世界最大級の“渦潮”に息をのむ!徳島・鳴門を巡る旅

世界最大級の“渦潮”に息をのむ!徳島・鳴門を巡る旅

目が回るほどの“巨大渦”が現れる徳島・鳴門は、自然好きな女子の旅先にぴったり!船に乗って大迫力の渦潮を間近に見たり、海上45mからガラス越しに渦潮を見たり…。さまざまな方法で、世界に誇る絶景を堪能しちゃいましょう。渦潮を擬似体験できるデジタルアトラクションも見逃せません。徳島観光の参考にしてくださいね。

2018年06月24日

大迫力の“渦潮”を見に行こう!

大迫力の“渦潮”を見に行こう!1654513

出典:マスターさんの投稿

徳島県・鳴門市は大迫力の“渦潮”を見られる場所!自然が好きな女子にぴったりの旅先です。鳴門の渦潮は潮流が速く、世界三大潮流に数えられることも。大潮時には最大直径が30mに達し、世界的に見ても最大規模の大きさを誇ります。ちなみに2位は、直径10mほどのサルトスラウメン海峡(ノルウェー)、3位は直径約2mのランス川河口(フランス)です。
大迫力の“渦潮”を見に行こう!1587603

渦潮はもちろん、兵庫県・淡路島と徳島・鳴門市間を結ぶ「大鳴門橋(おおなるときょう)」の絶景も一見の価値があります。周辺には展望台や公園があるので、さまざまな角度から絶景を眺めたいですね。

おすすめの巡り方&都内からのアクセス

今回は、そんな鳴門の“渦潮”にフォーカスし、渦潮を間近で見られる船、渦潮を眼下に望む「大鳴門橋遊歩道 渦の道」、デジタルアトラクションで渦潮を疑似体験できる「大鳴門橋架橋(おおなるときょうかきょう)記念館 エディ」などをご紹介。全て距離は近いため、散策しながら巡れますよ。ちなみに、複数の施設をお得に巡れるチケットが販売されているので、気になる方は要チェック。

A post shared by *Sae* (@sae_factory) on

都内から鳴門の渦潮を見に行くには、まず飛行機で「徳島阿波おどり空港」に向かいましょう。そこから路線バスに乗り継いで「鳴門公園」に向かいましょう。効率的に周辺を観光するには、空港からレンタカーを利用するのも一つの手です。

船に乗って大迫力の“渦潮”を観察!

A post shared by ma-sa (@ma_sa_su_zu) on

迫力満点の渦潮を至近距離で楽しみたい女子は、観潮船に乗りませんか?渦潮は遠目で見ると穏やかそうですが、近づいてみると、流れが速くて大迫力!水しぶきや大きさにも圧倒されますよ!

うずしお汽船

うずしお汽船1654607

出典:

こちらは亀浦漁港から出ている「うずしお汽船」。見頃の時間帯は日によって変わりますので、事前に公式サイトを確認してくださいね。

うずしお観潮船

A post shared by おが (@utt200) on

「うずしお汽船」の乗り場から20分ほど歩いた場所にも、観潮船に乗れるスポットがあります。乗船できるのは「大型観潮船」と水中展望室がある「小型観潮船(写真)」の2タイプ。時間帯や好みに合わせて乗船しましょう。ちなみに、どの船も揺れますので、船酔いが心配な方は乗船の2時間以上前に食事を済ませておくのがおすすめです。
うずしお観潮船1587601

渦を巻こうとしています。ドキドキ&ワクワクしますね。

海上約45mから“渦潮”を見られる「大鳴門橋遊歩道 渦の道」

海上約45mから“渦潮”を見られる「大鳴門橋遊歩道 渦の道」1587594

大鳴門橋の車道下に設置された「大鳴門橋遊歩道 渦の道」は、渦潮をのぞけるスポットです。海上約45mの高さから眺望ガラス越しに眺める景色は圧巻!写真の通路の先に眺望ガラスがあります。美しい海を眺めつつ進みましょう。
海上約45mから“渦潮”を見られる「大鳴門橋遊歩道 渦の道」1654947

出典:

足元には大迫力の景色が広がっています!夢中になって写真を撮りたいですね。

徳島県立渦の道の詳細情報

徳島県立渦の道

住所
徳島県鳴門市鳴門町(鳴門公園内)
アクセス
1) 鳴門駅 「鳴門公園行」から徳島バスで25分「鳴門公園」下車後徒歩5分 2) 徳島駅 「鳴門公園行」から徳島バスで73分「鳴門公園」下車後徒歩5分 3) 鳴門北ICから車で5分
営業時間
9:00〜18:00 夏季(GW・夏休み)8:00〜19:00 冬季(10月〜2月) 9:00〜17:00 ※最終入館は閉館の30分前まで
定休日
3・6・9・12月の第2月曜日。 ※夏休み(7/20〜8/31)は無休
料金
小学生 250円 ※団体20名以上割引あり 中学生 410円 ※団体20名以上割引あり 高校生 410円 ※団体20名以上割引あり 大人 510円 ※団体20名以上割引あり

