旭川はラーメンだけじゃない!道産子おすすめの旭川グルメ12選

旭川はラーメンだけじゃない!道産子おすすめの旭川グルメ12選

旭川グルメと言えばラーメンを思い浮かべる方、多いのではないでしょうか。でも実は旭川はラーメンだけでなく、他にもいろんな美味しいグルメの宝庫なんです。そこで今回は、道産子がおすすめするラーメン以外の絶品グルメを12点ご紹介します。ラーメンもいいですが、他のグルメも食べてみませんか?

2017年12月19日

旭川のおすすめグルメ

北海道の中心に位置する旭川には、北海道各地から美味しいものが集まってきます。「旭川ラーメン」が全国的に有名になりましたが、ラーメンの他にも旭川にはまだまだたくさんの美味しいものがあるんですよ。今回はその中で、ちょっと変わったご当地グルメや懐かしいお菓子などを12点ご紹介します。

1.新子焼き

「らんまん焼鳥」 料理 8092375

出典:foodtorakichiさんの投稿

若鶏の半身をそのまま炭火で焼いた豪快な焼き鳥の「新子焼き」。半身のまま炭火でじっくり焼くので、中はふっくらジュージー。鶏の旨みをしっかり味わうことができます。タレと塩の味付けがありますが、人気はタレ。お店ごとのこだわりのタレを食べ比べるのも、楽しみのひとつなんですよ。

「らんまん焼鳥」 外観 8092370

出典:foodtorakichiさんの投稿

旭川では第二次世界大戦後から食べられていた、という記録が残っているそう。そのためか、今でも旭川市内のたくさんの焼き鳥店では「新子焼き」がメニューに載っています。昭和21年創業の「焼鳥らんまん」でもいただくことができます。

らんまん焼鳥の詳細情報

らんまん焼鳥

旭川 / 焼鳥

住所
北海道旭川市五条通7
営業時間
18:00~23:00
定休日
日曜日
平均予算
  • ¥2,000~¥2,999

データ提供

2.チャップ

「焼鳥専門 ぎんねこ」 料理 23601759 ちゃっぷ焼き

出典:

旭川の焼き鳥店では、先ほどの「新子焼き」とともに「チャップ」というメニューをよく見かけます。旭川のチャップは一般的にイメージされる「ポークチャップ」とはちょっと違っていて、豚の肩ロース肉に焼き鳥のタレをつけて炭火で焼いたものなんです。

「焼鳥専門 ぎんねこ」 外観 69452480 外観

出典:酔うさん@酔酔どうでしょう?さんの投稿

お店ごとの秘伝のタレを付けて焼いた「チャップ」は、炭火の香ばしさも加わり思わず白いご飯が欲しくなります。丼のご飯の上にチャップをのせた「チャップ丼」を出しているお店もありますよ。「焼鳥専門 ぎんねこ」では、そのどちらも食べることができます。

焼鳥専門 ぎんねこの詳細情報

焼鳥専門 ぎんねこ

旭川 / 焼鳥、居酒屋、炭火焼き

住所
北海道旭川市五条通7右6 5・7小路ふらりーと
営業時間
13:00~22:00
定休日
月曜日
平均予算
  • ¥3,000~¥3,999
  • ¥2,000~¥2,999

データ提供

3.塩ホルモン

「炭や」 料理 2929680 焼いています

出典:もりりん。さんの投稿

旭川は昔から養豚が盛んな地域です。そんな旭川では、ホルモンと言えば豚の腸のホルモンで、特に塩で味つけした「塩ホルモン」は旭川発祥と言われています。炭火でカリっと焼き上げて、口に入れたら噛めば噛むほど美味しさが染み出してくる「塩ホルモン」。新鮮だから臭みがなく、シンプルな塩味で素材の旨さを感じることができます。

「炭や」 外観 9148957

出典:ぴひこさんの投稿

塩ホルモンブームの先駆けになったと言われる「炭や」は、安くて美味しいと地元の人だけでなく観光客にも人気です。七輪の炭火で焼かれた塩ホルモンの香りは前の通りにまで漂っていて、その香りに引きつけられるように次々とお客さんがお店の中へ入っていきます。

炭やの詳細情報

炭や

旭川 / ホルモン、焼肉

住所
北海道旭川市五条通8丁目右3
営業時間
[平日] 17:00~23:00 [日・祝] 16:00~22:30
定休日
不定休
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

