フォトジェニック旅に出掛けよう♪おすすめ7選【岩手編】

フォトジェニック旅に出掛けよう♪おすすめ7選【岩手編】

インスタ好きさんにおすすめしたい、岩手のフォトジェニックスポットをご紹介します!自然の美しさとともに、歴史ある建物なども残っていて、素敵な写真が撮れること間違いなし♪オシャレな1枚を撮影して、友達に自慢しちゃいましょう!

2017年11月24日

A post shared by @o_ngfk on

岩手のフォトジェニックスポットを巡りませんか?岩手には豊かな自然や、歴史ある建物、人気キャラクターのカフェなど、素敵な写真が撮れるスポットがたくさんあるんですよ。オシャレな1枚を撮影しに出掛けましょう♪

龍泉洞(岩泉町)

龍泉洞(岩泉町)1251252

出典:みなおさんの投稿

龍泉洞は、「日本三大鍾乳洞」のひとつです。洞内に生息しているコウモリとともに、国の天然記念物にも指定されています。洞窟は、総延長は3600メートルと言われていますが、全体像はまだよくわかっていません。公開されているのは、700メートル、見つかっている地底湖も8つのうち、公開は3つだけです。とてもミステリアスな洞窟ですね。そのミステリアスな雰囲気を生かした写真を狙ってみましょう!

龍泉洞(岩泉町)1251261

出典:taka1451さんの投稿

地底湖の美しい「青」は、撮影の方法や光の加減によって、いろいろな色になります。ため息の出るような美しい写真が撮れるかも!

A post shared by @machiiiin0429 on

地底湖の美しさもさることながら、ライトアップされた洞窟の内部もとても魅力的で怪しい雰囲気に包まれています。ダンジョン感たっぷりのファンタジックな写真が撮れますよ。

A post shared by @myhtsj on

思わず吸い込まれていってしまいそうなスリル感のある写真ですね。奥底に怪しく光る地底湖の青が、まるで宝石のよう。

A post shared by mon* (@_m7.px) on

水面だけを撮影すると、不思議な模様が浮かび上がります。こういう写真も独特の面白さがありますね。

猊鼻渓(げいびけい)(一関市)

猊鼻渓(げいびけい)(一関市)1251268

出典:Crispoさんの投稿

舟下りで有名な猊鼻渓(げいびけい)。船頭さんの手漕ぎ舟で、2キロメートルほどの渓谷をゆっくりと下ってきます。50メートルもある両岸の岩場がぐいっと迫ってくるようです。華やかな新緑や紅葉の季節はもちろん、雪景色も水墨画のような雰囲気で、どの季節も捨てがたい魅力がありますよ。そんな渓谷美とあわせて、舟や船頭さんたちのシルエットを撮影しましょう。迫力のある岸壁と船影とのバランスがポイント♪

猊鼻渓(げいびけい)(一関市)1251269

出典:スヌーピーさんの投稿

遠くから客観的に景色をとらえるのも素敵ですが、舟に乗って船頭さんを撮影するのも面白そうです。

A post shared by shion1991 (@1991shion) on

舟下りをしながら、両岸の景色をとらえると迫力のある写真になります。

A post shared by erika (@cocoa0618) on

自然を感じる壮大な1枚が撮れるスポットです♪いろいろな雰囲気の写真に挑戦してみてくださいね!

浄土ヶ浜(宮古市)

浄土ヶ浜(宮古市)1251293

出典:くろふねさんの投稿

「浄土ヶ浜」は、名前の通り極楽浄土のような美しさが魅力♡白い砂浜と岩場、そこに松の緑と空の青が映える絶景を眺めることができます。独特の地形のため波はほとんどないので、透明度の高い水の美しさも撮影しやすいですよ。

浄土ヶ浜(宮古市)1251283

出典:リリ助さんの投稿

美しい日の出を撮影できるスポットとしても有名です。微妙に変化する空の色、太陽の輝きなど、逆光を活かした写真が多いスポットでもあります。

浄土ヶ浜(宮古市)1251290

出典:OG328さんの投稿

太陽だけではなく月が上る様子や、満天の星空などを撮影する人もいます。ちょっと技術がいるかもしれませんが、チャレンジしてみる価値は十分ありますよ。偶然に素敵な写真が撮れてしまうこともあるのが、自然の魅力です。

浄土ヶ浜(宮古市)1433121

出典:でごみんさんの投稿

通称「青の洞窟」を巡るコースでは、こんな写真も撮れます。遊覧船で奇岩の数々を巡ることもできるので、浜辺からだけではなく、海上からの撮影にもチャレンジしてみませんか?

岩手銀行赤レンガ館(盛岡市)

岩手銀行赤レンガ館(盛岡市)1251299

出典:花芽吹さんの投稿

「あれ?東京駅?」というような錯覚に陥りませんか?実は、東京駅を設計した辰野・葛西建築設計事務所による建物なんです。タイムスリップしたかのような感覚を味わえるレトロな建物は、フォトスポットとしても人気です!

