~大阪編~見た目にもこだわりたい派のあなたには!パケ買い土産15選

~大阪編~見た目にもこだわりたい派のあなたには!パケ買い土産15選

食いだおれの街・大阪には、もらってうれしいお土産がいっぱい!しかも、ウィット感のあるパッケージのお土産もたくさんあるんです。せっかくの大阪土産なので、ありきたりではないものを贈って、「素敵!」と言わせたり笑わせたり、ちょっぴり「オチ」を付けてみてはいかがでしょうか。今回は、そんな時におすすめしたい、見た目にもこだわったパケ買い必至のお土産をご紹介します。

2018年04月12日

可愛い大阪土産がほしい!

可愛い大阪土産がほしい!1578183

出典:ゆうちCCさんの投稿

大阪は、歴史的な建造物や近代的な建物が同居する、とても賑やかな街です。いたるところに楽しくて話題のスポットがあり、グルメや観光、エンターテインメントなど幅広い楽しみ方ができます。また、大阪で築かれた独自の食文化やお笑い文化は、ほかにはない魅力となっています。

「コバトパン工場」 料理 75689122

出典:

昔から食いだおれの街として有名な大阪のお土産は、本当に美味しいものだらけで迷ってしまいがち…。ウィット感のあるパッケージのものもたくさん販売されています。そこで今回は、味だけでなく、見た目にもこだわりたい派のあなたにおすすめしたいお土産を選んでみました。パッケージ、中身ともに間違いなしのアイテムばかりです。ぜひ参考にしてみてくださいね。

1.神戸風月堂 あべのハルカス近鉄本店「大阪ミニゴーフル」

A post shared by haruka (@haruharu511) on

神戸みやげとして有名なゴーフル。そのゴーフルが大阪で「大阪ミニゴーフル」になりました。2枚のゴーフルの間に3種類のクリームをはさんだ「大阪ミニゴーフル」は、まろやかさが加わった美味しさが特徴です。そして、大阪城と通天閣が描かれているパッケージのミニ缶がとっても上品でセンスの良いデザインになっています。食べたあとは、小物入れとして使えそうですね。

「神戸風月堂 阿倍野本店」 内観 52118304 あべのハルカス:お店の看板

出典:眼鏡屋さんさんの投稿

天王寺駅の目の前にある、日本一高いビル「あべのハルカス近鉄本店」地下1階に「神戸風月堂」があります。観光地としても人気の「あべのハルカス」を楽しんだあとは、地下でお土産選びができる便利なスポットになっているんです。

神戸風月堂 阿倍野本店の詳細情報

神戸風月堂 阿倍野本店

大阪阿部野橋、天王寺、天王寺駅前 / 洋菓子(その他)

住所
大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43 あべのハルカス 近鉄本店 タワー館 B1F
営業時間
[月~木・日] 10:00~20:00 [金・土] 10:00~20:30
定休日
不定休(あべのハルカス近鉄本店に準ずる)
平均予算
  • ~¥999

データ提供

2.志満秀(しまひで) 近鉄百貨店 阿倍野店「クアトロえびチーズ」

A post shared by Mimi* (@soramimi1971) on

薄いえびせんべいでチーズをはさんだ「クアトロえびチーズ」。味の種類は、「カマンベール&ブラックペッパー」「ゴルゴンゾーラ&ハニー」「チェダー&パルメジャーノ」「モツァレラ&バジル」の4種類。サクサクとした軽い食感と口溶けの良さ、そしてチーズソースとの相性が抜群のお菓子です。4種類それぞれがカラフルな色で、小袋もキュートですよ。

「志満秀」 メニュー 41047102

出典:sizzkaさんの投稿

最上階にある展望台「ハルカス300」からは、天候に恵まれたら淡路島が見えることもある、日本一高いビル「あべのハルカス」。えびせんべいで有名な「志満秀」は、「あべのハルカス近鉄本店」地下1階にあります。

