冬のロマンを男ひとり旅で満喫!冬に行きたいスポット7選

冬のロマンを男ひとり旅で満喫!冬に行きたいスポット7選

全国各地に魅力的な観光スポットはたくさんあります。カップルや夫婦、家族や友達と行く旅行も楽しいですが、人それぞれ好みが違う為、なかなか思ったような旅行ができないことも…。その点、一人旅なら誰にも気を使わず自由気ままに旅ができるのでおすすめです。今回は冬に行く男一人旅のおすすめスポットを集めたので、冬のロマンを感じにお出かけしてみませんか?

2018年01月05日

自由に男一人旅を満喫しよう♪【冬編】

自由に男一人旅を満喫しよう♪【冬編】1467703

出典:clarawolfieさんの投稿

ふとした時に自由に旅行に行きたいと思うことってありませんか?もし彼女や奥様と行く場合は、相手の予定や都合を考えて計画しなければいけませんよね。そんな時、一人旅なら自分の都合だけを考えればよいので気楽です!今回は「男一人旅・冬編」と題して、冬にこそ行きたいスポットを厳選しました。自由気ままに、思い思いの旅行を楽しんでください。

1.冬といったらやっぱり「北海道・知床」

1.冬といったらやっぱり「北海道・知床」1467054

出典:namijiさんの投稿

冬の旅行と言ったら、やはり「北海道」は外せないでしょう。雄大な自然あふれる北海道は年間を通して人気の高い土地ですが、冬になるとより一層その魅力を増します。開放感があり、グルメも美味しい北海道は、何も考えず自然に身を委ねられる男一人旅に最適なスポットです。

オホーツクの流氷を歩く!

オホーツクの流氷を歩く!1467215

出典:

流氷の楽しみ方は眺めるだけではありません。北海道の知床ではなんと、流氷の上を歩く体験だってできちゃうんです。個人的に体験することは出来ませんが、ちゃんとした装備やガイドさんが付いていれば体験可能。流氷の上を歩く体験は、日本国内でも北海道だけなので、まさにオンリーワンな体験ができますよ。(流氷状況により、体験できない時もあります。)

流氷を間近で!「観光砕氷船おーろら」

流氷を間近で!「観光砕氷船おーろら」1467105

出典:

冬の北海道を訪れるならぜひ体験しておきたい流氷観測。ただ見ているだけでも感動ものですが、冬のシーズンになると網走から出港している「網走流氷観光砕氷船 おーろら」では、流氷で埋め尽くされた海面を進んでいきます。真っ白な海面というのも見ものですが、その氷を砕いて進んでいく光景も見ものですよ。

おすすめグルメ

「ウトロ漁協婦人部食堂」 料理 72903780

出典:takekodaさんの投稿

知床にある「ウトロ漁協婦人部食堂」では海の幸を使った丼物やラーメンが食べられます。中でもおすすめなのが“鮭親子丼”。ほぐした鮭といくらの2色丼は見た目も綺麗で味も絶品!特にいくらはさすが北海道と思える食感と味わいで、今まで食べてきたいくらとは何だったのかと思い知らされますよ。

ウトロ漁協婦人部食堂の詳細情報

ウトロ漁協婦人部食堂

斜里町その他 / 定食・食堂、海鮮丼、ラーメン

住所
北海道斜里郡斜里町ウトロ東117
営業時間
4月末〜11月中旬の間のみ営業
定休日
不定休
平均予算
  • ¥2,000~¥2,999
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

2.こちらも捨てがたい!「北海道・函館」

2.こちらも捨てがたい!「北海道・函館」1467192

出典:Dog Styleさんの投稿

次にご紹介するのが同じく北海道の「函館」。冬の函館にはたくさんの魅力がありますが、特に夜がおすすめです。イルミネーションや花火、函館山山頂からの夜景など、煌びやかで幻想的な世界を体験できます。冬の函館は静かで美しく、一人で自由に街歩きをするのにもぴったりです。

