鎌倉にある“花の寺”。心洗われるあじさいの名所「長谷寺」を歩く

鎌倉にある“花の寺”。心洗われるあじさいの名所「長谷寺」を歩く

鎌倉の中でも名所として知られる「長谷寺」は、一年中季節の花を愛でることができる“花の寺”としても人気があります。特に梅雨はあじさいの名所として、多くの人が雨の中の散策を楽しみに訪れる場所です。美しい花々、素晴らしい眺望、見ごたえのある観音ミュージアムまであり、じっくりと心を落ち着かせて参拝することができますよ。「鎌倉の西方極楽浄土」とも呼ばれる「長谷寺」を知れば、鎌倉を訪れたくなること間違いなし♪

2018年06月13日 最終更新

ブログで紹介

HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。

1

四季の花が美しい。風情あふれる「長谷寺」

四季の花が美しい。風情あふれる「長谷寺」1623292

出典:8355さんの投稿

「長谷寺」は「鶴岡八幡宮」と並んで鎌倉観光で人気の高いスポットのひとつで、古くから「花の寺」としても有名です。四季折々に咲き誇る花々の中でも、一面に咲き誇る色鮮やかなあじさいはとくに美しく、たくさんの人があじさいを楽しみに訪れています。

心地よいお散歩をしながら長谷寺へ

心地よいお散歩をしながら長谷寺へ1622980

出典:☆HIROKI☆さんの投稿

江ノ電の長谷駅から徒歩5分ほどの距離にある「長谷寺」。JR鎌倉駅からも徒歩25分ほどで行けるので、のんびり鎌倉の街並みを見ながらお散歩をして「長谷寺」を目指してみるのもいいですね。

美しい境内を、じっくりと参拝する

美しい境内を、じっくりと参拝する1622982

出典:MONOEYESさんの投稿

「長谷寺」の創建は736年と伝えられています。大化の改新で有名な中臣鎌足の孫、藤原房前(ふじわらのふささき)によって開かれたといわれています。美しく手入れされた境内には、大国堂、観音堂、書院、弁天窟、地蔵堂など見どころもたくさん!見晴台からの眺望や、梅雨時にあじさいが見られる眺望散策路も見逃せません。

2つに分かれた境内を散策

2つに分かれた境内を散策1623244

出典:

長谷寺は、観音山の裾野に広がる下境内と、山の中腹にあたる上境内の二つに境内が分かれています。広い境内ですので、ひとつひとつゆっくり見てまわるときは、歩きやすいスニーカーなどで回るといいですね。

庭園をゆっくり歩いて花を愛でる

庭園をゆっくり歩いて花を愛でる1629160

出典:らめ☆さんの投稿

山門から入ってすぐのところにある下境内には、妙智池と放生池のふたつの池が配されており、まわりをぐるりと巡ることができる回遊式庭園になっています。長谷寺は、四季折々、美しい花々を愛でることができ、その様子から「鎌倉の西方極楽浄土」とも呼ばれています。

見晴らしの良い境内。海と街並みを一望!

見晴らしの良い境内。海と街並みを一望!1623339

出典:湘南ののんちゃんさんの投稿

上境内には、ご本尊である「十一面観音菩薩像(長谷観音)」が安置される「観音堂」や、「鐘楼」「阿弥陀堂」などが建ち並び、さらには、美しい景色を楽しむことができる「見晴台」と「眺望散策路」があります。「眺望散策路」は、傾斜地を利用しているため、ぐっと遠くまで鎌倉の街並みや海を眺めることができます。

見晴らしの良い境内。海と街並みを一望!1623336

出典:くまたさんの投稿

「見晴台」からは鎌倉の街並み、そして、由比ガ浜を一望することができます。お天気の良い日には、三浦半島まで見渡せるんですよ!イスやテーブルなどもあるので、海の風を感じながら、ひと息つくことができますね。

