12:00~15:00 17:00~21:00
定休日
月曜日・第3日曜日(ただし1月・12月を除く)
平均予算
  • ¥10,000~¥14,999
  • ¥10,000~¥14,999

データ提供

【9位】生しらす丼「ハルミ食堂」

まずしらすとは、1種類の魚のことを言うのではなく「ウナギ・アユ・イワシ」の稚魚を総称したものって知っていましたか?ちなみにここ江ノ島周辺では、カタクチイワシの稚魚をしらす丼にしています。黒潮に流されて相模湾までたくさんのしらすが入ってくることから、江ノ島では大正時代からしらす漁が行われていました。それで有名になったんですね。
「ハルミ食堂」 外観 43697856

出典:

江ノ島名物の生しらす丼が食べられるとして、江ノ島の中で特に有名な「ハルミ食堂」。有名店なのでいつも混んでおり、外まで並んでいる人もザラですよ!特に休日や連休などは行列覚悟で行きましょう。お店は江ノ島に入り、江島神社へ向かう途中の右側にありますよ。

「ハルミ食堂」 料理 43697834

出典:

水揚げされた獲れたてのしらすを水洗いし、そのままいただく贅沢な一品!しらすは鮮度が落ちやすいので、その日の朝水揚げされたものをいただけますよ♪まろっとした口当たりと、プチプチっとした食感の両方を楽しんでくださいね♪

江の島 ハルミの詳細情報

江の島 ハルミ

片瀬江ノ島 / 魚介料理・海鮮料理、海鮮丼、定食・食堂

住所
神奈川県藤沢市江の島2-1-12
営業時間
11:00-18:00(L.O.17:30)
定休日
金曜日(7・8月は無休で営業)
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

【8位】三崎のマグロ「三崎館本店」

「三崎のマグロ」。皆さんも一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?でも実は三崎がある神奈川県三浦半島沖で獲れたマグロのことではないんですよ。世界各地で獲られた本マグロなどをここ三崎港で水揚げし、それを「三崎のマグロ」と呼びます。世界各国から集まったマグロは、上質なものばかり!青森県の大間マグロと並んで有名です。
「三崎館本店」 外観 52282751

出典:

まぐろ料理専門の老舗料理旅館「三崎館本店」。京急三崎口駅からバスに乗り、三崎港で下車して歩いて2分ほどのところにあります。マグロの大きな看板が目印。旅館として営業していますが、お食事だけでも可能ですよ。

「三崎館本店」 料理 70375744

出典:愛素香の寝顔さんの投稿

マグロ料理の専門店として営業しているこのお店では、刺し身をはじめ、マグロのかぶと焼きやマグロのステーキなど、ありとあらゆるマグロ料理を満喫することができます。ランチでは「まぐろの尾の身、ほほ肉、心臓」など、マグロの様々な部位をいただける限定のメニューを提供してくれます。

三崎館本店の詳細情報

三崎館本店

三浦半島その他 / 旅館、魚介料理・海鮮料理

住所
神奈川県三浦市三崎5-2-9
営業時間
11:00~15:00 17:00~20:00(L.O.19:30)要予約
定休日
不定休
平均予算
  • ¥5,000~¥5,999

データ提供

【7位】ヨコスカネイビーバーガー「ハニービー」

横須賀のご当地ハンバーガー「ヨコスカネイビーバーガー」。横須賀にはアメリカ海軍基地があり、もともとはこの基地内で作られていました。友好の証として、アメリカ海軍からレシピを渡してもらったことがヨコスカネイビーバーガー誕生の始まりです。それが今ではすっかりご当地グルメとして定着しているのをみると、なんだか嬉しくなりますね。
「ハニービー」 外観 47387565 店構え

出典:りりたさんの投稿

京急汐入駅から歩いて8分ほど、アメリカ海軍基地近くにあります。店内の壁には沢山の有名人のサインが飾られています。レトロアメリカンな内装もまた横須賀らしくておしゃれ!

