本格的なソーセージやハムを。全国のシャルキュトリー7選

本格的なソーセージやハムを。全国のシャルキュトリー7選

「シャルキュトリー」とはフランス語で食肉加工品を指します。日本でハムやソーセージといえば、スーパーで売っている大手メーカー品がほとんどですが、最近は本場ヨーロッパの技術を身につけた職人が作ったり、豊富な知識と目利きで海外のものを輸入販売したりするお店が少しずつ増えてきました。そこで、日本全国のシャルキュトリーから評判の高い7軒をご紹介していきます!

2017年12月15日

「シャルキュトリー」とは?

「シャルキュトリー」とは?1449502

出典:

シャルキュトリーとは、フランス語で「食肉加工品」を総称する言葉です。食肉加工の本場であり、長い歴史のあるヨーロッパではおなじみ。近年、日本でも「日本シャルキュトリ協会」ができるなど、注目を集めつつあります。

シャルキュトリcharcuterieとは食肉加工品全般の総称。chair(肉)+cuite(火を入れる)、が語源。
ハム、ソーセージ、パテ、テリーヌなどの総称で、その多くは豚肉を原料とし、鴨やジビエなどを使うこともあります。
これらを販売する店もシャルキャトリと言い、食肉加工技術を持つ職人をシャルキュティエcharcutierと呼びます。

出典:シャルキュトリーとは? | 日本シャルキュトリ協会

「シャルキュトリー」とは?1449499

出典:TR3 PG@さんの投稿

本記事タイトルは「シャルキュトリー」としていますが、ドイツ式のメツゲライ、イタリア式のサルメリアも含めてご紹介します。

イタリアでは、ラテン語のサルsal(塩)から派生したサルメリアsalumeria、ドイツでは、メツゲライmetzgerei と呼ばれます。

出典:シャルキュトリーとは? | 日本シャルキュトリ協会

日本でも増えているシャルキュトリー

A post shared by CA'GINO (@cagino1930) on

日本でも、本場で修業してきた職人や、自家製のシャルキュトリーを出すお店が少しずつ増えてきています。前述の日本シャルキュトリ協会は2013年にフランス大使館の協力を得て発足しました。そんな今、定評のあるお店を7つセレクトしました。順にご紹介していきましょう。

1.シャルキュトリー・ボヌール(東京・三軒茶屋)

「シャルキュトリー・ボヌール」 外観 44166610 店頭2

出典:玄徳さんの投稿

東京の三軒茶屋にある「シャルキュトリー・ボヌール」は、近所の人気パン店「ブーランジェリー・ボヌール」の系列店。自家製のハム、ソーセージやお惣菜を販売しています。

使用する豚肉は茨木県産の銘柄豚「あじわいポーク」です。生産履歴が明確で、なおかつ、飼育密度を低くして豚のストレスを減らし、抗生物質やホルモン剤などは使わないというこだわりがおいしい豚肉を生んでいます。

ソーセージにする工程でも、フランス産の海塩と岩塩をブレンドし、使う添加物の量を最小限に抑えるために賞味期限を短くするなど、少しでも良い製品にするためのこだわりは徹底しています。

こだわりのシャルキュトリーだけでなく、パン屋さんの系列店だけあって、シャルキュトリーを使ったサンドイッチやパイなども充実しているのが特徴。シャルキュトリー初心者にもおすすめのお店です。

シャルキュトリー・ボヌール

食べログに店舗情報が存在しないか一時的な障害で店舗情報が取得できませんでした。

2.Bistro ミヤマス(東京・新橋)

「ビストロ ミヤマス」 内観 62256394

出典:

こちらは自家製のシャルキュトリーを中心に、ワイン、クラフトビール、クラフトカクテルが楽しめる本格ビストロです。位置するのは新橋ですが、海辺のバケーションハウスをイメージした、おしゃれでリラックスできるお店です。

「ビストロ ミヤマス」 料理 74892327

出典:

シャルキュトリーは専門のシャルキュティエが約20種仕込んでいます。シャルキュトリーの盛り合わせ、パテドカンパーニュ、ハム、各種ソーセージなど、シャルキュトリーの見本市のように充実したラインナップです。

「ビストロ ミヤマス」 その他 45691348

出典:かいるあ女王様さんの投稿

ワインは約80種、クラフトビールは週替わりで樽生ビールが常時8種置かれています。ボトルの輸入ビールも各種揃っています。

「ビストロ ミヤマス」 料理 62256348

出典:

前菜からメイン、デザートまで、本格的なビストロ料理を提供していて、お魚や野菜料理のおいしさにも定評があります。お肉が好きな気の置けない仲間と、大勢でワイワイ過ごすのにぴったりのお店です。

ビストロ ミヤマスの詳細情報

ビストロ ミヤマス

新橋、汐留、内幸町 / ビストロ、フレンチ、ワインバー

住所
東京都港区新橋3-15-1 1F・2F
営業時間
17:00~24:00(L.O 23:15)
定休日
日曜日・一部の祝日
平均予算
  • ¥5,000~¥5,999

データ提供

3.フレンチデリカテッセン カミヤ(東京・池尻大橋)

「フレンチデリカテッセン カミヤ」 外観 25378961

出典:n380さんの投稿

池尻大橋駅から徒歩10分ほどの場所に位置するテイクアウト専門のお店です。中目黒の熟成肉レストランが経営しており、通信販売もやっています。

「フレンチデリカテッセン カミヤ」 内観 22041217

出典:nasudaisukiさんの投稿

定番の豚、牛、鶏だけでなく、鹿やイノシシなどのジビエもシャルキュトリーに加工しています。

「フレンチデリカテッセン カミヤ」 料理 17450775

出典:

本格的でありながら、全体的には日本人好みの優しい味わいと定評があります。

「フレンチデリカテッセン カミヤ」 料理 71813233

出典:Schnitzelさんの投稿

ランチにはサンドイッチや生パスタランチなどを曜日によって提供しています。お惣菜をシャルキュトリーとともに見繕ってもらえば立派な手土産になること請け合いです。

フレンチデリカテッセン カミヤ

食べログに店舗情報が存在しないか一時的な障害で店舗情報が取得できませんでした。

4.サルメリアロッキュー(東京・成城学園前)

「サルメリアロッキュー」 内観 47468448 雑貨屋さんの様な個性的な店内です

出典:ingridbさんの投稿

小田急線の「成城学園前駅」から徒歩12分ほどのところにある、イタリア式のサルメリアです。イタリア語でサルーミと呼ばれる生ハム、ソーセージ、サラミ、そしてチーズを切り売りしています。

「サルメリアロッキュー」 料理 47468663 スライスしてます

出典:ingridbさんの投稿

サルーミは注文を受けてから切ります。店主の新町賀信さんは生ハムが今ほど浸透していなかった時からスライサーを導入して、研究を重ねてきました。機械まかせでただ切るのではなく、種類、個体差、食べるまでの時間を計算しながら、独自の切り方を編み出しているのです。

「サルメリアロッキュー」 料理 35290717 生ハム&サラミ5種をお任せで盛り合わせ。

出典:Pinot Grisさんの投稿

切りたてのサルーミの香りの良さは格別で、一度食べたら忘れられないと評判です。ただ仕入れて提供しているのではなく、そこに新町さんの徹底した選択眼が働いているので、お客さんからの信頼は絶大。お皿の持ち込みもできるので、パーティーなどにぜひ!

サルメリアロッキューの詳細情報

5000サルメリアロッキュー

成城学園前、喜多見、祖師ケ谷大蔵 / デリカテッセン

住所
東京都調布市入間町3-9-11 サミール成城1F
営業時間
[平日] 12:00~19:00 [土・日・祝日] 11:00~19:00
定休日
火曜 水曜
平均予算
  • ¥2,000~¥2,999
  • ¥2,000~¥2,999

データ提供

5.メツゲライクスダ 芦屋店(兵庫・芦屋)

「メツゲライクスダ 芦屋店」 外観 68697331

出典:natsu-kingさんの投稿

ハム職人だったお父さんから影響を受け、ドイツやフランスなどヨーロッパ各国で修業を重ねた店主・楠田裕彦さんが開いたお店です。1号店は六甲道に、2号店であるここ芦屋店はイートインにも力を入れています。

「メツゲライクスダ 芦屋店」 料理 62550072

出典:beatfeelingさんの投稿

本場ドイツのメツゲライ文化を日本で再現したかったという楠田さんの思いが表れた店は、目移りするほどの種類の食肉加工品が並び、圧巻です。すべて合わせると700種類を超える製品を扱っており、そのうち店頭に並ぶのは約60種ほどです。

「メツゲライクスダ 芦屋店」 料理 27205889

出典:sillybublyさんの投稿

イートインで人気なのは、このパンからソーセージが豪快にはみ出たホットドッグ。メツゲライのソーセージを味わってほしいという心意気を感じますね。

「メツゲライクスダ 芦屋店」 料理 2995399 色々買っちゃった。

出典:*PIYO*さんの投稿

食肉加工品の出来は十中八九素材の良し悪しで決まるそう。なので、気になった生産者の元には自ら足を運び、よりよいものを探す努力も惜しみません。通信販売もやっているので、遠方の方もぜひお試しください。