雨の中を歩きたい「あじさい路」

梅雨が見頃!あじさいが咲く散策路

梅雨が見頃!あじさいが咲く散策路1623221

出典:

平成のはじめごろにあじさいの栽培をはじめたという長谷寺。今では、なんと40種類以上、約2,500株ものあじさいを観賞することができます。散策路を歩きながらあじさいを見られますが、どこを見てもあじさいがたくさん!好きな角度を写真に収めようと、たくさんの人が撮影をしながら歩いています。

梅雨が見頃!あじさいが咲く散策路1623226

出典:

傾斜地一面に咲くあじさいは、種類によって色も様々。独特なこんもりとしたあじさいの花のキュートなかたちに心が奪われます。

梅雨が見頃!あじさいが咲く散策路1623252

出典:kao♪♫♬さんの投稿

あじさいは種類によっても異なりますが、早いと5月中旬くらいから色づきはじめ、7月上旬くらいまで楽しむことができます。長谷寺では多くの種類のあじさいが咲くので、見ごろが長いのが特徴です。

眺望とあじさいのコントラストが美しい

眺望とあじさいのコントラストが美しい1629164

出典:Takosさんの投稿

傾斜地にあじさいが咲いているので、混雑していてもあじさいをきれいに写真におさめることができます。混雑時はとっても人が多く、雨で傘をさしながら歩くときもあるので、写真撮影するときはご注意を。

眺望とあじさいのコントラストが美しい1623251

出典:

先ほどもご紹介しましたが、あじさい越しに鎌倉の街並みや由比ガ浜を眺めることもできます。色とりどりのあじさいがグリーンの中に美しく咲き誇ります。

境内に咲く、さまざまな品種のあじさい

境内に咲く、さまざまな品種のあじさい1623681

出典:湘南ののんちゃんさんの投稿

境内には40種類以上のあじさいが咲いています。よく見かける大輪のガクアジサイや、咲きはじめは白いのにだんだんと赤く色づいてくるクレナイなど、定番のお花からちょっと珍しいものまでいろいろあって面白いんですよ。なんというあじさいなのか調べながら眺めるのも楽しいですね。

色とりどりのヤマアジサイ

色とりどりのヤマアジサイ1623304

出典:RYOmさんの投稿

ヤマアジサイはガクアジサイよりも、色の多様性に富んでいるので、さまざまな色合いのあじさいを見ることができます。雨に濡れたあじさいの花びらはとても艶やかです。

色とりどりのヤマアジサイ1623309

出典:

ふんわりとした白色がやわらかな印象のヤマアジサイの一種は、お日様の光がよく似合います。

優雅で愛らしいウズアジサイ

優雅で愛らしいウズアジサイ1623308

出典:

ひとつひとつの花弁がくるんと巻いたウズアジサイは、花嫁のブーケのような愛らしさがありますね。ぐっと近寄って、マクロで画面いっぱいに撮ってみるのも良いですよ。

かたちが可愛い上品なセイヨウアジサイ

かたちが可愛い上品なセイヨウアジサイ1623311

出典:

まるで葉っぱのように花弁のふちが波打ち、存在感抜群のセイヨウアジサイ。色味もニュアンスカラーで可愛いですね。

色味の変化が楽しいクレナイ

色味の変化が楽しいクレナイ1623315

出典:

こちらはクレナイ。咲きはじめは可憐な白い花が咲き、徐々にピンクに染まり、散るころには真っ赤になっているというストーリー性のあるあじさいです。

シーズン中は早めのおでかけが◎

シーズン中は早めのおでかけが◎1623224

出典:

「長谷寺」のあじさいはとても有名で、その美しさを楽しむために、シーズン中はかなり混雑します。平日の昼間でも1時間から2時間待つというのも珍しくはないんです!早めに行動するのがおすすめ。

シーズン中は早めのおでかけが◎1623250

出典:

長谷寺に到着したら、まずは、あじさい整理券をもらいましょう。入場可能整理番号が看板に記載されているので、その時間に合わせて、境内を散策するのが効率的です。整理券と拝観券があればお寺に再入場できるので、待ち時間が長い場合は他のスポットを訪れるのもありですよ。

まだまだ見どころがたっぷりあります!