岩手銀行赤レンガ館(盛岡市)1251300

出典:花芽吹さんの投稿

もちろん、内部も見ることができるのでたくさん撮影しましょう!視点を変えたり、ズームの具合を変えたりすると、同じ場所でも違った雰囲気になりますよ。なお、国指定の文化財(建造物)ですから、館内のルールは必ず守るようにしてくださいね。

A post shared by ゆぴ (@yuppy723) on

明治・大正のロマンチックな雰囲気は、SNS映え抜群です♪
雪の日の赤レンガは、北欧風の趣を感じます。足元に注意しながら、撮影してくださいね。

折爪岳(二戸市)

折爪岳(二戸市)1251324

出典:アジっ子さんの投稿

折爪岳は、標高852メートルほどの小さな山です。ブナの原生林が広がり、貴重な動植物の宝庫として県立公園になっています。周囲に高い山がないので、晴れた日の山頂展望台からは、八甲田連峰、岩手山、八戸の夜景などのパノラマを見ることができるんです。晴れた日の朝は、絶好の撮影時間!ゆっくりと夜が明ける空のグラデーションにチャレンジしましょう。

A post shared by かおり (@uw7200) on

手を伸ばせば、雲に手が届きそうな感じです!素敵な眺めを写真に収めてくださいね。

A post shared by Tachan (@t_s.iwate) on

折爪岳は、ヒメホタルの群舞を見ることができる場所としても知られています。優しい光を頑張ってとらえましょう。

A post shared by tetsuzou chida (@serozou) on

まるで花畑のようですね。これだけのホタルの群舞を見られる場所は、珍しいのではないでしょうか。SNSにアップして、ちょっと自慢しちゃいましょう!

小岩井農場(雫石町)

小岩井農場(雫石町)1251344

出典:tk561さんの投稿

岩手県内でも人気撮影スポットといえば、こちらの小岩井農場。遠景に岩手山をとらえ、広大な空と草原、そこに立つ一本の桜の木というポストカードのような写真が撮れるスポットです。桜の季節には、大渋滞が発生するほどの人気ぶりです。我こそは!と思う方は、ぜひ参戦してみてください。その価値は十分ありますよ。

小岩井農場(雫石町)1251355

出典:uraraさんの投稿

激戦のスポット以外にも、カメラを向けたい風景はたくさんあります。牧場や花畑など、のんびりとした風景も素敵です。

小岩井農場(雫石町)1251443

出典:ちゃげきさんの投稿

牧場ですから、動物たちの姿も撮影しましょう。ユーモラスな表情やしぐさを撮ることができるかもしれませんよ。

A post shared by rentaro.2 (@rentaro.2) on

小岩井農場では、冬になるとイルミネーションが点灯します。雪の光とのコラボレーションはとても幻想的です。雪景色と合わせて、ファンタジックな写真にチャレンジ!

A post shared by Rika Chiba (@cr0404) on

牧場ですから、こんな写真も面白いですね。空の青と牧場の緑、そこに真っ白なソフトクリーム♡

ミッフィーカフェかまいし(釜石市)

「ミッフィーカフェかまいし」外観 1251420

出典:

最後にご紹介するのは、釜石市にある「ミッフィーカフェかまいし」。「ミッフィー」は絵本に登場するキャラクターで、原作者は、オランダ人のディック・ブルーナ氏です。まずは、この絵本のような外観を撮影!

「ミッフィーカフェかまいし」内観 1251430

出典:

店内にもミッフィーがたくさん!カトラリーなどにもミッフィーが描かれています。かわいくってほっこりしますよ♪

「ミッフィーカフェかまいし」料理 1251436 ミッフィーオランダプレート

出典:♪une-perle♪さんの投稿

もちろん、メニューにもミッフィーがいます。こちらは、作者のブルーナ氏の故郷、オランダの家庭料理をイメージした「ミッフィーオランダプレート」です。ごはんに目と口がついているだけなのにこの可愛さ♡

「ミッフィーカフェかまいし」料理 1251431 ミッフィー ワッフル ミックスベリー

出典:

スイーツには、クッキーやチョコレートで形作られたミッフィーたちがのっています。絵本の世界がそのままスイーツになったようです。

「ミッフィーカフェかまいし」ドリンク 1251441

出典:hyn.aさんの投稿

もちろん、ラテアートもありますよ。白いミッフィーですので、クリームの上に描くのが一番魅力的かもしれません。

ミッフィーカフェかまいしの詳細情報

ミッフィーカフェかまいし

釜石 / カフェ・喫茶(その他)、ダイニングバー

住所
岩手県釜石市大町1-1-10 釜石情報交流センター1階
営業時間
10:00〜22:00(LO)21:30 [ドリンクのみ]10:00〜11:00 [ランチタイム]11:00〜14:30 [ティータイム]14:30〜17:30 [ディナータイム]17:30〜22:00(LO)21:30
定休日
毎月第一、第三木曜日 12月31日(大晦日)
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

岩手でフォトジェニックな写真を撮ろう!

自然豊かな岩手では、四季折々の素敵な写真を撮ることができます。とっておきの1枚が撮影できたら、シェアして友達に紹介しましょう♪岩手のさまざまなスポットを巡ってみてくださいね!

岩手県のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

関連キーワード

大山を旅する編集部おすすめ

お得に旅する編集部おすすめ

Go To トラベルキャンペーンでお得に旅しよう♪ 知っておきたい基本情報&オススメの旅先