恋人と行きたい沖縄旅行。初めての沖縄観光8つのオススメ!

恋人と行きたい沖縄旅行。初めての沖縄観光8つのオススメ!

恋人と行く沖縄旅行のプランをご提案♪定番観光地から絶景ビーチ、海のそばにあるオーシャンビューカフェ、さらに沖縄の情緒あふれるスポットをご紹介します。ノスタルジックな沖縄をお楽しみください。

2016年04月10日

恋人と行きたい8つの場所

①ハート形の岩がある古宇利島

那覇から北上して車で2時間ほどの古宇利島は、数々のCMや撮影でも使われる沖縄屈指のビーチスポット。車で渡れる離島としても人気です。アダムとイブのような伝説もあることから、別名「恋島」とも呼ばれています。嵐の5人が出演した、JALのCMのロケ地、ハート形の岩「ハートロック」も必見です。
①ハート形の岩がある古宇利島69730

出典:

ハートロックがあるティーヌ浜へは、古宇利一週線の北側にある看板が目印。看板に従って農道を海に向かって下って行くと見えてきます。一応、私有地を通っていくので駐車料金に300円ほどかかります。

①ハート形の岩がある古宇利島69731

出典:StyLeZさんの投稿

②沖縄の海の中を再現した「美ら海水族館」

沖縄観光の定番といえば、世界有数の大きなアクリルパネルの「美ら海水族館」。今では、ドバイ水族館に超されて世界2位となりましたが、圧巻のジンベイザメは迫力満点!水槽のスケールにまるで海の中にいるような幻想的な気持ちになれますよ。
②沖縄の海の中を再現した「美ら海水族館」69735

出典:

美ら海水族館の巨大水槽。体を垂直にしてえさを食べるジンベイザメは必見!垂直になっても大丈夫なように水槽の高さは10メートルもあるそうです。屋外プールで開催されるオキちゃん(イルカ)ショーも大人気です!

③癒しスポット「備瀬のフクギ並木」

美ら海水族館の近くにある備瀬(びせ)エリアを散策してみましょう。備瀬集落のフクギ並木は、沖縄の原風景が残された癒しスポット。 「福を呼ぶ木」と昔から言われていたフクギは、台風の多い沖縄では防風林としての役割があります。生命力あふれる緑のアーチを歩いて沖縄の風を感じてみましょう。
③癒しスポット「備瀬のフクギ並木」69739

出典:Route 329さんの投稿

備瀬崎までのおよそ1kmの並木道がつづきます。備瀬エリアは、集落が碁盤の目のように区画されており、フクギに囲まれるように家が建っています。

④古民家でアグー豚を食べる「お食事処 ちゃんや~」

フクギ並木の備瀬集落内にある、沖縄の伝統的な古民家を改装した食事処「ちゃんや~」。完全予約制で、沖縄名産アグー豚のしゃぶしゃぶがいただけます。その他にも、もずく、海ぶどうなど、地元の食材にこだわった料理が楽しめます。泡盛と一緒にぜひどうぞ。
「お食事処 ちゃんや~」外観 69742

出典:ハイダウェイさんの投稿

那覇の国際通りの喧騒から逃れて、静かな古民家での食事もいいものです。沖縄気分に浸りたいなら断然おすすめです。

「お食事処 ちゃんや~」料理 69743 やんばる島豚あぐー しゃぶしゃぶ2人前

出典:ちたろさんの投稿

アグー豚の肉質は、霜降り肉で脂に甘みと旨みがあり、一般的に売られている豚肉に比べて肉質が良く、頭数が少ないので希少価値があります。口の中でとろける食感をぜひ、味わってみてください。

「お食事処 ちゃんや~」内観 69744

出典:ドクターSSさんの投稿

店内は、まさに沖縄の人が住んでいそうな古民家。韓国映画の撮影にも使われたそう。ここで泡盛を飲めばゆったりした沖縄時間を楽しめそうです。

お食事処 ちゃんや~の詳細情報

5000お食事処 ちゃんや~

本部町 / 沖縄料理、豚しゃぶ

住所
沖縄県本部町備瀬580
営業時間
ランチ11:30 ~ 14:00 ディナー17:00 ~ 22:00(食事のL.O.21:00)
定休日
不定休
平均予算
  • ¥4,000~¥4,999
  • ¥4,000~¥4,999

データ提供

⑤夕日が見える絶景カフェ「トランジットカフェ」

「トランジット・カフェ」内観 69747 サンセットタイム(春/秋:18:00~18:30、夏18:30~19:30、冬17:00~18:00)

出典:

沖縄北部で遊んだ後は南下して、北谷町にある「トランジット・カフェ」でサンセットを。テラス席からは、沖縄の海が一望でき、絶好のロケーションです。昼間は陽射しがかなりきついので夕暮れ時がおすすめ。地元客や、観光客、地元のダイバーから人気のカフェなので、テラス席を確実に取るなら事前に予約をするのがよさそうです。

