2018年06月12日

ちょっと時間があるなら立ち寄りたい!「ドシー恵比寿」でロウリュ体験!

ちょっと時間があるなら立ち寄りたい!「ドシー恵比寿」でロウリュ体験!

JR恵比寿駅から徒歩1分の場所に2017年12月にオープンした「℃(ドシー)恵比寿」。近頃話題のフィンランドからやってきたサウナ「ロウリュ」を体験でき、さらには仮眠や宿泊もできてしまう嬉しいスポットの登場です♪終電逃しちゃった!そんな時にも使えますが、ちょっと時間のある時にサウナ利用や仮眠利用をしてみるのもいいですね!

ちょっと時間が空いた!そうだロウリュに行こう♪

ちょっと時間が空いてしまったなぁ~。なんだか疲れてるしなぁ…カフェで暇をつぶすのもなぁ…という方に、新提案!「ロウリュ」で体を休めませんか?JR恵比寿駅西口から徒歩1分という超便利な立地にある「℃(ドシー)恵比寿」では女性も安心して使えるサウナとカプセルホテルなんです。

ドシー恵比寿にチェックイン

ドシー恵比寿にチェックイン1567393

出典:

ドシー恵比寿に入ったら、まずフロントにてチェックインします。利用可能時間は、13時~翌朝10時まで。サウナ、仮眠、宿泊利用を選ぶことができます。サウナと仮眠に関しては最初の1時間は基本料金、その後は1時間ずつ追加料金がかかります。※サウナに飲料水等が用意されていないようなので、飲み物が必要な方はここで必ず購入するか、持参しましょう。

ドシー恵比寿にチェックイン1567404

出典:

専用のウェアとスリッパをフロントにて受け取ります。

ドシー恵比寿にチェックイン1567398

出典:

木製の清潔なはロッカールーム。「ドシー」は男女別エリアにロッカーが分かれています。手荷物はロッカーに保管、専用ウェアにはこちらで着替えます。

お仕事もできちゃう「ラウンジ」

お仕事もできちゃう「ラウンジ」1567395

出典:

館内はWi-Fiフリーなので、お仕事もできます。実際ここでお仕事しているノマドワーカーさんたちも多いようです。たしかにコワーキングスペースより、サウナに入れるならお得感はありますね!

早速サウナ!「ロウリュ」でリラックス

早速サウナ!「ロウリュ」でリラックス1567401

出典:

まずはシャワー室で体をきれいに洗います。ちなみにアメニティですが、シャンプー、コンディショナー、ボディーシャンプーは備え付けのものがあります。女性向けの基礎化粧品などはフロントにて購入できます。

早速サウナ!「ロウリュ」でリラックス1567388

出典:

こちらが「ロウリュ」を体験できるサウナ室。「ロウリュ」とは、フィンランドに伝わるサウナの一つ。熱した大きな石に水をかけて、水蒸気を発生させることにより体感温度を上げて発汗作用を促します。

早速サウナ!「ロウリュ」でリラックス1567463

出典:

熱した石にかける水の中にアロマオイルが入っているため、とってもいい香りでリラックス効果があるんです。「ドシー」の場合はミントの香り。花粉の季節にもスッキリできそう?!

早速サウナ!「ロウリュ」でリラックス1567392

出典:

こちらは「ウォームピラー」。残念ながら水風呂はないので、その代わり。それぞれ温度の異なる水シャワーでクールダウンします。「サウナ → ウォームピラー → しばし休憩」この1セットを3回ほど繰り返すと、体の芯から温まり、すっかり疲れがとれるそう!

宿泊や仮眠は「カプセル」へ

宿泊や仮眠は「カプセル」へ1567394

出典:

宿泊や仮眠をする場合には、館内の専用エレベーターで宿泊階へ移動します。

宿泊や仮眠は「カプセル」へ1567381

出典:

こちらがカプセル。各カプセルにはロールカーテンがあり、プライベートを保つことができます。もし荷物がロッカーやカプセルに入らない場合は、フロントで預かってくれるようです。

A post shared by @s.s.y.y.k.k on

「ドシー」のこだわりは、体圧分散と換気効果にすぐれたマットレス。寝返りを打ちやすいよう反発力が高く設計されている特別仕様だそう。ゆっくりぐっすり体を休めましょう。

いかがでしたか?

いかがでしたか?1567385

出典:

次の予定まで、3時間も時間があるなぁ…なんて時は、カフェで暇をつぶすのもアリですが、「ロウリュ」で体を休めるのもおすすめ。ロウリュだけのコース、仮眠を含んだコースとあるので、その時の状況で使い分けてみては?!

公式詳細情報ドシー恵比寿

ドシー恵比寿

恵比寿・代官山 / スタンダードホテル

住所
東京都渋谷区恵比寿1-8-1
地図を見る
アクセス
恵比寿駅徒歩1分
宿泊料金
1,800円〜 / 人

1,800円〜 / 人

もっと見る

データ提供

このホテルの紹介記事

関連記事

関連キーワード

東京都のおすすめのホテル・宿

永田町を旅する編集部おすすめ