志満秀の詳細情報

志満秀

大阪阿部野橋、天王寺、天王寺駅前 / 和菓子

住所
大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43 あべのハルカス近鉄本店
平均予算
  • ~¥999

データ提供

3.うぐいすボール「小粒のうぐいすボール」

「小粒のうぐいすボール」は、関西で愛されてきた「うぐいすボール」の小粒版。国産100%のもち米や北海道産のビート糖、米油、淡路島の藻塩を使用するなど、原材料にもこだわっています。可愛いパッケージとサクサクとした食感が美味しい、お土産にも差し入れにも喜ばれるお菓子です。

「うぐいすボール」 外観 42062059

出典:オカデンチさんの投稿

もち米を原料に砂糖や塩などで甘辛く味付けした、かりんとう風あられ「うぐいすボール」を提供する神戸発祥の植垣米菓。この「うぐいすボール」は、なんと80年以上のロングセラー商品なんですよ。新大阪駅3階の在来線改札内「エキマルシェ新大阪」では、この店舗限定の「うぐいすボール」をはじめ、さまざまな商品が販売されています。

うぐいすボールの詳細情報

うぐいすボール

新大阪、東淀川、東三国 / 和菓子、スイーツ(その他)

住所
大阪府大阪市淀川区西中島5-16-1 JR新大阪駅 エキマルシェ
営業時間
9:30〜22:00
定休日
年中無休
平均予算
  • ~¥999

データ提供

4.コバトパン工場「コバト缶」

A post shared by d r o i c h (@__droich__) on

キュートな「コバト缶」に入った愛らしいクッキー。可愛すぎてどこから食べたらいいの?なんて声が聞こえてきそうです。缶は小物入れにもなるので、お土産としてとっても喜ばれますよ。

「コバトパン工場」 料理 68961981

出典:

天満橋駅から徒歩5分ほどの場所にあるコッペパン専門店の「コバトパン工場」。写真のような可愛らしい看板が目印です。安心安全なものを作るために、できるだけ手作りにこだわっているんですよ。

コバトパン工場の詳細情報

コバトパン工場

天満橋、大阪天満宮、南森町 / パン

住所
大阪府大阪市北区天満3-4-22
営業時間
【月〜土】 8:00~20:00 【日・祝】 8:00~18:00
定休日
水曜日
平均予算
  • ~¥999
  • ~¥999

データ提供

5.ポンポンジャポン「pon pon coco(ポンポンココ)」

A post shared by lily (@lily_rose_violets) on

パッケージもカラフルで小さなプレゼントボックスみたいでとっても可愛らしいですが、それは中身もなんです。キュートなパッケージを開けると、一口サイズのおこしがコロコロと入っています。味は12種類あり、抹茶やチョコ、いちごミルクなどのフレーバーが楽しめます。

「ポンポンジャポン」 外観 8111992 カラフルなディスプレイ☆

出典:ちゃこぴこさんの投稿

なんば駅から徒歩4~5分ほどの場所にある「ポンポンジャポン」は、あみだ池大黒のブランドのひとつです。大阪名物・おこしの伝統技術を活かしつつ、さまざまな素材と組み合わせた新たなおこしを作り出しています。「高島屋大阪店」以外に、大阪駅や新大阪駅構内の売店、「阪神梅田本店」などでも販売されていますよ。

ポンポンジャポンの詳細情報

ポンポンジャポン

難波(南海)、大阪難波、なんば(大阪市営) / 和菓子、洋菓子(その他)

住所
大阪府大阪市中央区難波5-1-5 大阪タカシマヤ B1F
営業時間
10:00~20:00
定休日
高島屋大阪店に準ずる
平均予算
  • ~¥999
  • ~¥999

