東海エリアで冬キャンプ♪施設が大充実している「高規格キャンプ場」5選

東海エリアで冬キャンプ♪施設が大充実している「高規格キャンプ場」5選

東海エリアには、夏はもちろん寒い時期も楽しめる“キャンプ場”があることをご存知ですか?ここでは、キャンプ初心者でも挑戦しやすいコテージやレンタル施設が充実している「高規格キャンプ場」5選をご紹介。アクティブな女子のみなさん、今年の冬は“冬キャンプ”を楽しみませんか?

2018年01月13日

寒いから行かない!?冬キャンプは行かなきゃもったいない!

寒いから行かない!?冬キャンプは行かなきゃもったいない!1461874

出典:Roneさんの投稿

キャンプといえばトイレもシャワーもなくストイックに過ごす…なんて印象はもう古いかもしれません。今や、レンタルグッズやコテージなどが充実していて、夏はもちろん冬も快適に過ごせる「高規格キャンプ場」がたくさん♪東海エリアで楽しめる「高規格キャンプ場」を5カ所ご紹介しますので、この冬のお出かけの参考にしてくださいね。

1. 自然の中で遊び尽くせる「三河高原キャンプ村(愛知)」

愛知県豊田市にある「三河高原キャンプ村」は、自然の中でのキャンプ、散策、釣りなどを思いっきり楽しめるキャンプ場です。冬におすすめの“バンガロー”は3畳〜12畳までの4タイプ用意されており、照明やACコンセントを完備。さらに、バンガローの宿泊者は、屋根付きのBBQ場やシャワーを無料で利用できちゃいます。

A post shared by nihei emi (@emi_nhi118) on

キャンプ利用者もバンガロー利用者も、テントやキッチン用品など一通りのレンタルが可能です。テニスコートもレンタルできるので、アクティブに体を動かしたい方にぴったりですよ。
1. 自然の中で遊び尽くせる「三河高原キャンプ村(愛知)」1461770

出典:

キャンプ場管理事務所の「朝霧荘」には食堂も併設されており、食事や甘味を楽しめます。
こちらは朝霧荘名物の「五平餅」。焼きたての香ばしい香りについつい誘われてしまいそうです。
敷地内にはマウンテンバイクトレイルが併設され、本格的なトレイルを楽しむことができます。「朝霧荘」で受付をすれば、レンタルサイクルも利用可能。リーズナブルな料金なので気軽に楽しめますよ。

三河高原キャンプ村の詳細情報

三河高原キャンプ村

住所
愛知県豊田市東大林町半ノ木2
アクセス
豊田松平ICから車で40分
定休日
[木] 8:00〜17:00 大型連休、祝日等は営業
料金
オートキャンプ  1区画¥4,000 キャンプサイト  1区画¥2,900 日帰りキャンプ  1区画¥2,000  各 +大人¥600 3歳〜小学生¥400 バンガロー    ¥5,300〜

データ提供

2. 満点の星空を楽しめる「志摩オートキャンプ場(三重)」

伊勢西ICから約60分の場所にある「志摩オートキャンプ場」。四季折々の雄大な自然を身近に感じることができ、冬でも多くのイベントが行われています。充実した宿泊施設も自慢。フリーサイトやAC電源設備ありの「Aサイト(ペット同伴OK)」、「Bサイト(ペット同伴NG)」、バンガロー、キャンピングハウスなどを利用できます。

A post shared by まぁかつ (@maakatu) on

さまざまなサイズや形のテントをレンタルできます。「キャンプ体験セット」というテーブルやタープなどが一式そろったお得なセットもありますよ。キャンプ初心者さんには、2段ベッド・キッチン・シャワートイレ、テレビや冷蔵庫電子レンジまでそろう「キャンピングハウス」もおすすめ。暖かい空間でお鍋をつつく…なんて過ごし方も素敵ですよね。
冬の時期を楽しむ「たき火満喫セット」もレンタル可能。ゆらゆらと燃える火を見ているだけでリラックスできそうです。コーヒーを入れながらゆっくりするもよし、マシュマロを焼くもよし♪思い思いの時間を過ごしてくださいね。

A post shared by SORA (@jeep_photography_life) on

志摩は星がとにかくキレイ!リラックスチェアやベンチ、双眼鏡、星空ガイドブック、コンパスまでそろった「星空観察セット」もお手頃価格でレンタルできちゃいます。空気が澄み切った冬こそキレイに見える星たち。ゆっくりと星空観察を満喫してくださいね。

A post shared by 陽里 (@akarixx2220) on

キャンプ場の近くには青い海と砂浜が!砂浜を散歩できるのもうれしいですね。

3. 快適すぎる設備が自慢「竜洋海洋公園オートキャンプ場(静岡)」

浜松ICから車で約20分程度の場所にある「竜洋海洋公園オートキャンプ場」では、開放的なフリーサイト、AC電源付区画サイト、AC電源付きキャンピングカーサイトの3種類の区画を用意。掘りごたつのあるコテージやロフトタイプのコテージ、据え置きのキャンピングトレーラーなど宿泊施設も充実しています。