メツゲライクスダ 芦屋店の詳細情報

5000メツゲライクスダ 芦屋店

打出、芦屋(JR)、芦屋(阪神) / デリカテッセン、ドイツ料理、ビストロ

住所
兵庫県芦屋市宮塚町12-19
営業時間
販売:10:00~18:00 イートイン:11:00~17:00
定休日
水曜・第3火曜
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

6.キュルノンチュエ(岐阜・飛騨高山)

「キュルノンチュエ」 外観 72940688 外観

出典:miniglobe.さんの投稿

飛騨高山の山村にあるこちら「キュルノンチュエ」のキーワードは「山」と「燻製」です。本格的なシャルキュトゥリー・サレゾン(豚肉加工品・塩漬品)の工房を開くために、最適な土地を求めるところからはじめたとか。また、フランスはジュラ地方に古くから伝わるやり方を採用し、大きな燻製室があるのが特徴です。

6.キュルノンチュエ(岐阜・飛騨高山)1447604

出典:

ウッディな店内には、燻製の風味がついた生ハムや、日本では珍しい白カビ熟成の乾燥ソーセージがぶら下がっていて、食欲をそそる香りが漂います。ヨーロッパの伝統的な技法に加え、自家配合した塩、鹿児島の黒豚、こだわりの湧水の力でキュルノンチュエの肉加工品は出来上がっています。

「キュルノンチュエ」 料理 24934564 試食 2人前

出典:べいびいさんの投稿

燻製品だけでなく、熟成品、加熱品など各種食肉加工品は40品目以上あり、すべての製品の試食ができます。お店の方とコミュニケーションを取りながら、お気に入りの一品をぜひ見つけてみてください。

キュルノンチュエの詳細情報

5000キュルノンチュエ

高山市その他 / デリカテッセン

住所
岐阜県高山市清見町牧ヶ洞3154
営業時間
10:00~18:00(試食は17:30まで)
定休日
火曜
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

7.へんじんもっこ(新潟・佐渡)

「へんじんもっこ」 外観 68602916 外観

出典:まるこぽろさんの投稿

佐渡島で「貴腐サラミ」と呼ばれる珍しいサラミを作っているのがここ「へんじんもっこ」です。「へんじんもっこ」とは「頑固者」を意味する佐渡の言葉。ドイツ公認資格ゲゼレを持つ息子とオーナーである父親がドイツ式の食肉加工品を作っています。

A post shared by Kazuu_328 (@kazuu_328) on

こちらが「貴腐サラミ」。白カビで熟成させたサラミです。1999年にヨーロッパの品評会に出して金賞を得て、その後もヨーロッパでいろんな賞を受けている逸品です。

A post shared by Yoshito Tanabe (@goheihei) on

そのほかにも、珍しい乳酸発酵させている生サラミ「たまとろサラミ」(写真真ん中)や各種ソーセージなどバラエティに富んでいます。佐渡島の工房でも買えますが、通信販売もやっています。

A post shared by deVinco (@devinco749) on

「へんじんもっこ」が同じ佐渡島内で経営しているイタリアン「デビンコ」。こちらでも、へんじんもっこの製品の一部や、ピザ、パスタなどが味わえます。

へんじんもっこの詳細情報

へんじんもっこ

佐渡市その他 / その他

住所
新潟県佐渡市新穂大野1184-1
営業時間
9:00~17:00
定休日
無休
平均予算
  • ¥3,000~¥3,999

データ提供

デビンコ へんじんもっこの詳細情報

デビンコ へんじんもっこ

佐渡市その他 / イタリアン

住所
新潟県佐渡市新穂青木749-3
営業時間
17:00~22:00(L.O.21:00)
定休日
火曜日
平均予算
  • ¥2,000~¥2,999

データ提供

食肉加工品の奥深い世界を味わおう!

A post shared by モゴット (@muogot) on

バラエティ豊かな食肉加工品を扱うお店を7軒ご紹介してきました。他にも全国にまだまだたくさんの工房、お店があります。スーパーで買える日常的なハム、ソーセージとはまた違う、長い歴史と積み重ねられてきた技法に裏打ちされた、奥深い食肉加工品の世界を、ぜひ一度は味わってみてください。きっとトリコになること請け合いです♪

全国のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

関連キーワード