美味しいコッペパンがいっぱい♪横浜市内のコッペパン専門店6選

美味しいコッペパンがいっぱい♪横浜市内のコッペパン専門店6選

昔ながらの定番コッペパン。近年ではおしゃれでかわいくて、多彩なコッペパンを扱う専門店が増えています。おかず系だったりスイーツ系だったりとバリエーションも豊富なんですよ!横浜市内にある人気のコッペパン専門店をご紹介します。その美味しさにコッペパンを極めたくなってしまうかも?チェックしてみてくださいね♪

2018年01月27日

1,パン屋のオヤジ

「パン屋のオヤジ」 外観 50243285 テラスでお食事いただけます。Free wi-fiもありますよ。

出典:

根岸駅から徒歩3分ほどの場所にあるコッペパン専門店。ウッド調の外観のお店にはたくさんのコッペパンメニューが掲げられています。

「パン屋のオヤジ」 料理 50232780 自家製バーグコッペ

出典:

定番のジャムやピーナッツクリーム、あんマーガリンをはじめ、クリームやフルーツなどの甘いコッペパンからカツやコロッケなどの惣菜系など品ぞろえがすごいんです!ボリューミーな「自家製バーグコッペ」、女子ウケしそうな「キャロットラぺと紫キャベツマリネコッペ」など気になるコッペパンがいっぱいです。

「パン屋のオヤジ」 料理 50232812 クリームチーズといちごのコッペ

出典:

コッペパンはやや丸いかたちが特徴。しっかりめの食感でもっちり&しっとりで食べごたえがあります。表にはテラス席があり、その場でできたてを食べることも可能です。

パン屋のオヤジの詳細情報

パン屋のオヤジ

根岸 / パン

住所
神奈川県横浜市磯子区西町14-3
営業時間
9月12日(火)は臨時休業させていただきます。 [火~土] 7:00~18:00 売切れ次第終了 ご予約、お取り置きは~19:00の間もご利用いただけます。
定休日
日・月
平均予算
  • ~¥999

データ提供

2,コッペん道土 市が尾店

「コッペん道土 市が尾店」 外観 60299882

出典:♡ROCO♡さんの投稿

北海道・木古内町に本店があるコッペパン専門店。関東では唯一の店舗ということもあり、連日行列をなしている人気店です。東急田園都市線・市が尾駅から徒歩4分ほどの場所にあり、赤い看板の外観と昭和を感じられる内装が特徴のお店です。

「コッペん道土 市が尾店」 料理 61428048

出典:美味マンさんの投稿

北海道の名物「ザンギ」や「はこだて和牛コロッケ」をサンドしたもの、津軽海峡の塩「みそぎの塩」を使用したミルククリームなど北海道を感じられるメニューが盛りだくさん。ほかにも定番のあんバターや焼きそばなどもあれば、変わりだねの「味噌ミルク」といったたくさんのメニューがあります。

「コッペん道土 市が尾店」 料理 77758073

出典:マサえもんさんの投稿

コッペパンは薄めの焼き色でやわらかでふんわりとした食感のパンです。コッペパンのみの販売もあり、そのままの美味しさを楽しむこともできます。また「コンビーフポテト」は自家製コンビーフを使用しており限定販売なので要チェックです。

コッペんどっと 市が尾店の詳細情報

コッペんどっと 市が尾店

市が尾 / パン

住所
神奈川県横浜市青葉区市ヶ尾町1054-1
営業時間
月、火、水、木、金、土、日 9:00~18:00 コッペパン9時~販売 塩パン10時~販売
定休日
無定休
平均予算
  • ~¥999

データ提供

3,ル・ミトロン・コッペ 白楽店

「ル・ミトロン・コッペ 白楽店」 外観 68958975

出典:ファウルペルツさんの投稿

東急東横線・白楽駅から徒歩5分ほどの場所にあるコッペパン専門店。木目の壁面に赤い屋根の看板でかわいらしいお店です。人気店で売り切れ次第閉店なので、なるべく早い時間に来店することをおすすめします。

「ル・ミトロン・コッペ 白楽店」 料理 66205663  メンチコッペ

出典:玉かずらさんの投稿

揚げたてサクサクの大きめコロッケが入った「コロッケ」、厚くてボリューミーなメンチがサンドされた「メンチカツ」、タルタルソースたっぷりの「チキン南蛮」など大満足の食事系が充実しています。定番のフルーツジャムやチョコ、抹茶クリームなどのほかに、「あんマスカルポーネ」などの個性的な中身も注目です。

「ル・ミトロン・コッペ 白楽店」 料理 48206833 パッカリ撮影

出典:厚木あんちちさんの投稿

コッペパンは大きくてボリューム満点!モチモチでふわふわな生地で食べごたえもあり、食事としても満足のいくコッペパンです。

ル・ミトロン・コッペ 白楽店の詳細情報

ル・ミトロン・コッペ 白楽店

白楽、東白楽 / パン・サンドイッチ(その他)

