沖縄・男子旅におすすめしたいお土産といえば?男子が喜ぶお持ち帰りグルメ14選

沖縄・男子旅におすすめしたいお土産といえば?男子が喜ぶお持ち帰りグルメ14選

沖縄土産は、おいしいスイーツもたくさんありますがそれだけじゃありません。お酒のあてにもってこいの、珍味や塩系のお菓子、ご飯のお供や調味料などの専門店が盛りだくさん。沖縄の味覚を自宅に持ち帰って旅の余韻にひたるのも醍醐味。甘いものが苦手な男子にもぴったりな、選りすぐりのお土産をまとめてご紹介します♪

2018年02月22日

国際通り周辺のお土産ならココ!

①『龍の蔵』/豆腐ようのソース

鍾乳洞で熟成させた「豆腐ようのソース」

「龍の蔵 県庁前店」 外観 59169143 外観です

出典:macponさんの投稿

沖縄情緒ある店構えの『龍の蔵(たつのくら)』。沖縄北部・金武町(きんちょう)にある鍾乳洞を使って貯蔵され、熟成した沖縄の高級珍味である“豆腐よう”でも知られる地元の有名店。
「龍の蔵 県庁前店」 料理 55710456

出典:筒井Bowieさんの投稿

この店の“豆腐よう”は、情報誌でも極上の手土産に選ばれた絶品もの。その豆腐ようから作られた家庭用ソース「豆腐餻モダン(とうふよう)」は、お土産にも打ってつけ。肉や魚にそのままつけても、ご飯のお供にもよく合う一品。

丹誠を尽くされた本格的な「豆腐よう」

「龍の蔵 県庁前店」 料理 63459430

出典:rakuenquestさんの投稿

また、この店の顔でもある「豆腐よう」は、金武町の泡盛を使用。およそ1年2か月もの長い間をかけ、熟成させた手の込んだまごころの一品。一口すれば、まるでチーズのような旨みがふわっと口に広がります。ひと味違う風味をその舌で味わって!お酒のあてにも最高。

龍の蔵 県庁前店の詳細情報

龍の蔵 県庁前店

県庁前、旭橋、美栄橋 / その他

住所
沖縄県那覇市松尾1-9-47
営業時間
10:00~19:00
定休日
無休
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

②『35コーヒー』/珈琲豆

沖縄ならではのサンゴ焙煎コーヒー

「スリーファイブコーヒースタンドカフェ おもろまち駅店」 ドリンク 64035404 35COFFEE

出典:Hakoiriさんの投稿

沖縄発祥の有名なコーヒーブランド『35コーヒー(スリーファイブコーヒー)』。ここのコーヒーは、風化したサンゴを200度以上で焙煎したもの。サンゴは県内から持ち出せないので、沖縄でしか味わえないレアもの。
「スリーファイブコーヒースタンドカフェ おもろまち駅店」 ドリンク 27601401 コーヒーもアイスも美味しい♪

出典:なまらうまいさんの投稿

もちろん、その場で淹れたてのコーヒーを飲むこともOK。ゆいレール(沖縄都市モノレール)のおもろまち駅店は、改札内外でも購入できるスタンドスタイル。途中下車して、ブレイクタイムも◎。

また、近年サンゴが減少している問題は、自然環境のことを考えると、沖縄だけでなく日本の問題。売り上げの3.5%は、サンゴ再生活動の資金にあてられるので、将来の子供たちのためにもぜひご協力を。
スリーファイブコーヒースタンドカフェ おもろまち駅店の詳細情報

スリーファイブコーヒースタンドカフェ おもろまち駅店

おもろまち、安里、牧志 / カフェ・喫茶(その他)

住所
沖縄県那覇市安里305-3 ゆいレール おもろまち駅
営業時間
モーニング 7:30~11:00 14:00~19:00 土曜日10:00~19:00
定休日
日曜日
平均予算
  • ~¥999

データ提供

③『琉球醤油屋』/塩醤油

沖縄素材を使用した醤油専門店

「琉球醤油屋」 料理 4186759

出典:KMFさんの投稿

『琉球醤油屋』は、塩・シークヮーサー・黒糖などの沖縄素材を使用した醤油専門店。お土産の定番は「塩醤油」。ほかにも「シークヮーサー黒糖醤油」や「島とうがらし醤油」などの変わり種もぜひ試してみて。沖縄風にアレンジされた瓶のパッケージがとてもオシャレ。男子旅におすすめなのは、「もずくのり佃煮」。ご飯がすすむと評判の隠れた人気メニュー。お弁当のおかずや冷やっこなどとあわせても相性抜群!
琉球醤油屋の詳細情報