4.トントロ

「銀鍵3・6焼肉店」 料理 58794048

出典:fumi,nさんの投稿

実は「トントロ」も旭川が発祥と言われています。「トントロ」とは豚肉の頬から首の部分のお肉で、マグロのトロのように脂肪が多くて美味しいことから、こう呼ばれるようになりました。以前はあまり焼肉店では使われることのなかった部位のお肉ですが、旭川の焼き肉店が提供し始めてから人気になりました。

「銀鍵3・6焼肉店」 外観 23504269

出典:あか。さんの投稿

旭川の繁華街「3・6街(さんろく)」にある「銀鍵」は翌朝まで営業しており、深夜を過ぎてもお客さんが途切れることはありません。店内はゆったりとした造りになっているので、周りを気にせずに食事を楽しむことができます。

銀鍵3・6焼肉店の詳細情報

銀鍵3・6焼肉店

旭川 / 焼肉、ジンギスカン、ホルモン

住所
北海道旭川市3条通6丁目
営業時間
18:00~翌朝7:00 ※7:00~18:00の連絡先は下記携帯電話まで 080-3237-4072
定休日
なし
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

5.旭川しょうゆ焼きそば

「とり丸亭」 料理 11270506

出典:foodtorakichiさんの投稿

「旭川しょうゆ焼きそば」は、旭川産の米粉と北海道産の小麦粉を使ったモチモチの麺を、旭川産の醤油ダレをベースに各店オリジナルの味付けをし、旭川や道北産の野菜や豚肉を具材にしたご当地やきそばです。

「とり丸亭」 外観 13215839

出典:ぁおさんさんの投稿

2011年には「旭川しょうゆ焼きそばの会」が発足し、現在は旭川市内14店舗で「旭川しょうゆ焼きそば」を食べることができます。各店で味付けも具材も工夫を凝らしているので、食べ比べるのも楽しいですよ。その中の1軒「とり丸亭」の「旭川しょうゆ焼きそば」には、お店で人気の鶏のから揚げがのせられていて、ボリュームたっぷりなんですよ。

とり丸亭の詳細情報

とり丸亭

南永山 / 鳥料理、焼きそば

住所
北海道旭川市永山四条10丁目1-17
営業時間
【平日】 11:30~14:00 17:00~21:00  (LO.20:30) 【土・日・祝】 11:30~21:00 (LO.20:30)
定休日
月曜、イベント出店時(本店休業)
平均予算
  • ~¥999

データ提供

6.ゲソ丼

「ゲソ丼」は、イカの足を天ぷらや唐揚げにして、ご飯にのせた丼です。立ち食いソバ店やラーメン店でのサイドメニューとして出されることが多く、旭川市内では10数店が提供しています。

「花ちゃん」 外観 1640639 お店です。

出典:dosannkoさんの投稿

日本テレビ系人気TV番組の「カミングアウトバラエティ 秘密のケンミンSHOW」でも取り上げられた「花ちゃん」は、ゲソ丼の元祖と言われるお店。全国からお客さんが訪れる「花ちゃん」の店内には、「旅の途中らくがき帳」というノートが置かれていて、観光客が北海道の旅の思い出を書き綴っています。

花ちゃんの詳細情報

花ちゃん

旭川 / そば、うどん、丼もの(その他)

住所
北海道旭川市神楽4条3-2-7 神楽中央ショッピングプラザ 1F
営業時間
11:00~15:00
定休日
日曜日
平均予算
  • ~¥999

データ提供

7.旭川しょうゆホルメン

「らーめん 耀」 料理 78925416 ホルメン850円

出典:けん5さんの投稿

旭川のソウルフードであるしょうゆラーメンとホルモンを一緒に楽しめるのが「旭川しょうゆホルメン」。「旭川しょうゆホルメン」には4つの決まったスタイルがあります。それは、〈どんぶりは赤〉〈ラーメンは醤油味〉〈新食感のやわらかいホルモンを使う〉〈味の決め手の国産コラーゲンと旭川醤油〉。

「らーめん 耀」 外観 15934690

出典:kitadoraさんの投稿

コラーゲンと聞くと、女性はちょっと気になりますよね。現在、「らーめん 耀」を含め、他にも7軒で「旭川しょうゆホルメン」をいただくことができます。また、旭川市内で開催されるイベントなどでも食べることができますよ。

らーめん 耀の詳細情報

らーめん 耀

新旭川、南永山 / ラーメン、餃子

住所
北海道旭川市流通団地1条1丁目35-4
営業時間
11:00~21:00
定休日
火曜日
平均予算
  • ~¥999

データ提供

8.あったか旭川まん

日本の気象観測史上最低気温となるマイナス41℃を記録したのが、旭川。その寒さをブランドとして活用しようと生まれたのが「あったか旭川まん」です。生地には旭川産の米粉を使って、各店が個性を生かした具材を挟むのがルール。地元の高校生もアイディアを出して新商品を開発しているんですよ。