雪化粧が美しい「五稜郭」

雪化粧が美しい「五稜郭」1467195

出典:makorigeさんの投稿

函館の人気観光スポット「五稜郭」。星型の形状が特徴的な「五稜郭」は冬になって雪化粧をすると、より一層魅力が増します。函館や五稜郭を一望できる「五稜郭タワー」や、特別史跡の「五稜郭跡」など見どころもたっぷりです。

雪化粧が美しい「五稜郭」1475145

出典:rokuさんの投稿

夜に五稜郭タワーからの景色を楽しむのもおすすめ。五稜郭にライトアップが施され、夜景も相まって、日中とは違う幻想的な世界が広がります。

五稜郭タワーの詳細情報

五稜郭タワー

住所
北海道函館市五稜郭町43-9
アクセス
函館駅からバスで20分
営業時間
[4月21日〜10月20日] 8:00〜19:00 [10月21日〜4月20日] 9:00〜18:00
定休日
年中無休
料金
小学生 420円 団体30名以上380円 中学生 630円 団体30名以上570円 高校生 630円 団体30名以上570円 大人 840円 団体30名以上760円 その他 小学生未満無料

データ提供

冬の風物詩でもある「けあらし」が見られる

冬の風物詩でもある「けあらし」が見られる1475949

出典:kawa_ikoさんの投稿

地形や気温、海水温などの気象条件が揃うことで発生する“けあらし”。冷え込みの激しい早朝などの午前中に、海面に白く立ち上がる霧が発生する現象のことで、その光景は神秘的♪条件が厳しくいつでも見られるわけではありませんが、函館の町並みと重ねて一度は見ておきたい景色です。

おすすめグルメ

「うに むらかみ 函館本店」 料理 25468630 うに丼

出典:

新鮮なうにや海の幸を提供する「うに むらかみ」。北海道でも数少ない北海道各地のうにを無添加で食べられるお店で、おすすめはもちろん“無添加生うに丼”。無添加なのでうに本来の味をダイレクトに感じることができます。うに好きなら絶対に食べておきたい逸品です。

うに むらかみ 函館本店の詳細情報

5000うに むらかみ 函館本店

市役所前(函館)、函館駅前、函館 / 魚介料理・海鮮料理、海鮮丼、居酒屋

住所
北海道函館市大手町22-1
営業時間
[10/1~4月下旬] 11:00~14:30(L.O.14:00) 17:00~22:00(L.O.21:00) ※昼の部13:30~は丼ぶりメニューの注文のみとなっております [4月下旬~9/30] 09:00~14:30(L.O.14:00) 17:00~22:00(L.O.21:00)
定休日
水曜日・年末年始 ※第1、第3火曜日は昼の部のみ営業で、夜の部はお休みをいただいております。
平均予算
  • ¥4,000~¥4,999
  • ¥4,000~¥4,999

データ提供

3.ステキな雪景色がたくさん♪「福島」

3.ステキな雪景色がたくさん♪「福島」1467238

出典:鈴電さんの投稿

白虎隊や鶴ヶ城など歴史が色濃く残る会津若松など、静かにめぐりたいスポットの多い福島。グルメ好きや史跡めぐりがお好きな方におすすめのスポットで、年間を通して楽しめますが、冬には冬だけの魅力があります。

会津若松のシンボル「鶴ヶ城(若松城)」を歩く

会津若松のシンボル「鶴ヶ城(若松城)」を歩く1467236

出典:nikon_zeissさんの投稿

会津若松を訪れたなら外せない「鶴ヶ城(若松城)」。お城にプロジェクションマッピングを施したり、全国初のお城サミットなど話題に上ったこともあるお城です。お城は通年楽しめますが、“お城+雪”という光景は冬にしか見ることができません。木々が雪の重みで倒壊しないように施してある雪つりも必見ですよ。

鶴ヶ城(若松城)の詳細情報

鶴ヶ城(若松城)

住所
福島県会津若松市追手町1-1
アクセス
会津若松駅からバスで10分
営業時間
8:30〜17:00 入城は16:30まで
料金
子供 150円 小中学生150円/団体(30名以上) 135円 大人 410円 高校生以上410円/団体(30名以上) 360円 その他 510円 麟閣共通入場券