昼間の風景も最高!ランチにもおすすめ

「トランジット・カフェ」内観 69749

出典:ぶびたさんの投稿

暑い日は、お店自慢の絶品スムージーはいかがですか。その他、パスタや丼もの、ピザなどボリューム満点のカフェ飯が揃っています。

「トランジット・カフェ」料理 69750 スムージーがサッパリをしていて、暑い海辺に合う合う♪

出典:たかのりぴーさんの投稿

南国気分を味わえるトロピカルスムージーは、ヨーグルトベースの各種フルーツが入った、さっぱりとした味わい。

トランジット・カフェの詳細情報

トランジット・カフェ

北谷町 / カフェ、ダイニングバー、バー

住所
沖縄県中頭郡北谷町宮城2-220 2F
営業時間
ランチ 11:00~L.O16:00 ディナー 17:00~食事L.O23:00/ドリンクL.O23:30
定休日
不定休
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999
  • ¥3,000~¥3,999

データ提供

⑥世界遺産「首里城」を歩く

※首里城公園は2019年10月の正殿火災の影響により立入制限がございます。
最新情報は、公式サイトにてご確認ください。
こちらも沖縄観光の定番といえば「首里城」。世界遺産にも登録されている「琉球王国のグスク及び関連遺産群」を歩いてみましょう。沖縄が、琉球王国として統治されていた時代の歴史を物語る建造物です。色彩や建築様式には、日本と中国の文化が融合した独特の趣があります。最近ではみかけなくなった二千円札にも描かれていますよね。
⑥世界遺産「首里城」を歩く69754

出典:

首里城

いまやプレミア!2千札は沖縄で手に入る?!

首都圏ではまったく見かけなくなった2千円札。沖縄銀行のATMでは、2千円札専用のボタンをタッチすると出てくるそうです。2千円以上の価値はないですが、記念に一枚いかがですか?

⑦首里城近くのカフェ「石畳茶屋 真珠」

沖縄の風流な石畳を歩いてみましょう。「石畳茶屋 真珠」は、首里城から「金城町石畳通り」へ続く、「真珠道」の坂の途中にあるカフェです。季節限定のマンゴーかき氷や、アイスコーヒーでクールダウンしましょう。
「石畳茶屋 真珠」その他 69760 この坂の先にお店があります。

出典:dosannkoさんの投稿

風情のある石畳を歩いて「石畳茶屋 真珠」へ。首里の町は坂道が多いのでへとへとになることも。坂道の途中にあるカフェでひと休みしていきましょう。緑いっぱいの中を歩くと気持ちがいいですよ。

「石畳茶屋 真珠」料理 69761

出典:ANGELINIさんの投稿

石畳茶屋のマンゴーかき氷は、果肉がたっぷり。カレーや沖縄そばもあります。

石畳茶屋 真珠の詳細情報

石畳茶屋 真珠

儀保、首里 / カフェ

住所
沖縄県那覇市首里金城町1-23
営業時間
10:00~17:00
定休日
火曜日
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

⑦世界に一つだけのマイグラスを作る(琉球グラス体験)

那覇市国際通りにある「伝統工芸館」は、壷屋焼、紅型、琉球漆器、琉球ガラスの展示や製作過程が見学できるスペースまで、沖縄の伝統工芸が楽しめる那覇市の人気観光スポットです。

館内にある「琉球ガラス工房」では、マイグラスが作れる琉球グラス体験が大人気。作製途中で発生する気泡やひびが独特な味わいで、デザインも十人十色。自分だけのグラスを作ってお酒を飲んでみませんか?

A photo posted by Kinoshita Tomoe (@tomoe63) on

⑦世界に一つだけのマイグラスを作る(琉球グラス体験)69766

出典:

工房にある窯で焼いていきます。ガラスを溶かし柔らかくして形を作るので、始めはなかなかうまく作れないのが歯がゆい。出来上がったグラスを見ると感慨もひとしお。自分だけのグラスでお酒を飲めば旅の思い出になること間違いなしです。

⑦世界に一つだけのマイグラスを作る(琉球グラス体験)69767

出典:

手作りの琉球グラスは世界にひとつだけの沖縄土産。

A photo posted by Shuntaro Suzuki (@ashtococo) on

2つのグラスのうち一つは購入したもの。もう一つは、手作りです。

まとめ

以上、初めての方におすすめしたい人気の観光地、8つのおすすめスポットをご紹介しました。恋人だけじゃなく友達や家族で行ってももちろん、楽しめます。沖縄観光にぜひ参考にしてみてください♪

沖縄県のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

沖縄県×ホテル・宿特集

関連キーワード

永田町を旅する編集部おすすめ