沖縄本島で思いっきり“アクティビティ”体験!ワクワク乗り物アトラクション15選

沖縄本島で思いっきり“アクティビティ”体験!ワクワク乗り物アトラクション15選

乗り物好き必見!沖縄のアトラクションで真っ先に思いつくのは“ビーチアトラクション”。でもそれだけじゃありません。市街地・テーマパーク・やんばるのジャングルなど、盛りだくさんに遊んじゃおう。沖縄ならではのバーチャル体験もあわせてご紹介します!がっつり沖縄を楽しんじゃおう!

2018年02月02日

海の乗り物アトラクション

①ベイクルーズ【那覇埠頭・那覇市】

水中観光船「オルカ号」で海中ものぞける快適クルーズを!

水中観光船「オルカ号」で海中ものぞける快適クルーズを!1505622

出典:

那覇市にある那覇埠頭から出航する『ベイクルーズ』。クルーズ船「オルカ号」が、リッチな沖縄の旅を演出。近くのシティーホテルのランチバイキングとセットになったお得なチケットも要チェック。いずれのホテルも通常1500円以上のランチバイキングが、乗船料金+ワンコイン程度でセットにできるので、これは利用しなきゃ損ですよ。また、ネット予約だと更にお得になるキャンペーンは期間限定なので、お見逃しなく!
水中観光船「オルカ号」で海中ものぞける快適クルーズを!1510492

出典:

実はこのオルカ号、海の景色を楽しむだけでなく、海の中ものぞける水中観光船。那覇近郊の海中でも、思いのほか魚がたくさんいることにビックリ!

サンセット&ディナークルーズ「モビーディック号」

「モビーディック号」 その他 48150289

出典:satochin0212さんの投稿

同じく那覇埠頭から出航するワンランク上の「モビーディック号」。こちらは、夕刻のサンセットをねらうなら“サンセットクルーズ”、夜景を思う存分楽しむなら“ナイトクルーズ”がおすすめ。地元民の間でも、お祝いや記念日などの特別な日に利用する憧れのプラン。
「モビーディック号」 料理 16682918 鳥胸肉の蒸し煮。ポテトサラダが敷いてあるせいでしょうか。味がおかしかった。

出典:たべはじめました。さんの投稿

豪華な本格ディナーは太鼓判つき。自慢の料理は、沖縄食材と四季折々の選び抜かれた旬な材料を使ったもの。優秀なシェフ団が腕を振う料理は、それを食べるだけでも価値あり。肉と魚が同時に楽しめるゴージャスなフルコースをご堪能ください。

サンセット&ディナークルーズ「モビーディック号」1505620

出典:

食事をしながらの生演奏も大きな魅力。豪華な食事をより一層引き立ててくれます。また、サンセットとディナークルーズの利用者は、ホテル限定で送迎のサービスがあるので要チェック。

モビーディック号の詳細情報

モビーディック号

旭橋、壺川、県庁前 / 屋形船・クルージング

住所
沖縄県那覇市通堂町2-1 ターミナルビル 1F
営業時間
[1便]17:45出港1時間45分のクルーズ [2便]20:15出港1時間45分クルーズ
平均予算
  • ¥2,000~¥2,999

データ提供

②モーターパラグライダー【南城市・中城村など】

空から見渡す美しい海の絶景を!

空から見渡す美しい海の絶景を!1506317

出典:kikiprioさんの投稿

上空から海を見渡す『モーターパラグライダー』は、沖縄でも人気のアトラクション。どこまでも続く水平線とエメラルドグリーンの海はまさしくパラダイス。運がよければウミガメやエイが泳ぐ華麗な姿が見られることも。業者によっては、カメラやビデオを持参して空撮ができたり、親子で仲良く周遊、雨でも室内で空に浮かぶ体験もできるそう。各社の個性を比較して業者選びするのが◎。

③グラスボート【新原ビーチ・南城市】

水着要らずの海底散策

水着要らずの海底散策1506333

出典:

