2017年12月16日

創作いなり寿司が可愛くておいしい♡恵比寿「寿司居酒屋 あげまき」

創作いなり寿司が可愛くておいしい♡恵比寿「寿司居酒屋 あげまき」

いなり寿司といえば、味の染み込んだ油揚げに胡麻などを混ぜ込んだ酢飯を詰め込んだ「おふくろの味」というイメージがありませんか?でも、そんなイメージを大きく覆すような進化系いなり寿司があるんですよ!見た目だけではなく、具材にもとことんこだわりぬいた絶品創作いなり寿司を食べに、恵比寿へ行ってみましょう!

1364453

出典:calicoさんの投稿

ジューシーな油揚げの中に酢飯が入ったいなり寿司は、とても美味しいですよね♪今回ご紹介するのは、そんないなり寿司がおしゃれに進化した、フォトジェニックないなり寿司を紹介します。

「寿司居酒屋 あげまき」ってこんなお店!

恵比寿駅から歩いて約5分。プラネックスアンペール1Fにある「寿司居酒屋 あげまき」は、恵比寿で人気の和食レストラン「イワカムツカリ」の2号店として2016年にオープンしました。女子達の心をわしづかみにする「寿司居酒屋 あげまき」とは!?

お店の雰囲気

「寿司居酒屋 あげまき」 外観 68406850 昼なおムーディーな夜仕様の店

出典:えこだねこさんの投稿

白地に赤がポイントの「The 日本」という感じの外観にグッときます!キツネのマークが可愛いですね♡お店のコンセプトは「和食やお寿司を誰でも気軽に食べてもらいたい」なんですよ!

「寿司居酒屋 あげまき」 内観 59731416

出典:

洋風な感じも漂う店内は、とてもシックで落ち着いています。席は1階と地下があり、しっかり分煙もされているので安心です。カウンター席もあるので、1人でも立ち寄れますよ♪

店名の由来

店名の由来1460688

出典:竹芝さんの投稿

「あげまき」という店名は、歌舞伎の演目の一つである「助六」に登場する「揚巻」からきているんですよ!「揚巻」は花魁で、女方の役の中でも大役とされているんですよ。

これがフォトジェニックな「創作いなり寿司」!!

最初見たら「え!?これがいなり寿司?」と驚いてしまうほどインパクトの強い「寿司居酒屋 あげまき」のいなり寿司。使用している具材も、ゴージャスなんです♡

和牛すき焼き風いなり

「寿司居酒屋 あげまき」 料理 59730975

出典:

一口サイズのいなり寿司に入っているのは、和牛のすき焼き!!口の中に入れると、すき焼き丼になっちゃうんです。甘しょっぱい味付けがクセになります!

豚しゃぶいなり煎り酒いくら

「寿司居酒屋 あげまき」 料理 63430907

出典:tatsuさんの投稿

「豚しゃぶいなり煎り酒いくら」は、程よく茹でられた豚しゃぶにいくらが乗っています。「煎り酒」とは、江戸時代より伝わる醤油や酢にかわる万能調味料なんです。とてもしゃれた一品ですよね!

雲丹と炙りフォア・グラのいなり寿司

「寿司居酒屋 あげまき」 料理 62201669

出典:ほねつきかるべさんの投稿

これはお店人気ナンバーワン!和食とフォアグラの組み合わせなんて、斬新!たっぷりのウニと軽く炙られた香ばしいフォアグラは、くちどけまろやかで幸せな気持ちになります♡ 

他にもこんなメニューがあります!

「寿司居酒屋 あげまき」は、他にもこんなメニューがあります。デートや会食にも最適なメニューが豊富で嬉しいですよね☆

握り寿司盛り合わせ

「寿司居酒屋 あげまき」 料理 70216391

出典:

お寿司屋さんなので、大将の握るお寿司も外せません!とてもオシャレなプレートに、厳選されたネタが乗ったお寿司が並びます。

カラフルミニトマトとガリ甘酢漬け

「寿司居酒屋 あげまき」 料理 61209869

出典:でぶりん3719さんの投稿

ガリだって、とてもフォトジェニック♡お口直しににもぴったりです。可愛らしい小鉢類にも注目ですよ!

特製ポテトサラダ いくら味付け卵添え

「寿司居酒屋 あげまき」 料理 62187272

出典:吉田Rさんの投稿

こんな豪華なポテトサラダは初めて!と驚かれる方も多い「特製ポテトサラダ いくら味付け卵添え」。いくらのプチプチ感とゆで卵、程よい甘みのポテトサラダがマッチします。

リーズナブルに贅沢が出来る「寿司居酒屋 あげまき」

「寿司居酒屋 あげまき」 料理 66383369

出典:

創作いなり寿司は、1個500~600円ほどとリーズナブル♪しかも女性なら、5つくらい食べるとお腹も膨れてきます。ぜひお店に足を運んで、プチ贅沢をしてみて下さい♪

寿司居酒屋 あげまき

食べログに店舗情報が存在しないか一時的な障害で店舗情報が取得できませんでした。

東京都のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

東京都×ホテル・宿特集

関連キーワード

永田町を旅する編集部おすすめ