壱岐-時間がゆるやかに流れる島-

壱岐-時間がゆるやかに流れる島-

ハッとするような真っ青な空とコバルトブルーの海が広がる長崎県・壱岐島(いきしま)。ゆっくりと深呼吸して足を止めると、風が、空が、海が、穏やかな時の流れを感じさせてくれます。絶景を望むパワースポットがたくさんあり、散策しているだけでリフレッシュできるのもうれしいですね♪思いっきり観光を楽しんだ後は、おいしい島グルメや温泉を満喫しませんか?女子旅におすすめの“神秘の島”を要チェック。

2018年04月09日

壱岐島って?

真っ青な空にコバルトブルーの海…絶景だらけの島です。

真っ青な空にコバルトブルーの海…絶景だらけの島です。1570799

壱岐の空と海。

呼吸をするのも忘れてしまいそうなほど真っ青な空とコバルトブルーの海が広がる長崎県・壱岐。全域が「壱岐対馬国定公園」に指定されている美しい島です。
海水の透明度が高いため、船が宙に浮いているように見えます(写真・左上)!絶景好きな女子にはたまりませんね。

どうやって行くの?

東京から壱岐島に行くにはいくつか方法があります。飛行機だけで行く場合は、まず羽田空港から長崎空港に向かい、そこで乗り継ぎをして壱岐空港に向かいましょう。そのほか、飛行機×船を組み合わせて行くことも可能。その場合は、羽田から福岡空港に飛行機で向かい、博多港からフェリーやジェットフォイル(高速船)などで壱岐に向かいましょう。

各地にある看板は必見!

各地にある看板は必見!1570776

このような看板が各地に設置されています。

壱岐の観光スポット周辺にある看板はとっても便利。島の土地柄や歴史について知ることができます。見つけたらじっくり読み込んでくださいね。

絶景を望むパワースポットを巡ろう!

A post shared by Kazuhiro Use (@usenyon1968) on

神社が多く“神々が宿る島”とも言われている壱岐。絶景を望むパワースポットが多いのも魅力的です。ゆっくり散策を楽しんでくださいね。

猿の石像が並ぶパワースポット「男嶽(おんだけ)神社」

まずは「見ざる・言わざる・聞かざる」の男嶽神社をご紹介。こちらの神社で見たり聞いたりしたことは誰にもしゃべってはならないとされており、目や耳、口を塞ぐ猿の石像たちがところせましと並んでいます。世界遺産に登録された沖ノ島との関わりが深く、パワースポットとして知られています。
猿の石像が並ぶパワースポット「男嶽(おんだけ)神社」1590079

出典:

境内にある展望所からは、島の全体が見渡せます!心も身体もリフレッシュできそう。

男嶽神社と石猿群の詳細情報

男嶽神社と石猿群

住所
長崎県壱岐市芦辺町箱崎諸津触

データ提供

“日本のモンサンミシェル”と言われる「小島神社」

“日本のモンサンミシェル”と言われる「小島神社」1570763

神が宿ると言われる小島は内海(うちめ)湾の湾内にあり、神社は島の中心にあります。

島内にあることから“日本のモンサンミシェル”と称されている「小島神社」。恋愛成就や商売繁盛、五穀豊穣など、さまざまなご利益があると伝えられています。潮が引いた時間帯にしか参拝できない上、参拝スポットにたどり着くには足場の悪い道を歩く必要がありますが、その価値のある神社です!小島に取り残されないよう、事前に潮が満ちる時間を調べて余裕を持って行動しましょう。神社には芦辺(あしべ)港から車で10分ほどでアクセスできます。

