2018年06月15日

札幌・女子旅で『北海道大学』に行くなら、ここのグルメも忘れずに!おすすめ8選

札幌・女子旅で『北海道大学』に行くなら、ここのグルメも忘れずに!おすすめ8選

東京ドーム38個分もある「北海道大学」では、春は桜やエンレイソウ、夏は緑豊かな彩り、秋は人気のイチョウやポプラ並木、冬は雪景色と四季折々の美しい自然が堪能できます。散策してお腹が減ったらグルメの出番!北大からアクセスの良いおすすめの店をご紹介していきます。

散歩してリフレッシュ♡美しく気高い『北海道大学』

散歩してリフレッシュ♡美しく気高い『北海道大学』1642262

出典:ツナさんの保護者さんの投稿

「北海道大学」は1876年に“札幌農学校”として設立。その後、1947年に“北海道大学”へと名称を変更し現在の総合大学が誕生しました。札幌農学校初代教頭クラークが放った「Boys be ambitious.(少年よ、大志を抱け)」は、北大のモットーであり多くの若者の心を震わせてきました。

季節で見どころが変わる広大なキャンパス

季節で見どころが変わる広大なキャンパス1642261

出典:B.Eさんの投稿

東京ドーム38個分にもなる自然豊かなキャンパス内には、「イチョウ並木」や「ポプラ並木」があったり、博物館や農場などもあります。ぐるりと散策するだけでも気分転換になり、思わず写真におさめたくなるような美しいスポットも盛りだくさん♪

北海道大学の詳細情報

北海道大学

住所
北海道札幌市北区北8条西5丁目

データ提供

1.北大ならではの味と雰囲気『北大生協の食堂 中央食堂』

「北大生協の食堂 中央食堂」 外観 14685223

出典:トムさんの投稿

地下鉄 南北線「北12条」駅から徒歩10分。日曜日も唯一営業している北海道大学内の学食。キャンパス内に学食やカフェが点在していますが、最も利用者が多く活気のある食堂です。頼んだ料理のカロリーや塩分が表示されたレシートが出るところも面白い。平日昼間は学生優先のため、観光者利用は規制がかかります。

北大食堂名物の「牛とろ丼」

熱々のご飯の上に十勝の牛ミンチをトッピングしたシンプルな一品。牛脂の芳醇な香りを甘めの醤油が包み込み、薬味のネギでピリっとアクセント。サイズが選べところも女性に嬉しいサービス。

豊富なサイドメニューでカスタム♪

付け合わせは野菜物が充実!一品料理と好きなだけ取れる計り売りのメニューもあります。メインにがっつり系を選んだら、その分野菜でデトックス効果を狙いましょ♪

北大生協の食堂 中央食堂の詳細情報

北大生協の食堂 中央食堂

北12条、桑園、札幌(JR) / 学生食堂

住所
北海道札幌市北区北十一条西8 北海道大学構内
営業時間
[平日] <1F> 10:00~20:00 <2F> 11:00~14:00 [土曜日] <1F> 10:00~19:00 <2F> 11:00~14:00 [日曜日] <1F> 11:00~15:00 <2F>休み
定休日
[年末・年始]
平均予算
  • ~¥999

データ提供

2.ホテル並みの料理を食べるなら『レストラン エルム』

「レストラン エルム」 外観 1479031

出典:ZELDAさんの投稿

地下鉄 南北線「北12条」駅から徒歩10分。北海道大学の敷地内、ファカルティハウス エンレイソウ 1Fにある西洋料理のレストラン。ホテル並みの料理が楽しめますが、大学内とあって価格は比較的リーズナブル。まるで森の中で食事をしているようなナチュラルな雰囲気も素敵です。

