六本木「ドラえもん展2017」は写真OK♡感動をシェアしよう!

六本木「ドラえもん展2017」は写真OK♡感動をシェアしよう!

2018年1月8日(月・祝)まで、行われている「THE ドラえもん展 TOKYO 2017」。六本木の森アーツセンターギャラリーでは、村上隆氏、奈良美智氏、蜷川実花氏たちが独自の感性で「ドラえもん」を表現しています。これってドラえもん!?とびっくりしちゃうかも!びっくりしたら、撮影してSNSに投稿しましょう。ここでは、写真撮影がOKなんです!新しい形のドラえもんに、会いに行ってみませんか?

2017年11月16日

過去も現在も未来もドラえもんと共に

過去も現在も未来もドラえもんと共に1419183

「ドラえもん」は、私たち日本人にとって物心ついたときからそばにいる、とても身近な存在。今回、そんなドラえもんを「THE ドラえもん展 TOKYO 2017」で、日本のアーティストが「あなたのドラえもん」として表現しています。彼らのドラえもんとは?ちょっと気になりますよね。

「THE ドラえもん展 TOKYO 2017」とは?

A post shared by め (@megu.1980) on

「THE ドラえもん展 TOKYO 2017」は、東京メトロ・六本木駅直結、六本木ヒルズ森タワー52階「森アーツセンターギャラリー」で開催されている、アート展です。
【開催期間】2017年11月1日(水)~2018年1月8日(月・祝)
【開館時間】10:00~20:00(火曜日は17:00まで)※入館は閉館の30分前まで
【会場】 森アーツセンターギャラリー
【観覧料】一般当日券1,800円~。※セット内容等によって異なる

A post shared by Ju21m◡̈ (@juri_ma) on

今回の作品展は、2002年に開催された「THE ドラえもん展」の「続編」ともいうべきイベントです。2002年に参加したアーティストたちは、2002年の作品と今回の2017年の作品を出展しているので、作品の変化を見る楽しさもあります。
そして今回の企画展では、クリエイティブなドラえもんに刺激を受けたら作品や会場の様子を自由に撮影してOK。SNSにアップして、今しか出会えないドラえもんを拡散させましょう。

※一部の作品を除く

撮影スポットへ行ってみよう

撮影スポットへ行ってみよう1423005

出典:takeohさんの投稿

今回の「THE ドラえもん展 TOKYO 2017」では、2つのテーマがあります。1つは2002年と同じテーマでもある「ドラえもん」。

A post shared by 前田彩名 (@ayana.maeda) on

そしてもう1つは「ドラえもん映画」。この企画のために集められた国内外で活躍する日本のアーティスト28組が、それぞれのテーマに沿ったドラえもんを写真、イラスト、オブジェで自由に表現しています。

A post shared by @kei.111 on

では、ちらりとのぞいてみましょう。

テーマ「ドラえもん」

奈良美智

A post shared by pochiie (@pochiie) on

独特なタッチで女の子を描く、美術家・奈良美智氏。彼が手掛けると、ドラミちゃんもこんな感じに。オブジェと絵画で表現しています。

蜷川 実花

A post shared by かねこ (@m.t_520) on

女性から圧倒的支持を受けるカメラマン・蜷川氏の作品。ポップでキュートな世界観は、ドラえもんとのコラボでも健在。思わず、自分も会場内でドラえもんの写真が撮りたくなります。こちらは、ドラちゃんとのデートを表現していますよ。

森村 泰昌

A post shared by emi mizutani (@emiztn) on

美術家・森村氏が2002年のドラえもん展で製作した、ドラえもんのドレス「ドラス」。今見てもシュールで、カッコイイ作品です。ドラえもんは口がポケットになっていて、実用性と美を兼ね備えています。

テーマ「ドラえもん映画」

増田セバスチャン

A post shared by Momoko (@2015lukechan) on

きゃりーぱみゅぱみゅ「PONPONPON」や原宿「KAWAII MONSTER CAFE」などを手掛ける、人気アーティスト・増田氏が手掛けたドラえもん。高さ2.3m、幅1.8mの迫力満点の作品です。映画「のび太のドラビアンナイト」をモチーフにした、巨大ぬいぐるみですよ。