小島神社の詳細情報

小島神社

住所
長崎県壱岐市芦辺町諸吉二亦触1969番地

データ提供

潮が引くと姿を現す不思議な「はらほげ地蔵」

潮が引くと姿を現す不思議な「はらほげ地蔵」1570782

はらほげ地蔵

潮が満ちると海中に姿を消し、潮が引くと姿を現す不思議な六体のお地蔵さん。胸の部分に丸い穴が開いているため「はらほげ」と呼ばれているそうです。小島神社から車で10分ほどで行けますよ。
ウニ、アワビ、サザエなどの海女漁で有名な八幡浦海中に祀られる六地蔵です。
六道(地獄・餓鬼・畜生・修羅・人間・天)において、衆生の苦患を救う六体のお地蔵さん。

出典:はらほげ地蔵|観光スポット|【公式】長崎観光/旅行ポータルサイト ながさき旅ネット

潮が引くと姿を現す不思議な「はらほげ地蔵」1570779

お地蔵さんと夕日のコラボレーションもすてきですね。

夕陽が沈みかけると、また違った雰囲気に。夕陽のあたたかい光とお地蔵さんたちが、帰り道を優しく見守ってくれているようですね。

はらほげ地蔵の詳細情報

はらほげ地蔵

住所
長崎県壱岐市芦辺町八幡浦
アクセス
芦辺港から車で10分

データ提供

神話に登場する「猿岩」

神話に登場する「猿岩」1575649

猿岩

郷ノ浦(ごうのうら)港から車で20分ほどの場所にある「猿岩」は、壱岐島誕生の神話に登場する岩。ずっしりと大きくなんと高さ45メートルもあります!猿はそっぽを向いているのでしょうか?それともどこかを眺めているのでしょうか?
壱岐島誕生の神話によると、「壱岐の国は生き島である。神様が海の中でこの島をお産みになったとき、流されてしまわないようにと八本の柱を立てて繋ぎました。

出典:猿岩|観光スポット|【公式】長崎観光/旅行ポータルサイト ながさき旅ネット

猿岩の詳細情報

猿岩

住所
長崎県壱岐市郷ノ浦町新田触870-3 他
アクセス
郷ノ浦港/バス/25分

データ提供

“日本百名洞”に選ばれた絶景スポット「鬼の足跡」

“日本百名洞”に選ばれた絶景スポット「鬼の足跡」1570789

鬼の足跡の石碑。

郷ノ浦港から車で18分ほどの場所にある「鬼の足跡」は、岬にあいた高さ30m周囲110mの巨大な大穴。「日本百名洞」に選ばれた人気の観光地です。
“日本百名洞”に選ばれた絶景スポット「鬼の足跡」1570785

「鬼の足跡」へと続く道のり。

「鬼の足跡」へ向かう小道は、晴れの日には真っ青な空と青々とした芝生がとてもきれいです。まるでアニメの世界のよう。
“日本百名洞”に選ばれた絶景スポット「鬼の足跡」1570792

鬼の足跡。

この大穴は「大鬼が鯨をすくい捕るために踏ん張ってできた足跡」と伝えられています。大鬼のパワーをもらえるかも?

鬼の足跡の詳細情報

鬼の足跡

住所
長崎県壱岐市郷ノ浦町渡良東触1796

データ提供

微笑むゴリラに癒やされる…「ゴリラ岩」

微笑むゴリラに癒やされる…「ゴリラ岩」1570791

一面が芝生に覆われた道を海へ向かって進みましょう。

「鬼の足跡」からさらに奥へ進むと…ゴリラの形をした岩が出現。どこがゴリラの顔をしているか分かりますか?(ヒント:写真中央・左側)
微笑むゴリラに癒やされる…「ゴリラ岩」1570795

間近に見る「ゴリラ岩」は迫力満点!笑っているようにも見えます。

散策後は“おいしい島グルメ”を堪能しよう!

