本と散歩が似合う街・不忍ブックストリートのおすすめ本屋さんと「一箱古本市」

本と散歩が似合う街・不忍ブックストリートのおすすめ本屋さんと「一箱古本市」

東京・谷根千(谷中・根津・千駄木の略称)には、「不忍ブックストリート」という書店が集まるエリアがあります。新刊・古書関係なく、たくさんの書店が溢れたこのエリアは、本好きにはまさに天国とも言える場所。さらに、毎年4月の終わり頃には、「一箱古本市」というイベントも行われているんです。そこで今回は、そんな「不忍ブックストリート」にある書店と、毎年大好評の「一箱古本市」についてご紹介します。

2018年03月15日

素敵な本と出会う街「不忍ブックストリート」

素敵な本と出会う街「不忍ブックストリート」1552381

出典:shokoraさんの投稿

文京区と台東区にまたがる谷中・根津・千駄木の中心を走る「不忍通り」。この通りや周辺の小さな道には、新刊書店や古書店など、個性的な本屋さんがたくさん集まっています。そのため「不忍ブックストリート」と呼ばれているんです。

A post shared by Hiroshi Takano (@shiosenbe) on

今回は、「不忍ブックストリート」にあるおすすめの本屋さんと、さらに、そこで開催される大人気のイベント「一箱古本市」についてご紹介します。 ※画像は2017年開催時のもの

「不忍ブックストリート」にある書店

1.タナカホンヤ

A post shared by Decola Zakka (@decola_zakka) on

東京メトロ「根津」駅2番出口より徒歩1分。「タナカホンヤ」は不忍通り沿いにある古本屋さんです。店主さんが沖縄を旅行した際、そこでやっていた「貸し古本屋」の企画にのっかって、ご自身の蔵書を販売したのがこの古本屋さんを始めたきっかけなんだとか。

A post shared by @sobao0o on

近所の子どもからお年寄りまで、ガラス張りの扉に吸い込まれるように自然と人が集まってくるんです。なんだかとてもあたたかな店内ですよね。

また、併設されたギャラリーで開催されるさまざまなイベントはいつも大盛況です。

2.谷中ひるねこBOOKS

A post shared by hirunekobooks (@hirunekobooks) on

東京メトロ「根津」駅1番出口より徒歩約6分。「谷中ひるねこBOOKS」は、元児童書出版社に勤めていた店主さんが切り盛りする本屋さんで、絵本や児童書はもちろん、猫の本、暮らしの本、アート本など、さまざまなジャンルの本が揃っています。

本以外にも北欧などの雑貨が並び、本に触れる ”きっかけ” となる場を目指しているんだとか。本が読めるカウンターもあり、ビールやワインの提供も行っているんですよ。

読書会などのイベントや展示会なども随時開催されています。

3.古書ほうろう

東京メトロ「千駄木」駅2番出口より徒歩7分。「古書ほうろう」は、覗けば必ずなにかおもしろい本が見つかりそうな、そんな本屋さんです。

A post shared by heno3ban (@heno3ban) on

広い店内の書棚には、店主さんをはじめとする本を愛する4人のスタッフが集めた ”好きな” 本ばかりが、整然と並んでいます。そのセレクトがとっても素敵なんです。

ゆったりとした店内では、ライブなどのイベントが開催されることも。4人のスタッフは、本と同じくらい音楽や映画も好きなんだとか。だから、ライブを開催して、紹介したい音楽CDや映画DVDなども取り扱っているんですよ。

4.往来堂書店

A post shared by 北原徹 (@torukitahara) on

東京メトロ「千駄木」駅より徒歩5分。「往来堂書店」は、この界隈では古書を取り扱うお店が多い中、いわゆる新刊書で勝負しているお店です。店頭には雑誌が並び、お店に入ってすぐの場所には最新刊が並んでいる様子は、いたって普通の昔ながらな雰囲気が残る本屋さん。

A post shared by 往来堂書店 (@ohraido) on

だけど普通の本屋さんと違い、本は出版社ごとではなく、作家別やジャンル別に並んでいるんです。しかもそのセレクトはセンス抜群!本の内容を知り尽くしていなければ成せない技に、尊敬の念が増します。

A post shared by もりかおる (@mmmmm0ri) on

購入したときに掛けてくれるブックカバーも、ちょっぴり不思議なイラストで可愛いんですよ。

不忍ブックストリートの「一箱古本市」

一箱古本市とは?

A post shared by マキ (@fufufuma) on

谷根千エリアの書店、雑貨店、ギャラリー、カフェなどの店舗や施設の軒先で、1人1箱の古本を持ち寄って販売する青空古本市、それが不忍ブックストリートの「一箱古本市」です。誰でも参加でき、1日だけの「本屋さんごっこ」が楽しめちゃうイベントなんですよ。

2018年4月29日(日)に開催決定!

A post shared by mk (@mk_nyanco) on

2018年の「一箱古本市」の開催日は、4月29日(日)に決まりました。今回は通算20回目となるアニバーサリーイヤーなんですよ。どんな本屋さんと、どんな本が並ぶのか、今からわくわくしてきますね。

A post shared by @sobao0o on

本が好きで本屋が好きで、本を売ってみたい!って思っても、なかなかハードルが高いもの。それが「一箱古本市」なら気軽にお店を持つことができるんです。どんな本をいくらで売るかは出店者の自由。屋号を付けたり、売り方を工夫したりと、本を売る楽しさがリアルに体験できちゃうんです。すでに出店者の募集が始まっています。気になる方は、サイトをチェックしてみてくださいね。

いかがでしたか?

いかがでしたか?1553642

出典:Satominn1986さんの投稿

散歩の途中で立ち寄った古本屋さんで素敵な本と出会えたら、なんて素敵なことでしょう。たまには本の街をぶらぶらと歩いてみませんか?また、出店者が思い思いの古本を詰め込んだ1箱がたくさん並ぶ「一箱古本市」は、まさに本の天国!そんな天国へ、出かけてみてはいかがでしょうか?

東京都のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

東京都×ホテル・宿特集

関連キーワード

全国を旅する編集部おすすめ

お得に旅する編集部おすすめ

Go To トラベルキャンペーンでお得に旅しよう♪ 知っておきたい基本情報&オススメの旅先