データ提供

のんびり散策したい「飯坂温泉」

のんびり散策したい「飯坂温泉」1467263

出典:テンテンマウスさんの投稿

奥州三名湯の1つに数えられる「飯坂温泉」は福島市にある温泉。温泉街には60棟以上の旅館があり、木造旅館が多いので温泉街情緒にあふれています。一人でふらふら散策してみるのも、いろいろな発見があって楽しいですよ。

飯坂温泉の街並の詳細情報

飯坂温泉の街並

住所
福島県福島市飯坂町十綱町

データ提供

おすすめグルメ

「いとう食堂」 料理 68877750 ソースかつ丼

出典:眉さんの投稿

会津若松のおすすめグルメは「いとう食堂」の“ソースかつどん”。会津のご当地グルメです。こちらのカツは非常に分厚いですがとても柔らかく、赤身と脂身のバランスが絶妙!クセがなくて食べやすいと評判ですので、ぜひ味わってみてください。

いとう食堂の詳細情報

いとう食堂

西若松、七日町 / かつ丼・かつ重、定食・食堂、郷土料理(その他)

住所
福島県会津若松市本町5-10
営業時間
11:00~14:00頃(売り切れ仕舞い)
定休日
水曜・木曜
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

4.史跡巡りをするなら「京都」

4.史跡巡りをするなら「京都」1467565

出典:kiyotti3さんの投稿

歴史のあるスポットが多く点在する「京都」。普通の観光はもちろん、歴史スポット巡りをするなら京都は外せませんね。由緒ある寺社仏閣や史跡に興味がある方は絶対に訪れておきたいスポットです。一人旅なら心行くまで歴史探訪が楽しめますよ。

雪化粧した姿を見ておきたい「金閣寺」

雪化粧した姿を見ておきたい「金閣寺」1467557

出典:たそがれ♪(´ε`*)さんの投稿

年間を通して見応えのある「金閣寺」。中でも一番美しいと言われているのは冬の金閣寺です。辺り一面が真っ白の中、煌々と輝きを放つ金閣寺は幻想的で見応えがあります。金閣寺はもちろんですが、冬の境内も見ものです。

鹿苑寺 (金閣寺)の詳細情報

鹿苑寺 (金閣寺)

住所
京都府京都市北区金閣寺町1
アクセス
JR「京都」駅からバスで約40分、「金閣寺道」下車徒歩約3分
営業時間
9:00〜17:00
料金
大人(高校生以上) 400円、小学生・中学生 300円

データ提供

静かに参拝に訪れたい「貴船神社」

静かに参拝に訪れたい「貴船神社」1467554

出典:y_uさんの投稿

縁結びで有名な「貴船神社」。そんな貴船神社は雪のある時だけ限定で施されるライトアップが魅力。京都を観光中に雪があったら立ち寄って見ておきたいですね。積雪日限定で楽しめて、静寂の夜にそっと花を添える幻想的な空間となりますよ。

貴船神社の詳細情報

貴船神社

住所
京都府京都市左京区鞍馬貴船町180
アクセス
叡山電鉄貴船口駅から徒歩で30分
営業時間
[5月1日〜11月30日] 6:00〜20:00 授与所受付時間:9:00〜17:00(通年、ライトアップ期間中は延長あり) [12月1日〜4月30日] 6:00〜18:00 正月3が日を除く
料金
自由参拝

データ提供

おすすめグルメ

「祇園 さゝ木」 料理 49087469 山口の赤貝、愛媛のマグロ

出典:redrose600さんの投稿

予約を取れないお店としても有名な「祇園 さゝ木」。京料理を提供するお店で、ミシュラン2つ星を獲得しています。オシャレな和の空間でいただく日本料理は絶品!お値段は少々張りますが、日頃頑張っている自分へのご褒美にいかがでしょうか?

