【全国】暑い時期でも、さっぱり入れる温泉♡低温の「ぬる湯」がある旅館7選+番外編

【全国】暑い時期でも、さっぱり入れる温泉♡低温の「ぬる湯」がある旅館7選+番外編

暑い日が続く夏。そんなときは逆に温泉につかって汗を流し、さっぱりとしませんか?でも、あまり熱いお湯はすぐのぼせてしまいそうだし、湯上りに暑くてまた大量に汗をかいてしまい不快感を感じることも。そこで、夏場に入浴するのにぴったりの低温の「ぬる湯」に入れる旅館を集めてみました。暑い日でも無理なく入れ、湯上りもさっぱり、気分爽快です。またそこで食べられるおいしい食事も、一緒にご紹介します。夏でも行きたくなる「ぬる湯」がある旅館、ぜひ夏休みの旅行先のひとつとしてリストに取り入れてみてくださいね!

2018年08月27日

うだるような暑さの夏・・・。そんな夏には「ぬる湯」がおすすめ!

A post shared by yururi_onsen (@yururi_onsen) on

夏場は毎日暑い日が続きますよね。冷房の効いた室内以外は、どこにいても暑い!でもせっかくの夏、旅も楽しみたいのが女子心です。さわやかな高原や避暑地もいいけれど、夏だからこそ気持ちよく入れる「ぬる湯」の温泉に出かけてみませんか?「ぬる湯」とは温泉の温度が39℃以下の、ゆっくりと入れる低温の温泉を指します。入浴に適したお湯の温度はだいたい40℃~42℃ということなので、それよりぬるめの分、時間をかけてゆったりつかれそうですよね。

さっぱりと入れる「ぬる湯」の温泉で至福の湯を楽しもう!

露天風呂 浴衣の女性達

全国には数々の「ぬる湯」と呼ばれる温泉があります。低温のお湯にゆったりのんびりとつかり、じっくりと温泉を満喫したら、日頃のストレスも消えていきそうです。また、夏だからこそ低温でも気持ちよく入れるので、”今しか楽しめない”というレア感も高まります。一度入れば温泉好きもそうじゃない人も一度入れば病みつきになってしまいそう。そんなおすすめの「ぬる湯」がある旅館を北から順に厳選してご紹介します!仲良しの女子たちを誘って、今すぐ出かけたくなること間違いなしですよ。

1.「谷地温泉」/青森県

八甲田山の山あいに抱かれた自然の中のぬる湯を満喫

八甲田山の山あいに抱かれた自然の中のぬる湯を満喫1703212

出典:

「谷地温泉(やちおんせん)」は、青森県の八甲田山連邦の東南部に位置する温泉です。北海道のニセコ薬師温泉、徳島の祖谷温泉と並んで日本三大秘湯に数えられ、標高約782mの高地に湧くこの温泉には約400年以上の歴史があります。無色透明で38℃のぬる湯と、白濁した42℃の温泉が湧いており、2種類のお湯を楽しむことができます。

八甲田山の山あいに抱かれた自然の中のぬる湯を満喫1700530

出典:

温泉名と同じ旅館名の「谷地温泉」は、その名の通り谷地温泉の一軒宿。青森駅からバスで約1時間半のところにあり、山の中に佇む古びた木造の建物はとても趣があります。周辺には高山植物が自生する谷地湿原が広がり、さわやかな緑に囲まれた旅館です。

八甲田山の山あいに抱かれた自然の中のぬる湯を満喫1700528

出典:

温泉はすべて源泉かけ流しで、湯舟の足元から湧き出る「下の湯」は38℃のぬる湯です。このお湯は霊泉と呼ばれ、無色透明の単純温泉です。もうひとつの「上の湯」は42℃の熱湯(あつゆ)と呼ばれ、泉質は単純硫黄泉で、湯舟は湯花で白濁しています。二つの種類の異なる温泉を楽しめるのもいいですね。夏はやっぱりぬるめの「下の湯」にじっくりつかって疲れを取りましょう。こちらのお湯は疲労回復効果も期待できますよ。

【 下の湯 】
足下から湧き出る38℃の温めの温泉は霊泉と呼ばれ、無色透明の単純温泉(低張性弱酸性低温泉)です。神経痛・関節炎・疲労回復などの効能があります。

出典:温泉 日帰り|日本三秘湯 谷地温泉

八甲田山の山あいに抱かれた自然の中のぬる湯を満喫1700538

出典:

お食事は、南八甲田の高田大岳山麓に湧き出る綺麗な湧水で育った岩魚のお料理が名物です。その新鮮な岩魚をお刺身や焼魚で楽しむことができます。そのほか山菜や地元の採れたての食材を使ったお料理の数々はみんな満足。お風呂上りに友達同士で別注の岩魚の骨酒を酌み交わすなんていうのもいいですね。温泉でほぐれた身体に、あたたかい骨酒が染みわたります。

公式詳細情報 谷地温泉

谷地温泉

奥入瀬・十和田湖 / 旅館

住所
青森県十和田市法量谷地1地図を見る
アクセス
JR青森駅よりJRバス約120分 / 青森空港から車で60分 / 無料送迎バス有※要事前予約 (夏季→青森駅 / 冬季→八戸駅より)
宿泊料金
9,200円〜(2名1室 / 1名)
宿泊時間
15:00(IN)〜 10:00(OUT)など

9,200円〜 / 人

他で見る

データ提供

2.「広河原温泉 湯ノ沢間欠泉 湯の華」/山形県

間欠泉のお湯を浴びながら入浴できる、日本で唯一の場所

A post shared by Koki Nakayama (@koki_5296) on

広河原温泉(ひろかわらおんせん)は、山形県の飯豊山(いいでさん)に連なる飯森山のふもとに噴出しています。今から430年前の天正年間に金採掘者が発見し、療養泉として効果があると認定されてから湯治場として栄えてきました。間欠泉とは、熱水や蒸気が一定周期で噴出する温泉のことです。全国にありますが、高温なのがほとんどに対しここだけは源泉が35.1℃とぬるいため、間欠泉のお湯を直接浴びながら入浴できるという日本でも唯一の場所です。

間欠泉のお湯を浴びながら入浴できる、日本で唯一の場所1700647

出典:

「湯の華」は、JR米坂線「手ノ子駅」より車で約1時間のところに位置する、間欠泉の湧く温泉に入れる珍しい旅館です。周囲にはブナ原生林が広がり、鳥のさえずりや軽やかな沢の音を聞きながら、間欠泉の吹き出す露天風呂に入れます。毎年11月初旬から4月までは閉館するため、夏場しか楽しめない貴重な温泉です。旅館までの道のりは30分ほど悪路が続きますが、頑張ってたどり着いた先には癒しのぬる湯が待っていますよ。

間欠泉のお湯を浴びながら入浴できる、日本で唯一の場所1700655

出典:

温泉は茶褐色のにごり湯で、内湯は41℃と加温してありますが、湯舟の中心から間欠泉が吹き出す露天風呂は源泉そのまま35℃というぬる湯です。長時間つかってものぼせにくいお湯は、入りながらじっくりと吹きあがる間欠泉を眺めることができます。その高さは時には5mにもなるとか。時間によってずっと噴出したり、一定の時間全く出なかったり。まるで生き物のような間欠泉を見ているとついつい長湯してしまいそう。混浴ですが、バスタオルや湯あみ着着用可なので安心して入れます。

間欠泉のお湯を浴びながら入浴できる、日本で唯一の場所1700654

出典:

お食事は、地元で採れた新鮮や山菜や季節野菜を使った鍋料理や、山女(ヤマメ)のお刺身や塩焼きなどを味わうことができます。プランによっては名物「米沢牛」が食べられるものもあるので、事前にチェックしておきましょう。また山の宿だから提供できる珍しいきのこ「ブナハリタケ」を使った天ぷらや煮物は貴重です。香りが強く味わい深いおいしいこのきのこは、めったに食べられないのでぜひ食べたいところですね。

間欠泉のお湯を浴びながら入浴できる、日本で唯一の場所1700651

出典:

ここでしか味わえない生酒の状態で飲めるにごり酒「秘湯どぶろく」も忘れずに飲んでおきましょう。お刺身や山菜料理と相性ピッタリです。ほろ酔い気分でおしゃべりもはずみますね。

公式詳細情報 広河原温泉 湯ノ沢間欠泉 湯の華

広河原温泉 湯ノ沢間欠泉 湯の華

飯豊・小国 / 旅館

住所
山形県飯豊町大字広河原字湯ノ沢448-2地図を見る
アクセス
東北自動車道【福島飯坂IC】国道13号線→県道287/113号線で新潟方面へ飯豊町手ノ子→県道4号線→白川ダム記念館へ
宿泊料金
20,800円〜(2名1室 / 1名)
宿泊時間
15:00(IN)〜 10:00(OUT)など

