思わず笑ってしまう!「邪悪なハンコ屋 しにものぐるい」のハンコを使ってみたい!

思わず笑ってしまう!「邪悪なハンコ屋 しにものぐるい」のハンコを使ってみたい!

下町情緒の残る「谷中銀座商店街」の一角に、小さなはんこ屋さんがあります。その名も「邪悪なハンコ屋 しにものぐるい」。動物を中心としたユニークな認印を作成してもらえるはんこ屋さんです。味のあるブラックユーモアたっぷりのイラストが人気。お店をのぞいたら、絶対に欲しくなってしまいそうですよ。いろいろなシーンで使えそうです。「邪悪なハンコ屋 しにものぐるい」の魅力をご紹介しましょう。

2018年01月24日

1498547

出典:tune☆さんの投稿

東京都台東区の日暮里駅近くにある「谷中銀座商店街」は、下町情緒のあふれるどこか懐かしい町並みが人気のスポットです。昔ながらの個人商店を中心として、全長170メートルほどの通りに、様々な業種のお店が70あまり並んでいます。「邪悪なハンコ屋 しにものぐるい」は、そんな谷中銀座商店街にあります。

「邪悪なハンコ屋 しにものぐるい」とは

「邪悪なハンコ屋 しにものぐるい」とは1498465

出典:

「邪悪なハンコ屋 しにものぐるい」とは、一度聞いたら忘れられない独特のネーミングですね。どんなお店なのかと思いきや、意外とホノボノした雰囲気の看板がお出迎え。

「邪悪なハンコ屋 しにものぐるい」とは1498560

出典:

お店入り口にはたくさんのハンコのサンプルが!!店内はとてもこぢんまりとしています。

思わず笑っちゃうハンコたち!

思わず笑っちゃうハンコたち!1498470

出典:

店内に飾られているデザインのサンプル。「認印」の常識を覆す楽しさ爆発のハンコたちに、心奪われてしまいそうです。可愛らしいうさぎや猫などのイラストのほかに、微生物や世界の名所などユニークなイラストがたくさん並んでいます。

思わず笑っちゃうハンコたち!1498472

出典:

「じたばた」「キレる」「捕食の風景」「チラ見」など、認印にはふつう使わないであろうイラストもあるんです。「あのシーンで使えそう!」なんてイラストも意外と多いことに気がつきますよ。

思わず笑っちゃうハンコたち!1498468

出典:

イラスト入りなので、職場で使えるかどうかは判断に迷うところですが、「むしろ会社で使え」の張り紙の通り、内部でのやり取りなら楽しく使いこなせるかもしれませんね。谷中銀座商店街をぶらぶらしている間に、作ってもらえます。ハンコはインク補充タイプですから、スタンプは不要。持ち運びにも便利です。

思わず笑っちゃうハンコたち!1498469

出典:

一般のハンコ屋さんと同様に、書体はいろいろあります。手書き文字でも作ってもらえます。

A post shared by Sachiyo Maeda (@sachi.panda) on

職場で実際に使っている人も。受領印くらいなら、笑ってもらえそう。

A post shared by おまつ (@nene_t_0520) on

幼稚園や学校とのやり取りに使うお母さんたちも。これは、チェックする先生もホッコリしてしまいますね。

ハンコ以外にもユニークな商品があります

独特なデザインのイラストが描かれた印鑑ケース。卒業祝いや就職祝いなどにも喜ばれそうです。
こちらは小物入れ。シンプルですが、なんだかホッコリしてきますね。何を入れようかな。
ハンコ以外にもユニークな商品があります1498471

出典:

商店街で人気なのがこちらのTシャツ。ちょっと着るのに勇気がいるような気もしますが、場の雰囲気を盛り上げてくれそうです。

「しにものぐるいハンコ」のLINEスタンプもあります。ハンコを使う機会があまりないなという人はいかがですか?

訪問の前にサイトでデザインチェック

訪問の前にサイトでデザインチェック1498594

出典:

すでに述べたようにとても小さなお店なので、お店での注文を希望する場合でも、あらかじめサイトでデザインを確認することをおすすめします。商品名や型番などをメモして行くとスムーズですよ。

通販でも注文ができます。楽しいメッセージカードなどもついていますよ。

A post shared by tomoko (@ichitomo22) on

「身を粉にして」とは、「邪悪なハンコ屋」にもかかわらず、一生懸命みたいですね。でも、粉なのはポテチのほう?

アクセス方法

アクセス方法1498537

出典:celicaさんの投稿

お店は、東京都台東区の「谷中銀座商店街」の中ほどにあります。最寄り駅は、JR山手線「日暮里」駅で、徒歩5分ほどです。日暮里駅の北改札口を出て西口へ向かってください♪

最後に

最後に1498460

出典:

谷中銀座商店街をぶらぶらしている間に作ってもらえる「邪悪なハンコ」。あなたも1本いかがでしょうか。ハンコ文化の根強い日本ならではの楽しみです。お友達へのプレゼントなどにも最適です。もちろん、あなた流の楽しみ方を見つけるのも素敵ですね。

東京都のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

東京都×ホテル・宿特集

関連キーワード

永田町を旅する編集部おすすめ