沖縄本島で『グラスボート』なら、キレイな海と大きな天然岩の景観がすばらしい「新原(みーばる)ビーチ」がおすすめ。グラスボートは、水着不要で船から海中がのぞけるので、老若男女問わずレッツエンジョイ!
水着要らずの海底散策1506350

出典:

キレイな海には魚がたくさん。本土では見たことがないカラフルな熱帯魚たちがとてもかわいい。沖縄に訪れたら一度は乗ってほしいアトラクション。また、新原ビーチからほど近くにある“奥武島(おうじま)のグラスボート”もガイドさんのおもしろトークが人気でおすすめです。

新原ビーチの詳細情報

新原ビーチ

住所
沖縄県南城市玉城
アクセス
1) 那覇空港からモノレールで15分旭橋駅下車 那覇バスターミナルへ(徒歩5分) - 那覇バスターミナルからバスで60分沖縄バス 39番 百名線 バス停新原ビーチ下車 - バス停新原ビーチから徒歩で2分 2) 那覇空港から車で60分那覇空港自動車道南風原南ICから国道507号線・県道48号線・国道331号線を新原方面へ

データ提供

④海上ジップライン(MegaZIP)【パンザオキナワ・恩納村】

ビーチの上を快適な空中散歩

今人気急上昇の海上ジップライン『MegaZIP(メガジップ)』。西海岸のシェラトン沖縄サンマリーナリゾートに併設された「パンザオキナワ」で体験することができます。高さ13mから250mの距離をワイヤーロープにぶらさがって滑走するアトラクションは爽快そのもの。海の上をまるで鳥になって飛んでいるかのような気分。勇気のある方は、真っ逆さまに落ちる“Go FALL(ゴーフォール)”もぜひトライ!両方を体験できるお得なセット券で欲張りに楽しむのも◎。

陸・湖の乗り物アトラクション

⑤トゥクトゥク【那覇市・恩納村】

東南アジア名物「トゥクトゥク」をレンタルして快適ドライブ!

タイをはじめとする東南アジアでよく見かける『トゥクトゥク』。三輪タクシーとも呼ばれ、愛着あるビジュアルが人気の乗り物です。そんなトゥクトゥクを沖縄でレンタルすることができます。もちろん、普通に道路を運転することができます!
4人乗りと7人乗りの2種類からチョイス。かわいいビジュアルに反して最高時速はなんと100キロも出るそう。ドアがないので気持ちよく風を感じることができますが、法定速度は守ってくださいね!レンタル料金は正直安いものではありませんが、せっかくの旅行の思い出料と考えれば損ではない出費かも。今のところ本島でレンタルできる場所は、国際通りか恩納村の2店舗です。

⑥観覧車【アメリカンビレッジ・北谷町】

沖縄中部の街並みや海を眺めよう!

沖縄中部の街並みや海を眺めよう!1510606

出典:抹茶ブリュレさんの投稿

北谷町(ちゃたんちょう)のシンボルでもある美浜の『観覧車』。SKYMAX60(スカイマックス60)という名前がついているのをご存知でしたか?60とは、最高到達地点が地上60mということからつけられたとか。1周するのにおよそ15分という乗り応え。
沖縄中部の街並みや海を眺めよう!1510608

出典:ぶのきゆさんの投稿

昼間の景色も良いですが、サンセットや夜景など時間を変えていろいろな景色を楽しんじゃおう。また、観覧車があるカーニバルパークミハマで買い物した500円以上のレシートを提示すると割引してくれるサービスも!(2018年1月現在)

美浜アメリカンビレッジの詳細情報

美浜アメリカンビレッジ

住所
沖縄県中頭郡北谷町字美浜
アクセス
1) 那覇空港から車で40分 2) 那覇バスターミナルからバスで45分名護西線(20)、読谷線(28)、(29) - 「軍病院前」下車から徒歩で5分
営業時間
※店舗により異なる

データ提供

⑦バギー【どきどきヤンバルンチャー・名護市】

ジャングル探検、やんばるの森をかけぬけよう!