20,800円〜 / 人

他で見る

データ提供

3.「栃尾又温泉 自在館」/新潟県

身体を包み込む細かい泡のラジウム泉で長湯を堪能

身体を包み込む細かい泡のラジウム泉で長湯を堪能1700741

出典:

「栃尾又温泉(とちおまたおんせん)」は、新潟県魚沼市に湧くラジウム温泉です。正式名を単純放射能温泉といい、温泉や空気中に含まれるラドンガスに強い薬効があるといわれています。開湯は諸説ありますが、奈良時代に蛇が湯あみをしていて発見されたと伝えられています。源泉は2つあり、「栃尾又一号」は35.4℃、「自在館一号」は28.5℃のぬる湯です。

身体を包み込む細かい泡のラジウム泉で長湯を堪能1700744

出典:

「自在館」は、JR小出線「小出駅」または上越新幹線「浦佐駅」からバスで約30分のところに建つ、ラジウム温泉を楽しめる旅館です。湯治宿として江戸時代初期の慶長年間に創業したとも伝えられている歴史ある旅館です。今でも地元の湯治客や、この温泉に魅せられたファンが多く訪れます。宿には子宝にご利益のある「栃尾又薬師堂」があり、子宝祈願も兼ねて夫婦で訪れる人も多いです。

身体を包み込む細かい泡のラジウム泉で長湯を堪能1700742

出典:

温泉は、「霊泉の湯」と呼ばれる3つの大浴場があります。「うえの湯」「したの湯」「おくの湯」はそれぞれ約36℃のぬる湯が楽しめ、飲泉もできます。ほかに貸切露天風呂「うけづの湯」、貸切内風呂「たぬきの湯」「うさぎの湯」があります。体温と同じくらいの温度の温泉は、身体をやさしくゆっくりとほぐしてくれ、アンチエイジングや新陳代謝アップ、デトックス効果も期待できるというまさに女子のための温泉です。1~2時間ゆっくりと湯につかり、最後に熱いお湯で温まって出る「長湯」という入浴方法が昔から親しまれてきました。山の木々や清流の音を耳にしながらゆったりとした時を過ごすことで、身体も心も軽くなっちゃいましょう。

見た目は無色透明で、何ら普通の温泉のような「ラジウム温泉」ですが、実はその薬効パワーは凄く「万病の湯」と言われています。温泉や空気中に含まれるラドンが細胞を活性化して免疫力アップ(アンチエイジング)、新陳代謝もアップしデトックス効果も期待できます。 また、36℃の湯に1~2時間入る栃尾又温泉の伝統的な入浴法は、ぬる湯に長時間浸かる事で自律神経が副交感神経に切り替わり、体の緊張がほぐれ、細胞の修復がはじまります。

出典:ラジウム温泉の泉質・適応症−栃尾又温泉 日本秘湯を守る会 栃尾又ラジウム温泉 自在館【公式】

「栃尾又温泉 自在館」 料理 17997754 夕食

出典:cyaraoさんの投稿

お食事は身体にやさしい食材と味付けを心がけ、健康に還る湯治食を提供しています。一汁四菜を基本に虹鱒のお造り、岩魚の塩焼きをプラスした「一汁六菜」コースやさらに鴨鍋を加えた「一汁七菜」コースなど食べる量や好みに合わせて選べます。決して豪華ではないけれど、どこかほっこりとする山里の滋味の数々に身体の中から健康になれそうです。これを機に日頃の食生活の反省女子会を開くのもよさそうです。

公式詳細情報 栃尾又温泉 自在館

栃尾又温泉 自在館

奥只見・大湯温泉 / 旅館

住所
新潟県魚沼市上折立66
宿泊料金
14,148円〜(2名1室 / 1名)
宿泊時間
13:00(IN)〜 11:00(OUT)など

14,148円〜 / 人

データ提供

4.「川中温泉 かど半旅館」/群馬県

「日本三大美人の湯」で美人に期待

「日本三大美人の湯」で美人に期待1701268

出典:

「川中温泉」は、群馬県の北西部、東吾妻町の山あいにある静かな温泉地です。中世以前より地元の人々に知られ、源頼朝の家来が病を得て除籍された後、長くこの地で療養されたと伝えられています。源泉は吾妻川の支流である雁ヶ沢川の底から湧いており、文字通り川の中から湧く温泉ということでその名がつけられました。源泉は34.6℃とぬるめで、和歌山県の龍神温泉、島根県の湯の川温泉と並んで「日本三大美人の湯」に指定されています。