祇園 さゝ木の詳細情報

500祇園 さゝ木

祇園四条、清水五条、河原町 / 割烹・小料理

住所
京都府京都市東山区八坂通大和大路東入小松町566-27
営業時間
【昼】 12:00一斉スタート 【夜】 18:30~
定休日
日曜・第2月曜・不定休
平均予算
  • ¥8,000~¥9,999
  • ¥20,000~¥29,999

データ提供

5.食べ歩きも魅力な「大阪」

5.食べ歩きも魅力な「大阪」1467574

出典:Homelessさんの投稿

東京に次ぐ大都市「大阪」。通天閣や道頓堀、USJなど有名観光スポットも多く、飽きることなく観光することができます。また美味しいグルメも多く、食べ歩きの観光にも向いているスポットです。

大阪のシンボル的存在「大阪城」

大阪のシンボル的存在「大阪城」1467596

出典:いさPさんの投稿

大阪のシンボル的存在「大阪城」。天守は再建された天守で、内部は歴史資料が展示されている博物館となっています。日本一の高さを誇る石垣も見応えがありますので、お城好きの方は立ち寄っておきましょう。

大阪城の詳細情報

大阪城

住所
大阪府大阪市中央区大阪城1-1
アクセス
JR西日本 大阪環状線大阪城公園駅 JR西日本 JR東西線大阪城北詰駅

データ提供

昭和を感じる「新世界」

昭和を感じる「新世界」1467583

出典:Peter Ohsakiさんの投稿

昭和の雰囲気が感じられる「新世界」。新世界の中には大衆食堂や立ち飲み屋などの食事処や、将棋クラブなどの娯楽施設もあります。新世界では多くの大阪名物を楽しむ事ができますが、おすすめは“串カツ”!いろいろなお店があるので、食べ比べをしてみるのも楽しいですよ。

新世界の詳細情報

新世界

住所
大阪府大阪市浪速区恵美須東界隈
アクセス
1) 地下鉄堺筋線「恵美須町駅」から 2) 地下鉄御堂筋線・堺筋線「動物園前駅」から徒歩で3分
定休日
店舗により異なる

データ提供

おすすめグルメ

「たこ焼道楽 わなか 千日前 本店」 料理 51460409 わなか謹製 たこ焼 ~定番。味付けも4種の中から選べます。~

出典:

大阪と言えばたこ焼きがとくに有名ですね!「たこ焼道楽 わなか」のたこ焼きはダシが程よく効いており、外はカリッと中はトロっとしています。大阪に来たなら美味しいたこ焼きを食べずにいるのは勿体ないですね。店内でも食べられますし、お持ち帰りもできますよ。

たこ焼道楽 わなか 千日前 本店の詳細情報

5000たこ焼道楽 わなか 千日前 本店

難波(南海)、近鉄日本橋、日本橋 / たこ焼き

住所
大阪府大阪市中央区難波千日前11-19 1F・2F
営業時間
[平日] 10:00~23:00 [土・日・祝] 8:30~23:00
定休日
年中無休
平均予算
  • ~¥999
  • ~¥999

データ提供

6.地獄めぐりを楽しもう♪「大分・別府」

6.地獄めぐりを楽しもう♪「大分・別府」1467626

出典:HEEさんの投稿

温泉が豊富な「大分県」には、県内に4300を超える源泉があります。中でも別府温泉、湯布院温泉は全国的にも知名度が高いですね。大分県では奇観を呈する源泉“地獄めぐり”が有名なので、そちらをご紹介していきます。観光しながら温泉に入り、疲れを癒していきましょう。

コバルトブルーが美しい「海地獄」

コバルトブルーが美しい「海地獄」1467623

出典:takahashiさんの投稿

今から1200年ほど前に鶴見岳の爆発によって生まれたとされる「海地獄」。コバルトブルーの色合いが特徴で、一見触れそうに見えますが、温度は98度!別府の中でも群を抜いて大きな地獄です。海地獄の温泉成分を粉末にした入浴剤や海地獄で茹でた温泉玉子が人気♪

海地獄の詳細情報

海地獄

住所
大分県別府市大字鉄輪559-1
アクセス
路線バス ・JR別府駅西口から亀の井バス2・5・41・43番鉄輪行きで20分、バス停:海地獄前 もしくは鉄輪下車、徒歩1分
営業時間
8:00〜17:00
定休日
大人400円 高校生300円 中学生250円 小学生200円

データ提供

池一面が真っ赤に染まる「血の池地獄」

池一面が真っ赤に染まる「血の池地獄」1467621

出典:

今から1300年以上前から存在し、赤いお湯が特徴の「血の池地獄」。この血の池地獄は一般的にイメージされる地獄そのもの。赤く染まり煮えたぎっている様は圧巻の迫力ですよ。“日本最古の天然地獄”は一見の価値アリ!

