【奥渋谷】おしゃれすぎる徳島のアンテナショップ「ターンテーブル」

【奥渋谷】おしゃれすぎる徳島のアンテナショップ「ターンテーブル」

2018年2月4日、奥渋谷に徳島のアンテナショップ「ターンテーブル(TurnTable)」が誕生しました。地元のグルメを楽しめるマルシェやレストラン&バルに加え、ホテルも併設されており通常のアンテナショップとはかなり違うよう。徳島らしさが詰まったおしゃれな店内デザインも見逃せません。話題のスポットを要チェック。

2018年03月12日

回帰する食卓「ターンテーブル」とは?

2018年2月14日に誕生した徳島のアンテナショップ「ターンテーブル」が高感度な人々の間で注目されています。その理由は、地元のおいしいグルメに加え、アンテナショップに宿泊施設を併設するというコンセプトの新しさ、さらに洗練された空間にもありそうです。

A post shared by kubota.me (@kubota.me) on

店名であるターンテーブルの意味は「回帰する食卓」。徳島の食を囲むことで生まれる“人と人とのふれあい”を通して、それぞれが大事なものに回帰する場所になってほしいという願いが込められているそうです。

さりげなく散りばめられた徳島らしさ

A post shared by Shintaro Amano (@shn_amn) on

徳島らしさが散りばめられたインテリアデザインも「ターンテーブル」の魅力。受付カウンターのタイルには、徳島の「神山の青石(阿波の青石)」を使用しています。この青石はパリにあるユネスコ本部の日本庭園にも使用されたとか。深みのある青色がとってもすてきです。
徳島の植物をテーマにしたこちらの壁画を描いた丸倫徳(まるみちのり)さんは、徳島県にゆかりのある画家です。なんと緑色のPOSCA(ポスカ)を使って描かれたとか。

A post shared by daimaruyuki (@daimaruyuki) on

店内に流れる音楽は、徳島の“環境音”からインスパイアされて作られたもの。まさに、五感で徳島の魅力を味わえる空間です。

徳島のおいしい食材がずらりと並ぶマルシェ

マルシェには、鳴門金時(なるときんとき:徳島を代表するブランド芋)や“すだち”を始めとした特産品がそろっています。写真のレンコンやゆずも徳島の特産物です。コシの強さと麺の太さを特徴とする「半田そうめん」もオススメですよ。

徳島グルメに舌鼓♪おしゃれなバル&レストラン

A post shared by Midori Tago (@tagomidori) on

日当たりの良い空間には、マルシェと並んでバルが併設されています。植物が置かれたナチュラルな空間です。宿泊をしなくてももちろん利用できますよ。
レストランの中央に配置された大きな木製テーブルは、お客さん同士の交流が生まれやすい長方形。「回帰する食卓」というお店のコンセプトにぴったりです。徳島でレストランを経営しているフードディレクターと、渋谷の人気フレンチ「Pignon(ピニョン)」のオーナーシェフが監修を手がけました。

徳島の地ビール「KAMI KATZ(カミカツ)」で乾杯!

「RISE & WIN Brewing Co. KAMIKATZ TAPROOM」 ドリンク 80302966 Morning Summer(モーニングサマー)

出典:

徳島県上勝町で誕生した「KAMI KATZビール」。“ゼロ・ウェイスト(ごみを出さないという考え方)を楽しく理解してもらうためのクラフトビール造り”をコンセプトに掲げ、廃棄対象である柚香(ユコウ:徳島や高知などで栽培されている果樹)の皮をビールの香り付けに使ったり、ビールの製造過程でできた麦芽粕を活用したり、ボトルを繰り返し利用するなど、さまざまな取り組みを行っています。自慢の地ビールをぜひ味わってくださいね。※写真は東京・東麻布にある「カミカツタップルーム」のイメージ写真です。

日当たりの良いバルでヘルシーな朝食を

A post shared by Chihiro (@chihiro_iwahara) on

海山の幸に恵まれ“関西の台所”と呼ばれる徳島のグルメを気軽に味わえるのもポイント。こちらは宿泊者向けの朝食です。居心地の良いおしゃれ空間で、ヘルシー&おいしいメニューを食べればそれだけで気分が上がりそう。

おすすめのキッシュランチ

お昼は、鳴門金時のポタージュ&サラダが付いた「キッシュランチ」がオススメ!キッシュには野菜がゴロゴロ入っていて、とってもヘルシーです。

「回帰する食卓」を囲んでいただく徳島の食材

地元の食材を贅沢に使ったディナーも見逃せません。利用者同士、大きなテーブル囲んでおいしい料理を食べれば、自然と交流が生まれそうです。

A post shared by Chihiro (@chihiro_iwahara) on

写真は、徳島が誇る最高級黒毛和牛「阿波牛(あわぎゅう)」のステーキ。適度に弾力のある肉質と美しい霜降りが特徴です。とろける柔らかさをぜひ味わってくださいね。

A post shared by Chihiro (@chihiro_iwahara) on

デザートにも徳島の食材が使われています。写真は「ゆずケーキ」と「シーソルトのアイスクリーム」です。

一人でも団体でもOK!さまざまなお部屋がそろうホステル

A post shared by T.Chuman (@chuman1979) on

「ターンテーブル」に併設されているホステルにも徳島の魅力が詰まっています。例えば、ベッドカバーに徳島の名産品「阿波しじら織」を使用していたり、シャンプー・コンディショナーが徳島の自然派コスメショップ「MONDAY MOON(マンデイムーン)」のものであったり…。ディナーの後、そのままお部屋でのんびり過ごせるのはうれしいですよね。
お部屋のタイプは、女性1人でも安心して泊まれるドミトリータイプや、大人数で泊まれるテラス付きのスイートルームがあります。

奥渋谷で徳島の魅力を体感しよう。

A post shared by PYM (@p11yama) on

地元の魅力を前面に押し出すのではなく、さりげなく徳島らしさを感じさせてくれる体験型アンテナショップ「ターンテーブル」。渋谷にいながら、都会の喧騒を忘れて徳島の魅力を体感しませんか?

関連記事

東京都を旅する

編集部おすすめ

関連キーワード