商店街をぶらり散歩♪名古屋市内のおすすめ商店街12選

商店街をぶらり散歩♪名古屋市内のおすすめ商店街12選

昭和の雰囲気を色濃く残す商店街。年配の方にとって商店街は「懐かしい」「昔は賑わっていた」という過去のイメージが強いですよね。名古屋は大型ショッピングモールに押され、商店街は「寂れている」というイメージがぬぐえません。だけど最近は、商店街の良さが見直されつつあります。今回は、名古屋で地道に頑張っている商店街をご紹介します。

2018年01月27日

5

名古屋人にとっての商店街とは?

名古屋人にとっての商店街とは?1487204

出典:たいしょんさんの投稿

名古屋で商店街は?と聞かれたとき、ほとんどの名古屋人が答えるのは「大須商店街」でしょう。じゃあほかには?と聞かれたとき、どれほどの人がほかの商店街を答えられるでしょうか?名古屋ではそれほど、商店街文化が消えかけているんです。

名古屋人にとっての商店街とは?1487190

出典:オズマさんの投稿

だけど最近、古き良き時代を懐かしむ人や、レトロがおしゃれという人が増えてきたせいか、名古屋の商店街もだんだんと日の目を見るようになってきました。今回は昔から変わらず頑張っている、名古屋の商店街をご紹介します。

圧倒的な存在感「大須商店街」

1.大須商店街(中区)

1.大須商店街(中区)1484509

出典:こははさんの投稿

「大須商店街」は中区大須にある商店街で、若宮大通、伏見通、大須通、南大津通の4つの通りに囲まれています。最寄り駅は地下鉄「大須観音」駅と「上前津」駅で、商店街はこの2つの駅に挟まれています。その中に約1,200のお店がひしめき合っているんです。

1.大須商店街(中区)1484524

出典:たっち〜さんの投稿

「大須商店街」は「万松寺通」や「東仁王門通」など9つの商店街から構成されています。大型リサイクルショップや激安電気店、個性的な衣料品店などが立ち並び、とても刺激的な街なんです。商店街のシンボルでもある巨大な招き猫は、待ち合わせスポットの定番です。

「納屋橋饅頭万松庵 大須万松寺通店」 料理 34901203 揚げまん棒~☆

出典:meer32さんの投稿

そしてなんといっても大須と言えば「食べ歩き」です。食べ歩きのド定番「納屋橋饅頭万松庵」の「揚げまん棒」や、「新雀 本店」の「みたらし団子」は外せませんね。「揚げまん棒」の中身は名古屋名物「納谷橋まんじゅう」なんですよ。

納屋橋饅頭万松庵 大須万松寺通店の詳細情報

納屋橋饅頭万松庵 大須万松寺通店

上前津、大須観音、矢場町 / 和菓子、甘味処

住所
愛知県名古屋市中区大須3-27-24
営業時間
10:00~18:00
定休日
なし
平均予算
  • ~¥999

データ提供

昭和を彩った名古屋の三大商店街

明治から昭和40年代頃まで、名古屋の三大商店街と言えば「大須」「円頓寺」「大曽根」でした。ここでは「円頓寺商店街」と「大曽根商店街(のちのOZモール)」をご紹介しましょう。

2.円頓寺商店街(西区)

2.円頓寺商店街(西区)1484925

出典:caprice_picさんの投稿

「円頓寺(えんどうじ)商店街」は、西区那古野にある「長久山 圓頓寺」の門前町として広がっている商店街です。かつては商人の町として栄えました。市道江川線を境に「円頓寺商店街」と「円頓寺本町通商店街」に分かれ、円頓寺本町通の西には「西円頓寺商店街」もあって、名古屋駅からも近いんです。

2.円頓寺商店街(西区)1484937

出典:

昭和40年頃から「円頓寺商店街」は衰退の一途をたどっていましたが、「四間道(しけみち)」と共に「名古屋駅からの徒歩散策コース」として、最近人気を盛り返し、話題になっている商店街なんです。毎年夏には七夕まつりが開催され、賑わいを見せています。

「西アサヒ」 料理 46994722 玉子サンド+コーヒー(900円)

出典:好んで雑用係さんの投稿

「円頓寺商店街」で特に注目を集めているのが、80年以上にわたって地元で愛され続けている老舗喫茶「西アサヒ」です。「西アサヒ」と言えば名物「タマゴサンド」!お店を訪れた人のほとんどが注文するという、人気メニューなんですよ。

