【小笠原諸島・父島】ひとり旅で味わう感動体験♪観光スポット6選

【小笠原諸島・父島】ひとり旅で味わう感動体験♪観光スポット6選

仕事尽くしの毎日で、なんだか心はスカスカに…。そんな日々から逃れ、思い切ってとった長い休暇!そんな貴重なお休みは、世界自然遺産でもある東京の小笠原諸島へ行ってみませんか?24時間かけての船旅にドキドキしたり、貴重な動植物に触れたり…思わず胸が熱くなるような感動を体験できるかもしれませんよ。今回はそんな体験ができそうな、小笠原諸島の玄関口"父島(ちちじま)"の観光スポットをご紹介します。

2018年10月14日

最後に感動したのはいつですか…?

最後に感動したのはいつですか…?1714702

出典:K5さんの投稿

忙しい毎日を送っていると、ついつい目の前のことに必死になってしまいがち…。目まぐるしく変化する日常の中、いつのまにか感動することをすっかり忘れていませんか。たまには長期でお休みをとって、自分のなかの豊かな感情に、そっと耳を傾けてあげる時間を作ってあげましょう。

本当の自分を解放できる”ひとり旅”

女性 カメラ 撮影 ポートレート

等身大の自分を開放できる"ひとり旅"。好きな時に好きなだけ…感性の赴くままに足や手を動かして、実際に触れてみましょう。躍動感溢れる大自然に囲まれた"小笠原諸島"は、剥き出しのあなたを温かく包み込んでくれますよ。

長期休暇をとって"小笠原諸島"へ行ってみよう

長期休暇をとって"小笠原諸島"へ行ってみよう1714705

出典:Yasu※さんの投稿

"小笠原諸島"の住所は東京。ですが、空港がないので24時間の船旅は必須なんです。最短でも5泊6日はないと行くことができません。普段のお休みでは絶対に行けないからこそ、長期休暇を使って行ってみましょう。世界自然遺産に登録されている小笠原諸島では、本州では見られない生き物に触れたり、大自然を身近に感じられたり、普段なら味わえないような体験が待っているはず。

観光スポット満載の小笠原諸島の発着先”父島”

観光スポット満載の小笠原諸島の発着先”父島”1714704

出典:Yasu※さんの投稿

小笠原諸島の玄関口といえば"父島"。小笠原諸島の中でもアクセス良好な"父島"は、女子ひとりで回りやすい観光スポットが盛りだくさん♪それでは、ご紹介していきます。

1.到着したら、まずはご挨拶♪”大神山神社”

1.到着したら、まずはご挨拶♪”大神山神社”1714997

出典:

大村(おおむら)地区にある「大神山神社(おおかみやまじんじゃ)」は、港からすぐの場所にあります。二見港から徒歩で約15分です。まずは旅の安全祈願をしてみましょう。

歩きやすい靴で登りましょう♪

歩きやすい靴で登りましょう♪1715003

出典:

本殿へ行く前に立ちはだかるのが、長い階段。ちょっぴり急な階段なので、歩きやすいスニーカーやぺたんこの靴で行くのがオススメです。長い船旅でなまった体をほぐすのに丁度良し♪

父島をそっと見守っています…

父島をそっと見守っています…1714708

出典:

1593年に創建された「大神山神社」は小笠原諸島唯一の神社です。天照大神(あまてらすおおみかみ)が祀られています。厄除けや開運にご利益があるとされている、父島のパワースポットなんです。

チャンスはそう何度もない"レアな御朱印"

訪れた時に宮司さんがいたら、御朱印をゲットしておきましょう!宮司さんがいる時にしか手に入らない、東京都の中でも、最も入手困難な御朱印と言われています。

迷わずゲット!タコノ葉細工の"ウミガメお守り"

「大神山神社」で売られているお守りは、小笠原諸島の固有種(こゆうしゅ)「タコノキ」を使った「タコノ葉細工」でできています。ウミガメの形をしたお守りは、ここでしか買えない限定品。こちらも宮司さんがいるときにしか販売されないのだとか…。こちらも宮司さんがいたら、迷わずゲットしておきましょう!