データ提供

「大鳴門橋架橋記念館 エディ」で渦潮を擬似体感

「大鳴門橋架橋記念館 エディ」で渦潮を擬似体感1587445

2018年3月21日にリニューアルオープンした「大鳴門橋架橋記念館エディ」は、渦と橋をテーマにしたミュージアムです。目玉は、幅広い分野で活躍するクリエイティブカンパニー「ネイキッド」が手がけたデジタルアトラクション!大迫力の“渦潮”を疑似体験できちゃうんです。

渦潮を疑似体験できる「Play the Eddy!(プレイザエディ)」

渦潮を疑似体験できちゃう話題のデジタルアトラクション「Play the Eddy!」の紹介動画はこちら。触れると映像が変化し、渦が巻き起こります。数分に一度は大渦の中に吸い込まれるような体験もできますよ。海の中にいるような不思議な感覚に浸ってくださいね♪
渦潮を疑似体験できる「Play the Eddy!(プレイザエディ)」1588338

壁にタッチすると、指先から渦巻きが!魔法使い気分を味わえます。
渦潮を疑似体験できる「Play the Eddy!(プレイザエディ)」1588340

ものすごいスピードで渦が発生!これはテンションが上がりますね。
渦潮を疑似体験できる「Play the Eddy!(プレイザエディ)」1587589

床に映し出される渦や漂流物を踏むと、このような「豆知識」が出現。徳島の歴史や文化、自然、産物などについて学べます。周辺の観光スポットもチェックできますよ。

体感型シミュレーター「うず丸」

体感型シミュレーター「うず丸」1587585

体感型シミュレーター「うず丸」も見逃せません。水中から見た渦潮や、上空から見た鳴門海峡などをバーチャル体験しちゃいましょう。

徳島の魅力に触れられる「4K360°シアターawa」&「とくしまTrip」

写真はありませんが、360度全周に徳島の自然&文化が映し出される「4K360°シアターawa」や、徳島の観光スポットをVRで疑似体験できる「とくしまTrip」なども要チェックです。

展示物も見逃せない!

展示物も見逃せない!1587448

館内には、国内外の橋について学べるパネル、世界の渦潮について学べるパネル、渦潮をテーマにした「うずの詩(写真)」なども展示中。かの有名な正岡子規や与謝野晶子の詩もありますよ。
展示物も見逃せない!1588627

こちらは船のラジコン模型。そのほか、徳島や四国などの観光雑誌やパンフレットがそろう休憩スペースもあるので、こちらも利用してくださいね。

絶景を望む展望台「High Up in the Sky(ハイアップインザスカイ)」

絶景を望む展望台「High Up in the Sky(ハイアップインザスカイ)」1587600

屋上に出ると、鳴門海峡や大鳴門橋の絶景を満喫できるパノラマ展望台があります。晴れた日には小豆島や和歌山まで見渡せるそう。すてきな写真を撮ってくださいね。

大鳴門橋架橋記念館エディの詳細情報

大鳴門橋架橋記念館エディ

住所
徳島県鳴門市鳴門町土佐泊浦字福池65
アクセス
JR鳴門線鳴門駅から徳島バス鳴門公園行きで24分、鳴門公園下車、徒歩5分

データ提供

【おまけ】周辺の観光スポット&おすすめの宿泊先

ついでに立ち寄りたいおすすめスポット

鳴門には、世界中の名画を陶板に転写した作品がそろう「大塚国際美術館(写真)」や、アクティブに遊べる「鳴門ウチノ海総合公園」、ドイツにゆかりのあるスポットが点在するエリアなど、魅力的な観光地がたくさん。渦潮観光のついでにぜひ立ち寄ってくださいね。

宿泊先は「ルネッサンス リゾート ナルト」がおすすめ

宿泊先は「ルネッサンス リゾート ナルト」がおすすめ1588722

出典:

最後に、鳴門観光の拠点にしたい「ルネッサンス リゾート ナルト」をご紹介。抜群のロケーションを誇り、個性豊かな温泉や地元食材をふんだんに使った料理を楽しめちゃいます。
宿泊先は「ルネッサンス リゾート ナルト」がおすすめ1588731

出典:

海を望むジャグジー付きのお部屋は特におすすめ。好きな時に好きなだけ絶景を楽しめます。旅疲れをしっかり癒やしてくださいね。

公式詳細情報 アオアヲ ナルト リゾート

アオアヲ ナルト リゾート

鳴門 / 高級ホテル

住所
徳島県鳴門市鳴門町土佐泊浦字大毛16-45地図を見る
アクセス
神戸淡路鳴門自動車道 鳴門北ICより1分 JR鳴門駅より車で約10分
宿泊料金
11,500円〜(2名1室 / 1名)
宿泊時間
15:00(IN)〜 11:00(OUT)など

11,500円〜 / 人

他で見る

データ提供

鳴門の“渦潮スポット”を巡ろう

鳴門の“渦潮スポット”を巡ろう1655158

出典:shimomuraさんの投稿

鳴門の“渦潮”は速さも大きさも世界レベル!一度は見てみたい絶景です。船に乗って眺めたり、海上からガラス越しに眺めたり…。さまざまな角度から貴重な景色を満喫してくださいね。

徳島県のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

徳島県を旅する

編集部おすすめ

関連キーワード