時の流れを感じさせてくれる「観音堂」

時の流れを感じさせてくれる「観音堂」1629163

出典:blackcatさんの投稿

「観音堂」には錫杖を右手に携えている、ご本尊である十一面観音像が安置されています。じつはこれまでに7回、焼失しており、現存しているのは1538年に再興された8代目です。観音堂の中は撮影禁止なので、カメラは鞄にしまって、美しいお姿をじっくりと目に焼き付けましょう。

間近に見る美しさに感激「観音ミュージアム」

A post shared by Nagisa (@pinknagither) on

2015年に「観音ミュージアム」としてリニューアルオープンした「宝物館」には、神秘的な観音三十三応現身像や十一面観音菩薩立像(前立観音)などを間近に感じることができます。スピリチュアルな世界観にうっとりしてしまいますよ。

エキゾチックな「弁天窟」にドキドキ

エキゾチックな「弁天窟」にドキドキ1623259

出典:

長谷寺に来たら、絶対にチェックしてほしいのが、こちらの「弁天窟」です。弘法大師参籠の地と伝えられています。窟内壁面には弁財天とその眷属である十六童子が彫られ、ほかにも民間信仰の宇賀神(人頭蛇身)もお祀りされています。

エキゾチックな「弁天窟」にドキドキ1623262

出典:

中に入ると、やわらかなろうそくの灯りに照らされ、どことなくエキゾチックな雰囲気に胸が躍ります。それぞれの童子の表情を眺めているうちに心が穏やかに落ち着いてくるようですよ。

エキゾチックな「弁天窟」にドキドキ1623257

出典:

奥には弁財天が祀られています。まわりには小さな奉納弁財天も置かれています。名前と願い事を書いて奉納することができるので、静かな気持ちで奉納しましょう。

心静かに、写経に励める「書院」

心静かに、写経に励める「書院」1623239

出典:

風流な枯山水のお庭の先には、写経場として「書院」があります。2013年にできたばかりで、場内のほとんどは椅子席になっているので、正座が苦手な方や足が悪い方でも安心ですね。

心静かに、写経に励める「書院」1623201

出典:

くっきりとあらわれた砂紋は日本人の繊細な美意識を映し出しているようですね。インスタ映えのスポットとしても、おすすめです。

写経を体験できます

写経を体験できます1623241

出典:

写経は、毎日行われているので、体験することができます。道具もすべてそろっているので、写経用紙を購入したらすぐに体験できますよ!

写経を体験できます1623242

出典:

お経を写していく写経のほかに、仏様のお姿を写す写仏もできます。写経は初心者だと1時間半から2時間ほどかかるそうです。時間に余裕をもってうかがうようにしましょう。

「地蔵堂」で子安・繁栄のご利益を

「地蔵堂」で子安・繁栄のご利益を1623280

出典:

長谷寺に帰依する方たちの発願によって「地蔵堂」は建立されたそうです。堂内には、子安・繁栄のご利益がある福壽地蔵が安置されています。

「地蔵堂」で子安・繁栄のご利益を1623282

出典:

お堂の周りにはお地蔵様がずらりと並べられています。この様子は圧巻で、自然と手を合わせたくなりますよ。

思わずにっこり!和み地蔵と良縁地蔵

思わずにっこり!和み地蔵と良縁地蔵1623297

出典:ken&mariさんの投稿

長谷寺の隠れたアイドルのような存在、「和み地蔵」と「良縁地蔵」。ほっこりとした笑顔に心が癒されます。和み地蔵は、写経のできる書院に向かう途中にあります。

思わずにっこり!和み地蔵と良縁地蔵1623230

出典:

