【富山】思わずカメラを構えたくなる。「富山県美術館」に行こう!

【富山】思わずカメラを構えたくなる。「富山県美術館」に行こう!

東京駅から北陸新幹線で2時間ほど。JR富山駅に開館した「富山県美術館」をご存じでしょうか?コンセプトは世界初の"アートとデザインをつなぐ美術館"。椅子やポスターといった身近なものを通してデザインに触れることができたり、アートの世界へと導かれる建築も見応え十分で、アートにあまり詳しくないという人も気軽に楽しめる空間となっています。また、館内は写真映えするスポットも多く、カメラ女子にもおすすめ。今回はそんな富山県美術館のみどころ・館内のグルメ情報・周辺観光情報をご紹介いたします!

2017年12月14日

アートとデザインをつなぐ、 世界で初めての美術館「富山県美術館」

アートとデザインをつなぐ、 世界で初めての美術館「富山県美術館」1777669

出典:kenkens0さんの投稿

富山県富山市にある「富山県美術館」。同じく富山市にあった「富山県立近代美術館」の老朽化に伴い、移転・リニューアル計画を経て2017年に誕生しました。世界で初めて"アートとデザインをつなぐ"をコンセプトに掲げたこちらの美術館では、有名画家たちの世界的コレクションや日本・富山を代表するデザイン作品を新しい切り口やテーマ、見せ方で紹介しています。
例えば、2017年11月16日~2018年1月8日開催の企画展「素材と対話するアートとデザイン」もまさに"アートとデザインをつなぐ"コンセプトを反映したもので、「素材」という切り口からアートとデザインの両方に触れられる展示となっています。こちらの写真は本展で見ることができる作品のひとつ。色彩豊かな作品で有名なエマニュエル・ムホーによる新作《COLOR OF TIME》です。展覧会初日である2017年11月16日の富山市の空をモデルに時間の流れとともに色が移り変わっていく様子を表現したもので、なんと100色ものグラデーションとなっています。あまりの美しさにフォトスポットとしても大人気です。今後どのような企画展が催されていくか目が離せません。
また、鑑賞だけにとどまらず「創る」「学ぶ」「遊ぶ」「楽しむ」「発表する」といった美術体験が充実しており、表現者と鑑賞者双方向の体験を共有しあうことができます。アーティスト本人の作品解説を聞くことができるトークイベントや、デザイナーが企画したワークショップなども行われており、表現者から直々に聞く貴重な話に心動かされるはず。訪れる前にぜひイベント情報をチェックしてみてくださいね。

アクセス

最寄駅はJR富山駅。美術館までは徒歩20分程度、バスも運行されています。

「富山県美術館」4つのみどころ♪

「富山県美術館」4つのみどころ♪1445443

出典:てれてれ坊主さんの投稿

富山県美術館を存分に楽しむために、チェックしておきたい見所を4つご紹介いたします!

みどころ① 土地を活かしたこだわりの建築

みどころ① 土地を活かしたこだわりの建築1777681

出典:

美術館は「富岩運河環水公園(ふがんうんがかんすいこうえん)」という9.7ヘクタールの広い敷地をもつ美しい公園内にあります。公園内には運河が流れており、4月~11月には遊覧船でのクルーズが楽しめることでも人気。また、とっても美しいスタバがあることでも有名なんですよ。美術館は公園内でも見晴らしがよい場所に建てられており、館内からは日本三名山である「立山(たてやま)」の美しい眺めを楽しむことができます。

富山県美術館の建築を手がけたのは、東京大学名誉教授の「内藤 廣(ないとう ひろし)」さん。代表的な作品として、安曇野ちひろ美術館や島根県芸術文化センターなどがあります。土地の持つ特徴を取り込んだ建築物を手がけられることが多く、この富山県美術館もそのひとつ。環水公園を座敷と見立てると、美術館は床の間の位置にあたることから、床の間をイメージした空間として設計されました。景観を楽しむため東側の壁は全面ガラス張りになっており、環水公園、立山が借景となって唯一無二の空間に。
みどころ① 土地を活かしたこだわりの建築1445384

