姉妹店も注目!「モリエール」で北海道の良質な食材を使ったフレンチを堪能しよう

姉妹店も注目!「モリエール」で北海道の良質な食材を使ったフレンチを堪能しよう

「モリエール札幌」は、ミシュラン北海道で三つ星を獲得した事があり、札幌市民の間でも人気のあるフレンチ。北海道産の食材にこだわったお店を複数オープンさせ、北海道の食材のもつ力強さを発信し続けています。フレンチの手法で素材の持ち味を引き出す、地道で誠実な仕事は、本州の美食家をもうならせると評判です。そんな、北海道食材を最高のフレンチでいただける「モリエール札幌」をご紹介します。

2017年11月20日

札幌で有名なフレンチ『モリエール札幌』

「レストラン・モリエール」外観 633232

出典:sukis372さんの投稿

北海道神宮近くのマンションの1階に『モリエール札幌』はあります。心地よいサービスと素材の良さが引き出された料理に注目が集まっています。札幌市民であれば誰もが知っている有名なフランス料理店です。
「レストラン・モリエール」外観 575003

出典:DGDさんの投稿

『モリエール』の魅力

「レストラン・モリエール」 外観 28423941

出典:K.ハミルトンさんの投稿

『モリエール札幌』の魅力は、シェフである中道博氏の真摯な姿勢を支える職人魂と、北海道の良質な食材、フレンチの世界が融合して提供される料理、落ち着いた上質なサービスにあります。全国から中道シェフの料理を求めてやってくる名店で、予約を取るのも大変な人気ぶりです。

中道博シェフとは?

2008年洞爺湖サミットの首相主催の晩餐会を担当し、ウィンザーホテルの料理顧問を務めています。『モリエール』オーナーシェフを勤めながら、北海道の食材を使った野趣あふれるフレンチを提供する事に尽力しています。北海道食材とフレンチに熱い思いを持って誠実に向き合ってきた中道シェフの姿勢は、NHK『プロフェッショナル~仕事の流儀』(2014年7月14日放送)でも紹介されました。
「レストラン・モリエール」その他 575016

出典:でかぶり夫のファンさんの投稿

美しく整えられたテーブルセット。モダンなお皿がステキで、コースのスタートに期待が高まります。

中道シェフは、道産食材の香り高さや野趣を生かしすことを大事にしています。また、有名店でありながら良心的な料金設定は、フレンチの開拓者として、美食文化を浸透させたいという思いを感じます。

モリエールのコース

モリエールのコースでは、ディナー、ランチコースが各4種類用意しています。苦手なもの、是非食べたいものなど、予約時に伝えておくと出来る範囲で希望に合わせてもらえます。

ごぼうのポタージュ

「レストラン・モリエール」料理 575026 牛蒡のポタージュ

出典:タクレレさんの投稿

十勝芽室のごぼうを使ったポタージュ。ごぼうの持つ強い香りにこだわりつつ、次の料理にひびくようなしつこさがないのがふしぎ。カフェオレの様にそのままカップで熱々をいただきます。

温野菜のサラダ

「レストラン・モリエール」料理 575028

出典:DGDさんの投稿

温野菜の取り合わせは、20種類以上。4種類のペーストと胡麻塩が添えられて、フランス料理らしい美しい盛り付けに心躍ります。別次元のおいしさと表現されるのは、素材の良さを生かす丁寧な仕事のお陰ですね。お皿のうえで混ぜ合わせて完成させていくところも楽しい。

真カスベのムニエル ブール・ノワゼット

「レストラン・モリエール」料理 575033

出典:グレッチ☆さんの投稿

カスベは北海道から青森では、煮付けでよく食べられる食材で、”エイのひれ”です。フランス料理の基本ムニエルを突き詰めて誕生したモリエールの代表料理。焦がしバターの香ばしさとレモンの風味がマッチして、クルトンの食感がアクセントになっています。

レストラン・モリエールの詳細情報

500レストラン・モリエール

西28丁目、円山公園 / フレンチ

住所
北海道札幌市中央区宮ケ丘2-1-1 ラファイエット宮ヶ丘 1F
営業時間
11:30~14:00(LO) 17:30~20:00(LO)
定休日
水曜日
平均予算
  • ¥10,000~¥14,999
  • ¥20,000~¥29,999

データ提供

モリエールの精神を受け継ぐお店たち

美食文化の開拓者としての仕事を果たしてきた『モリエール』。産地にレストランを作り、その開拓精神で世界を広げています。『モリエール』の流れをくむ他のレストランも見ていきましょう!

レストラン ランファン・キ・レーブ/札幌

「ランファン・キ・レーヴ」外観 575056 ガラスのピラミッド

出典:安価堂さんの投稿

モエレ沼公園は、幾何学的な建造物、ピラミッドの丘やスポーツ施設など広大な公園施設です。レストランから眺める夕日の美しが素晴らしい!