住所
神奈川県横浜市神奈川区六角橋1-9-13
営業時間
10:00~18:00頃(売切次第終了)
定休日
不定休
平均予算
  • ~¥999

データ提供

4,パンの田島

「パンの田島」 外観 66561031

出典:wakadon21さんの投稿

東急東横線・綱島駅前にあるコッペパン専門店。自由が丘や吉祥寺などにも店舗があり、コッペパン好きの中でもよく知られているお店のひとつです。

「パンの田島」 料理 47433567 色艶が素晴らしいコッペパン

出典:ジュニアーズさんの投稿

極上コンビーフを使用した相性抜群の「コンビーフポテト」やソーセージが2本入った「ダブルホットドッグ」、大人の味わい「ラムレーズン練乳クリーム」などさまざまな味わいを楽しめます。

「パンの田島」 料理 48173443 コッペパンサンドのお店

出典:厚木あんちちさんの投稿

大きめのコッペパンは、ふんわりしっとりでやわらかさを楽しめます。ほんのりとした甘さと表面のツヤは昔ながらのコッペパンを彷彿とさせます。新潟の老舗牛乳メーカーの「原田牛乳」が販売されているのでこちらもおすすめです。

パンの田島の詳細情報

パンの田島

綱島 / パン

住所
神奈川県横浜市港北区綱島東1-1-18 1F
営業時間
月〜金 8:30〜20:00 土・日 7:30〜19:00
定休日
無休
平均予算
  • ~¥999

データ提供

5,マシマロ

「マシマロ」 外観 48769964 外観

出典:厚木あんちちさんの投稿

横浜市営地下鉄・下永谷駅から徒歩10分ほどの場所にあるコッペパン専門店。白を基調とした店内とインパクトのあるパンダのイラストの外壁が特徴です。

「マシマロ」 料理 48769978 マシマロのコッペは焼きうすく、柔らかなもの

出典:厚木あんちちさんの投稿

ふわふわのやさしい味わいのコッペパンには個性豊かな具がたくさんチョイスできます。ホイップクリームやフルーツジャム、レアチーズなど楽しい組み合わせがいっぱいです。ほかにもふわふわタマゴが楽しめる「ポークタマゴ」や「チキン南蛮」などの惣菜系もおすすめがたくさんあります。

「マシマロ」 料理 48769970 一度にこんな味わって計540円!!

出典:厚木あんちちさんの投稿

こちらのお店の特徴は”ハーフサイズ”での注文が可能。コッペパンの半分ずつを違う味で楽しむことができ、さまざまな味にチャレンジすることができます。ふわふわのやさしい味わいのコッペパンです。

マシマロの詳細情報

マシマロ

下永谷、舞岡 / パン、サンドイッチ

住所
神奈川県横浜市港南区日限山1-31-18
営業時間
10:00~18:00
定休日
月曜日・火曜日・水曜日
平均予算
  • ~¥999

データ提供

6,手作りパン キムラヤベーカリー

「手作りパン キムラヤベーカリー」 外観 73293931 外観

出典:一級うん築士さんの投稿

桜木町駅から徒歩5分ほどにある、下町風情がただよう野毛地区にある昔ながらのパン屋さんです。創業して60年以上のレトロでこじんまりとした雰囲気が素敵です。

「手作りパン キムラヤベーカリー」 料理 41694909

出典:せすく・ふぁぶれがすさんの投稿

コッペパンは作り置きタイプのものと、その場で中身をはさんでもらえるものがあります。コロッケが2つ入ったボリュームたっぷりのコロッケコッペや、粒の食感を楽しめるピーナッツバター、定番の焼きそばなどさまざまなコッペパンサンドが用意されています。

「手作りパン キムラヤベーカリー」 料理 68782573

出典:のりsanさんの投稿

オーソドックな形のツヤがあるコッペパンはモチモチで弾力がある食感です。食感だけでなくほんのりとした甘みを感じられ、コッペパンの美味しさも感じられます。

手作りパン キムラヤベーカリーの詳細情報

手作りパン キムラヤベーカリー

桜木町、日ノ出町、馬車道 / パン、サンドイッチ、パン・サンドイッチ(その他)

住所
神奈川県横浜市中区野毛町1-13
営業時間
[月~土] 7:30~19:30
定休日
日曜日・祭日
平均予算
  • ~¥999
  • ~¥999

データ提供

いかがでしたか?

「パンの田島」 料理 47433532 表面のツヤが素晴らしい

出典:ジュニアーズさんの投稿

昔ながらの懐かしさを感じられるコッペパンですが、現在は新しい形のコッペパンが多く登場し、ブームになっています。人気店が多く、行列ができることも多くあるそうなので事前に混雑の時間などをチェックしておくのもおすすめです。ぜひこちらを参考にして、お気に入りのコッペパンを見つけてみてくださいね。

神奈川県のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

横浜×ホテル・宿特集

関連キーワード

奈良を旅する編集部おすすめ