「かど半旅館」は、そんな川中温泉を思う存分堪能できる一軒宿。草津温泉の最寄り駅「長野原草津口駅」から車で約20分のところに建っています。鉄筋の新館もありますが、木造の本館は昔ながらの古き良き温泉宿を感じさせる雰囲気の佇まいです。設備の調った派手な旅館ではありませんが、お客様に温泉を楽しんでいただきたい、という気持ちで源泉かけ流しにこだわり、手作りのあたたかいおもてなしを受けられる旅館です。

A post shared by ΨあやΨ (@ayagolf) on

温泉は源泉がぬるいため、加温している湯船もありますがそのままの湯を楽しんでもらえるよう、循環はせずに源泉かけ流しです。混浴の「大湯」と露天風呂のほかに男女別の内湯があります。入浴方法は1回に30分~1時間お湯につかるのを繰り返すことで、じんわりと身体にぬる湯の効果を感じられるとのこと。川中温泉のような弱アルカリ性のお湯には美肌効果があるといわれています。何度もつかって、みんなで美肌を目指しちゃいましょう。

A post shared by OSAMU M (@djosamum) on

お食事は鯉の洗い、岩魚の塩焼きなどの他に、群馬県上州の郷土料理「おっきりこみ」がつきます。「おっきりこみ」とは味噌仕立てのスープで、いろいろな野菜と幅の広い麺を煮込んだ身体も心もほっこりとなる一品です。美人談議に花を咲かせながら、素朴な山の恵みを味わいましょう。

公式詳細情報 かど半旅館

かど半旅館

榛名・吾妻 / 旅館

住所
群馬県吾妻郡東吾妻町大字松谷2432
アクセス
川原湯温泉駅から徒歩90分 岩島駅から徒歩60分 徒歩以外はタクシー利用

を見る

データ提供

5.「下部温泉 下部ホテル」/山梨県

閑静な山あいにある”信玄の隠し湯”で癒される

閑静な山あいにある”信玄の隠し湯”で癒される1701323

出典:

「下部温泉(しもべおんせん)」は、山梨県の富士川の支流である下部川沿いに広がる温泉地です。この地甲斐の名将武田信玄が川中島の合戦で、宿敵上杉謙信から受けた刀傷を癒した湯として伝えられたことで”信玄の隠し湯”といわれ、古くから地元の人に愛されてきました。昭和31年には国民保養温泉にも指定され、全国から温泉ファンもたくさん訪れています。源泉は28℃~32℃とぬるく、ゆっくりとつかる長湯に適しています。日本の名湯100選にも選ばれています。

閑静な山あいにある”信玄の隠し湯”で癒される1701325

出典:

JR身延線(みのぶせん)の「下部温泉駅」からわずか徒歩1分のところにある「下部ホテル」は、2つの源泉と12種類のお風呂が楽しめる旅館です。源泉は単純温泉ですが、ホテルのオリジナル泉である硫黄泉もあり、泉質の異なったお湯とたくさんの湯舟を楽しむことができるのが魅力です。館内で湯めぐりを楽しんだり、自然庭園にある足湯でおしゃべりしながらリラックスもしたりもできます。みんなでわいわい館内探索するのも楽しいですよ。

閑静な山あいにある”信玄の隠し湯”で癒される1701326

出典:

「ぬる湯」は、「松ぼっくりの湯」と「ほたるの湯」の低温泉で楽しむことができます。加熱している温かい温泉に入った後に低温泉に入る”温冷浴”を楽しむことで、身体の緊張がほぐれ、じんわりと温泉成分が身体に浸透していきます。ここはそれぞれ個人のペースで時間を気にせず、ゆっくりじっくりとつかりたいですね。

閑静な山あいにある”信玄の隠し湯”で癒される1701321

出典:

お食事は、川魚や地元野菜を使った料理長渾身の「創作コース料理」やライブキッチンで出来立てアツアツのお料理が味わえるバイキング、山梨のおいしい物を凝縮した「山梨名物会席」などお好みに合わせて選べます。どれも山梨の旬の食材を使った里山料理となっています。目でも舌でも楽しめる会席料理などを心ゆくまで堪能して。