イサムノグチが基本設計した、アーティスティクでいて広大な公園モエレ沼公園の、ガラスのピラミッド内にあるレストランです。自然と芸術が融合したこの公園にある『レストラン ランファン・キ・レーブ』のコンセプトは、自然と人工物の調和とも取れます。
「ランファン・キ・レーヴ」 内観 70378358

出典:lua brancaさんの投稿

ランチコース、ディナーコースとも2種類。ディナーコースは季節によって使用食材のみ決まっていて、シェフのおまかせコースとなります。どんな食材が組み合わされてくるか楽しみですね♪地元食材を生かしたお料理を自然の中で味わえます。

A post shared by ポコタ (@pocota818) on

ランファン・キ・レーヴの詳細情報

ランファン・キ・レーヴ

札幌市東区その他 / フレンチ

住所
北海道札幌市東区モエレ沼公園 モエレ沼公園 ガラスのピラミッド
営業時間
[4月1日~5月31日] 11:30~14:30 17:30~20:00 [6月1日~9月15日] 11:30~14:30 17:30~20:30 [9月16日~10月30日] 11:30~14:30 17:30~19:30 [11月1日~12月下旬] 11:30~19:00
定休日
月曜日(4/1~10月下旬)・不定休(11月~12月下旬)・完全定休(1月~3月) (祝日の場合は翌日休)
平均予算
  • ¥6,000~¥7,999
  • ¥8,000~¥9,999

データ提供

マッカリーナ/真狩

「レストラン・マッカリーナ」外観 575040 羊蹄山をバックに

出典:Karin830さんの投稿

野菜達の育った環境が伝わる、自然豊かな景観もごちそうの一つ。オーベルジュが4室しかないため、ニセコを訪れるときに立ち寄る本州からの観光客も多いんです。

北海道真狩(マッカリ)町は羊蹄山を臨む畑作地帯。じゃがいもやアスパラなどの産地として知られます。そんな優れた生産地に宿泊してお料理がいただけるオーベルジュNo.1レストラン『マッカリーナ』があります。『モリエール』の総料理長を経験した菅谷シェフが、独立してオープンしたと言うことで、中道シェフの流れをくんだ誠実で、素材の味わいを引き出したお料理がいただけます。
「レストラン・マッカリーナ」 内観 73240344 内観

出典:ジュニアーズさんの投稿

マッカリーナではランチ、ディナーとも3種のコース料理から選びます。メインにジビエ料理の合鴨のローストをいただくことも出来ます。基本、予約かオーベルジュに宿泊してのコース料理となり、苦手なものや希望を伝えておくと、それに沿ってお料理を組み替えてくれます。

A post shared by Mu... (@waka.625) on

レストラン・マッカリーナの詳細情報

5000レストラン・マッカリーナ

真狩村その他 / フレンチ、オーベルジュ

住所
北海道虻田郡真狩村緑岡172-3
営業時間
[夏季] 11:30~14:00(L.O) [冬季] [木] 17:30~20:00(L.O) [金~日] 11:30~14:00(L.O) 朝食は宿泊者のみ
定休日
水曜(夏季)・月~水(冬季)
平均予算
  • ¥4,000~¥4,999
  • ¥10,000~¥14,999

データ提供

レストランアスペルジュ/美瑛

「レストラン・アスペルジュ」 外観 70267615

出典:コジュンさんの投稿

JA美瑛が運営する『美瑛選果』の中に、『レストラン アスペルジュ』があります。中道シェフの流れをくむ、加藤シェフが取り仕切り、野菜のおいしさが味わえる一級のフランス料理を生み出します。毎朝、自ら畑に出向く取れたて野菜への愛情を感じるコースが楽しめますよ。
「レストラン・アスペルジュ」 内観 73700652

出典:ひつじとパンダさんの投稿

ランチ、ディナー共に3種類から選ぶことが出来ます。どれも、美瑛野菜のみずみずしさや甘みをたのしみながら、道産の豚、牛をメインにしたコース。『美瑛の畑 20種類の野菜を使った取り合わせ』はどのコースにも共通です。
「レストラン・アスペルジュ」 料理 73768603

出典:uranomさんの投稿

ほかのお店と大きく違うのは、メニューにアラカルトやティータイムがあること。コース料理ばかりでなく、気軽に美瑛の食材を味わうことが出来ます。小豆と牛乳は、ロールケーキやプリンなどのスイーツに。産地ならではの香りとコクが素晴らしいスイーツたちが並びます。

レストラン・アスペルジュの詳細情報

レストラン・アスペルジュ

美瑛 / フレンチ、野菜料理

住所
北海道上川郡美瑛町大町2 美瑛選果
営業時間
11:00~19:00(L.O) [7月~8月] 11:00~20:00(L.O)
定休日
水曜日
平均予算
  • ¥4,000~¥4,999
  • ¥3,000~¥3,999

