和歌山なのに和歌山に無い!?謎だらけの「北山村」を大冒険

和歌山なのに和歌山に無い!?謎だらけの「北山村」を大冒険

和歌山県の村でありながら、和歌山市から車で約4時間・・・。大阪や名古屋からのルートでは和歌山を通らないという不思議な村、「北山村」をご存知ですか?いくども山道を越え、辿り着いた先では、想像を上回る大自然に囲まれた村が出迎えてくれます。「日本唯一」という称号を3つ持つ、小さいのにスケールはでっかい「北山村」に、きっとあなたも行きたくなるはずです。

2016年04月18日

知られざる和歌山の秘境「北山村」

知られざる和歌山の秘境「北山村」226864

出典:ジェイアイさんの投稿

「和歌山なのに和歌山に無い?そんなことあるの?」と思った方。・・・嘘ではありません、本当にあるんです。北山村は、和歌山県東牟婁(ひがしむろ)郡の村でありながら、隣接する市町村はなんとすべて三重県と奈良県。和歌山県のほかの町から一つだけぽーんと飛び出てしまった、日本で唯一の飛び地の村なのです。和歌山県民でも知らない人がいるほど、まだあまり知られていない秘境といえる村です。

これだけでも十分インパクトがありますが、「日本唯一」の称号は実は他にも。謎だらけの北山村の魅力を解き明かしていきましょう。

「北山村」には3つの”日本唯一“が。その秘密を暴く

1.日本唯一の飛び地の村。謎を解くキーワードは「筏(いかだ)」

1.日本唯一の飛び地の村。謎を解くキーワードは「筏(いかだ)」226868

出典:kenchanさんの投稿

なぜ三重でも奈良でもなく和歌山に属することになったかというと、昔、林業が盛んだった北山村は、伐採した木材を筏に乗せて川を下り、河口である現在の和歌山県新宮市に運んでいました。当時の村民の大半はこの筏を操縦する「筏師」で、筏師たちと新宮の木材業者との繋がりはとても深いものでした。そして明治の廃藩置県で、新宮が和歌県に編入された際、「ならばぜひわたしたちも!」という村民の声が聞き入れられたことにより、晴れて日本で唯一の飛び地の村が誕生したのです。

2.日本唯一のアクティビティ「筏下り」。大自然の中で迫力満点!

2.日本唯一のアクティビティ「筏下り」。大自然の中で迫力満点!226871

出典:はむすたさんの投稿

北山村のルーツである「筏」。なんといま、この伝統産業が観光筏に生まれ変わり、日本で唯一「筏下り」が楽しめる人気観光スポットとなっているのです。筏の上に立ち、支えは2本の手すりのみ。水しぶきを浴びながら激流をスリル満点に下っていきます。周りは360度大自然!冒険好きにはたまらない、ワクワクドキドキのここでしか味わえないアクティビティです。
運航期間は5~9月、運航日は月によって違いますのでHPでご確認を。事前にインターネット予約をしておくと確実です。服装は濡れてもいい格好で着替えが必要。ライフジャケットを身に付けるので安全面も安心、気軽にチャレンジすることができます。北山村の伝統を残そうと奮闘する筏師さんの勇姿もぜひチェックしてくださいね。

3.日本唯一の果実「じゃばら」がすっぱうまい!

3つめの“日本唯一”は北山村の特産品「じゃばら」です。聞いたことがない人も多いはず。北山村でしか採れず、生産量が限られていることから、「幻の果実」ともいわれているのです。なぜか北山村にだけ自生していた「じゃばら」は、一人の村民が「変なみかんが生えてるけど、独特で美味しい」とじゃばらの普及に立ち上がったことをきっかけに、今では村の一大産業となりました。

A post shared by 広太 島田 (@kota_shimada) on

「じゃばらってどんな味なの?」と気になりますよね。分かりやすくいうとユズやカボスのような柑橘系の果実。しかしその味わいは独特で、やみつきになってしまう爽快さがあります。北山村ではじゃばらを使ったたくさんの商品を楽しむことができます。例えば写真のじゃばらドリンク。暑い日に冷えたこのジュースを飲むと、思わず「く~~~っ!たまらん!」と言いたくなるかも。他にもじゃばらジャムや、じゃばらポン酢、じゃばら飴、じゃばら酒などラインナップは豊富。お土産にもおすすめです。

A post shared by 茶亜 (@char_1002) on

ここでちょっと豆知識。実は「じゃばら」の名前の由来は「邪を払う」からきています。そのため北山村では昔から縁起物としても重宝されていました。しかもこの「じゃばら」、花粉症にも効果があるといわれ、最近にわかに知名度を上げています。縁起物で花粉症対策にもなるなんて、ありがたい果物ですね。