席間が広くゆったりとくつろげる店内

「レストラン エルム」 内観 21604487

出典:rubytuesdayさんの投稿

テーブル席がメインの店内は、大きな窓から景色を楽しめる開放感のある造り。新緑・紅葉・雪景色と姿を変える美しい景色を眺めながら贅沢なひと時を。

北大ならでは!人気の「クラークカレー」

「レストラン エルム」 料理 28108257

出典:サオトボさんの投稿

素揚げした色とりどりの野菜、その隣にはジューシーなローストビーフがお行儀よく並んでいます。別添えのルーは、フルーティーな甘みの後にスパイシーさが追いかけてくる本格カレー。美しいルックスと力強いテイストはクラークの名にふさわしい絶品グルメです。

レストラン エルム

食べログに店舗情報が存在しないか一時的な障害で店舗情報が取得できませんでした。

3.ホッと一息、博物館カフェ『ミュージアムカフェ ぽらす』

「ミュージアムカフェ ぽらす」 内観 54248928 廊下側から

出典:

地下鉄 南北線「北12条」駅から徒歩10分。北大総合博物館内にあるカジュアルなカフェ。その昔、理学部として使用されていた校舎が現在は博物館になって無料で公開されています。気軽にお酒や軽食などが楽しめ、期間限定のスイーツも登場するオープンなカフェスペースです。

ボリューミーな「マンモスバーグ」

「ミュージアムカフェ ぽらす」 料理 54284880 マンモスハンバーグ

出典:トムさんの投稿

牛豚合い挽き肉の肉々しいワイルドなハンバーグの重さは300g!厚みがありますが、中まで火入れしたしっかりタイプ。一般的なワンプレランチに比べてかなりボリュームがあります。肉食女子はぜひ挑戦してみてくださいね。

散策の疲れを癒す「ソフトクリーム」

「ミュージアムカフェ ぽらす」 料理 85142802

出典:

北海道の西興部(にしおこっぺ)産の牛乳を使用したソフトクリーム。ミルクの風味が強いですが、甘さは控えめ。食べ始めは濃厚さが押し寄せますが、後味はさっぱりと爽やか。コーヒーとの相性も◎。

ミュージアムカフェ ぽらすの詳細情報

ミュージアムカフェ ぽらす

北12条、札幌(JR)、桑園 / カフェ、ソフトクリーム、バル・バール

住所
北海道札幌市北区北10条西8 北海道大学総合博物館内
営業時間
当面の間時間を一部短縮して営業致します。 営業時間:10時〜17時30分(LO.16時30分/FOOD、17時/DRINK) ------------ 8:30a.m.~19:00p.m. Last Order FOOD 18:00 p.m. DRINK 18:30 p.m. ※19:00以降のご利用に関しては要予約とさせて頂きます。
定休日
博物館定休日(月曜日・振り替えの場合あり)、年末年始(12/28~1/4))
平均予算
  • ~¥999

データ提供

4.多彩な組み合わせが楽しい!スープカレーの名店『ピカンティ』

「ピカンティ」 外観 82464768

出典:しのきちさんの投稿

地下鉄 南北線「北12条」駅から徒歩3分。“ミシュランガイド北海道2017”にも掲載されたスープカレー専門店。4種のスープを選び、さらにお好みのトッピングをプラスすればオリジナルスープカレーの出来上がり。食事時には行列を作ることも多いので、少し時間をずらして訪れるのがおすすめです。

パーテーションで仕切られたテーブル席

「ピカンティ」 内観 64239929 ピイカンティ店内

出典:

店内は40席以上あってテーブル席がメインです。個々に間仕切りがあるので他を気にせずゆっくりと食事が楽しめます。北大生のみならず地元民にもファンが多いことでも知られています。

スープの1番人気は「38億年の風」

「ピカンティ」 料理 74881554

出典:

こちらの濃い系にあたる「38億年の風」という面白いネーミングのスープが人気ナンバーワン。スープ自体はサラっとしていますが、スパイスに旨みとコクが負けていないバランスの良い仕上がりです。トッピングのゴボウは前半サクサク、後半はスープに独特な旨みをプラスしてくれますよ♡

