2018年01月05日

明石・名物グルメ“明石焼き”自分で焼けばさらに旨さが倍増?!「たこや蛸老亭」

明石・名物グルメ“明石焼き”自分で焼けばさらに旨さが倍増?!「たこや蛸老亭」

兵庫県の南部に位置する明石は、明石海峡を目の前にし、海の幸に恵まれたエリア。淡路島にほど近い、人気観光地の名物グルメといえば“明石焼き”が有名。たこ焼きのルーツとも云われ、地元では“玉子焼き”の名前で愛されている一品。昆布の香りが漂う出汁につけて食べるふわふわのご当地グルメを、自分で焼いて食べることができる『明石焼工房 たこや 蛸老亭』を今回はご紹介します!

“明石焼き”って?

たこ焼きのルーツとも云われる、玉子焼き

たこ焼きのルーツとも云われる、玉子焼き1474575

出典:ysk3110さんの投稿

たこ焼きと何が違うって?思われる人も多いですが、その見た目の丸さ、メインの具がタコと、共通点が多いのは“明石焼き”がたこ焼きのルーツと云われているから。その昔、大阪では具にスジ肉使い、丸く焼いた粉物料理「ラジオ焼き」がありました。それがたこ焼きの元祖とも。ラジオ焼きを食べたお客さんから『明石ではタコを入れている』と話を聞き、そのお店が具を変更したことがきっかけで、広まったとも。

たこ焼きと“明石焼き”の違いって?

材料や具、焼き方、固さなどたこ焼きとの違いは多々ありますが、一番の違いは、明石焼きはたっぷりの出汁につけて食べること。昆布などでとった出汁を冷やし、アツアツの玉子焼きをくぐらせれば、ふわふわした生地と、中は出汁が効いてとろとろとした食感、そしてタコのコリコリした歯ごたえが楽しめます。

明石焼工房 たこや蛸老亭

明石焼を自分で焼く体験ができる人気のお店

明石焼を自分で焼く体験ができる人気のお店1335736

出典:かたやん。さんの投稿

500人も入れるという広々とした店内には、明石焼き体験用の大量の焼台が並び、その光景は圧巻。食事スペースは別に設けられています。
「たこや蛸老亭」 料理 46623106

出典:panco-chanさんの投稿

明石焼き体験には、明石で捕れた活きダコの踊り食いやタコの釜飯、神戸牛ステーキといったご当地グルメがセットになったメニューが用意されています。しかも、明石焼きや焼肉、ステーキ、タコ飯とそれぞれ食べ放題があるのもうれしいポイント。もちろん、体験以外のメニューもあるので、用途によって使い分けしても。

さあ、自分で“明石焼き”を体験しよう!

受付を済ませたら、いよいよ明石焼体験の始まり。明石焼セットを受け取り、案内された焼台へと向かいます。スタッフが丁寧にサポートしてくれるので、初めてでも大丈夫!

引っくり返す際は、じっくり待つのがポイント

引っくり返す際は、じっくり待つのがポイント1335935

出典:ちび豆子さんの投稿

生地を胴板へ流し込み、タコを入れて3分ほど待ちます。明石焼はとても繊細なので、急いで引っくり返そうとするとすぐに形が崩れてしまうので、ご注意を。

「たこや蛸老亭」 その他 36552116 クルクルリ~ンと回転

出典:いちご原っぱさんの投稿

焼け始めて、まだ生地がやわらかいうちにひっくり返します。焦がさないよう、どんどん引っくり返していきましょう。はみだした生地は、一緒にまとめるようにして引っくり返していくと綺麗な真ん丸に。

引っくり返す際は、じっくり待つのがポイント1335959

出典:真由パンダさんの投稿

全体に火が通ったら上げ板をかぶせ、銅板ごとひっくり返して板の上に並べればできあがり。

引っくり返す際は、じっくり待つのがポイント1335968

出典:ちび豆子さんの投稿

自分で焼いた明石焼きは一味違うはず!記念撮影が終わったら、たっぷりの出汁につけて、召し上がれ!

「たこや蛸老亭」への交通アクセス

観光途中に立ち寄りやすい!

観光途中に立ち寄りやすい!1474603

出典:Nikon 大好きさんの投稿

最寄り駅は、山陽電鉄・西新町駅。歩いて7分ほどの距離に位置する『明石焼工房 たこや蛸老亭』。明石駅からも徒歩20分弱なので、明石城の観光帰りに立ち寄っても◎。

焼いて食べて明石を満喫♪

いかがでしたか?明石焼を自分で焼いて食べることができるレストラン『明石焼工房 たこや蛸老亭』をご紹介しました。市内には、たくさんの明石焼きのお店が点在していますが、“自分で焼く”ことができるお店は多くありません。ぜひ、明石観光の思い出のひとつに作りに訪れてみませんか?

たこや蛸老亭の詳細情報

たこや蛸老亭

西新町 / 明石焼き、和食(その他)

住所
兵庫県明石市王子2-5-26
営業時間
不定(完全予約制)
定休日
不定休
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

兵庫県のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

SNSで人気

関連キーワード

永田町を旅する編集部おすすめ