三体のキュートなお地蔵さんが一緒にいる良縁地蔵は、境内の三か所にいらっしゃいます。ひっそりと佇んでいるので、探してみると良縁に恵まれるかもしれませんね。ぜひ、探してみてくださいね。

ダイナミックで美しい御朱印

ダイナミックで美しい御朱印1623234

出典:

長谷寺でも御朱印がいただけます。あじさいの季節はとくに朱印所が混みあい、1時間以上かかることもあります。時間に余裕をもって、お願いにあがるようにしましょう。

A post shared by keikokdtd (@keikokdtd) on

長谷寺らしい御朱印帳も用意されています。御朱印帳はきちんと名前を書いて、取り違えることのないよう気を付けましょう。

キュートなお守りで運気をアップ

A post shared by Y.🍯 (@y_st_92) on

なんともキュートな愛らしいかたちのお守りたち。いちごは、「一(いち)」と「五(ご)」で十分なご利益に恵まれ、てんとう虫は転倒防止、すいかはすいすい開運など、それぞれに意味があります。

A post shared by eeekrinda (@eeekrinda) on

みがわり鈴は、ふりかかる災いを引き受けて割れるという土鈴。いつも身につけておきたいお守りです。

「海光庵」でほっとひと息

「海光庵」 外観 77773130

出典:自称独り者グルメさんの投稿

海光庵からは由比ガ浜を眺めながら、ゆったりと静かな心でお食事をいただくことができるお食事処です。完全禁煙なので、たばこが苦手な方でも安心して過ごせますね。

A post shared by asami (@asa_no.12) on

「海光庵」にはほっとひと息つける甘味が種類豊富に用意されています。こちらはばんてら焼きというパンケーキです。ぜんざいとバニラアイスがついています。パンケーキ好きなら一度は食べておきたい一品ですね。

「海光庵」 料理 39005080 大吉団子

出典:saltさんの投稿

軽く甘いものがほしいときは、こちらの大吉だんごがおすすめ。やわらかいみたらしだんごの2本セットです。あじさいの整理番号待ちのときにいただくのもいいですね。

「海光庵」 料理 77772922 お寺のカレー

出典:自称独り者グルメさんの投稿

お食事なら、お寺のカレーがおすすめです。お肉やお魚を使わず、煎り大豆の出汁と10種類以上のスパイスで丁寧に作られたカレーです。五穀米といっしょにいただけて、とても美味しいんですよ。

海光庵の詳細情報

海光庵

長谷、極楽寺、由比ケ浜 / 甘味処、そば・うどん・麺類(その他)、カフェ・喫茶(その他)

住所
神奈川県鎌倉市長谷3-11-2 長谷寺境内
営業時間
10:00~16:00
平均予算
  • ~¥999

データ提供

長谷寺(長谷観音)の詳細情報

長谷寺(長谷観音)(ハセデラハセカンノン)

長谷寺(長谷観音)

住所
神奈川県鎌倉市長谷3-11-2
アクセス
1) 鎌倉駅からバスで20分長谷観音下車 2) 長谷駅から徒歩で5分
営業時間
[3月〜9月] 8:00〜17:00 [10月〜2月] 8:00〜16:30
料金
小学生 100円 大人 300円 中学生以上 備考 宝物館:大人(中学生以上)200円、小学生100円

データ提供

あわせて読みたい鎌倉のおすすめ情報

基本的な観光情報

鎌倉には素敵なお守りがいっぱい!

あじさいのシーズンが見逃せない

鎌倉観光を網羅したプランも!

梅雨の長谷寺ならではの美しさを堪能して

梅雨の長谷寺ならではの美しさを堪能して1623264

出典:千葉夢烏さんの投稿

それぞれの季節で違った美しさを楽しめる「長谷寺」。中でも人気が高いのが、梅雨の優しい雨に濡れたあじさいです。しっとりと色を濃くするあじさいたちを眺めながら、穏やかな心で参拝してみてくださいね♪

あなたにおすすめ

鎌倉を旅する

編集部おすすめ

関連キーワード