『バギー』でやんばるの森の中を走行するアトラクションが、名護(なご)の「どきどきヤンバルンチャー」で体験できます。やんばると言うとはるか北部の山奥?と思われがちですが、沖縄自動車道の終点“許田(きょだ)インター”から車で20分程度なので、アクセスも抜群!
バギー体験は、“バギーライドツアー”に事前予約しましょう。説明や予行練習をしてからのスタートなので初心者でも安心。4歳から10歳までのお子さんでも大人と同乗なら大丈夫。最後にやんばるの森の散策も盛り込んだ、大自然にドップリつかる60分のツアーは楽しすぎ!?

⑧展望カート【古宇利オーシャンタワー・今帰仁村】

展望台までラクラク絶景カート

展望台までラクラク絶景カート1506492

出典:

「古宇利(こうり)オーシャンタワー」は、“恋の島”とも言われる古宇利島(こうりじま)のシンボル的存在。ここで乗れるアトラクションは『展望カート』。カートに乗って展望台まで向かうというワクワク演出。どんどん高く上れば上るほど開放感が増してとても良い気持ち。また、カートは自動運転なので、ラクチン。
展望台までラクラク絶景カート1510615

出典:ramengasさんの投稿

古宇利島と言えば、本島をつなぐ古宇利大橋も有名な名所。その大橋の全貌を見下ろす景色は超絶の圧巻。晴れた日の海の青さは、沖縄に来てよかったと思う瞬間です。また、名護市内にあるパイナップルパークも、園内をカートでめぐります。時間に余裕があれば、あわせてどうぞ!

古宇利オーシャンタワーの詳細情報

古宇利オーシャンタワー

住所
沖縄県今帰仁村古宇利538番地
定休日
無休

データ提供

「ネオパークオキナワ」の乗り物アトラクション【名護市】

⑨「蒸気機関車」で園内をゆったり周遊

⑨「蒸気機関車」で園内をゆったり周遊1506527

出典:

やんばるの自然を生かした天然アマゾン感たっぷりのテーマパーク「ネオパークオキナワ」。ここの乗り物アトラクションは、『蒸気機関車』。昔は沖縄にも蒸気機関車(軽便鉄道)が走っていた時代がありました。その鉄道のミニチュアを再現し、園内およそ1.2kmをゆっくり20分かけて周遊します。
⑨「蒸気機関車」で園内をゆったり周遊1506528

出典:

1.2kmの短い距離ですが、その移り変わる景色は、まるで世界の車窓からの気分に♪また、ネオパークオキナワのキモでもある動物の餌付けも醍醐味なのでお忘れなく。

ネオパークオキナワの詳細情報

ネオパークオキナワ

住所
沖縄県名護市名護4607-41
アクセス
名護バスターミナルから車で5分
営業時間
9:00〜17:30 入園は17:00まで
定休日
無休
料金
大人 630円 中人(中・高校生)315円 小人(4才〜小学生)210円

データ提供

「ビオスの丘」の乗り物アトラクション【うるま市】

「ビオスの丘」の乗り物アトラクション【うるま市】1510623

出典:fukumaさんの投稿

うるま市にある「ビオスの丘」では、人気の二つのアトラクションをご紹介。

⑩「ジャングルクルーズ」はネイチャー感たっぷり

⑩「ジャングルクルーズ」はネイチャー感たっぷり1506533

出典:

まずは、亜熱帯の森の中を湖水鑑賞舟でめぐる天然の『ジャングルクルーズ』。リアルに生息する生き物たちも見どころのひとつ。ガイドの楽しい解説もポイント。

⑪「水牛車」でゆったり園内をめぐろう

⑪「水牛車」でゆったり園内をめぐろう1510620

出典:5だいUすけさんの投稿

もうひとつの乗り物アトラクションは『水牛車』。園内をゆっくりと散策するローカル感がたまらない。迫力ある水牛を間近で見るとちょっと恐いと感じるかも。でも水牛は、大きい体のわりにとても優しい、そして賢い動物なんですよ