血の池地獄の詳細情報

血の池地獄

住所
大分県別府市野田778

データ提供

おすすめグルメ

「六盛」 料理 52237559 冷麺

出典:或 真宗さんの投稿

別府には数々のグルメがありますが、おすすめは「六盛」の別府冷麺。人気店なので、時間帯によっては行列ができることもありますが、並んででも食べる価値があると評判!透き通るスープに喉越しの良い麺との絡みは最高ですよ。寒い時期に冷麺はちょっとという方には、同じスープを使用した温麺もあります。

六盛の詳細情報

六盛

東別府、別府 / 冷麺、ラーメン

住所
大分県別府市松原町7-17
営業時間
11:30~15:00 18:00~21:00
定休日
水曜日
平均予算
  • ~¥999
  • ~¥999

データ提供

7.寒いのが苦手な方でも安心♪「沖縄」

7.寒いのが苦手な方でも安心♪「沖縄」1467662

出典:もよしさんの投稿

国内旅行の中でも高い人気を誇る「沖縄」。冬というと日本のどこにいても寒く感じますが、沖縄の冬は過ごしやすい気候なので、寒いのが苦手な方でも安心して旅行することができます。沖縄は夏のイメージがありますが、冬でも十分に楽しめますよ。

歴史を感じられる「首里城」

歴史を感じられる「首里城」1467677

出典:DDD plasticさんの投稿

沖縄には魅力的な観光スポットが数多くありますが、歴史要素を多く含んだ「首里城」をご紹介します。琉球王国の歴史の証人でもある首里城は、見どころも豊富!日本の他のエリアのお城と異なる建築様式は、見ていて新鮮さが感じられます。

首里城公園 (首里城)の詳細情報

首里城公園 (首里城)

住所
沖縄県那覇市首里金城町1-2
アクセス
ゆいレール「首里」駅から徒歩で約15分

データ提供

ホエールウォッチングをしよう!

ホエールウォッチングをしよう!1467667

出典:fukumaさんの投稿

12月下旬から4月上旬の期間限定アクティビティ「ホエールウォッチング」。クジラは野生となるとほとんど目にする機会はないでしょう。そんな野生のクジラを目の前で見られるかもしれない…!そんなチャンスがあるなら、ぜひ見ておきたいですよね。沖縄ではいろいろな所でホエールウォッチングが企画されていますので、ぜひ参加して大迫力な光景を見てください。(クジラに出会えなかったら返金してくれるところもあります。)

座間味村ホエールウォッチングの詳細情報

座間味村ホエールウォッチング

住所
沖縄県座間味村座間味地先1-1

データ提供

おすすめグルメ

「赤とんぼ」 料理 69377140 タコライス近影

出典:ことり5号さんの投稿

数ある沖縄グルメの中から「赤とんぼ」のタコライスをご紹介!那覇市の国際通りからも近いこちらのお店は、屋台のような佇まい。お米の上にひき肉、レタス、チーズなどたくさんの具が載っているのが特徴で、価格もお手頃なので購入しやすいです。その場で食べても、テイクアウトしてどこかでのんびり食べるのもOK。

赤とんぼの詳細情報

赤とんぼ

牧志、安里、美栄橋 / メキシコ料理

住所
沖縄県那覇市松尾2丁目21-16
営業時間
10:00~21:00
平均予算
  • ~¥999
  • ~¥999

データ提供

まとめ

まとめ1467694

出典:y_uさんの投稿

冬の男一人旅おすすめスポットをご紹介しましたが、いかがでしたか?日本には四季があり、同じ場所であっても季節によって風景が変わりますよね。特に冬は他の季節には見ることのできない雪景色が見られる場所も多いので、男一人旅を満喫してみてください。

全国のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

関連キーワード