ピカンティの詳細情報

5000ピカンティ

北12条、北13条東、北18条 / スープカレー

住所
北海道札幌市北区北十三条西3 アクロビュ-北大前 1F
営業時間
11:30~23:00(L.O.22:45) 【12/31】11:30~18:00 【1/1】11:30~20:00
定休日
年中無休
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

5.美味しいラーメンが食べたくなったら『まるたかラーメン』

「まるたかラーメン」 外観 18400257

出典:トドワラさんの投稿

地下鉄 南北線「北12条」駅から徒歩2分。北大からほど近い旭川系のラーメン専門店。2000年の創業以来、サラリーマンや北大生、女性からお子さんにも愛される地元民ご用達の店。食堂のようなアットホームな雰囲気で、醤油ラーメンが得意なことでも知られています。

人気の「魚醤油ラーメン」

A post shared by こう (@kou9417) on

魚粉たっぷりのスープからは節系の香りがこれでもかという程に立ち上がります。魚の旨みが凝縮されたスープを醤油で風味増し。ストレートの細麺はパツンと切れる潔い食感が気持ちよく、すすると滑らかさも感じられます。シンプルなルックスからは想像できない味わい深い一杯です。

サイドメニューの「豚丼」のレベルも高し!

「まるたかラーメン」 料理 37135601 ミニ豚丼

出典:hirosee128さんの投稿

香ばしく焼いた厚みのあるロース肉を甘めのタレにからめた食欲をそそる一品。ミニサイズならボリューム増しにピッタリの量。

まるたかラーメンの詳細情報

まるたかラーメン

北12条、札幌(JR)、北13条東 / ラーメン

住所
北海道札幌市北区北十一条西4-1-28 三上コーポ 1F
営業時間
11:30~15:30 17:30~21:00
定休日
月曜日(祝日の月曜日もお休みです)
平均予算
  • ~¥999
  • ~¥999

データ提供

6.ご飯がすすむ中華料理なら『孔子餐店(コウシハンテン)』

「孔子餐店」 外観 8481485

出典:トムさんの投稿

地下鉄 南北線「北12条」駅②番出口から徒歩4分。北大前の中華激戦区を代表する四川料理専門店。料理は総じてハイレベル!その上、良心的な価格設定です。メリハリのきいた味わいはご飯を食べさせる中華。カウンター・テーブル・小上がりとシーンに合わせて席が選べる使い勝手の良さも魅力。

シビレがくせになる「四川麻婆豆腐」

「孔子餐店」 料理 8231016 四川麻婆豆腐(735円)

出典:ジョン・ドゥさんの投稿

ギョッとするような赤黒さですが、意外にも辛さは穏やかで豆腐の食感もプルンとなめらか。食べやすいと油断していると、ジワリジワリと迫りくるシビレ。食べ終わる頃にはシビレのない麻婆豆腐なんて…と妙な達観が生まれる中毒性の高い一品。

ランチにもう一品なら「餃子」で決まり!

「孔子餐店」 料理 9342621

出典:ZELDAさんの投稿

中華といえばやはり餃子!やや厚めの皮の表面は香ばしく、モチっとした食感も楽しめます。餡に下味がついているのでそのまま食べても美味。ランチのちょい飲みのお供にもぴったり♪

孔子餐店の詳細情報

孔子餐店

北12条、北18条、北13条東 / 中華料理、四川料理、タイカレー

住所
北海道札幌市北区北14条西4-1-19 北大病院前ビル 2F
営業時間
[月~金] 11:30~14:30 17:30~24:00 [日・祝] 11:30~14:30 17:30~21:30)
定休日
土曜
平均予算
  • ~¥999
  • ~¥999

データ提供

7.小腹満たしや朝食には『ぱん吉』

「ぱん吉」 外観 60720994

出典:アワッコさんの投稿

JR・地下鉄 南北線「札幌」駅北口から徒歩5分。北大正門近くにたたずむ小さな可愛いパン屋さん。菓子パンからハード系まで、毎日約50種類のパンが登場する人気店。イートインスペースはありませんが、旅のちょっとした小腹満たしや、翌日の朝食を調達しておくのに便利な店。

コンパクトな店内を見やすく配置!