「自由軒」 外観 46032392 雰囲気のある入口

出典:daliaroseさんの投稿

1902年1月25日にマイナス41℃を記録したことから、毎年1月25日を旭川市では「あったか旭川まんの日」としてイベントを開催しており、そこで「あったか旭川まん」を販売しています。他にも、旭川の冬の一大イベント「旭川冬まつり」などでも各店が味を競い合っています。この両イベントに出店している「自由軒」は創業60年を超える老舗洋食屋さんで、人気TV番組、テレビ東京「孤独のグルメ」でも紹介されました。その時に主人公の食べたメニューが、「五郎セット」として実際にお店の看板メニューにもなっているんですよ。

自由軒の詳細情報

自由軒

旭川 / とんかつ、カレーライス、かつ丼・かつ重

住所
北海道旭川市五条通8丁目左2
営業時間
11:30~14:00 17:30~21:00
定休日
日曜日
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

9.ジュンドッグ

「ジュンドッグ」は旭川と美瑛のご当地ファストフードで、エビフライやチキンカツなどをソースにくぐらせ、ご飯で棒状に包んだいわゆる海苔のない洋風のおにぎり。手が汚れないように、紙の包装のまま手で持って食べるのが一般的なスタイルです。

「ジュンドッグ」 外観 30637443 ちょっと変わったデザインのジュンドッグのおじさんの絵

出典:なまらうまいさんの投稿

美瑛の洋食レストラン「洋食や 純平」が発祥でしたが、旭川の「ピジョン館」が受け継いでジュンドッグを製造・販売しています。「ピジョン館」は住宅街にある軽食喫茶店。店内では定食などもいただくことができますよ。

ジュンドッグの詳細情報

ジュンドッグ

旭川四条、緑が丘、神楽岡 / おにぎり、ハンバーガー

住所
北海道旭川市東光11条2-4-22
営業時間
10:00~18:00 食事 11:00~15:00(L.O.14:30)
定休日
水曜日
平均予算
  • ~¥999
  • ~¥999

データ提供

11.ビタミンカステーラ

A post shared by ま (@umelife) on

道民だったら、誰でも一度は食べたことのあるのが「ビタミンカステーラ」。北海道各地で販売されていますが、実はこれを作っているのは旭川の「高橋製菓」です。日持ちするように水分量が少なく作られているので、食べるときには北海道の美味しい牛乳で流し込むように食べることをオススメします。

「高橋製菓 」 外観 43151811 外観です

出典:macponさんの投稿

「ビタミンカステーラ」を製造する「高橋製菓」は、大正6年創業の旭川を代表する老舗菓子店です。旭川の代表的なお土産「氷点下41度」も「高橋製菓」の商品なんですよ。

高橋製菓 の詳細情報

高橋製菓

旭川四条、旭川 / 洋菓子(その他)

住所
北海道旭川市4条通13丁目左1号
営業時間
9:00〜17:00
定休日
土曜・日曜・祝日
平均予算
  • ~¥999
  • ~¥999

データ提供

12.旭豆

A post shared by ukonmakoto (@ukon_mkt) on

旭川の豆菓子だから「旭豆」。なんともわかりやすいネーミングのこのお菓子は、北海道だけでなく全国で見かけることが出来ます。「旭豆」は煎った大豆に砂糖を付けただけのシンプルなお菓子。程よい甘さと大豆の香ばしさで、いくら食べても食べ飽きない美味しさです。

北海道では節分の時に、大豆じゃなくて「旭豆」をまく家庭もあるんですよ。そんな「旭豆」を製造しているのが「共成製菓」。誕生は明治35年というから超ロングランヒット商品です。旭川市内では、「道の駅あさひかわ」他、旭川空港や駅のキヨスクなどでも購入することができます。

共成製菓の詳細情報

共成製菓

旭川四条 / その他

住所
北海道旭川市宮下通16丁目
営業時間
9:00~18:00
定休日
日曜日・祝日

データ提供

まとめ

A post shared by @oyatsushka on

いかがでしたか?旭川に観光に来たら、1食は旭川ラーメン、でも他の食事にはぜひ今回ご紹介したご当地グルメを食べてみてくださいね。そしてお土産には「ビタミンカステーラ」と「旭豆」がおすすめですよ。

▼いっしょに読みたい!

北海道のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

関連キーワード

全国を旅する編集部おすすめ

お得に旅する編集部おすすめ

Go To トラベルキャンペーンでお得に旅しよう♪ 知っておきたい基本情報&オススメの旅先