データ提供

bi.ble(ビブレ)/美瑛

「ビブレ」 外観 61056039

出典:Captaincook7さんの投稿

北瑛小学校跡地にオープンした『ビブレ』。真っ青な空とおいしい空気、近隣に広がる自然が最高の調味料です。

パン工房の小川シェフが、美瑛の小麦を薪で焼きあげたパンが絶品です。齋藤壽氏のプロのための料理塾が開講されており、ほかのオーベルジュとは一線を画するレストラン。北海道食材のおいしさ、力強さが味わえるコースが、美瑛の風景を感じながらいただけます。ブランジェリ『北瑛小麦の丘』でのパンの購入目当てに訪れる人も多いんですよ♪
「ビブレ」 内観 59880943

出典:RouieHさんの投稿

ランチは3種類、ディナーは要予約のコースを含めて2種類。共通の前菜『丘のプラトー』は野趣あふれる盛り付けに圧倒されます。特徴はなんと言っても焼きたてパンと美瑛野菜です。収穫された土地で食べる事が最高の贅沢と気付かされる、ゆでただけに見えるアスパラやブロッコリーの香りや甘み、歯ごたえが素晴らしいんです。

A post shared by Asumi Agemura (@asumiage) on

「ビブレ」 料理 76469317 焼きたてパン(ブール)

出典:アリーちゃんさんの投稿

ビブレの目玉は、石臼でひいた美瑛小麦を使った生地を、併設のパン工房の石窯で焼いて出しているところ。お料理と出されるパンは温かい小豆が下に敷いてあり、袋に包まれて保温されています。じゃがいもがねりこまれた甘みと、小麦の力強い香りが楽しめます。

「ビブレ」 料理 73603298 丘のプラトー

出典:貂蝉さんの投稿

ラタトゥイユ、ピクルスで野菜をたっぷり味わえます。ボウルのサラダはワイルドに手でいただきます。ニシンのスモークに北海道らしさを感じますね♪

ビブレの詳細情報

5000ビブレ

千代ケ岡、北美瑛、美瑛 / オーベルジュ、フレンチ、パン

住所
北海道上川郡美瑛町北瑛第2
営業時間
[夏季(4月~10月)] 11:00~15:00(L.O) 17:30~19:30(L.O) [冬季(11月~3月)] 11:30~14:00(L.O) 17:30~19:00(L.O) ※朝食は宿泊者のみ ※7月20日〜8月31日は無休
定休日
火曜日(夏季)、月曜〜木曜(冬季)、年末、1月中旬
平均予算
  • ¥4,000~¥4,999
  • ¥20,000~¥29,999

データ提供

モリエールのフレンチを気軽に楽しむならココ!

モリエール・カフェ降っても晴れても/札幌

「Moliere Cafe 降っても晴れても」 外観 42653330

出典:mie...*さんの投稿

モリエールより気軽に入れるカフェレストラン。JR札幌近くの『六花亭本店』の9階に2015年にオープンしたばかりです。確かなフレンチの味わいがカジュアルに楽しめるお店として人気。後出しでお皿に追加される熱々のブロッコリー、ミルフィーユのサーブなどパフォーマンスにも気持ちがあがります。
「Moliere Cafe 降っても晴れても」 内観 42653345

出典:mie...*さんの投稿

気軽にフレンチが楽しめる・・・そんなコンセプトでコースが組まれている印象です。ランチ、ディナー共に2種類のコースが用意されています。メイン料理は1種類ずつで、美瑛豚のボイルハムか牛肉の赤ワイン煮のコースのほか、本日のメイン料理として、シューファルシ(ロールキャベツ)などほかの料理が提供されることもあります。

A post shared by Sumiyo Masuda (@sumiyomasuda) on

「Moliere Cafe 降っても晴れても」 料理 64062305 じゃ~ん!ミルフィーユ

出典:アワッコさんの投稿

巨大ミルフィーユが運ばれてきて、切り分けてサーブしてもらえます。あまりの大きさに、丸ごと食べてみたい妄想に駆られます。

Moliere Cafe 降っても晴れてもの詳細情報

Moliere Cafe 降っても晴れても

さっぽろ(札幌市営)、札幌(JR)、大通 / カフェ

住所
北海道札幌市中央区北4条西6丁目3-3 六花亭 9F
営業時間
11:00-16:00 17:30-20:00(LO)
定休日
水曜日
平均予算
  • ¥3,000~¥3,999
  • ¥4,000~¥4,999

データ提供

いかがでしたか?

「レストラン・モリエール」 料理 71690383

出典:昼からビールさんの投稿

北海道の食材の力強さが表現された三つ星レストラン「モリエール札幌」の魅力を紹介してきましたがいかがでしたか?フレンチの開拓者と自負している中道博シェフのレストランは憧れのお店ですね。気になった店舗があれば是非足を運んでみてください。

北海道のツアー(交通+宿)を探す

このレストランの紹介記事

関連記事

SNSで人気

関連キーワード