「ぱん吉」 内観 19038037 かわいい店内

出典:★スマイル★さんの投稿

中央のテーブルには惣菜パンや菓子パン、壁側にはハード系が中心に並べられています。人気の商品は次々と売り切れてしまうので早めの時間がおすすめです。次のパンの焼き上がりを教えてくれるサービスも◎。

1番人気は王道の「クロワッサン」

「ぱん吉」 料理 60721009 クロワッサン

出典:アワッコさんの投稿

発酵バターを使用した香り高いクロワッサンはお店自慢の一品。表面のサクサクに反し、内側はしっとりとした二層食感がやみつきに♡間に具をはさんでサンドイッチにしても美味しいです。

ぱん吉の詳細情報

ぱん吉

札幌(JR)、北12条、さっぽろ(札幌市営) / パン、サンドイッチ、パン・サンドイッチ(その他)

住所
北海道札幌市北区北八条西4-18
営業時間
9:00~19:00
定休日
日曜・月曜
平均予算
  • ~¥999
  • ~¥999

データ提供

8.美肌になれるもつ鍋の店『ぶあいそ 別邸』

「ぶあいそ 別邸」 外観 51496176

出典:mie...*さんの投稿

JR・地下鉄 南北線「札幌」駅から徒歩7分。築100年の古民家をリノベーションした“もつ鍋”と“水炊き”の店。健康や美容に効果的なヘルシーな鍋料理がゆったりとした空間で味わえます。ディナーは飲み放題付きのコースや一品料理、昼はランチセットもあるので昼夜問わず使いやすい店。

大正ロマン風の上品で落ち着いた店内

「ぶあいそ 別邸」 内観 17461389 まるで鹿鳴館のような大正浪漫を感じる空間

出典:

ゆとりある店内はテーブル席がメインです。人数に合わせた個室もあるのでデートや接待で使われることも。ほど良い非日常感を味わいながらお腹も心も満たされる至極の時間♡和やかな女子旅にはぴったりの雰囲気です。

女性に人気の「トマトもつ鍋」

「ぶあいそ 別邸」 料理 17461603 人気メニュー「トマトもつ鍋」〆のチーズ雑炊はまるでリゾットのよう。

出典:

美肌には欠かせないコラーゲン(モツ)とリコピン(トマト)を一度に摂れる最強美人鍋。トマトに火を入れると旨みが増し、モツとの相性も抜群!通常のもつ鍋のクセが気になるという方にもおすすめの鍋です。〆はご飯を投入してリゾット風に召し上がれ♪

ぶあいそ 別邸の詳細情報

ぶあいそ 別邸

札幌(JR)、北12条、さっぽろ(札幌市営) / もつ鍋、水炊き、豚しゃぶ

住所
北海道札幌市北区北八条西5-7 北大南門前
営業時間
11:30~15:00(L.O.14:30) 17:00~23:00(L.O.22:00) 年中無休 7月12日~時短要請に従い21:00(L.O.20:00)までの営業とさせて頂きます。
定休日
無休(12月31日、1月1日は店休日)
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999
  • ¥4,000~¥4,999

データ提供

日頃の疲れを癒すグルメの旅へ

北海道大学の広大な自然美で癒されたあとは、グルメでお腹を満たしましょ♪今回は北大付近でおすすめのグルメをご紹介しましたが、札幌にはまだまだ美味しいお店がたくさんあります。楽しい女子旅のご参考までに♡

北海道のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

札幌×ホテル・宿特集

関連キーワード

永田町を旅する編集部おすすめ