ソロキャンプデビューしてみませんか?基本アイテム&おすすめキャンプ場を紹介!

ソロキャンプデビューしてみませんか?基本アイテム&おすすめキャンプ場を紹介!

近頃、1人でキャンプを楽しむ「ソロキャンプ」が注目されています。自分が行きたいときにフラッと出かけて、自分の好きなことを思いっきり楽しめるのが、ソロキャンプの魅力です。今回は、ソロキャンプをする際に必要なアイテムや、ソロキャンプの注意点、おすすめのキャンプ場などを詳しくご紹介!ソロキャンプに興味がある方は、ぜひ参考にしてくださいね。

2018年01月31日

ソロキャンプとは?

ソロキャンプとは?1509046

出典:ナカちゃんさんの投稿

ソロキャンプとは、その名の通り“1人で楽しむ”キャンプのこと。キャンプといえば家族や友人とワイワイ楽しむイメージが強いかもしれませんが、最近ではソロキャンプにも人気が集まっているんです!
ソロキャンプとは?1509045

出典:初心者印さんの投稿

「身軽さ」と「自由さ」がソロキャンプの魅力。大人数でのキャンプだと予定を合わせるだけで時間がかかってしまいますが、ソロキャンプなら自分の時間があるときに、フラッと出かけることが可能です。
ソロキャンプとは?1509053

出典:paphotoさんの投稿

キャンプ中に何をするのかも、全て自分次第!のんびりお酒を飲んだり、読書をしたり、ぼーっと星空を眺めたり…。周りを気にすることなく、自然の中でのびのびと過ごすことができますよ。

ソロキャンプの基本アイテム

ソロキャンプの基本アイテム1509030

出典:airさんの投稿

それではここで、ソロキャンプに必要な基本のアイテムをご紹介します。自分1人で全ての荷物を運ばなければならないので、荷物はできる限り少なくするのがポイント。大きめのバックパック1つに収めるのが理想的です。ただし車を利用する場合は、もう少し荷物が増えても問題ないでしょう。また、今回ご紹介するのは最低限必要なアイテムなので、ほかに必要なものがあれば各自でプラスしてくださいね。

アイテムリスト

・テント
・マット
・寝袋
・テーブル
・チェア
・シングルバーナー
・クッカー、コッヘル(1人用の鍋)
・食器類
・ライト、ランタン

1人用テント

1人用テント1509020

出典:

テントは、1~2人用でコンパクトに持ち運べるもの、なおかつ1人で簡単に組み立てられるものを選びましょう。ワンタッチでサッと組み立てられるテントも多数販売されていますよ。

シングルバーナー&クッカー

シングルバーナー&クッカー1509024

出典:

キャンプ場で食事を作る際に必要なバーナーと、クッカーやコッヘル。ツーバーナーだとかさばるので、ソロキャンプの場合はコンパクトなシングルバーナーがおすすめです。こちらのような、シングルバーナー&クッカーのセットなどもありますよ。

SOTO フィールドホッパー

SOTO フィールドホッパー1509026

出典:

「SOTO フィールドホッパー」は、ソロキャンパーに人気のあるコンパクトなテーブルです。薄く折り畳むことができるので、持ち運びに非常に便利。テーブルと同じく、チェアもコンパクトに折り畳めるものを選ぶと良いでしょう。

ソロキャンプの注意事項

ソロキャンプの注意事項1509050

出典:Kaz.883さんの投稿

1人ならではの楽しみ方ができるソロキャンプ。でも、1人だからこそ注意しなければならないこともいくつかあります。ソロキャンプをする前に、よく確認しておきましょう。

キャンプ場の設備や周辺環境をチェック

キャンプ場の設備や周辺環境をチェック1509051

出典:RYUさんの投稿

キャンプ場を選ぶ際は、場所だけでなく、キャンプ場の設備や周辺環境も詳しく確認しておきましょう。例えば、水洗トイレやシャワー、AC電源などが完備されていると、快適に過ごすことができますよ。また、できれば夜間でも管理人さんが常駐しているキャンプ場だと安心です。そのほか、周辺に買い出しに行けるスーパーやコンビニにがあるかどうかも、チェックしておくと良いでしょう。

貴重品は必ず持ち歩く

貴重品は必ず持ち歩く1509052

出典:k.sさんの投稿

貴重品はテント内に置きっぱなしにせず、必ず持ち歩くようにしましょう。テントのジッパー部分に鍵を取り付けることも可能ですが、テントは布製ですので、ナイフ等があれば簡単に切り裂かれてしまいます。ちょっとした外出でも気を抜かずに、しっかりと貴重品を管理しておきましょう。

女性なら防犯グッズは必須

女性なら防犯グッズは必須1509049

出典:roppiさんの投稿

先ほどもご説明したように、テントはセキュリティ面で不安があります。女性がソロキャンプをする場合は、何かあったときに備えて、防犯ブザーや催涙スプレーなどの防犯グッズを用意しておくと安心です。また、人の少ないキャンプ場はできる限り避け、ある程度人のいるキャンプ場を利用するようにしましょう。

ソロキャンプにおすすめのキャンプ場

ふもとっぱらキャンプ場(山梨)

A post shared by SUZU FUJI (@mr.fuji1005) on

静岡県富士宮市にある「ふもとっぱらキャンプ場」。その名の通り、富士山のふもとに位置するキャンプ場です。目の前にそびえる雄大な富士山を眺めながら、のんびりと過ごすことができますよ。炊事場・トイレといった基本的な設備も完備されています。

北軽井沢スウィートグラス(群馬)

北軽井沢スウィートグラス(群馬)1509040

出典:

ソロキャンプに興味はあるけれど、周りが団体客ばかりだとちょっと気まずいかも…と心配な方も多いのでは?そんな方には、「北軽井沢スウィートグラス」がおすすめです。「ソロサイト」というおひとりさま専用エリアがあるため、1人でも快適に過ごすことができますよ。また、炊事棟・トイレ・貸切風呂・シャワーなど、設備も非常に充実しています。

休暇村嬬恋鹿沢(群馬)

A post shared by ⭐️maa⭐️ (@maa_smst) on

キャンプグッズを揃えるのが大変!という方には、群馬県の嬬恋村鹿沢温泉にある、「休暇村嬬恋鹿沢」内のキャンプ場がおすすめです。テントが常設されているエリアがあり、宿泊用具や調理用具なども全てレンタルできるので、手ぶらでキャンプを楽しむことができます。もちろん、自分でテントを持ち込んでもOKです。また、休暇村内には温泉もあるので、1日の疲れをゆっくりと癒すことができますよ。

いかがでしたか?

いかがでしたか?1509063

出典:Riri0528さんの投稿

ソロキャンプの魅力や必要なアイテム、おすすめのキャンプ場などをご紹介してきましたが、いかがでしたか?大勢で楽しむキャンプとはひと味違う、ソロキャンプならではの魅力が多数あります。おひとりさま専用エリアがあるキャンプ場もありますし、テントやキャンプ用品はレンタルも可能なので、意外と気軽に始めることができますよ。アウトドアが好きな方は、ぜひソロキャンプに挑戦してみてはいかがでしょうか。

全国のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

関連キーワード