【福岡・赤村】トロッコに自然も♪ワクワク&ラブラブな一泊二日観光デートプラン

【福岡・赤村】トロッコに自然も♪ワクワク&ラブラブな一泊二日観光デートプラン

福岡県の東部に位置する「赤村」は自然いっぱいの村。普段都会で忙しく過ごしているカップルにぴったりな旅先です。のどかな風景を眺めながらトロッコに乗ったり、清流沿いや豊かな森を散策したりするだけで、思いっきりリフレッシュできますよ。お天気に恵まれれば、夜には星がまたたきロマンチックな雰囲気に。彼との素敵な思い出ができる、赤村の一泊二日・観光プランを要チェック。

2018年06月26日

赤村って、どんな村?

生命力あふれる大自然に元気をもらおう!

普段は都会で働いていて自然に飢えている…そんなカップルの皆さんは、福岡・東部にある“赤村”でリフレッシュする一泊二日の旅はいかが?ここは人口約3000人ののどかな村。四季折々の山景色や美しい清流は、都会で忙しく過ごしている二人の心を癒やしてくれることでしょう。お天気に恵まれれば、夜には満点の星空を楽しめるのもうれしい♪インスタ映えするスポットだらけで、2018年の5月末には人気インスタグラマーの長谷川あやさん、福山あさきさん、YUIKAさんらが訪れて話題を集めました。彼と一緒に写真撮影を楽しんでくださいね。

A post shared by Maria (@annnnnnu02) on

温泉・キャンプ・宿泊・グルメまで満喫できる「源じいの森」はおすすめの立ち寄りスポット。ここは美しいホタルでも知られており、毎年「ホタル観賞ツアー」が開催されています(2018年は6月1日~6月14日に開催済み)。

A post shared by madoka.noeru (@madoka.noeru) on

そのほか、穏かな田舎の景色を走る“トロッコ列車”も見逃せません!運行日は月1回であらかじめ日程が決まっていますので、乗りたい方は運行日に合わせて旅行計画を立てましょう。

赤村へのアクセスは?

A post shared by k.gyotoku (@dora_desu) on

そんな魅力いっぱいの赤村に都内から行くには、飛行機が便利です。まずは「福岡空港」か「北九州空港」に向かいましょう。そこからは電車やバスなどを乗り継げば到着できます。自分か彼が運転できるなら、各空港からレンタカーを利用するのもおすすめです。

【赤村観光・1日目】村に到着したらお腹を満たそう!

食べ放題メニューでお腹を満たせる「とことん あか村」

それでは早速、赤村の一泊二日・観光プランをご紹介。村に到着したら、まずは観光に備えてお腹を満たしましょう♪「赤村特産物センター」内にある「とことん あか村」は、地元の食材を使ったメニューがそろうお店。平日は日替わりバイキングを、土日にはカレーライスを食べ放題できちゃいます。写真はおすすめの「ばっちゃんカレー」。コクのあるおいしさと、リーズナブルな価格に思わず頬がゆるみます。

地元のおいしい食材・メニュー・お水がそろう「赤村特産物センター」

「赤村特産物センター」には、毎朝、地元の生産者から届けられる安全&おいしい野菜や果物のほか、それらを使った加工品が勢ぞろいしています。手作りパンやお弁当、お惣菜、スイーツなどもありますよ。ここでおやつやお土産を買っちゃいましょう。写真は巨大なタケノコや新玉ねぎ。
地元のおいしい食材・メニュー・お水がそろう「赤村特産物センター」1649766

出典:m@510さんの投稿

※写真はイメージです。

「赤村特産物センター」の敷地内では、おいしい「赤村の水」がお手頃価格で売られています。旅行中の水分補給は欠かせないので、ここでお水を購入しておきましょう。深さ200mからくみ上げられた地下水は一味も二味も違いますよ。

満腹後には、「今川公園キャンプ場」で赤村の自然を満喫!

清らかな川を眺めながら、仲良くお散歩

清らかな川を眺めながら、仲良くお散歩1655829

出典:

お腹を満たした後は、美しい自然に囲まれて散策しませんか?こちらは「赤村特産物センター」から15分ほど歩いた場所にある「今川公園キャンプ場」。清流や木々を眺めながら、お散歩デートを楽しんでくださいね。
清らかな川を眺めながら、仲良くお散歩1649782

出典:秀ポンさんの投稿

彼と気ままに歩いていれば、珍しい動物や植物に出会えるかもしれません。ちなみに、春になると、近くの赤村役場前の通りや赤駅周辺に桜が咲き乱れます!こちらもチェックしてくださいね。

今川公園キャンプ場の詳細情報

今川公園キャンプ場

住所
福岡県田川郡赤村下赤
アクセス
平成筑豊鉄道油須原駅から徒歩で25分

データ提供

BBQに温泉も!アクティブに遊べる「源じいの森」

青空の下、BBQデートを

A post shared by ゆう (@chanyu____) on

「今川公園キャンプ場」で散策を楽しんだ後は、車で7分~8分の場所にある「源じいの森」の敷地内でBBQはいかがでしょう?こちらは、キャンプ場のほか、温泉、レストラン、コテージやバンガローなどもそろう施設。アクティブなカップルにぴったりなデートスポットです。BBQセットや調理器具などはレンタルして、食材は近くのコンビニやスーパーで買いましょう。ただし、どのお店も車で15分ほどかかるので、事前に食材をどこで買うか下調べしておくのがおすすめです。

A post shared by 沼口 洋介 (@nux_200t) on

赤村の木々は生命力に満ちあふれています。彼と二人でマイナスイオンを浴びて、思いっきりリフレッシュしちゃいましょう。BBQをする時間的な余裕がないカップルは、敷地内のレストランで“地元の旬の味”を楽しんでくださいね。

温泉で旅疲れを癒やしましょう。

お腹を満たした後は、敷地内の天然温泉「源じいの森温泉」で疲れを癒やしましょう。広々とした大浴場のほか、四季折々の景色を楽しめる露天岩風呂や露天ジャグジー風呂もありますよ。

どこに泊まる?