「ハニービー」 料理 54886927 ネイビーバーガー

出典:辣油は飲み物さんの投稿

これがその「ヨコスカネイビーバーガー」。ご覧の通りかなりのボリューム!野菜もパテも同じくらいのボリュームがありますね。バンズは外側がカリッと焼かれており、中はふっくらとしています。パテは牛肉100%の赤身肉を使用していて、肉肉しい食感。こちらも同じく外はカリカリに焼かれていて、中はジューシーな仕上がりです。

「ハニービー」 料理 71474012 レギュラーネイビーバーガーセット+コロナ

出典:としーんさんの投稿

塩と胡椒で少し濃い目の味付けがまたたまりません!なぜアメリカ人がハンバーガーとビールを飲むのか分かるメニューです笑

ハニービーの詳細情報

ハニービー

汐入、横須賀中央 / ハンバーガー、アメリカ料理

住所
神奈川県横須賀市本町2-1
営業時間
11:30~23:00
定休日
無休
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

【6位】横濱馬車道あいすくりん「ヨコハマ バシャミチアイス」

明治2年に、日本で最初のあいすくりん(アイスクリーム)が作られます。江戸末期に幕府が派遣した使節団が訪問先のアメリカで食べたのが始まりで、その美味しさに感動して日本でも作り始めたといわれています。ちなみに一番最初のあいすくりんは、塩と氷を使って作られたそうです。
「ヨコハマ バシャミチアイス」 外観 55421142

出典:mcz700さんの投稿

当時のあいすくりんを再現した「ヨコハマ バシャミチアイス」。馬車道駅から歩いて6分ほどの、横浜赤レンガ倉庫2号館の1階にあります。店内は現代風で、おしゃれでカジュアルな空間です。

「ヨコハマ バシャミチアイス」 料理 28255238 ミルクカスタード

出典:zentouさんの投稿

卵と牛乳と砂糖のみで作っていた、明治時代初期のあいすくりんを現代風にアレンジした「できたて横濱馬車道あいす」。モナカの香ばしさと甘いあいすくりんが相性がバツグン!「カスタード」や「特選ミルク」、「ミルク&カスタード」などの定番を始め、栗や紫芋を使った季節限定メニューもありますよ。

ヨコハマ バシャミチアイスの詳細情報

ヨコハマ バシャミチアイス

日本大通り、馬車道 / アイスクリーム、カフェ

住所
神奈川県横浜市中区新港1-1-2 横浜赤レンガ倉庫2号館 1F
営業時間
11:00~20:00
定休日
無休(横浜赤レンガ倉庫に準ずる)
平均予算
  • ~¥999
  • ~¥999

データ提供

【5位】シロコロホルモン「ホルモン大ちゃん」

今では厚木のB級グルメとして人気を集めているシロコロホルモン。一番最初に紹介した厚木の「とん漬け」から分かるように、厚木市は養豚が盛んです。そのため、昭和初期には豚ホルモン焼の店が多くできてきました。一般的な焼肉屋で見かけるホルモンとは違い、シロコロホルモンは管状のままぶつ切りにするので丸い形をしています。ぶつ切りにすることによってホルモンの脂などが逃げず、存分に旨みを堪能できます。
「ホルモン大ちゃん」 外観 19370901

出典:ツマジロさんの投稿

本厚木駅から歩いて3分ほどすると見えてくる、店名が大きく書かれた看板が目印の「ホルモン大ちゃん」。昭和の古き良き大衆居酒屋というこじんまりとした外観ですが、店内には100席以上用意しています。活気あふれる空間の中で、昭和の懐かし雰囲気を感じながらシロコロホルモンを堪能しましょう!

「ホルモン大ちゃん」 料理 63400987 シロ

出典:

厚木名物のシロコロホルモンは、お酒を飲まれるお客さんから絶大な人気を得ているメニューなんですよ。シロコロホルモンは秘伝の味噌ダレで味付けしていて、歯ごたえと柔らかさが特徴。丁寧に下処理をしているので臭みがなく、何個でも食べたくなる美味しさです。

ホルモン大ちゃんの詳細情報

ホルモン大ちゃん

本厚木 / ホルモン、焼肉、居酒屋

住所
神奈川県厚木市旭町1-8-8
営業時間
17:00~23:00 ラストオーダー22:30 夜10時以降入店可 、日曜祭日営業^ ^
定休日
不定休
平均予算
  • ¥2,000~¥2,999