データ提供

6.御菓子司 五條堂「鴻池花火」

A post shared by たえ (@tae.sweet) on

フレッシュフルーツやクリームなどで作ったパフェを大福で包み込んだ「鴻池花火」。使用されているフルーツは、ブルーベリーとオレンジ、バナナ、ラズベリー、パイナップルの5種類です。この大福を半分にカットすると、あんとフルーツの彩りで、まるで夜空に打ち上げられた花火のような断面になっているんです。一口頬張ってみると、まろやかな甘さと酸味が口の中で融合していくのを感じるはず。またパッケージは、白い小袋に、使用されているフルーツの色があしらわれ、可愛く上品なデザインになっています。

「五條堂」 内観 56492442 贈答向け

出典:ブラックプジョーさんの投稿

「五條堂」は、住道駅から徒歩20分ほどと、少し離れた場所にある和菓子店です。この店舗以外では、新大阪駅の「アルデ新大阪」2階の「おみやげ街道」でも数量限定ですが購入することができます。また、百貨店の催事での販売も行われていますよ。

五條堂 本店の詳細情報

五條堂 本店

住道、鴻池新田、吉田 / 和菓子、スイーツ(その他)

住所
大阪府東大阪市東鴻池町1-5-7
営業時間
9:00~20:00
定休日
火曜日(祝日は営業)
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

7.エシレ・マルシェ オ ブール(ECHIRE MARCHE AU BEURRE)「サブレ・エシレ&フロランタン」

エシレバターを使用した「サブレ・エシレ&フロランタン」。サブレは、サクサクとした食感と濃厚なバターの味と香りがたまらない美味しさです。そして、そのサブレ生地にキャラメルとアーモンドスライスをのせて焼いた「フロランタン」は、さらに深く香ばしい味に仕上がっています。「エシレ・マルシェ オ ブール」限定のパッケージは、白地にブルーをあしらったお洒落なデザイン缶。ゴールドの牛がアクセントになっていますよ。

「エシレ・マルシェ オ ブール」 外観 52804591

出典:malditofさんの投稿

梅田駅から徒歩3分ほどの「阪急うめだ本店」地下2階にある「エシレ・マルシェ オ ブール」。有名レストランやパティスリー、世界中のグルメから愛用されている、フランス産発酵バター・エシレの専門店です。エシレバターだけでなく、このバターを使用したミルフォイユやオムレットなども販売されています。

エシレ・マルシェ オ ブールの詳細情報

5000エシレ・マルシェ オ ブール

梅田(大阪市営)、大阪、梅田(阪神) / スイーツ(その他)、ケーキ、パン

住所
大阪府大阪市北区角田町8-7 阪急うめだ本店 B2F
営業時間
[日~火] 10:00~20:00 [水~土] 10:00~21:00
定休日
不定休 (阪急うめだ本店に準ずる)
平均予算
  • ~¥999
  • ~¥999

データ提供

8.「フエキプリン」

可愛すぎる~!と叫びたくなる大阪限定の「フエキプリン」。不易糊工業のキャラクター・フエキくんの「でんぷんのり どうぶつ」をかたどった容器に入っています。中に入っている練乳ミルクプリンは、程よい甘さで美味しいんです。こんな可愛らしいお土産をもらったら、しばらく容器のお顔と見つめ合ってしまいそう…。そんな「フエキプリン」は、大阪駅の「アントレマルシェ」などで購入できます。

9.「パインバウム」

A post shared by にゃむ (@nyamusama) on

松月堂本舗が、60年以上続くロングセラー商品である「パインアメ」とコラボしてできたお菓子が「パインバウム」。パイナップルピューレやパイナップルソースを使用した甘酸っぱい「パインアメ」の味が、バームクーヘンのしっとりとしたコクのある生地と抜群の相性なんです。パッケージも「パインアメ」の外袋そっくり。大阪駅や新大阪駅などの多くの土産物店で購入できます。