A post shared by NAGISA (@channagi.0721) on

敷地内には、キャンプ気分を満喫できるログハウスやバンガローのほか、コスパ抜群な和室や洋室もあります。彼と話し合って、どこに泊まるか決めてくださいね。

星空を眺めながらロマンチックなひと時を…

お天気に恵まれれば、夜には美しい星空を見られます!ロマンチックな雰囲気の中、彼と語り合ってくださいね。

6月はじめにはホタル鑑賞ツアーも♪

A post shared by Takahiko Yogo (@takahikolol) on

「源じいの森」では時期によってはホタルを見られます。鑑賞できる期間が限られているので、早め早めにツアーに申し込んでくださいね。(2018年は6月1日~6月14日に開催済み)。

赤村自然学習村 源じいの森キャンプ場の詳細情報

赤村自然学習村 源じいの森キャンプ場

住所
福岡県田川郡赤村大字赤6933-1
アクセス
平成筑豊鉄道源じいの森駅から徒歩で1分
料金
1,500円 5人用平日(持ち込み料は各使用料の半額) 1,500円/5人用休日前(持ち込み料は各使用料の半額) 2,000円

データ提供

【赤村観光・2日目】運行日にお休みがとれそうなら…月1トロッコに乗ろう♪

一度も使われることがなかった“幻の鉄道”

石炭を運び出すために、1957年から建設着工された「油須原線(ゆすばるせん)」。その後ほぼ全線が完成したものの、石炭産業の衰退により一度も列車が走ることがなかった“幻の鉄道”です。
2003年に観光鉄道として蘇った「赤村トロッコ油須原線」に乗れるチャンスは、月に1回巡ってきます!2018年後半は、7月8日(日)、8月5日(日)、9月9日(日)、10月14日(日)、11月11日(日)の予定。運行日にお休みがとれそうなカップルは、ぜひ乗車しちゃいましょう。赤駅からすぐの場所にある乗降場には、「源じいの森」から電車で11分ほどで行けます。車の場合は7分ほどでアクセスできますよ。
平成15年10月5日。多くの方々の力によって、油須原線は観光鉄道として開通しました。
 実に計画から半世紀を超えて、「幻の鉄道」は開通日を迎えることができました。
 計画からトロッコの開通まで、どれほどの人々が、この鉄道に関わり想いを馳せてきたのでしょうか。

 平成30年10月には、トロッコは開通から15周年を迎えます。

出典:赤村トロッコ・「油須原線」とは

のどかな田園風景や、石炭を運ぶ列車が走る予定だったトンネルなど見所がたくさん♪運が良ければ「平成筑豊鉄道」とすれ違うこともありますよ。赤村の歴史に思いをはせながら、トロッコの旅を楽しんでくださいね。

周辺の絶景スポットを、二人でのんびり巡ろう♪

九州最古の鉄道トンネル「石坂トンネル」

トロッコを降りたら、周辺のフォトスポットを二人で巡りませんか?トロッコから見えた景色の近くに行って、じっくり鑑賞するのも楽しそうです。こちらは1895年に完成した「石坂トンネル」。九州最古の鉄道トンネルで、現在も利用されています。

石坂トンネルの詳細情報

石坂トンネル

住所
福岡県田川郡赤村大字赤6938-2
アクセス
源じいの森駅から徒歩で1分
料金
無料

データ提供

古き良き“筑豊”の風景が残る「油須原駅」

古き良き“筑豊”の風景が残る「油須原駅」1656159

出典:のぞみ10号さんの投稿

歴史を感じさせる「油須原駅」の駅舎も一見の価値があります。二重屋根に木造作りの建物、古びたベンチ…。まるでそこだけ時が止まってしまったかのよう。ドラマ「東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜 」にも登場した名スポットで、彼と写真を撮り合ってくださいね。

「内田三連橋梁(うちださんれんきょうりょう)」

1895年竣工された「内田三連橋梁」は赤駅~内田駅間にある長さ17mの橋。入口と出口で印象がだいぶ違っていておもしろいですよ♪

内田三連橋梁(みつあんきょう)の詳細情報

内田三連橋梁(みつあんきょう)

住所
福岡県田川郡赤村大字内田1804-1
アクセス
内田駅から徒歩で20分
料金
無料

データ提供

赤村の自然に触れてリフレッシュ!

福岡の赤村は古き良き日本の風景が残る場所。都会の喧騒から離れ、リフレッシュするのにぴったりの旅先です。木々も川も空もすべてが美しく、二人でお散歩しているだけで癒やされますよ。彼との赤村旅行が特別なものになりますように♪

福岡県のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

福岡県を旅する

編集部おすすめ

福岡県×ホテル・宿特集

関連キーワード