公式詳細情報 下部ホテル

下部ホテル

下部温泉 / 旅館

住所
山梨県南巨摩郡身延町上之平1900地図を見る
アクセス
JR身延線下部温泉駅徒歩1分/車:新東名高速「新清水IC」より約50分/中央高速甲府南ICより約50分
宿泊料金
9,700円〜(2名1室 / 1名)
宿泊時間
15:00(IN)〜 10:00(OUT)など

9,700円〜 / 人

他で見る

データ提供

6.「祖谷温泉 ホテル祖谷温泉」/徳島県

ケーブルカーでたどり着く源泉掛け流しの露天風呂

ケーブルカーでたどり着く源泉掛け流しの露天風呂1703266

出典:Eagle 1さんの投稿

「祖谷温泉(いやおんせん)」は、徳島県の秘峡といわれる「祖谷峡」のある祖谷川沿いに湧く温泉です。その昔、源氏との戦いに敗れた平家がこの地に身を隠したといわれ、この湯で湯池したという伝説も残っています。日本三大秘湯のひとつにも数えられています。源泉は39.3℃ですが、実際の泉温は38℃ほど。じっくりのんびりとつかることができます。

ケーブルカーでたどり着く源泉掛け流しの露天風呂1701365

出典:

「ホテル祖谷温泉」は、JR土讃線(どさんせん)「大歩危駅(おおぼけえき)」から車で約30分のところにあります。豊富な湯量をもつ源泉かけ流しの旅館で、風光明媚な祖谷峡を見下ろす谷底にある露天風呂までケーブルカーで移動するというユニークなお風呂が人気です。170m下の露天風呂まで約5分の道のりを大パノラマの景色を眺めながら下っていくさまは圧巻です。ちょっとアトラクションを体験しているみたいな気分で、友達同士はしゃいでしまいそうですね。

ケーブルカーでたどり着く源泉掛け流しの露天風呂1701363

出典:

祖谷川の流れにせり出すように作られた露天風呂には豊富な湯が自噴し、アルカリ性の少しぬめりのある、なめらかなやさしい湯ざわりの湯はお肌がすべすべになる効果が期待できます。川のせせらぎをBGMにゆったりとつかる時間は、まさに至福の時です。湯上りには美肌に近づけたような気分になりそうです。

泉質 アルカリ性単純硫黄温泉
成分 ナトリウム、塩素、カリシウム、炭酸などの各イオンのほか硫黄分を含んでおります。
効能 神経痛、リューマチ、外傷、婦人病、美容、健康疲労回復に最適です。
飲用 不可

出典:露天風呂・ケーブルカー | 【公式】ホテル祖谷温泉

ケーブルカーでたどり着く源泉掛け流しの露天風呂1701366

出典:

お食事は、季節のものを取り入れた祖谷の山里料理が味わえます。ここ阿波ならではの食材「あめご」という白身魚のお造りや、つなぎを使わず作る「祖谷そば」などを堪能できます。季節ごとに変わるメニュ―で、四季折々の味に舌鼓を打ちましょう。プランによってはA5ランクの阿波牛が味わえる会席もあるので、お肉好き女子たちはちょっと贅沢にそちらのプランにするのもおすすめです。

公式詳細情報 和の宿 ホテル祖谷温泉

和の宿 ホテル祖谷温泉

祖谷渓・かずら橋・大歩危 / 高級旅館

住所
徳島県三好市池田町松尾松本367-28地図を見る
アクセス
JR土讃線 大歩危駅から四国交通バス約35分、祖谷温泉前下車すぐ (送迎有、要事前予約)。徳島自動車道 井川池田ICから約55分。
宿泊料金
15,100円〜(2名1室 / 1名)
宿泊時間
15:00(IN)〜 11:00(OUT)など

15,100円〜 / 人

他で見る

データ提供

7.「寒の地獄温泉 寒の地獄旅館」/大分県 

ひんやりとした「ぬる湯」で涼を堪能

ひんやりとした「ぬる湯」で涼を堪能1702065

出典:

「寒の地獄温泉」は、大分県の久住高原の近くの山あいに位置する温泉です。開場は江戸末期の嘉永2年、一人の漁師が傷を負った猿が水につかっているのを発見しました。よく見ると水で傷を癒していて、それが温泉だということに気づき湯舟を築いたのがはじまりです。源泉の温度は温泉とは思えないくらいの低温で、なんと14℃。じっくりというよりはひんやりと身体を冷やし、涼を感じることができる温泉となっています。全国でも珍しい冷たい温泉に、ぜひ入ってみませんか?