データ提供

【4位】家系ラーメン「家系総本山 吉村家」

豚骨醤油ベースの濃い目のスープに、ストレートの太麺が特徴的な「横浜家系ラーメン」。全国的にも家系ラーメン店が多く、人気のラーメンジャンルです。トッピングに特徴があり、一般的なノリやチャーシューのほか、ほうれん草が入り、中にはキャベツのトッピングをしているところもあります。その元祖と言われているのが「家系総本山 吉村家」です。
「吉村家」 外観 53651406 土曜日の10:40(30名位並んでいます)

出典:えーあいさんの投稿

吉村家は1974年、横浜新杉田に一軒家のラーメン店として誕生しました。現在の場所は横浜駅西口から歩いて6分ほど、岡野町の交差点を左に曲がったすぐの場所にあります。テレビや雑誌の取材多数の言わずと知れた名店で、カップラーメンになったほどなんです!1日あたり平均1,500杯も売れ、暑い日でも寒い日でも常に行列ができています。

「吉村家」 料理 69174501 ラーメン¥690+麺少なめ(味玉)

出典:sakana_さんの投稿

濃厚なトンコツ醤油スープは、麺との絡みもバツグン!しかも、こんな有名店にもかかわらず、普通のラーメンで690円、味玉のトッピングが60円と、低価格なのも魅力的です。スープや麺の濃さは好きに選べるので、お好みでオーダーしましょう。家系の中でも醤油の風味が効いたラーメンに仕上がっています。

「吉村家」 料理 44208559 酒井製麺の中太ストレート麺。

出典:我武者羅ダディさんの投稿

ご覧の通りの太麺!食べ応えがあります。

家系総本山 吉村家の詳細情報

5000家系総本山 吉村家

平沼橋、横浜、戸部 / ラーメン

住所
神奈川県横浜市西区南幸2-12-6 ストークミキ 1F
営業時間
[火〜日・祝] 11:00~22:00
定休日
月曜日(祝日の場合は翌火曜日) 年末年始休業:2018年12月31日~2019年1月4日
平均予算
  • ~¥999
  • ~¥999

データ提供

【3位】サンマーメン「玉泉亭」

サンマーメンは、戦前当時に調理人達のまかない料理として出された、とろみを付けた肉そばが原形だと言われています。横浜にある中華料理店から戦後に発祥し、60年あまりの歴史があるそうです。肉やもやしなどの野菜に餡をかけて、スープにとろみを出したのが、サンラーメンの特徴です。
「玉泉亭」 外観 60782217 お店の外観

出典:aritaku.netさんの投稿

伊勢佐木長者町駅から歩いて9分ほどのところにある、サンマーメン発祥店のひとつとして有名な「玉泉亭」。大きな看板とメニューのショーケースが目印です。カウンター4席とテーブル席38席を完備した、全42席ほど。店内には有名人のサインが飾られていて、その人気の高さをうかがい知れます。

「玉泉亭」 料理 13923667 サンマーメン

出典:じゅじゅま2さんの投稿

もやしに豚肉、白菜やきくらげなどを炒め、餡かけにしているのがサンマーメンの特徴。餡かけなので冷めにくく、寒い時期にはもってこいです。鶏ガラからとった醤油ベースのスープと細麺に、トロトロの餡がよく絡みます。650円と、価格が安いのも嬉しいサービス。これに白コショウとお酢をかけて味を変えるのが地元流です♪

「玉泉亭」 料理 48511962 サンマーメンセット(900円)

出典:タム6000さんの投稿

細麺が特徴で、少し柔らかい食感です。チュルチュルっといただくことができます。

玉泉亭の詳細情報

玉泉亭

伊勢佐木長者町、阪東橋、黄金町 / 中華料理、中華麺(その他)、ラーメン

住所
神奈川県横浜市中区伊勢佐木町5-127
営業時間
11:30~21:00
定休日
火曜(祝日の場合は営業)
平均予算
  • ~¥999
  • ~¥999

データ提供

【2位】中華街のブタまん「江戸清 中華街本店」

明治27年創業の、中華街の中でも老舗中の老舗「江戸清 中華街本店」。このお店は、元祖豚まんの専門店です。特徴はその大きさにあり、具だくさんでボリューミー!横浜中華街では食べ歩きグルメにちょうどいい、有名なお店として知られています。
「江戸清 中華街本店」 外観 48480835 中華街大通りの本店。

