思わず行ってみたくなる!全国各地のかっこいい駅名12選

思わず行ってみたくなる!全国各地のかっこいい駅名12選

駅名というのはたいていがその場所の地名やランドマークの名前を冠しているものですが、中にはそれがやたらにカッコいい場合もありますよね。今回は、地元の人だとあまり気に留めなくても、よくよく見てみるとカッコいい駅名を全国各地から集めてみました!気になる方は、ぜひチェックしてみてくださいね♪

2018年02月20日

1529951

出典:makopy1979さんの投稿

普段はあまり気にかけない駅の名前。大体はその場所の地名であることが多いですが、よく見てみると結構カッコいいなと思う駅名もたくさんあるようです。そこで、これはカッコいいなと思う駅名を全国から集めてみました。どんな駅が飛び出すか、ぜひチェックしてみてください♪

1.将軍山駅(しょうぐんざんえき)/北海道 JR石北本線

A post shared by ์ (@utterly_wiped_out) on

まずは北海道から。JR石北本線で、旭川駅から30分ほど行ったところにある「将軍山駅」。将軍のお山とは勇ましい駅名ですね。名前の由来は明治時代の陸軍将軍が入植地をここに決めたことに由来するのだそうです。
1.将軍山駅(しょうぐんざんえき)/北海道 JR石北本線1526326

出典:

駅の向かいにはその由来となった「将軍山」がこんもりとそびえています。小山ではありますが、駅を見守っている感じがする存在感のある山です。

1.将軍山駅(しょうぐんざんえき)/北海道 JR石北本線1526303

出典:

周囲には畑と民家が広がっていて、集落らしいものもない、のどかな風景の中にポツンとある駅です。

2.毘沙門駅(びしゃもんえき)/青森県 津軽鉄道

A post shared by Kaz (@niepongt3) on

続いては青森県です。冬場の「ストーブ列車」で有名な津軽鉄道にある「毘沙門駅」。こちらもひっそりとした無人駅で、駅の周りを取り囲むうっそうとした森が印象的。
2.毘沙門駅(びしゃもんえき)/青森県 津軽鉄道1526359

出典:

この森は「鉄道林」と呼ばれ、なんと冬場の地吹雪から駅を守る防風林なのだそうです。北国ならではのつくりなんですね。津軽鉄道では一番昇降客が少ないため、一部列車は通過してしまうそうです。このため、鉄道ファンの間では「秘境駅」として知られているそうですよ。

3.倶利伽羅駅(くりからえき)/石川県 IRいしかわ鉄道・あいの風とやま鉄道

A post shared by ユスケン (@yusuken14) on

金沢から富山方面にIRいしかわ鉄道で20分ほどのところにある「倶利伽羅駅」もカッコいい名前。やはり駅はこじんまりとしていますが、風情があります。もともとはJR北陸本線の駅でしたが、北陸新幹線の開業に合わせて移管されたそうです。
3.倶利伽羅駅(くりからえき)/石川県 IRいしかわ鉄道・あいの風とやま鉄道1526464

出典:

名前の由来はこの地に鎮座する古刹の「倶利伽羅不動寺」を含めた倶利伽羅峠という地名からだそうです。倶利伽羅不動のツツジや藤は名所としてよく知られているそうなので、季節の花を堪能した後に足を延ばしてみるのもいいですね。

3.倶利伽羅駅(くりからえき)/石川県 IRいしかわ鉄道・あいの風とやま鉄道1526477

出典:ダイムバッグさんの投稿

4.竜王駅/山梨県 JR中央本線

A post shared by Sho Fukasawa (@show954) on

山梨県甲斐市にある「竜王駅」。とっても強そうでカッコいいですね。名前の由来は合併前の竜王町という町名から来ています。
4.竜王駅/山梨県 JR中央本線1526724

出典:Nichgonさんの投稿

駅前ロータリーは冬場には森のイルミネーションと題したライトアップが行われるそうで、これを目当てに訪れる人も結構いるのだとか。富士とアルプスを一望できる景観の地でもあるので、夏場も出かけてみたくなる駅ですね。

5.蘇我駅/千葉県 JR外房線

5.蘇我駅/千葉県 JR外房線1529952

出典:

東京からJR外房線快速に乗って、千葉の次に止まる駅が「蘇我(そが)」。今では京葉線の蘇我行きもあるので、首都圏の人にも見覚えのある駅名かと思います。

蘇我といえば蘇我入鹿、と思う人も多いでしょう。地名の由来は諸説ありますが、蘇我氏が由来という説もあるそうですよ。しかし、一般的なのはヤマトタケルの妻オトタチバナヒメの伝説で、嵐を鎮めるために海に身を投げ、その後に蘇った際「我、蘇り」と言ったという説だそうです。

5.蘇我駅/千葉県 JR外房線1529956

出典:

今では首都圏のベッドタウンとして発展している蘇我。サッカーチーム、ジェフユナイテッドのホームタウンとしても知られています。

6.神楽坂駅/東京都 東京メトロ東西線

東京メトロの「神楽坂駅」もカッコいい駅名だと思いませんか。駅の周りには昔の情緒を感じさせる小道や、その雰囲気に溶け込んだオシャレなお店やひっそりとした老舗などが多くひしめいていて、都内でも屈指の人気スポットです。
6.神楽坂駅/東京都 東京メトロ東西線1529968

出典:

地名の由来は神社のお神楽で、諸説あるものの、どれも神楽の音色に関するもの。有名なのは近隣にある穴八幡のお神楽の音が聞こえてくることから。という説だそうです。

6.神楽坂駅/東京都 東京メトロ東西線1529967

出典:

小道の隠れ家レストランや水辺のカフェ、ミシュラン星付きのお店など、オススメスポットばかりの神楽坂。駅名までかっこよくて、住んでみたい町としても人気があるところです。

7.天王洲アイル駅/東京都 東京モノレール

A post shared by @tsururinpa on

もう一つ東京から。東京モノレールとりんかい線が乗り入れる駅「天王洲アイル」です。ウォーターフロントエリアのこの駅は、オフィスやショッピングゾーン、アートスポットなどが揃っていて、多くの人が訪れる場所です。
7.天王洲アイル駅/東京都 東京モノレール1529976

出典:

水辺のお散歩やカフェでまったりなんていう過ごし方も素敵ですね。地名の由来はもともと天然の砂州であったこの場所で船頭が牛頭天王のお面を引き上げたという伝説からだそうです。

7.天王洲アイル駅/東京都 東京モノレール1529978

出典:

8.五百羅漢駅(ごひゃくらかんえき)/神奈川県 伊豆箱根鉄道

A post shared by 1のり (@_ichinori_) on

続いては神奈川県小田原市にある「五百羅漢駅」。伊豆箱根鉄道が乗り入れていて、小田急線の足柄駅からも徒歩圏内にある駅です。名前の由来は近隣にある玉宝寺に安置されている五百羅漢から。
8.五百羅漢駅(ごひゃくらかんえき)/神奈川県 伊豆箱根鉄道1529994

出典:masahiko-hさんの投稿

駅の周辺には玉宝寺を始め、多古城の城跡など旧跡がたくさんあるのでハイキングなどに訪れる人も多い場所だそうです。小田原や箱根観光の途中に立ち寄ってみたくなる場所ですね。

9.虎姫駅/滋賀県 JR北陸本線

A post shared by Masafumi Suto (@sto.msfm_ttr) on

続いては一気に西日本へ飛んで、滋賀県の「虎姫駅」です。地名の由来はこの地に伝わる伝承からだそうで、虎御前姫というお姫様の物語が駅前に掲げられています。
9.虎姫駅/滋賀県 JR北陸本線1530007

出典:古都ポタさんの投稿

虎姫駅はJR北陸本線の駅。SLの北びわこ号が走ることでも知られているので、SL目当ての人も訪れることが多い場所だそうです。

そしてその地名からか、阪神タイガースファンの間では聖地として親しまれているそうです。駅前には町おこしとして作られた虎姫明神があり、阪神が優勝した時には記念乗車券も発売されたんだそうですよ。

10.コスモスクエア駅/大阪府 大阪市営地下鉄・ニュートラム

10.コスモスクエア駅/大阪府 大阪市営地下鉄・ニュートラム1530012

出典:

続いては大阪にある「コスモスクエア駅」です。クールながらもちょっとレトロ感もある響きは都会によく会うカッコ良さですね。一般公募で決められた駅名だそうです。
10.コスモスクエア駅/大阪府 大阪市営地下鉄・ニュートラム1530972

出典:10pointⅠさんの投稿

大阪のウォーターフロントに面している駅なので、周辺の散策を楽しむ人も多く、フェリーターミナルや見本市会場なども併設していて、賑わいを楽しめる場所でもあります。

11.海の王迎駅(うみのおうむかええき)/高知県 土佐くろしお鉄道

A post shared by mame (@mame9112) on

四国高知からは「海の王迎駅」です。海沿いの町らしい駅名ですね。名前の由来は南北朝時代まで遡り、後醍醐天皇の皇子であった尊良親王(たかよししんのう)がこの地に流刑になったという経緯から。地元の人が「海からやってきた王を迎えた」ということで名付けられたそうです。

A post shared by @tomoakimunekata on

由来を物語るかのように駅からは海が見えます。夏には海水浴に訪れる人も多い場所だそうですよ。乗り入れ路線は土佐くろしお鉄道の四万十くろしおラインです。

12.宮本武蔵駅/岡山県 智頭急行智頭線

12.宮本武蔵駅/岡山県 智頭急行智頭線1530022

出典:

最後は岡山県美作市にある智頭急行(ちずきゅうこう)という第三セクターが乗り入れる「宮本武蔵駅」です。人名がストレートに駅名になっているというのは珍しいですね。この土地には宮本武蔵誕生の地であるという伝承があるそうです。
12.宮本武蔵駅/岡山県 智頭急行智頭線1530023

出典:

生誕の地だけあって、駅は武蔵一色!近隣には生家跡を中心にした「武蔵の里」という観光施設が整っています。ちなみに武蔵の出身地には諸説あるそうで、著作「五輪書」では播磨(兵庫)と書かれています。が、美作が生誕地だという通説の方が一般的に知られているそうです。

12.宮本武蔵駅/岡山県 智頭急行智頭線1530024

出典:

剣豪宮本武蔵はその生涯を剣の道に捧げ、妻を持つこともなかったとして知られていますが、この駅の待合室にはハート型の格子窓があり、恋が叶うスポットとしても知られているそう。真逆な感じが面白いですね。

いかがでしたか?いろんな「カッコいい駅名」をチェックしてみましたが、探せばまだまだありそうですね。気になる駅があったら、旅行や散策に出かけてみるのもオススメですよ。

全国のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

関連キーワード