素敵な本に巡り会える上質空間「長崎次郎書店」を旅の目的に。

素敵な本に巡り会える上質空間「長崎次郎書店」を旅の目的に。

出版不況やインターネット書店の台頭などにより、町の本屋さんが年々少なくなってきています。しかしそのような中で、生き残りをかけて、新たなことに挑戦し続ける本屋さんも現れているんです。そのひとつが、熊本にある創業140年を超える老舗の「長崎次郎書店」。「長崎次郎書店」は、一度は休業するも、1年後には再度開店させた奇跡の本屋さんなんです。今回は、そんな「長崎次郎書店」の魅力に迫っていきます。

2018年03月19日

本との運命的な出会いを与えてくれる本屋さん

本との運命的な出会いを与えてくれる本屋さん1560548

出典:takutomoさんの投稿

「町の本屋さん」の魅力のひとつは、意外な本との運命的な出会いの可能性を秘めていることです。書棚の間を歩いていて、ふと気になるタイトルや表紙を見つけ、ちらっとページをめくってみたらとても興味深いものだった、という出来事は少なくありません。目的の本の近くにある本が気になって、いっしょに購入したりすることもありますね。

本との運命的な出会いを与えてくれる本屋さん1569553

出典:tomoenさんの投稿

大人になってもそんな宝探しができる本屋さんは、いつまでも残り続けてほしい場所。いくらインターネットが普及したからと言って、やっぱり紙の本の魅力は不滅です。そこで今回は、熊本にあるとても魅力的な本屋さんについて、詳しくご紹介していきます。

熊本ってどんなところ?その魅力は?

熊本ってどんなところ?その魅力は?1560558

出典:luna03さんの投稿

加藤清正が、1601年から7年の歳月をかけて築城した熊本城のお膝元である熊本市。九州新幹線の開通に伴い、九州の玄関口である博多駅までは最短で33分ほど、終点の鹿児島中央駅までは最短で44分ほどで到着する利便性の高い地域です。

熊本ってどんなところ?その魅力は?1569532

出典:SAIMARUさんの投稿

2016年の熊本地震で熊本城の天守閣や石垣など、重要文化財建造物の多くが被災しましたが、20年をかけて再建されることが決まっています。また、熊本と言えば路面電車も有名です。中でも、九州を走る豪華列車「ななつ星」のデザイナー・水戸岡鋭治氏が手掛けた路面電車「COCORO」は、電車ファンのみならず、多くの人たちからの人気を集めています。

明治7年創業の有形文化財の店舗をもつ「長崎次郎書店」

明治7年創業の有形文化財の店舗をもつ「長崎次郎書店」1560520

出典:shihoriiiさんの投稿

明治7年(1874年)創業の熊本最古の書店「長崎次郎書店」は、2013年に一度は休業するも、翌年2014年には、関係者の努力により再開店を果たしました。それは、長引く出版不況やインターネット販売の書店の台頭などの社会的且つ、ビジネス的に困難な状況の中での決断だったことが窺えます。また、それほどまでに「長崎次郎書店」という名に誇りを持っていることも伝わってきますね。

なお店舗は、三菱の丸の内赤煉瓦オフィス街で有名な保岡勝也氏の設計により、大正13年(1924年)に建築されたもので、国の登録有形文化財に指定されています。西洋の模倣が主流だった明治時代からさらに進化し、和を活かした新たな文化を築いていった大正時代らしいデザインになっています。

A post shared by yukari (@guinina7) on

店内にはさまざまな本が所狭しと置かれています。個性的なフェアなども行われており、自分では見つけられないような素敵な本に出会う機会を与えてくれるんです。また、可愛らしい雑貨なども置かれているので、本に雑貨にうれしい目移りが止まりませんね。

文豪に愛された「長崎次郎書店」

「長崎次郎書店」は、文豪にも愛された書店でした。森鷗外は、著書の「小倉日記」の中で、「書肆の主人長崎次郎を訪ふ」と訪れた時のことを記しています。また、夏目漱石や小泉八雲もこの書店を訪れていたことが記録されているんですよ。

A post shared by edogawa_nan (@edogawa_nan) on

そして今でも、村上春樹氏や吉田戦車氏などの有名な作家や漫画家のサインがいたるところに飾られていて、多くの先生たちに愛されていることが窺えます。

シックなブックカバー

A post shared by yukari (@guinina7) on

中身の本がもちろん一番大事ですが、本好きはカバーにもこだわりたいところです。本を買うとかけてもらえるブックカバーは、落ち着いた緑色に「JIRO」「長崎次郎書店」「長崎書店」のロゴがプリントされたもの。シックなデザインなので、読了後に本棚に差してもしっくりと馴染みますね。

ギャラリーでのイベント

店内のギャラリー「Gallery Jiro」では、絵本作家の原画展や関連書籍のパネル展、熊本在住の画家の個展などが行われます。本や2次元の世界でしか出会えない作品や作家さんたちと、現実世界で会える素敵なイベントですよ。

喫茶室

「長崎次郎喫茶室」 内観 76065414 店内

出典:酸辣湯麺さんの投稿

2014年7月に書店を再開店した後、同年10月に書店の2階につくられた「長崎次郎喫茶室」。大正時代の建築物の魅力を活かした店内は、ゆったりとした時の流れを感じさせてくれます。通りに面した窓からは、目の前を走る路面電車を眺めることができるんですよ。タイミングが合えば、「COCORO」を見ることができるかもしれませんね。

本格的なコーヒーと紅茶!世界一高価なコーヒーも!

