2018年04月05日

自然を大満喫しちゃお♪ニセコで春から楽しめるアクティビティ【8選】

自然を大満喫しちゃお♪ニセコで春から楽しめるアクティビティ【8選】

北海道の長い冬が終わると、数々のアクティビティを楽しめる春が到来します。ニセコエリアでは山、川、空を満喫できるアクティビティが豊富にあり、観光客を楽しませています。今回は、そんな北海道のニセコで春から体験できるアクティビティをご紹介します!初心者でも気軽に体験できるものが多いので、是非参加してみてくださいね♡

ニセコでアクティビティを楽しもう!

ニセコでアクティビティを楽しもう!1587215

出典:おのたんさんの投稿

ニセコは北海道の道央地区の西部に位置する町です。自然が豊かな丘陵盆地で、四季折々の自然を楽しめる北海道でも屈指のアクティビティスポットです。北には国定公園のニセコ連峰、東には国立公園羊蹄山、中心部を尻別川が流れており、それぞれの自然を満喫できるアクティビティで、一年中多くの観光客が訪れます。今回は、そんなニセコで春に楽しめるアクティビティをご紹介します!

1.カヌー・カヤック

1.カヌー・カヤック1570838

出典:

ニセコの大自然をゆったりと楽しみたいなら「カヌー」や「カヤック」がおすすめです。尻別川を下っていく体験ツアーでは、ニセコ連峰や羊蹄山を眺めながら自然の中に溶け込むような感覚を経験できます。今まで川でのアクティビティをしたことがない人でも、比較的簡単で安全に楽しむことができますよ♪

「カヌー」や「カヤック」をする場合は、川でどんなことを体験したいかをイメージしてから申し込むのがおすすめです。「カヌー」はオープンデッキになっているので安定性があり、静かに川を満喫したい人におすすめです。流れが穏やかな場所では、中で横になったり釣りを楽しむこともできます。

A post shared by waji (@wajiwazy) on

「カヤック」は、体を中に滑り込ませて入るクローズデッキになっていて、水が入ってきても浸水しにくい造りになっています。春のニセコは雪解け水で流れが速い場所も多いので、経験者でもひっくり返ってしまうこともしばしば。そんな時には“ロール”で自分で起き上がることもできます。ハドルは両側についているダブルタイプなので、自分でコントロールして川下りを楽しみたい人におすすめです。

2.ラフティング

「ラフティング」は、6~8人乗りのゴムボートを使って急流を下るアクティビティです。プロが同行・誘導してくれるので手軽に体験することができ、雄大な自然を肌で感じることができます。パドルを漕いで川を下るので、家族や友達だけでなく、同じボートに乗っている全く知らない人との一体感も得ることができますよ♪

尻別川のラフティングは、大きな波しぶきが上がる場所や、岩がゴロゴロと並ぶ場所など、色々なスリルが体験できます。ほっと一息つけるような緩やかな流れの場所では、ニセコ連峰や羊蹄山を眺めながらゆったりと進めますよ。暖かくなってきたら、最後はボートから飛び降りて水遊びを楽しむこともできます。

3.ダッキー

「ダッキー」は、ラフティングのボートを細長くしたようなゴムボートを使い、川を下っていくアクティビティーです。ラフティングボートよりも水に近いので、より波を乗りこなす感覚を楽しむことができます。川の流れや岩場の地形などを自分で判断しながら漕ぎ進めていくので、ダイナミックに自然を満喫でき、最後には達成感でいっぱいになります。ダッキーは通常2人乗りなのでカップルや、一人旅でもアクティビティを楽しみたい人におすすめです。自分の思い通りに川を下るのはとても気持ちが良いですよ♪

4.サップ

「サップ」は、ハワイ発祥のサーフィンの起源とも言われている、ボードの上に立ってパドルを漕いで進んでいくスポーツです。まずはボードの上に乗るところからはじめますが、コツを掴めば簡単にできるので、初心者でも安心ですよ♪水の上をなめらかに進む感覚は、一度体験したらハマる人たちが続出する気持ちよさ!穏やかな流れの場所を進んで行くので、川や景色と一体化できるような不思議な感覚になります。

A post shared by mana (@mana155.5) on

サップで使うボートは、幅が広くて安定性があるので、立って乗るだけでなく座ったり寝転がることもできちゃいます。緩やかな流れの川ではアメンボになったような気分で水面を浮遊し、少し流れのある川ではまるでサーフィンをやっているかのように波に乗る感覚を体験できます。