ビオスの丘の詳細情報

ビオスの丘

住所
沖縄県うるま市石川嘉手苅961-30
アクセス
沖縄道石川ICから車で15分
営業時間
9:00〜18:00
定休日
無休
料金
大人 (中学生以上) 900円、小人 (4歳〜小学生) 500円 乗船セット (中学生以上) 1,600円、小人 (4歳〜小学生) 900円 障がい者特別料金 (中学生以上) 300円、小人 (4歳〜小学生) 100円 入園+乗船セット (中学生以上) 1,100円、小人 (4歳〜小学生) 600円 グループご利用料金あり (20名様以上が対象)

データ提供

また、本島ではビオスの丘以外にも、今帰仁村(なきじんそん)の“フクギの並木”で、実際の集落の町並みをめぐる水牛車があるので、そちらもまた違う雰囲気でおすすめです。

「体験王国むら咲むら」の乗り物アトラクション【読谷村】

「体験王国むら咲むら」の乗り物アトラクション【読谷村】1506535

出典:

琉球王国の町並みを再現したテーマパーク「むら咲むら」。ここでご紹介する3つの乗り物は、知る人ぞ知る穴場のアトラクション。

⑫「セグウェイ」で風をきってラクチン散歩

一度は乗ってみたい『セグウェイ』。むら咲むらでは、2つのコースから選べるセグウェイガイドツアーを用意。石垣が積まれたレトロな風景のなかを、風を浴びながらラクチン探索。時間もあっという間にすぎてしまう!

⑬おきなわ乗馬倶楽部で「乗馬」を気軽に体験

A post shared by Asuka Tamura (@asuka_mikuto) on

むら咲むらの敷地内にある「おきなわ乗馬倶楽部」は、ビジターでも気軽に乗馬体験することができます。はじめてなら5分程度の引き馬が値段的にも、お手頃でおすすめ。園外を散歩できる本格的なコースもあるのでぜひチャレンジを。また、馬に餌付けができるのもめったにないチャンスかも!?

⑭「サーキット」でスピードレースにドキドキワクワク

A post shared by Miki Onaga (@mikio_is_a_pen) on

むら咲むらの駐車場奥にある「ククル読谷サーキット」では、イタリア製のかっこいいレーシングカートでレースが楽しめます。小学生から利用可能なので初心者でもOK。本格的な走行プランも楽しめます。ストレス解消にバツグンのアトラクションは、地元民や観光客にも人気でリピーター続出。

体験王国むら咲むらの詳細情報

体験王国むら咲むら

住所
沖縄県中頭郡読谷村字高志保1020番地1
アクセス
1) 那覇バスターミナルからバスで75分28.00km28番線 - 大当バス停から徒歩で20分 2) 那覇バスターミナルからタクシーで55分28.00km
営業時間
9:00〜18:00
定休日
年中無休
料金
子供 500円 大人 600円 その他 400円 中高生

データ提供

バーチャル体験の乗り物アトラクション

⑮バーチャルリアリティ体験(VR)【トライエア・豊見城市】

沖縄限定コースのフライト操縦体験はいかが!?

A post shared by トライエア (@tryair) on

今流行りの「バーチャルリアリティ体験(VR)」でのフライトシュミレーターが、豊見城市にある、豊崎ライフスタイルセンターTOMITONで人気沸騰中。映像ながらもその大迫力さはかなりリアル。海外ではニューヨークやラスベガス、ハワイなどのフライトがかっこいい。なかでも、沖縄限定ルートのフライト体験ができるコースがおすすめ。

沖縄の乗り物アトラクション、いかがでしたか!?

沖縄の乗り物アトラクション、いかがでしたか!?1510638

出典:RE-ROCKETさんの投稿

沖縄で楽しそうな乗り物は見つかりましたか?乗り物アトラクションは、子供もワクワク大はしゃぎ。なぜか笑顔になってしまう不思議な魔法。ひとつ旅行プランに加えるだけでも思い出が膨らみますよね。沖縄でしか体験できない貴重な乗り物体験をぜひ旅のプランに盛り込んでみてください!

沖縄県のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

沖縄県×ホテル・宿特集

関連キーワード