わざわざ行くだけの価値あり。他にも見どころ盛りだくさん

見どころ1:筏下り以外にもアクティビティいっぱい

北山村は確かに遠い。でもわざわざ行った人だけが楽しめる大自然のアクティビティがたくさんあります。先ほど筏下りを紹介しましたが、よりスリルを味わいたい人にはラフティングがおすすめ。ラフティングはいわば団体スポーツ。乗りあった全員の呼吸を合わせ、北山川の激流を全身を使って下っていきます。
時には川へダイブ!五感をフルに使って楽しみます。ラフティングはツアーに参加することで体験できます。服装は、ヘルメット、ライフジャケット、ウエットスーツは貸してもらえるので、水着や濡れてもいい靴などが必要です。北山川は関西屈指のラフティングポイント、北山村の大自然を満喫してみませんか?
その他、北山村では「カヌー」や「キャニオニング」、「渓谷フィッシング」などを楽しむ人で賑わっています。
カヌーはレンタルはありませんが、ロデオ系パドラーのメッカとして多くのプレーヤーが集まります。
また、ロープで川を上ったり天然ウォータースライダーを滑るアドベンチャーツアー「キャニオニング」も人気です。こちらはツアーを予約することで参加できます。
北山村にはダム湖が多いことからバスフィッシングも盛ん。レンタルボートもあるので、青空のもとのんびりと釣りを楽しむことができます。

見どころ2:北山村の絶景を堪能

大自然のど真ん中にある北山村は、どこを見ても絶景が広がります。神々しい山々、透きとおる川の美しさ。自然の息吹をすぐそばに感じることができます。体験したことのないような自然に囲まれているのにどこか懐かしい。新鮮な空気を吸って、北山村に癒されに行ってみませんか?

@esp_taachan6が投稿した写真 -

いこまさん(@lyu.i)が投稿した写真 -

見どころ2:北山村の絶景を堪能226899

出典:自然堂哲さんの投稿

秋から初春にかけて、隣町へ少し車を走らせば雲海が日常的に見られちゃいます。

見どころ3:絶品グルメ、「熊野牛」に「めはり寿司」

「おくとろ温泉レストラン きたやま」料理 226901 牛焼肉膳(熊野牛)

出典:あ わさんの投稿

北山村に来たらぜひ食べたいのが「熊野牛」。和歌山県産の銘柄牛肉で、その味わいは松坂牛にもひけを取らないと言われるほど。観光センターや道の駅おくとろに隣接する「おくとろ温泉レストラン きたやま」で食べることができます。美熊野牛鉄板焼きご膳がおすすめです。

じゃばら食堂の詳細情報

じゃばら食堂

新宮市その他 / バイキング

住所
和歌山県東牟婁郡北山村下尾井476 おくとろ温泉
営業時間
11:00~14:00 17:00~20:30(LO20:00)
定休日
木曜日(売店のみ営業)
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

「喫茶やまなみ」料理 226904 満腹めはりセット 900円 めはり寿司

出典:uribow1972さんの投稿

また、もうひとつぜひ食べてほしいのが「めはり寿司」。熊野地方・吉野地方の郷土料理で、ご飯を高菜の浅漬けの葉でくるんでいます。道の駅でも買えますが、今回紹介する「喫茶やまなみ」では満腹めはりセットが楽しめます。今でも地元の人に愛されるめはり寿司。素朴な味わいをぜひご堪能ください。

喫茶やまなみ

食べログに店舗情報が存在しないか一時的な障害で店舗情報が取得できませんでした。

見どころ4:遊んで食べたら、「おくとろ温泉」でのんびり

見どころ4:遊んで食べたら、「おくとろ温泉」でのんびり226908

出典:

思いっきり水遊びした後や、北山村グルメを堪能した後は、温泉にゆっくりつかりませんか?北山村の観光拠点となる、観光センターや道の駅がある場所に隣接するのが村営温泉施設「おくとろ温泉」。さきほど紹介した「おくとろ温泉レストラン きたやま」と同じ施設です。美しい渓谷を眺めることができる露天風呂は、旅の疲れを忘れさせてくれます。長い山道を運転してくれたドライバーさんにやさしい癒しスポットです。
またこちらの施設は宿泊することもできます。コテージ風の建物で、アウトドア気分を満喫。せっかくここまで来たのなら、ぜひ泊まっていってはいかがでしょうか?晴れた夜には目の前に広がる満天の星空を楽しむことができちゃいます。

@trkz1110が投稿した写真 -

「北山村」への道のりはアドベンチャー

北山村への行きかたは、車で行く方法と、電車・バスを使って行く方法があります。

車で行く場合、時間の目安は大阪・名古屋方面からだと約3時間半ほど。和歌山県内の場合、空港のある南紀白浜からは約3時間、新宮市からは1時間半弱ほどで行くことができます。北山村へは山道を通っていくので、途中の絶景スポットにはぜひ立ち寄ることをおすすめします。安全運転で快適なドライブをお楽しみください。

また、公共交通機関で行く場合は、熊野市駅まで電車で向かい、そこからは北山村村営バスで北山村まで向かいます。バスは1時間ほど。本数は多くないので、事前に調べて行くことをおすすめします。
「北山村」への道のりはアドベンチャー226918

出典:

「決して近くはないけれど、また行きたい」。都会では手に入らない確かな自然の魅力が、この村にはつまっています。大自然のふところに抱かれた北山村で、遊びもグルメも癒しもぜ~んぶまるごと楽しんでみてはいかがでしょうか?

和歌山県のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

特集

関連キーワード

永田町を旅する編集部おすすめ