山口 英紀 + 伊藤 航

A post shared by @kei.111 on

水墨画家・山口氏とペーパーアーティスト・伊藤紙の共作。映画「ドラえもん のび太と雲の王国」に登場するひみつ道具を、ペーパークラフト(写真)と水墨画で表現した作品です。とてもリアルですよね。

近藤智美

A post shared by Miku Orita (@miku_lx) on

映画「ドラえもん のび太と鉄人兵団」に登場する鏡面世界を、画家・近藤氏の描写力と独自の感性で表現。鏡面世界と現実の違いを、じっくりと見てみてください。

カフェで一息♡

ドラえもんを観賞した後は、会場に隣接する「The sun」でドラえもんを味わいましょう!展示開催期間中の特別メニューもあるので、いつ行っても楽しみがありますよ♪

通期メニュー

開催期間中、毎日食べられるメニューを紹介します。

タケコプターバーガー

照り焼きバーガーの上には、パイでできた大きなタケコプター。パイのインパクト・・・すごくないですか?

どこでもドアパフェ

A post shared by 🌺ERIKA🌺 (@erika.01106) on

にょーんとどこでもドアが、ポケットから出ている形になっているのが可愛い♡フルーツやパンナコッタを詰め込んだ、ドラえもんブルーの鮮やかなパフェです。

期間限定メニュー

期間限定メニューは、第1弾・2017年11月1日(水)~12月3日(日)、第2弾・2017年12月4日(月)~2018年1月8日(月・祝)で登場します。第1弾メニーを一部、紹介しましょう。

ドラタコライス

A post shared by Akyoku Sou (@akyoku) on

ドラえもんの顔になった、野菜たっぷりのタコライス。少し辛めのサルサソースが、アクセントになっています。

ライチフローズンカクテル お空の散歩

A post shared by メグニ。 (@meg2.888) on

ユニークでインパクトがある、SNS映えするカクテル♡ライチスムージーと生クリームで青空を、綿あめでドラえもんの後ろ姿を再現。上空で散歩している、ドラえもんの様子が伝わってきます。

第2弾にも注目!

第2弾は「アンキパン de クロックムッシュ」や「しずかちゃんのバスプリンデザート」など。ワクワクするメニューが登場するので、お楽しみに♪

グッズをお土産に♪

ドラえもんでおなかを満たしたら、次はドラえもんで物欲を満たしましょう!オリジナルグッズは、アーティスト作品のものや限定デザイン「COLOR THE DORAEMON」、会場特別グッズなど、300アイテム以上が揃っています。
公式図録とロゴ手ぬぐい、ピンバッジ。「THE ドラえもん展 TOKYO 2017」の記念にどうぞ。

A post shared by Mio.N (@risupun) on

コミックが印刷されたアイテムは、リュックやバッグ、ポーチ、スリッパ、文房具類など。コマからストーリーと道具がわかったら、あなたは相当なドラえもん通!

A post shared by pochiie (@pochiie) on

漫画家・しりあがり寿氏のシュールなドラえもん。さまざまなドラえもんが買えるのは、今だけ、ここだけです。是非、大人買いしちゃってください。

いろんなドラえもんに会いに行こう!

いろんなドラえもんに会いに行こう!1422997

出典:rinorinoさんの投稿

さまざまなドラえもんが一堂に会した「THE ドラえもん展 TOKYO 2017」は、観賞している私たちも創作意欲を掻き立てられる展示会でしたね。開催期間中は、グッズやメニューの追加や変更がなされていくので、カメラやスマホを持って訪れてみてください。

東京都のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

特集

東京都×ホテル・宿特集

関連キーワード

大山を旅する編集部おすすめ

お得に旅する編集部おすすめ

Go To トラベルキャンペーンでお得に旅しよう♪ 知っておきたい基本情報&オススメの旅先