A post shared by るみぞう (@rumika99) on

レンタル品も大充実♪テントやタープ、マット、コンロ、テーブルイスセットなどのベーシックアイテムから、炊飯器や扇風機、ホットカーペットなどの家電までレンタルできちゃいます。JR磐田駅から無料のシャトルバスが1日3往復運行しているので、車がなくても思いっきり楽しめますよ。

A post shared by Risa Ono (@risako810) on

4名まで宿泊可能なトレーラーハウスはとってもキュート。エアコン・テレビ・ベッド・トイレ・バス・キッチン・冷蔵庫・レンジ・トースターまで完備しています。食材さえ買ってくればすぐに宿泊できる充実の施設です。
コテージは掘りごたつと2段ベッドがある<Rタイプ>、バストイレ別のロフトタイプの<REタイプ>、一番庭が広くBBQ向きの<Kタイプ>の3種類から選べます。基本は5名までの利用ですが、6名以上は追加料金で利用可能、最大8名まで泊まれます。冬場でも自然のそばで快適に過ごせるコテージに一度泊まってみませんか?

A post shared by Akifumi (@hayden_1753) on

ちなみに、こちらのキャンプ場で利用される電気は近くにある「竜洋しおさい風力発電所」から送り出されたもの。夕暮れ時にはこんな絶景にも出会えます。

竜洋海洋公園の詳細情報

竜洋海洋公園

住所
静岡県磐田市駒場6866-27
アクセス
1) JR豊田町駅から車で15分 2) JR豊田町駅からバスで15分 無料送迎バスあり(毎週日曜日 詳細は上記ホームページ参照)
営業時間
8:30〜21:30 (スポーツ施設利用の場合のみ、公園部分は終日開園)
定休日
第3月曜日(スポーツ施設利用の場合のみ、公園部分は年中無休)
料金
無料(施設利用は有料)

データ提供

4. 湖のほとりで贅沢な時間を過ごせる「椛の湖オートキャンプ場(岐阜)」

中央自動車道の中津川ICが最寄りICの「椛の湖(はなのこ)オートキャンプ場」。標高560mに広がる“椛の湖”の近くで自然を満喫できるキャンプ場です。四季折々、美しい景色を見せてくれる湖のそばで過ごす休日はとっても贅沢。JR中央本線の「坂下駅」からタクシーで約10分というアクセスの良さも魅力です。

A post shared by nobu.k (@nob_ter) on

湖畔沿いと林間にそれぞれ30ずつあるテントサイトからの眺めは抜群。場所によって景色が異なり、何度訪れても新しい発見があります。テントサイト内には、炊事場やシャワー・ランドリー・トイレなどが備わった施設もあるので快適に過ごせますよ。
そのほか、6~10名の大人数でも利用できる「ウッディハウス」やおしゃれな見た目の「トレーラーハウス」などもおすすめ。ファミリーやグループ、アウトドア初心者でも気軽に利用できちゃいます。料理がしっかりできるキッチン用品一式からトイレやエアコンまで完備。近くには男女別の浴室があり、ゆっくりと暖かいお湯に浸かれるのもポイント高いですよね。
美しい湖や空、木々を眺めて存分にリフレッシュしてくださいね。

椛の湖オートキャンプ場の詳細情報

椛の湖オートキャンプ場

住所
岐阜県中津川市坂下2831-6

データ提供

5. 全区画で電源が利用できちゃう「モビリティーパーク(静岡)」

新東名長泉沼津ICから約40分の場所にある「モビリティパーク」。全面芝生、100サイトにも及ぶ大規模なオートキャンプサイトは、全区画で電源が利用できちゃいます。整備された敷地内には、清潔な炊事場はもちろんお化粧室まであるんです。女子にはうれしいですね。
薪ストーブと直火で“焚き火”ができるファイヤーサークル付きの山小屋風ログハウス「Fケビン」や、アメリカから輸入された家電完備の「トレーラーハウス」など、1年を通して快適に過ごせる施設がそろっています。

A post shared by simplife (@simp.life) on

最近欧米で人気を集めている小さな家風コテージ「タイニーハウス」と呼ばれる新しい宿泊施設もおすすめです。中でも、「タイニーハウス41」は、キッチンや冷蔵庫、トイレシャワー、エアコン、寝具などの設備に加え、冬場にうれしい薪ストーブまで完備しています。

A post shared by yuki (@yukiyuki0429) on

ゆらゆらと燃える暖炉の火を見ながら、料理をしたりホットドリンクを作ったり…。そんなゆったりした時間も冬キャンプならではですよね。

モビリティーパークの詳細情報

モビリティーパーク

住所
静岡県伊豆の国市長者原1445-481

データ提供

快適に過ごせる「高規格キャンプ」は冬場もおすすめ

快適に過ごせる「高規格キャンプ」は冬場もおすすめ1486536

出典:Roneさんの投稿

冬のアウトドアというと、とにかく寒くて辛いイメージを持っている方もいるかもしれませんが、今は設備が充実していてかなり快適に過ごせるんですよ。冬場は空気が澄み渡っていて遠くの景色まで楽しめるのもポイント。日常から離れてリフレッシュしたい!という方はぜひ“冬キャンプ”に挑戦してくださいね。

静岡県のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

関連キーワード

大山を旅する編集部おすすめ

お得に旅する編集部おすすめ

Go To トラベルキャンペーンでお得に旅しよう♪ 知っておきたい基本情報&オススメの旅先