トロトロの金属でお土産を作ろう!珍しい工芸体験ができる工房『はんぶんこ』@富山

トロトロの金属でお土産を作ろう!珍しい工芸体験ができる工房『はんぶんこ』@富山

江戸時代初期からものづくりの町として栄えてきた富山県高岡市。ここには、「鋳造体験」ができるちょっと珍しい工房があります。普段なかなかできない変わった工芸体験は、旅をもっと印象的なものにしてくれますよ。この記事では、富山県の体験工房&ショップ『はんぶんこ』をご紹介。「ものづくりが好き」という方はもちろん、「定番観光以外に、もう1つ何か思い出に残る体験をしたい」という方にもおすすめです!

2018年08月23日

「ものづくりの町」で、思い出に残る体験をしませんか?

A post shared by VES (@vesvesves) on

今回ご紹介するお店『はんぶんこ』の体験では、その土地の歴史や文化を学ぶことができて、みんなでワイワイ盛り上がれて、作ったものはお土産にできちゃいます。絶景にグルメに話題のスポット……。定番も良いけれど、もう1つ何か印象に残る観光をプラスしてみませんか?

東京から新幹線で1本。風情ある町並みが残る「富山県高岡市」

高岡散歩・金屋町 千本格子造りの家並み

お店があるのは、東京から新幹線で1本、約2時間半でアクセスできる富山県高岡市(たかおかし)。加賀藩ゆかりの城下町で、江戸時代初期から鋳物(いもの)の町として栄えてきました。千本格子の家並みや土蔵造りの商家が今も残されていて、京都や金沢のような風情ある佇まいを見せています。

おしゃれな体験工房&ショップ『はんぶんこ』

A post shared by Yuhi Yanagawa (@yuhi1218) on

こちらが今回ご紹介する『はんぶんこ』。約150年前に建てられた金物屋をリノベーションしたお店で、町の発展を支えてきた「鋳物」作りを体験することができます。

高岡市の伝統工芸にチャレンジ!

『はんぶんこ』でできる工芸体験は3種類。体験といってもなかなか本格的な内容なので、友達やパートナーと一緒にチャレンジしてみればきっと盛り上がるはず! 旅の思い出とお土産作りにいかがでしょうか?

①錫のぐい呑みを作る「鋳造体験」

「鋳造(ちゅうぞう)」とは、溶かした金属を型に入れて器などをつくる技法のこと。この方法で作られたものを「鋳物」といいます。このワークショップでは低温で溶ける錫(すず)を使って、シンプルなぐい呑みを作ることができます。

錫を流し込む型も手作り

A post shared by Halu (@halulu_toy) on

溶かした金属を流し込む「鋳型(いがた)」も自分で作ります。鋳型用の砂をぎゅっ、ぎゅっと押し固めて、キレイなお椀型にしていきましょう。

溶かした錫(すず)を流し込んで、固めます

A post shared by Michi K (@micchi0328) on

ここがハイライト! 火にかけて溶かした錫を穴から流し込んでいきます。金属が溶けている様子って不思議ですよね。写真に収めておきたいシーンです。

磨いて完成!錫の成分がお酒をおいしくしてくれますよ♪

A post shared by Ayame Kobayashi (@ayame_) on

冷えて固まったら、表面を磨いて完成です。作業は2時間ほど。コロンとしたフォルムがかわいい素敵な器ができました! 錫の器に入れたお酒は雑味が抜けておいしくなるので、お酒好きな人へのお土産にぴったり。また水を腐りにくくさせるという効果もあるので、花器として使うのもおすすめです。

②「すずテト」を作る体験

A post shared by 東海 裕慎 (@tokaiyushin) on

こちらはぐい呑みと同じ方法で作るミニチュアのテトラポッド「すずテト」。グラスや花瓶に沈めて使います。ぐい呑みと同じように、お酒の味をまろやかにしたり、花瓶の水を腐りにくくしたりする効果があります。

1度にたくさん作れるから、配る用のお土産にぴったり

A post shared by はむ (@ham__ham) on

「すずテト」は1回の体験で18個作れるので、配る用のお土産にぴったりですね。ちなみにこのテトラポッドの形は、“沈める”という使い方からインスピレーションを得て考案されたのだとか。グラスにテトラポッドが沈んでいる様子はなんだかユニークですね。

③手鏡やおにぎり箱を作る「螺鈿細工体験」

③手鏡やおにぎり箱を作る「螺鈿細工体験」1570891

出典:

高岡市は「鋳物」だけでなく、「高岡漆器」と呼ばれる漆の器も製造してきました。漆器の装飾には様々な技法が使われますが、ここではその中でも代表的な「螺鈿細工(らでんざいく)」を体験できます。

デザインは自由。オリジナルの手鏡やお弁当箱を作れます

A post shared by narumi (@narumitk) on

この体験では作れるのは、コンパクトな手鏡か、おにぎりが入るサイズのお弁当箱。キラキラ輝く虹色のシートをカットして、土台に貼り付けていきます。デザインは自分で考えるため、オリジナルの作品になりますよ。最後は職人さんがキレイに仕上げてくれるから安心。作業時間は1時間半ほどで、体験日から2週間~1か月後に手元に届きます。

「螺鈿」の正体は貝がら

鮑貝と螺鈿細工用(漆技法)の青貝(鮑貝)から削りだしたプレート

体験で使う虹色のシートが「螺鈿」と呼ばれるものなのですが、その正体はなんと貝がら。この体験では日本産のアワビを使います。天然の素材なので、1つ1つ違った不思議な輝きを楽しめますよ。

併設のショップで職人さんの作品をチェック

土蔵を改装したおしゃれなショップ

『はんぶんこ』の店内には土蔵を改装したおしゃれなセレクトショップが併設されています。体験の後はショッピングを楽しんではいかがでしょうか?

お土産に◎上質な工芸品を生活に取り入れてみては?

お店には職人さんたちが手がけた多彩な工芸品が並んでいます。リーズナブルで気軽に使いやすい日用品もたくさんあるので、自分へのお土産に1つ買ってみてはいかがでしょうか? 上質な日用品は、普段の生活をちょっぴり豊かに彩ってくれますよ。

ゆっくりくつろげる「大人の図書室&自習室」

「デザイン」や「アート」がテーマの書籍が豊富

デザインやアートなど、ものづくりのお店らしい本を多く取り揃えている「図書室&自習室」もあります。工芸品に限らず様々な作品を眺めていると、もっといろいろ作ってみたいな、という気持ちが湧いてくるかも。旅に関係する本も置かれているので、ゆっくり休憩しながら次の予定を考えるのも良いですね。また図書室の他に、本格的な機材を使って自由にものづくりを楽しめる「大人の図工室」があります。

『はんぶんこ』で、富山の伝統工芸に触れる旅を

金箔と錫の日本酒用片口とぐい呑(盃・カップ)

※画像はイメージです

高岡市の伝統工芸を体験できる『はんぶんこ』をご紹介しました。作ったものをお土産にできるのはもちろん、珍しい体験をプランに取り入れることでより印象的な旅行になりますよ。友達やパートナーと、思い出に残る富山旅行を楽しんでくださいね。

▼「はんぶんこ」の公式サイトはこちら

富山県のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

関連キーワード

全国を旅する編集部おすすめ

お得に旅する編集部おすすめ

Go To トラベルキャンペーンでお得に旅しよう♪ 知っておきたい基本情報&オススメの旅先