古い校舎を再利用。世田谷ものづくり学校でアートや雑貨に触れよう♪

古い校舎を再利用。世田谷ものづくり学校でアートや雑貨に触れよう♪

「世田谷ものづくり学校」をご存知ですか?廃校を利用した建物内では、クリエイター達のオフィス機能のほか、ワークショップやセミナーなど「ものづくり」にまつわる多くの講座が開設されているんです。学んだスキルをお披露目するイベントも数多く、誰もが内に秘めた創作意欲を発揮できる活動拠点となっています。

2018年02月19日

新たな才能が発見できる「世田谷ものづくり学校」

新たな才能が発見できる「世田谷ものづくり学校」1520135

出典:

「世田谷ものづくり学校」は、その名の通り「ものづくり」をテーマにした、「誰でも通える学校」。旧池尻中学校の校舎を改築した教室内では、年間を通して700件以上のワークショップやセミナーが開催されています。

「ものづくりには興味があるけど、自分には敷居が高いかも…」と敬遠しがちな人でも心配いりません。たとえ初心者であっても、自分の才能を引き出してくれるカリキュラムや出会いが見つかりますよ。

「世田谷ものづくり学校」って?

「世田谷ものづくり学校」って?1525061

出典:

「世田谷ものづくり学校」は東急田園都市線「池尻大橋」駅から徒歩10分、「三軒茶屋」駅からは徒歩15分の場所にあり、ハイセンスなお店が集う三宿エリアに位置します。各教室は、クリエイターやデザイナーの活動拠点として機能しています。

もともとはワークショップやセミナーなどの受講生として参加していた方がスキルを発揮し、新たな切り口で今度はワークショップを開催する側になる…ということもしばしばあるんですよ。また、年数回開催される大規模なイベントは、地域ぐるみでの産業振興活動へと発展しています。

旧校舎を改築した内装は、懐かしさでいっぱい!

A post shared by 七葉 nanaha (@n.nana78) on

旧池尻中学校を居抜きで利用した建物は、まるで過去にタイムスリップしたかのように懐かしく思えてきます。学びの場として「初心に戻って学びたい、知識と経験を吸収したい!」という意欲を後押ししてくれる風景です。各教室を通りすがりに覗いてみれば、新たな学びの機会が見つかるかもしれませんよ。

A post shared by Hiroyuki Murakami (@hiroeins) on

教室もそのまま残されているんです。久しぶりの机と椅子に懐かしさで和みながらも、背筋がピンと伸びる緊張感も生まれてきそうですね。

A post shared by gura suzuki (@gura_suzuki) on

階段や手洗い場、廊下にも、なんだかノスタルジックな気持ちを抱かされます。ここにいるひと時だけは、学生だった頃に戻れそうですよね。

【109号室】見て作って楽しめる「スノードーム美術館」

A post shared by Kaoru Suino (@kaorusuino) on

1階にある「スノードーム美術館」は、「特定非営利法人日本スノードーム協会」が手がける世界で唯一のスノードームの美術館です。中に入るとずらりと並んだスノードームがお出迎え。お馴染みの雪やクリスマスモチーフの定番ものから「変わり種」系スノードームまで、その世界観の無限性に気付かされます。

A post shared by kei (@kei6874) on

こちらではスノードームが展示・販売されているだけではありません。ワークショップで自分だけのスノードームを作ることもできるんです!同じ趣味を持った仲間たちと出会えるのが、ワークショップの素敵なところですよね。またワークショップは受講するだけでなく、「スノードームインストラクター講座」を通してスノードームの魅力を発信する側にもなれるんです。

メルヘンで可愛らしいものから、大人向けのエッジの効いたメッセージ性があるものまで、さまざまなものが。展示されているスノードームを見れば、無限の世界観に驚く方も多いでしょう。自宅のインテリアにはもちろん、大切な人を想ったプレゼントとしても喜ばれますよ。

【107号室】アートに触れて、お腹が空いたらココ!「teppan kitchen SETAGAYA」

「テッパンキッチン セタガヤ」 内観 72865613 店内

出典:Sheep-Lionさんの投稿

1階にある「teppan kitchen SETAGAYA(テッパンキッチン セタガヤ)」は、鉄板で焼く「特製焼きそば」が大人気のカフェです。メニューは広尾にある「鉄板焼き 高見」がプロデュース。日替わりのランチメニューやスイーツもあり、幅広い世代の利用者のお腹を満たしています。

「テッパンキッチン セタガヤ」 料理 72865570 特製焼きそば

出典:Sheep-Lionさんの投稿

看板メニューの「特製焼きそば」は、「鉄板焼き 高見」のオリジナルである「高見ソース」を使用しています。鉄板で一気に焼き上げるその味は、香り高いソースとモチモチの麺で食べ応えも抜群!お子様からお年寄りまで、幅広い世代に親しまれている一品です。

お腹を満たすご飯もののほかに、デザートメニューも充実しています。「シナモンジンジャーケーキ」はすっきりとした甘さの中にジンジャーのスパイシーな風味が効いた、大人の味わいが人気です。糖分も抜かりなく補給すれば、頭もフル回転で創作活動がはかどりそうですね。

テッパンキッチン セタガヤの詳細情報

テッパンキッチン セタガヤ

池尻大橋、三軒茶屋 / 焼きそば、カフェ・喫茶(その他)

住所
東京都世田谷区池尻2-4-5 IID世田谷ものづくり学校
営業時間
11:00~18:00(L.O.17:30)
定休日
月曜日
平均予算
  • ~¥999

データ提供

【112号室】minneのアトリエ

ハンドメイドマーケットのアプリで絶大な人気の「minne(ミンネ)」。実は「世田谷ものづくり学校」の一室にアトリエを構えているんです。アトリエではワークショップはもちろん、作家同士がアイデアを出し合ったり、作品の引き渡しの場となるなど、個人のものづくりからさらに広がる場面が設けられています。

ワークショップのほか、通常は展示スペースとして機能していますが、定期的に販売会などのイベントも開催されています。「minne」のアプリをきっかけに作品を知り、実物を手に取る機会があるのは購入する側にとってうれしい時間ですよね。また出品者は、購入された方の反応を直に見ることで、新たな作品へのヒントも生まれそうです。

展示されている作品はどれも、「ただの趣味で終わらせたらもったいない!」と思えるクオリティーのものばかり。今は初心者で無名の作り手であっても、隠れていた実力やセンスを発信できる場所なんです。

まとめ

A post shared by koichi saito (@koichi222) on

いかがでしたか?最近は社会人であっても、自分の知識やスキルをさらに磨くため、学びの機会の重要性が高まっています。「世田谷ものづくり学校」での学びや創作活動を通して、埋もれていた自分の潜在能力を開花させてみませんか?

IID(世田谷ものづくり学校)の詳細情報

IID(世田谷ものづくり学校)

住所
東京都世田谷区池尻2-4-5

データ提供

東京都のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

東京都×ホテル・宿特集

関連キーワード