琉球醤油屋

牧志、安里、美栄橋 / その他

住所
沖縄県那覇市牧志2-7-27
平均予算
  • ¥2,000~¥2,999

データ提供

④牧志公設市場の『肉屋』/チラガー

豚の顔は酒好きにはたまらない珍味

「那覇市第一牧志公設市場」 料理 59036018 豚さんが燻製になり真空パックで・・・

出典:バブル姫さんの投稿

沖縄には、あっと驚くビジュアルの食べものが目白押し。その代表でもある『牧志公設市場』でよく見かけるのが「チラガー」。チラガーとは豚の顔の皮のこと。 スモークされた香ばしさとコリコリ食感が、お酒のつまみにたまりません。 サラダや和え物などにもどうぞ。
豚の顔は酒好きにはたまらない珍味1529930

出典:

第一印象「見た目がちょっと~」という人も少なくないチラガー。でも、一度食べてみるとやみつきになるリピーターも続出だとか。ちなみに、牧志市場では、10店舗以上のお肉屋さんで販売される定番グルメ。男子にトライしてほしい一品。

那覇市第一牧志公設市場

食べログに店舗情報が存在しないか一時的な障害で店舗情報が取得できませんでした。

⑤『やまや』/やまや特製手作りキムチ

地元でも人気のそば屋が作るキムチ

「やまや」 料理 33634559

出典:ユッキー@毎日ビール.jpさんの投稿

『やまや』は、沖縄そば専門店でありながら、そばに付く“手づくりキムチ”がひとり歩きしてしまったという絶品。沖縄では、スーパーなどでも売られるほど。せっかくなら、作りたての味を沖縄そばと一緒に店で味わうのが醍醐味。持ち歩くのに臭いが心配なら、お店から自宅に発送も◎。全国発送が可能です。
やまやの詳細情報

やまや

美栄橋、県庁前、牧志 / 沖縄そば

住所
沖縄県那覇市久茂地2-21-12
営業時間
11:00~20:00
定休日
日曜日
平均予算
  • ~¥999

データ提供

⑥『カルビープラス』/美らぽて

カルビープラスの沖縄限定品を要チェック!

「カルビープラス 沖縄国際通り店」 外観 80548628

出典:toshi52321さんの投稿

お菓子メーカーのカルビーでおなじみの『カルビープラス』。全国にショップはありますが、沖縄でしか買えない限定メニューもあるので、ぜひチェック!
「カルビープラス 沖縄国際通り店」 料理 73251964 美らぽて 個包装袋と中身

出典:mmまーやさんの投稿

なかでも「美らぽて(ちゅらぽて)」は、3種類の国産さつまいもに沖縄黒糖の味をプラスした人気商品。小袋に入っているので、オフィスなどで配るのにも最適。

カルビープラス 沖縄国際通り店の詳細情報

カルビープラス 沖縄国際通り店

牧志、美栄橋、安里 / アイスクリーム、コロッケ・フライ

住所
沖縄県那覇市牧志3-2-2
営業時間
10:00~21:00 ホットスナック提供時間 10:00~20:30(L.O)
定休日
年中無休
平均予算
  • ~¥999
  • ~¥999

データ提供

⑦『塩屋』/塩

味も体にも優しい「雪塩」

「塩屋 平和通り店」 外観 49615113

出典:頑固おやじ2さんの投稿

ソルトソムリエも常勤するという、塩の専門店『塩屋(まーすやー)』。オシャレな店先では、塩を自由にトッピングできるソフトクリームも大人気。これなら甘さが苦手な男子でも食べられるかも!?
「塩屋 平和通り店」 料理 21937461 スープ塩・ごはんの塩・ジェノバ塩のセット

出典:eb2002621さんの投稿

宮古島でとれるこだわりの雪塩は、過去にモンドセレクションの最高金賞にも選ばれたとか。おにぎりやふりかけをはじめ、料理シーンにマッチした絶品の塩を選んで。

塩屋 平和通り店の詳細情報

塩屋 平和通り店

牧志、美栄橋、安里 / ソフトクリーム、その他

住所
沖縄県那覇市牧志 3-2-59
営業時間
10:00~21:00
定休日
年中無休
平均予算
  • ~¥999
  • ~¥999

データ提供

⑧『平田漬物店』/島らっきょう塩漬け

島らっきょうの漬物を老舗で堪能!

A post shared by Saeko Fukui (@chiko200x) on

牧志公設市場にある『平田漬物店』は、創業70年の老舗漬物専門店。 平田漬物店でお土産を買うなら、「島らっきょう塩漬け」がおすすめ。新鮮なシャキシャキ食感の島らっきょうにピリ辛がアクセントになった、酒好きにはたまらない絶品。
島らっきょうの漬物を老舗で堪能!1531987

出典:

気軽に試食させてもらえるのも嬉しいポイント。バラエティーにとんだ沖縄でしか味わえない漬物の中から、自分好みの味を見つけるのも、旅の醍醐味のひとつ。

平田漬物店

食べログに店舗情報が存在しないか一時的な障害で店舗情報が取得できませんでした。

⑨『琉球酥本舗』/豆腐よう

人にあげたくなる上品な「豆腐よう」

「琉球酥本舗」 料理 74098819 米豆麹「豆腐よう」

出典:

『琉球酥本舗(りゅうきゅうすうほんぽ)』では、琉球王朝時代から受け継がれた伝統の味「豆腐よう」が看板メニュー。安定剤や防腐剤を一切使用していないのに、約半年間の長い賞味期限がお土産にピッタリ。ワンランク上のお土産なら、この店で決まり。
琉球酥本舗の詳細情報

琉球酥本舗

壺川、奥武山公園、旭橋 / 和菓子、洋菓子(その他)、スイーツ(その他)

住所
沖縄県那覇市奥武山町14-5
営業時間
[月~金] 10:00~18:00 [土・祝] 10:00~17:00
定休日
日曜日
平均予算
  • ¥3,000~¥3,999

データ提供

⑩『琉球料理研究所まんがん』/薬膳あんだんすー

レジェンドの一品「薬膳あんだんすー」

『琉球料理研究所まんがん』は、沖縄の著名人でもある渡口初美さんのお店。おすすめの「薬膳あんだんすー」は、薬草などを使用した“油みそ”のこと。この薬膳あんだんすーは、グルメ漫画の代表作『美味しんぼ』の28巻にも登場したという伝説グルメ。ご飯の上にのせたり、おにぎりの具材にと使い勝手の良さも人気。数に限りがあるので、事前に問い合わせしてから訪問してみて!

那覇市郊外のお土産ならココ!

⑪『親父のまぐろ』/わさび調味油【豊見城市】

まぐろ専門店が考えた「わさび調味油」

漁師直送の新鮮まぐろが食べられることでも人気の『親父のまぐろ』。店内で食事する際にも使用する「わさび調味油」を、お土産で購入することができます。
「親父のまぐろ」 料理 60785969 まぐろ丼(ミニ)

出典:kappa18さんの投稿

わさびが油にとけこんでいるので丼にかけてもなじみが早い。ステーキやドレッシング、パスタソースなど、いろいろ使える万能油をお試しあれ。

「親父のまぐろ」 外観 49247730

出典:太郎と花子さんの投稿

場所は、海の眺めが抜群な瀬長島(せながじま)の「ウミカジテラス」。晴れた日にはテラス席での食事が、沖縄の思い出に一役買ってくれそう。

親父のまぐろの詳細情報

親父のまぐろ

赤嶺、小禄、那覇空港 / 魚介料理・海鮮料理

住所
沖縄県豊見城市瀬長174-6 瀬長島ウミカジテラス
営業時間
11:00~20:00
定休日
不定休
平均予算
  • ~¥999
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

⑫『道の駅いとまん』/かまぺた【糸満市】

グランプリ銀賞受賞の味をぜひ!

「糸満海人かまぼこせんべい かまぺた」は、糸満市が発祥とされる沖縄かまぼこを使った、絶品せんべい。2017年に幕張メッセで開催された“ご当地お菓子グランプリ”では、総合部門で銀賞をはじめ、ご当地性、味の評価といった複数の部門で受賞に輝いた沖縄名産品の新参者。購入するなら、道の駅いとまんのお土産コーナーからチェックして!

⑬『がじゅう南城の駅』/久高島の塩【南城市】

神の島「久高島」で作られた塩で開運できる!?

A post shared by Maria Cecilia (@yukibabe) on

風水の達人としても知られる、モデルのアン ミカさんもおすすめの「久高島の塩」。神の島として有名なパワースポット“久高島(くだかじま)”で、島民が手作業で心をこめて作られるありがたい商品。そのため、通販では、とくに品薄状態。せっかく旅行に出かけるなら、南城市にある『がじゅう南城の駅』に訪れてみて。比較的手に入りやすいかも!?

⑭『沖縄農園』/古酒泡盛酒ケーキ【浦添市】

泡盛で作った大人のケーキ

A post shared by kiyomim (@jeflove7yuto) on

沖縄初の“厚生労働大臣賞”を受賞したという『沖縄農園』の「古酒泡盛酒ケーキ」。3年ほど寝かせた古酒(泡盛)を原料にした生地の、奇跡的コラボを味わって。泡盛が苦手な人はもちろん、甘いものが苦手な男子にもピッタリな一品。また、アルコールが1食分につき0.6g入っているので、くれぐれもお子さんがいるご家庭へのお土産にはご注意を。
沖縄農園の詳細情報

沖縄農園

浦添市 / その他

住所
沖縄県浦添市牧港1-9-9
営業時間
9:00~17:30
定休日
日曜日・祝日

データ提供

沖縄男子旅のお土産、いかがでしたか!?

「カルビープラス 沖縄国際通り店」 料理 65057657 ポテチュロ(黒糖)210円、スイートポテリコ(紅芋)290円

出典:黒蜜さつまいもきな子さんの投稿

沖縄の特産品をバラエティーに扱うお土産ショップでもおいしいものに巡り合えますが、甘いものが多いのが特徴ですよね。甘いものがちょっと苦手という男子なら、ここでご紹介したお店を事前に予習しておくと便利かも!?次回の沖縄の旅行中に、ぜひ立ち寄ってみてください。

沖縄県のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

沖縄県×ホテル・宿特集

関連キーワード