本格的なコーヒーと紅茶!世界一高価なコーヒーも!1560909

出典:

「長崎次郎ブレンド」や「山鹿復刻紅茶」など、さまざまなドリンクメニューがある中で一際目を引くのが「ルワック」。「ルワック」とは、野生のジャコウネコが食べたコーヒーの果実のうち、未消化で排泄されたコーヒー豆だけを取り出して洗浄し、それを乾燥させ焙煎したもの。ジャコウネコの腸内での発酵過程により、独特の香り高いコーヒーに変化していると言われています。コーヒー豆探しから加工までの手間がかかること、希少価値の高さなどから、世界一高価なコーヒーとも称されているんです。そんな「ルワック」を飲みながら、お気に入りの本を読んだり、目の前を通る路面電車を眺めたりするプチ贅沢も、旅行のときならいいですよね。

懐かしい味わいの喫茶店メニュー

「長崎次郎喫茶室」 料理 32218263

出典:DearLoveさんの投稿

「だんご汁(ニョッキ汁)」は、出汁が効いたやさしい味に仕上がっています。ニョッキ汁と書いてあるように、昔懐かしい団子ではなく、ニョッキが入っているんです。また、ソーセージと玉ねぎ、ピーマンを使った「ナポリタン」も、古き良き時代の喫茶店を彷彿とさせる人気メニューのひとつです。

長崎次郎喫茶室の詳細情報

長崎次郎喫茶室

新町、洗馬橋、蔚山町 / 喫茶店

住所
熊本県熊本市中央区新町4-1-19 2F
営業時間
11:26~18:26
定休日
水曜日
平均予算
  • ~¥999

データ提供

「長崎次郎書店」へのアクセス方法

「長崎次郎書店」へのアクセス方法1561473

出典:双子の父ちゃんさんの投稿

「長崎次郎書店」は、熊本市電B系統の「新町」電停から徒歩1分ほどの場所にあります。熊本空港からのアクセスは、空港リムジンバスで「味噌天神」停留所まで行き、そこから市電B系統に乗り換えれば「新町」電停に着きます。また、「熊本」駅からは、市電A系統を利用し「辛島町」電停で下車した後、市電B系統に乗り換えると「新町」電停まで行くことができます。

長崎次郎書店の兄弟店「長崎書店」

A post shared by Misako (@mi3ko.a) on

「長崎書店」は、「長崎次郎書店」の開店から15年後の明治22年(1889年)に、熊本市上通町に「長崎次郎書店支店」としてOPENしました。開店当初の店長は、叔父である長崎次郎の養子になった長崎茂平でした。その後、時を経て昭和30年(1955年)に長崎次郎書店が分割され「有限会社長崎書店」となり、昭和37年(1962年)に現在の「株式会社長崎書店」へと生まれ変わったのです。そして2014年には、前年に休業した「長崎次郎書店」の屋号を引き継ぎ、2つの店舗運営をするようになりました。

「長崎書店」にも「長崎次郎書店」同様、さまざまな作家や漫画家たちのサインが飾ってあり、イベントも同様に行われます。店内は、読者と本が出会う場所であり、その本の作者の息吹も感じられる場にもなっているんですね。

歴史的な建物が特徴の「長崎次郎書店」とは反対に、「長崎書店」は2006年に大規模なリニューアルをして、モダンな外観・内観の店舗へと装いを新たにしました。上通商店街という熊本市の代表的繁華街のひとつにある「長崎書店」らしさが演出され、町の本屋さんとして多くの本好きに親しまれています。

まとめ

A post shared by 森 雄也 (@yuya2878) on

熊本県でもっとも歴史のある書店のひとつ、大正時代の情緒あふれる「長崎次郎書店」。今回は、現代的な外観と内装の兄弟店「長崎書店」とともに、書店自体の魅力に焦点を当ててご紹介しました。どちらも「長崎次郎」スピリットを感じさせる書店で、旅の目的にするにはふさわしい場所です。熊本を訪れる際は、ぜひとも立ち寄ってみてくださいね。

熊本県のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

関連キーワード

全国を旅する編集部おすすめ

お得に旅する編集部おすすめ

Go To トラベルキャンペーンでお得に旅しよう♪ 知っておきたい基本情報&オススメの旅先