10.「なにわちょろけん ちょろけんぴ」

A post shared by @enaha_nikki on

愛嬌のあるキャラクター・ちょろけんが描かれた缶に入っているのは「ちょろけんぴ」。短冊状にカットしたサツマイモを油で揚げて砂糖を絡めた芋けんぴと、ちょろけんが合わさった商品です。このお土産には、もらった人や持ち帰った人に「福が来たるように」との想いが込められているんですよ。「なにわ名物 いちびり庵」の戎橋本店や道頓堀店、「おみやげ処 いちびり庵(なんば店)」などで購入できます。

「サクラクレパス」コラボお菓子

食べられる「サクラクレパス」…?一瞬、目を疑ってしまうパッケージのお菓子が、西日本限定で販売されているんです。大阪駅や新大阪駅構内の売店やコンビニエンスストアなどで購入できます。

11.クレパス柄の「チョコサンドクッキー」

懐かしさあふれるサクラクレパス缶の中に入っているのは、「チョコサンドクッキー」。小袋に書かれた「あか」や「みどり」「あお」「きいろ」の4色の色名がクレパスを感じさせてくれます。肝心の「チョコサンドクッキー」もとても美味しいんですよ。食べ終わったら缶を二次利用できるのも、人気の理由になっています。

12.クーピー柄の「クレープロールクッキー」

サクラクレパスが製造しているクーピーも、お菓子になっちゃっていますよ。細いクレパスのようでもあり、色鉛筆のようでもある、繊細な絵が描けるクーピーも懐かしい文房具のひとつです。そのクーピーのパッケージそっくりな箱に入っているのは、ロールクッキー。薄く焼いたクッキー生地をチョコレートといっしょにロール状にしています。ホロホロとした繊細なクッキーですよ。

13.クレパス柄の「サクマドロップス」

クレパスの箱が小さくコンパクトにまとまったかのような、クレパス柄の「サクマドロップス」。コンパクトな缶に色とりどりのドロップが入っている、中身も缶も可愛いキャンディです。

くいだおれ太郎のお土産シリーズ

一度は引退したくいだおれ太郎さんですが、どうやら今も現役のようですね。そして、お土産のモデルとしても頑張っていますよ。太郎さんのお土産は、大阪駅や新大阪駅の土産物店など、多くの場所で購入できます。

14.「太郎サブレ」

黄色地にくいだおれ太郎さんのイラストが描かれたレトロな缶には、サクサク食感とバターが香る太郎さんをかたどったサブレが入っています。そして、サブレになった太郎さんの顔をよく見ると、なんと微妙に表情が違うんです。しかも表情違いは6種類も。また個包装には、くいだおれ太郎さんの名セリフが書かれているんですよ。

15.「くいだおれ太郎プリン」

A post shared by Vicki Yen (@vicki_yen11) on

「くいだおれ太郎プリン」は、太郎さんが失くした帽子を見つけ出すまでのストーリーが描かれています。プリンが入っている三角帽子は布製なので、ペットにかぶせて写真を撮る方もいるとか。また、ペンケースにかぶせたり、キーホルダーにしたりとさまざまな用途でも楽しめます。気になるお味はというと、まるで濃厚なクレームブリュレを食べているような感覚。プリンの美味しさは当然ながら、食べる直前にふりかけるカリカリのカラメルクラッシュがいい働きをしてくれるんです。パッケージで楽しみ、食べ方でも楽しめる、インパクト大のお土産なんですね。

まとめ

まとめ1578531

出典:t20さんの投稿

いかがでしたか?今回は、食いだおれの街・大阪の、美味しくてパッケージにもこだわったお土産をご紹介しました。せっかく大阪に行ったのだから、土産話といっしょにお土産で「オチ」を作ってみるのも一興ですよ。また、大阪らしい気の利いたウィット感のあるお土産は、話のネタになること間違いなしです。次に大阪旅行へ行くときは、ぜひ参考にしてみてくださいね。

大阪府のJR・新幹線 + 宿泊セットプラン

公式情報を日本旅行で見る(20,500円〜 / 人)

あなたにおすすめ

大阪府を旅する

編集部おすすめ

関連キーワード