出典:タムゴンさんの投稿

美しく伸びる中央廊下には、「富山の素材を使い倒す」をモットーに県産材の「ひみ里山杉」を使用。また、美術館の外装・壁や天井には名産品であるアルミが使用されており、富山の魅力に触れられる空間となっています。

みどころ① 土地を活かしたこだわりの建築1445386

出典:Yuta-Kさんの投稿

どこを切り取っても美しい内観。お気に入りのスポットを探してみてくださいね!

みどころ② カラフル、ポップな空間「オノマトペの屋上」

みどころ② カラフル、ポップな空間「オノマトペの屋上」1777667

出典:

美術館の屋上にあるのが「オノマトペの屋上」。うとうと・ふわふわ・ぐるぐる・・・といったオノマトペ(フランス語で擬音語や擬態語の意味)に合わせた8つの遊具が設置されているんです。美術館のつくられた場所に、もともと子ども用の遊具ゾーンがあったことから、このエリアが考案されたのだそう。カラフルな遊具たちはとってもキュートで、写真映え抜群。童心に返って遊ぶのも楽しそうですね!屋上は入館無料エリアとなっているのも嬉しいポイントです。(※12/1~3/15の冬季期間は休業ですので、ご注意ください!)

A post shared by Ocha®︎ 🍵 (@oh_e_ochax) on

屋上からは雄大な立山連峰を望むこともできます。晴れた日を狙って訪れましょう!

みどころ③ 椅子のコレクション240脚、ポスターのコレクション13000点!

みどころ③ 椅子のコレクション240脚、ポスターのコレクション13000点!1453168

出典:minamina。さんの投稿

約240脚の椅子がコレクションされており、その中から50脚程度が常設展示されています。どれも世界的に名作とされているものばかりで、一見の価値あり!美しい椅子がずらりと並んだ部屋は壮観です。なんとそのうちのいくつかには、座ってみることもできるんですよ。

A post shared by RMK_IOU (@rmk_iou) on

1階にはポスタータッチパネルが設置されていて、ポスターコレクション約13000点から3000点を閲覧できます。大画面でのポスター鑑賞が楽しめるとあって人気。お気に入りの一枚を探してみましょう!

みどころ④ ピカソやロートレック、岡本太郎など巨匠たちの作品

A post shared by Hiroko (@hiroko_smiley) on

美術館=撮影禁止、そんなイメージがある方も多いのではないでしょうか? 富山県美術館ではコレクション展の撮影がOKとなっています。そのコレクションというのが豪華で、ピカソやロートレック、アンディ・ウォーホル、岡本太郎といった巨匠たちの作品がずらり。カメラを向けられないことが多い絵画たちを撮影するチャンスです♪作品保護のため、絵画は順次入れ替わりで展示されます。どんな絵が見られるか知りたい方は、訪れる前に公式HPでチェックを!

館内グルメ情報

1.オムライスの名店「たいめいけん」

「日本橋たいめいけん 富山店」 外観 69695138 店舗入口

出典:

美術館3階には東京・日本橋の老舗洋食屋「たいめいけん」の富山店があります。名物のオムライスはもちろん、本店シェフプロデュースの富山の食材を使用したオリジナルメニューも用意されているんですよ。美術館と一緒に名店の味も楽しんじゃいましょう♡

「日本橋たいめいけん 富山店」 料理 70039838 オムレツを半分に切って

出典:カズパカさんの投稿

おすすめは「タンポポオムライス」。ふわふわのオムレツにナイフを入れると卵がとろりと開き、タンポポのようになることから名付けられた名物メニューです。卵はバターの香りが漂う濃厚なお味で、チキンとグリーンピース入りのシンプルなチキンライスとよく合います。

「日本橋たいめいけん 富山店」 内観 69695115 テーブル席

出典:

窓からは美しい景色が楽しめます。夜景もきれいなので、ディナー利用もおすすめですよ♪

日本橋たいめいけん 富山店

食べログに店舗情報が存在しないか一時的な障害で店舗情報が取得できませんでした。

2.富山で人気のベーグル専門店「富山スワローカフェ(Toyama Swallow Cafe)」

「富山 スワロー カフェ」 外観 67931154

出典:あさぴー1さんの投稿

美術館1階にあるのが、富山県で人気のベーグル専門店のカフェ「Swallow Cafe(スワロウ カフェ)」。"swallow"は古期英語で「飲む・食べる」、また「ツバメ」という意味も持ち、日本語の「座ろう」にも掛けています。美術館を楽しんだあとにゆっくり座って飲食を楽しんでもらいたい、お客さんがツバメのように帰ってこられる巣のようなお店でありたい、という想いを込め名付けられたのだそう。ゆったりとした店内で、ベーグルをメインとした軽食やスイーツ、ドリンクなどを楽しむことができます。企画展にちなんだ限定メニューが提供されることも♡

A post shared by Maiko (@maimaimaimaiima) on

ランチにおすすめなのが「スワロープレート」。ふわふわもちもちのベーグルにサラダ、おかず一品とスープ、紅茶orコーヒーがセットとなります。ベーグルは数種類の盛り合わせなのでいろいろ食べてみたい方におすすめ♪野菜もたっぷりなのが嬉しいですね。

A post shared by Kaori Sakai (@lalala.lai) on

カフェタイムにはベーグルを使ったスイーツがおすすめ。「スワロウベーグルフレンチトースト」はプレーンベーグルを使ったフレンチトーストで、表面のキャラメルのぱりっとした食感とベーグル生地のしっとり感のギャップが楽しい一品。ほろ苦いキャラメルとバニラアイスの相性も抜群です!
「富山 スワロー カフェ」 内観 76079197 窓際にお席が並ぶ明るい店内

出典:ピンクサファイア♪さんの投稿

ガラス窓から明るい光が降り注ぎ、心地よい店内。カウンター席もあり、おひとりさまでものんびり過ごすことができますよ。

富山 スワロー カフェの詳細情報

富山 スワロー カフェ

インテック本社前、富山、富山 / カフェ、ケーキ、ベーグル

住所
富山県富山市木場町3-20 富山県美術館 1F
営業時間
10:00~20:00(L.O.19:30)
定休日
毎週水曜日(祝日除) 祝日の翌日 ※美術館の休館日に順ずる
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

周辺観光スポット

富山市ガラス美術館

富山市ガラス美術館1777663

出典:ほっぺたさんの投稿

富山駅から富山地方鉄道で10分ほどの「西町」駅にあるのが「富山市ガラス美術館」。"ガラスの街"としても有名な富山を象徴するスポットです。ガラス彫刻の巨匠であるデイル・チフーリ氏の作品が常設展示されており、富山ゆかりのアーティストの作品なども楽しめますよ。
富山市ガラス美術館1445432

出典:twistさんの投稿

美術館がある「TOYAMAキラリ」は世界でも有名な建築家である「隈 研吾(くま けんご)」さんが設計しており、建物が美しいことでも注目を集めています。ガラス作品・建築ともにとても写真映えするスポットですので、富山県美術館とあわせてぜひ訪れてみてくださいね。

いかがでしたか?

いかがでしたか?1442620

出典:タムゴンさんの投稿

アート×デザインという珍しいコンセプトを楽しめる富山県美術館。企画展やコレクション展以外のエリアは無料で楽しめるのも嬉しいところです。公園内なので、お近くの方であれば散歩コースにしても素敵ですね。この週末、カメラを片手にアートの世界に飛び込んでみませんか?

富山県のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

関連キーワード

全国を旅する編集部おすすめ

お得に旅する編集部おすすめ

Go To トラベルキャンペーンでお得に旅しよう♪ 知っておきたい基本情報&オススメの旅先