なごのやの詳細情報

なごのや

丸の内、国際センター、浅間町 / 喫茶店

住所
愛知県名古屋市西区那古野1-6-13
営業時間
11:30~22:00 21:30ラストオーダー
定休日
月曜日
平均予算
  • ~¥999
  • ~¥999

データ提供

3.OZモール(北区)

3.OZモール(北区)1484957

出典:

「OZモール(オズモール)」は、名古屋市北東部のターミナル駅として発達した「大曽根」駅前と、市電「大曽根」停留所との間に発達した、「大曽根商店街」と「大曽根本通商店街」の約半分を再開発してつくられた商店街です。かつては名古屋の三大アーケード街のひとつでしたが、再開発後は屋根のないオープンモール形式の商店街となりました。

3.OZモール(北区)1484954

出典:

通りには、児童文学「オズの魔法使い」をかたどったオブジェが点在しています。そのため、サイン標識のデザインや門などに統一感があり、おしゃれな雰囲気です。長らく寂れていましたが、地下街には「OZ GARDEN(オズ・ガーデン)」、大曽根駅直結の商店街「オゾンアベニュー」も整備され、「OZモール」も少しずつ賑わいを取り戻してきました。

ほかにも注目の商店街がいっぱい♩

名古屋の三大商店街以外にも、頑張っている商店街はたくさんあります。ここからは、いま注目されている商店街を一挙にご紹介しますね。

4.覚王山商店街(千種区)

4.覚王山商店街(千種区)1486364

出典:オズマさんの投稿

日本で唯一お釈迦様の遺骨を安置するお寺「日泰寺」で知られる覚王山。懐かしい風情と新しさが混在する覚王山には、昔ながらのお団子屋さんや定食屋さんから、お洒落なカフェ、雑貨屋さんなど、素敵なお店がいっぱい集まっています。

4.覚王山商店街(千種区)1486345

出典:汎猫さんの投稿

参道では、覚王山春祭や夏祭、月イチマルシェや参道ミュージアムなど、イベントも盛りだくさん!いま注目の商店街なんですよ。

5.今池商店街(千種区)

5.今池商店街(千種区)1486380

出典:

千種区の今池交差点を中心に、西南・東南・北に広がる「今池商店街」。地下鉄東山線/桜通線「今池」駅を降り立ったら、もうそこが商店街の入口です。「西南商店街」「東南商店街」「北商店街」の3つの商店街からなる「今池商店街」は、常に人で賑わう魅惑の街なんです。

5.今池商店街(千種区)1486391

出典:

街の至るところに石像のモニュメントが。また、中日ドラゴンズファンが通うという中華料理店「ピカイチ」や、名古屋めしの代表格・台湾ラーメンの「味仙」など、有名店もいっぱいです。

6.西柳錦商店街(中村区)

6.西柳錦商店街(中村区)1486420

出典:オズマさんの投稿

「柳橋中央市場」のある「西柳錦商店街」は、名古屋駅前に300坪の面積を持ち、約300店舗が集まった活気ある商店街です。新鮮な魚、肉、野菜、フルーツなどの生鮮食品だけでなく、お惣菜から調理器具までなんでも揃っています。

6.西柳錦商店街(中村区)1486422

出典:オズマさんの投稿

商店街には「マルナカ食品センター」や「柳橋食品ビル」など、メディアでもたびたび紹介される店舗が並んでおり、新鮮な魚介を食べさせてくれる飲食店や、ボリューム満点のカツ丼屋さんなどが人気です。

7.藤が丘中央商店街(名東区)

7.藤が丘中央商店街(名東区)1486491

出典:Dakinyさんの投稿

地下鉄の終点であり、リニモの始発駅でもある藤が丘。駅前のリニモス広場と、その周辺に広がるのが「藤が丘中央商店街」です。駅前の通りには片屋根式アーケードが設けられ、約400本の桜の木が植えられています。秋には西側のイチョウ並木も道行く人々を楽しませてくれます。

A post shared by nozomi egawa (@egawan) on

藤が丘は郊外にあるたくさんの大学へ向かうバスや電車の発着点なので、若者向けのお店がたくさん揃っているんです。また、地下鉄が地上を走っていて、その高架下にも飲食店がびっしりと並んでいるんですよ。