出典:panda1600さんの投稿

みなとみらい線・元町中華街駅すぐの朝陽門から入り、中華街大通りの方に進むと左側に見えてきます。テレビで何度も紹介されていて、いつも行列ができているのですぐに分かりますよ。

「江戸清 中華街本店」 料理 9100375 店頭でアツアツが食べられます

出典:TETOさんの投稿

これが自慢の肉まん!横浜中華街で一番大きい豚まんとして知られています。大きいからといって中身が少ないことはなく、ご覧の通りぎっしりと詰まっています。一般的に売られている肉まんに比べると、中身は2倍ほど。上質な豚肉に、海老やタケノコなどの具が詰まっており、ボリューム満点です。

「江戸清 中華街本店」 料理 22459938 江戸清 ブタまん1個500円! ボリュームたっぷりです!!

出典:

中を割ってみても、その餡のぎっしり具合が分かります。これ1つで本当にお腹いっぱいになりますよ!

江戸清 中華街本店の詳細情報

江戸清 中華街本店

元町・中華街、日本大通り、石川町 / 肉まん・中華まん、飲茶・点心

住所
神奈川県横浜市中区山下町192
営業時間
[月~金] 9:00~20:00 [土・日・祝] 9:00~21:00
定休日
元旦
平均予算
  • ~¥999
  • ~¥999

データ提供

【1位】崎陽軒のシウマイ「崎陽軒本店 嘉宮 (かきゅう)」

そして堂々の1位に選ばれたのは「崎陽軒のシウマイ」!
崎陽軒がシウマイの販売を始めた昭和3年のこと。横浜名物になるようなものを作りたいと「冷めても美味しいシウマイ」を考案します。豚肉に、干したホタテの貝柱を組み合わせて作り出したシウマイが、現在でも愛されている「崎陽軒のシウマイ」の誕生です。
「崎陽軒本店 嘉宮」 外観 38030302 B1F、地下街から入る入口

出典:サプレマシーさんの投稿

横浜駅直結の地下街「ポルタ」を通り、東口を出てすぐの「崎陽軒本店」の2階にあります。上質でエレガントな広々とした空間が特徴なので、デートにもおすすめのお店ですよ。

「崎陽軒本店 嘉宮」 料理 49470175 崎陽軒の特製シウマイ

出典:

「崎陽軒のシウマイ」は、肉肉しい味わいが特徴です。一般的なものは上にグリンピースが乗っているイメージがありませんか?しかし崎陽軒のシウマイは、タネに混ぜ込まれているんですよ。少し大きめの「特製シウマイ」と、一回り小さい「昔ながらのシウマイ」。どちらも美味しいのでぜひ確かめてみて!

ひょうたん型の醤油入れに書かれたイラストは「ひょうちゃん」。顔のパターンは何種類かあり、コレクターもいるほどの人気者です。

A post shared by mayupy (@mayupy0620) on

ちなみにこのひょうちゃんは、醤油を出し終わったらお弁当に使ったり、箸置きにもなる優れもの!

崎陽軒本店 嘉宮の詳細情報

崎陽軒本店 嘉宮

横浜、新高島、高島町 / 中華料理、広東料理、飲茶・点心

住所
神奈川県横浜市西区高島2-13-12 崎陽軒本店 2F
営業時間
[月~金] 11:30~22:00 (21:00LO) [土・日・祝日] 11:00~22:00 (21:00LO) ※コースL.O.は20:30
定休日
元旦・2017年10月16日・2018年2月6日
平均予算
  • ¥3,000~¥3,999
  • ¥6,000~¥7,999

データ提供

神奈川のご当地グルメを堪能しよう♪

「ハルミ食堂」 料理 39722278 生しらす丼 1080円

出典:eb2002621さんの投稿

神奈川県のご当地グルメをランキング形式でご紹介しました。全国的に有名なグルメから、これは知らなかった!というグルメまで色々あったのではないでしょうか?東西で雰囲気や名物が全然違う神奈川県。それぞれの良さがあるので、ぜひ観光に訪れる際の参考にしてくださいね。

神奈川県のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

横浜×ホテル・宿特集

関連キーワード