ひんやりとした「ぬる湯」で涼を堪能1702066

出典:

「寒の地獄旅館」は、JR久大本線(きゅうだいほんせん)「豊後中村駅(ぶんごなかむらえき)」より車で約30分のところにあります。絶景が広がるドライブロードで人気のあるでやまなみハイウェイ沿いに位置する旅館で昭和3年に創業し、湯治を楽しむ人々に長く愛されてきました。歴史のある温泉を感じさせる木造の建物はどこか懐かしさを感じさせてくれます。街の喧騒から離れた自然豊かな山麓に位置するため、鳥のさえずりと自然あふれる景色が安らぎと、癒しのひとときを与えてくれます。日常を忘れてのんびりと過ごせる宿です。

ひんやりとした「ぬる湯」で涼を堪能1702060

出典:

温泉は普段は薪で加温し、温かい状態で入れますが、7月~9月の夏場は、期間限定で源泉のままの「冷泉」を楽しむことができます。暖房室が併設されているため、冷泉で身体を冷やした後は暖房室で身体を温め、そのあと温かい温泉「互久楽湯」に入り最後は「ちょっとぬるめの冷泉」でさっぱりとほてりを取る”温冷交互浴”をすることで自律神経を整える効果があるとされています。他ではちょっと体験できないユニークな入浴方法に、新しい楽しみが見つけられそう。水着着用が必要なので、プール気分でわいわい入れますね。

ひんやりとした「ぬる湯」で涼を堪能1702062

出典:

お食事は囲炉裏を囲んだお食事処「八重喜」で提供しており、大分の旬の素材を使った囲炉裏会席がいただけます。また館主が”のんべぇ”のため、料理の中にお酒に合う肴をちりばめてあり、お酒好き女子にはたまらない品々が並びます。館主に料理に合わせたおすすめのお酒を聞くのもいいですね。

ひんやりとした「ぬる湯」で涼を堪能1702070

出典:

メインは大分名物「豊後牛」の溶岩焼きとなっており、サシの入ったお肉がお口の中でとろけます。舌も大満足できる会席です。

公式詳細情報 山の宿 寒の地獄旅館

山の宿 寒の地獄旅館

筋湯温泉・九重温泉郷 / 旅館

住所
大分県玖珠郡九重町田野257地図を見る
アクセス
大分道九重ICより長者原方面へ30分/ JR豊後中村駅よりタクシーで30分、バスで50分
宿泊料金
10,500円〜(2名1室 / 1名)
宿泊時間
15:00(IN)〜 10:00(OUT)など

10,500円〜 / 人

他で見る

データ提供

番外編「奴留湯温泉 共同浴場」/熊本県

番外編「奴留湯温泉 共同浴場」/熊本県1702086

出典:

熊本県阿蘇郡小国町にある「奴留湯温泉」は「ぬるゆおんせん」と読み、その名の通りぬる湯が楽しめる温泉です。共同浴場のみで宿泊施設はありませんが、地元の人を中心に長く愛され続けている温泉です。昔殿様のおともをした召使の「奴(やっこ)」たちがこのぬるめのお湯につかり疲れを癒したことから”奴を留める湯”としてこの名がつきました。源泉は38℃となっており、夏でもゆっくりとつかることができます。

A post shared by Onsen (@nipponnoonsen) on

大浴場の湯舟の底に敷き詰められた石の間から、ポコポコと新鮮な温泉が湧いています。身体を沈め、時間をかけてゆっくりとつかれば日頃の疲れがとれそうです。不思議と上がった後は身体がポカポカするそうですよ。たまたま入りに来ていた地元の常連さんとの会話も楽しみですね。

大人200円、子ども100円という、入浴料の安さも魅力です。

奴留湯温泉の詳細情報

奴留湯温泉

住所
熊本県阿蘇郡小国町北里2284
アクセス
ゆうステーション/バス/10分
料金
子供 100円 中学生以下 大人 200円

データ提供

ぬる湯で身体をほぐしたら、お疲れ気味の心もシャキッと爽快♪

温泉 浴衣の女性達

全国の「ぬる湯」が楽しめる旅館をご紹介してきました。今しか楽しめない低温のお風呂でじっくりのんびりつかったら、身体もさっぱり、心もシャキッとなりそうです。気の置けない友達同士、ぬる湯の温泉でまったり過ごしたら、また明日からのエネルギーも充電できそうですね。湯上りはさっぱりさわやかな「ぬる湯」を堪能するこの夏の新しい過ごし方、ぜひ参考にしてみてくださいね!

全国のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

関連キーワード