8.瑞穂通商店街(瑞穂区)

A post shared by Ladymedia (@ladymedia) on

地下鉄桜通線「桜山」駅を出ると、もうそこから「瑞穂通商店街」が始まります。商店街の中には「名古屋市博物館」もあるので、「博物館前商店街」とも呼ばれています。中央を走る環状線は「名古屋ウィメンズマラソン」「名古屋シティマラソン」のメインコースでもあるんですよ。

「名古屋グランパス」のサポートタウンでもある「瑞穂通商店街」では、毎年、グランパスの選手の中からイケメンを選ぶ「イケメン オブ ザ イヤー」も人気です。ほかにも夏祭りや、商店街にある「秋葉神社」で開催される「笑店」など、イベント盛りだくさんの商店街です。

9.雁道商店街(瑞穂区)

9.雁道商店街(瑞穂区)1486918

出典:

雁道(がんみち)は瑞穂区の北西部・堀田と滝子の中間に位置し、東西に通る「雁道商店街」と、南北に通る「賑町商店街」からなり、人情味豊かな下町情緒あふれる街です。「雁道商店街」は全部で110店舗ほどのお店があり、最近また元気を取り戻してきました。

9.雁道商店街(瑞穂区)1486914

出典:

その理由が「100円商店街」です。「100円商店街」とは、いわゆる100円市。決まった100円市の日に、各お店がそれぞれ100円で販売するものを軒先に並べます。普段売っているものを、いつもよりお得な100円で購入できちゃうんです。

10.柳原通商店街(北区)

A post shared by 研輔 青木 (@aoki0104) on

「柳原通商店街」は北区の南端に位置し、国道41号線と名城公園に挟まれた南北約600mに連なっています。見た目はアーケードのある商店街らしい雰囲気。毎年8月に開催される夏祭りは数万人の人出で賑わうものの、最近は店主の高齢化も相まって空き店舗が急増……

A post shared by ITCHI♡BI (@itchy0221) on

そこで商店街が取り組んだのが、空き店舗を活用した人にやさしいまちづくりなんです。空き家を利用した様々な施設やサロンをオープンさせたことで、また盛り上がりを見せているんですね。

11.弁天通商店街(西区)

11.弁天通商店街(西区)1487167

出典:

「弁天通商店街」は、西区の浄心交差点より東に広がる商店街です。地下鉄鶴舞線「浄心」駅からすぐ東にあり、名古屋城や名城公園からも近く、通りには50を超えるお店が立ち並びます。弁天通は電線が地下に埋まっているので、歩道が広くすっきりしているんです。

11.弁天通商店街(西区)1487158

出典:

商店街の歩道には、七福神の石像が点在し、その七福神の石像はどれも愛嬌たっぷり!癒し系のとってもかわいいビジュアルなんです。商店街で七福神めぐりも楽しんでみてはいかがでしょうか。

12.筒井町商店街(東区)

12.筒井町商店街(東区)1487182

出典:hakkaさんの投稿

「筒井町商店街」は、江戸幕府3代将軍・徳川家光公の娘・千代姫が、尾張徳川家2代目・光友公に嫁いだとき、尾張徳川家の菩提寺として「徳興山 建中寺」が建立され、以来、町人の町として発展した場所です。昭和初期には、広小路、大須に次ぐ盛り場として黄金時代を築きました。

12.筒井町商店街(東区)1487185

出典:

毎年行われる「筒井町天王祭」では、筒井町所有の山車「名古屋市指定文化財神皇車」と、東隣の四丁目所有「名古屋市指定文化財湯取車」が登場。夜店もたくさん出るため、とても賑わうんですよ。

いかがでしたか?

いかがでしたか?1488371

出典:テンゴクさんの投稿

名古屋の商店街って少し寂れ感がありますが、それでも最近は、どこの商店街も工夫を凝らして徐々に盛り上がりを見せているんです。郊外の巨大なショッピングモールもいいけれど、たまにはノスタルジックな気分に浸れる、古き良き商店街を散策してみてはいかがでしょうか。

愛知県のJR・新幹線 + 宿泊セットプラン

公式情報を日本旅行で見る(17,900円〜 / 人)

あなたにおすすめ

名古屋を旅する

編集部おすすめ

名古屋×ホテル・宿特集

関連キーワード