ウニ好きにおすすめ「大幸(たいこう)」

「大幸」 料理 14205891

出典:hi*tさんの投稿

ウニ丼で有名なお店です。

たくさん歩いて疲れたら、新鮮な魚介がそろう「大幸」でウニ丼やウニの炊き込みご飯などはいかがでしょう?時期によっては、めずらしいムラサキウニや赤ウニが食べられます。ちなみに、ムラサキウニのシーズンは2月~6月初旬頃で、赤ウニは7月初旬~10月中旬頃です。
ウニ好きにおすすめ「大幸(たいこう)」1570745

ウニの炊き込みご飯もおいしいと評判です。

大幸の詳細情報

大幸

壱岐市その他 / 魚介料理・海鮮料理

住所
長崎県壱岐市勝本町勝本浦201 大幸物産
営業時間
11:00~16:00
定休日
無休
平均予算
  • ¥3,000~¥3,999

データ提供

海を望むすてきな宿でゆっくりしよう♪

観光の拠点にしたい「ビューホテル壱岐」

観光の拠点にしたい「ビューホテル壱岐」1590170

出典:

海を望むお部屋がおすすめ。

壱岐には今回ご紹介した場所以外にもすてきな観光スポットがたくさん。一日ではとても回りきれないため、泊まりがけの旅がおすすめです。ここでは、海を望むお部屋のあるおすすめのホテルを2軒紹介しましょう。1軒目の「ビューホテル壱岐」は、郷ノ浦港から徒歩5分、芦辺港から車で20分ほどと好アクセスで、観光の拠点にしたい宿。豊富な宿泊プランも自慢です。
観光の拠点にしたい「ビューホテル壱岐」1575698

出典:

名物のウニを食べて贅沢な気分にひたりませんか?

公式詳細情報 ビューホテル壱岐

ビューホテル壱岐

壱岐 / 旅館

住所
長崎県壱岐市郷ノ浦町郷ノ浦401地図を見る
アクセス
博多港より高速船で60分 カーフェリーで120分 郷ノ浦港で下船し徒歩5分(島内各港より送迎あり※要予約2名以上~)
宿泊料金
5,700円〜(2名1室 / 1名)
宿泊時間
15:00(IN)〜 10:00(OUT)など

5,700円〜 / 人

他で見る

データ提供

リーズナブルに泊まれる「国民宿舎 壱岐島荘」

リーズナブルに泊まれる「国民宿舎 壱岐島荘」1590349

出典:

芦辺港からも郷ノ浦港からも車で15分ほどで行ける「国民宿舎 壱岐島荘」は、リーズナブルな価格で泊まれる宿。朝食付きで一人5000円台のプランもあります(2018年4月現在)。海が見えるお部屋や、四季折々の景色を楽しめる展望温泉があるのもポイント高いですよね。
リーズナブルに泊まれる「国民宿舎 壱岐島荘」1590369

出典:

源泉掛け流しのお湯で疲れを癒やしてください。

公式詳細情報 国民宿舎 壱岐島荘

国民宿舎 壱岐島荘

壱岐 / 旅館

住所
長崎県壱岐市勝本町立石西触101地図を見る
アクセス
唐津東港→九州郵船(100分)→印通寺港→車(25分)/博多港→九州郵船2時間20分→芦辺港 郷ノ浦港(各、車で15分)
宿泊料金
4,800円〜(2名1室 / 1名)
宿泊時間
16:00(IN)〜 10:00(OUT)など

4,800円〜 / 人

他で見る

データ提供

壱岐で心も身体もリフレッシュしませんか?

壱岐で心も身体もリフレッシュしませんか?1590334

出典:oeke89さんの投稿

パワースポットに海絶景、おいしい魚介など魅力満載の壱岐島は、女子にぴったりの旅先。時間を気にせず広大な海を眺めれば、日頃の疲れも吹き飛びそうです。泊まりがけでゆっくり満喫してくださいね。

壱岐島の詳細情報

壱岐島

住所
長崎県壱岐市郷ノ浦町/勝本町/芦辺町/石田町
アクセス
博多港/船/140分/ジェットフォイル/60分

データ提供

長崎県のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

関連キーワード