最近ではボードの上でヨガを行う“サップヨガ”も今大人気です。体幹を鍛えられるので、ハワイやアメリカのセレブたちにも愛好家がいるほどなんですよ。難しいポーズは無理でも、正座をしながら手を合わせてみたり、両手を挙げて深呼吸するだけで充分リラックスできるので、やってみてくださいね♪

5.バルーン

5.バルーン1570834

出典:

「バルーン」は、熱気球係留体験ができるアクティビティで、地上30m程の場所からニセコの大自然を満喫できます。バスケットの出入り口はドア形式になっているので小さい子供も乗ることができ、迫力満点のバーナーの音や、空気が入ってゆっくりと上昇していく様子を体験することができます。

A post shared by HARU (@momotuke) on

ニセコは北海道の中でも気球に乗ることができる貴重なエリアで、パノラマビューは絶景です!1回のフライトは約5分程度なので、長時間じっとしていられない小さな子でも楽しめます。早朝や夕方のフライトでは、日の出や夕陽などの景観美に感動すること間違いなしですよ♪

6.ブリッジスウィング

とにかくスリルいっぱいのアクティビティがやりたい!という人におすすめなのが「ブリッジスウィング」です。橋から川に向かってバンジージャンプのように飛び降りるアクティビティで、“普通のバンジージャンプよりも怖い”と話題となっています。腰にロープを付けて橋とクライミングロープを固定したら準備OK!意を決して飛び込めば、急降下のスリルを体験できます。落ちた後は前後へスウィングし、山々や川の絶景を眺めることができますよ♪

A post shared by k_w_m_r (@an0mal0caris) on

初めは怖くても勇気を出して飛び込んでみればクセになるような爽快感と達成感が味わえます。結婚式のサプライズプレゼントや、罰ゲームとして利用されることも多く、度胸試しができますよ♪

7.登山・トレッキング

7.登山・トレッキング1570839

出典:

ニセコでは春になると登山を楽しむ人たちで賑わいます。初心者は「ニセコアンヌプリ山頂」を約1時間30分かけて目指すコース、経験者は高山植物が広がる「羊蹄山の山頂」を5時間かけて目指すコースなど、自分に合った登山を楽しむことができます。山の風景や自然を楽しみたい人には、神仙沼や半月湖を巡るトレッキングがおすすめ。ファミリーでも気軽に参加することができるように整地されているコースもあるので、目的に合わせて選んでみてくださいね♪

ホーストレッキングもおすすめ!

ホーストレッキングもおすすめ!1570851

出典:

ニセコは乗馬体験ができる場所としても人気のエリアです。気性の優しいクォーターホースに乗って、広い牧草地をショートトレッキングするコースもあり、ファミリーでも体験できるおすすめのアクティビティです。可愛い馬に癒され、のんびりと散策できるので、カウボーイになった気分で楽しみましょう。

8.サイクリング

8.サイクリング1570853

出典:

初心者でも体験しやすいアクティビティが「サイクリング」です。ニセコにはレンタサイクルのお店があり、ヘルメットやサポーター等、自分の体に合ったサイズのものをレンタルすることができるので、手ぶらで気軽に体験できます。サイクリングは他のアクティビティと違って、自分の行きたいところに自由に行くことができるのが魅力で、プライベートな時間を過ごしたい人達におすすめです。ニセコの見どころを全部知りたい!と言う人は、体験ツアーを組んでいるところに申し込んでみてくださいね♪地元の人しか知らないような穴場も走ることができますよ!

自転車はロードバイクかマウンテンバイクから選ぶことができます。どこまでも続く長い道をひたすらペダルを漕いで進めば、爽快感も抜群!おすすめのコースは半月湖や神仙沼などの水辺を巡るコースです。湖畔の動植物を眺めたり、水面に映る春の山々を眺めれば、癒しの時間を過ごせますよ。

マウンテンバイクで山を下ろう!

マウンテンバイクダウンヒルは、冬場スキー場として営業していたスキー場の傾斜を利用して、山を下っていくアクティビティーです。マウンテンバイク初心者の人でも、緩やかなフロートレイルコースから始めることができるので、気持ちよく走行できます。女性や体力がない人には電動アシスト付のマウンテンバイクがレンタルできるお店もあるので、利用してみてくださいね。

春はニセコでおもいっきり楽しもう♪

A post shared by ワイエス (@yuzi_saito_) on

ニセコは北海道の中でも、特に雄大な自然を感じられる場所です。沢山のアクティビティを体験できるので、気になったものがあったら、是非旅行のプランに組み込んでみてくださいね。

北海道のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

関連キーワード

永田町を旅する編集部おすすめ