胸が高鳴る♪展望台からの絶景

胸が高鳴る♪展望台からの絶景1715017

出典:

「大神山神社」にある展望台からは、二見港を一望できます。小笠原諸島へ来たんだな…と実感が湧きますよね♪ワクワクすること間違いなしです。

大神山神社の詳細情報

大神山神社

住所
東京都小笠原村父島字東町105
アクセス
小笠原定期航路 おがさわら丸就航

データ提供

2.味わい深い、東京産コーヒー畑を見学"野瀬ファームガーデン"

実は小笠原は、日本で初めてコーヒー栽培を試みた場所なんです。父島にある"野瀬(のせ)ファームガーデン"では、そんな小笠原コーヒーについて学べるツアーが人気です。所要時間は約2時間。小笠原コーヒーの歴史、コーヒー豆の収穫から、焙煎までを体験できます。アクセスは二見港から車で約15分です。

コーヒーの実って、赤い色なんです♪

普段何気なく飲んでいるコーヒー、実際にコーヒーの実に触れたことのある方は、少ないのでは?チェリーのような赤い実で潰すと種が出てきます。その種がコーヒーの実になるんです!ここでは手で一粒ずつ実を摘んでいるのだとか。

人力で作る!愛情たっぷりの小笠原コーヒー

普通の製法だと機会を使う工程も、人の手で行うのが"小笠原コーヒー"。農園で採れたコーヒー豆の殻(から)を、ひとつひとつ丁寧にとっていきます。普段コーヒーを飲まない方でも、試飲が楽しみになるはずです♡

深い味わいの手づくりコーヒー♡

多くの手間が掛かっていることを知ると、いつもよりも大切に味わいたくなりますよね。自分の手で摘み取った豆から淹れるコーヒータイムは感慨深いものになるかもしれませんよ。

父島を思い出す"お家コーヒー"

"野瀬ファームガーデン"では、コーヒー豆の販売もしています。お家に帰って"父島"の旅を思い出しながら飲むコーヒーは、素敵なひとときになりそう♡ツアーは事前に予約してから行きましょう!詳細は下からチェックです。

3.天然の赤い♡のうえに登っちゃおう!”ハートロック”

3.天然の赤い♡のうえに登っちゃおう!”ハートロック”1735127

出典:しょうゆさんの投稿

"ハートロック"と呼ばれる赤褐色の岩山、"千尋岩(ちひろいわ)"へは、二見港から車で約15分の場所まで行き、登っていきます。ここは、貴重な生き物や植物が保護している区域のため、「入林許可証」を持ったガイドさんが同行しないと行けません。往復で約5時間かかる、見応えたっぷりのコースです!ガイドさんの予約は下のリンク先「小笠原村観光協会」で相談するのをオススメします。

外のモノを持ち込まないように要チェック!

登る前に、保護区域へ外来のモノを持ち込まないように、靴底や衣服を入念にチェックし、除去をします。このように豊かな自然が守られているんだなと、感慨深くなってしまいますね。

様々な動植物の生活場所

手つかずの自然の間を、ガイドさんと一緒に潜っていきます。こちらは野生のガジュマルの木です。まるでジャングルのような迫力ですよね!

出会えたらそっと見守ってね♡

小笠原にしか生息していきない生き物にも出会えるかもしれませんよ♡こちらは天然記念物で絶滅を危惧されている「アカガシラカラスバト」です。見つけられたらラッキー♪

"父島"の意外な一面も知っておこう

登山の途中にはこのような風景も…。実はこちらは軍用車で、戦争の爪痕が今も残されています。他にも避難所などを見つけることができます。なかなか本土では観られない景色ですよね。さて、さらに上を目指して登っていきますよ!

♡の上には絶景が!

約2時間半歩くとやっと頂上へ到着!まさに"ハートロック"の真上になります。赤い土とボニンブルーの青色がとても印象的です。山頂からは"南島"や"ジニービーチ"が望めます。遠くでイルカがジャンプすることもあるのだとか…♡

見る角度を変えると異なる風景

見る角度を変えると異なる風景1736684

出典:snow dolfhinさんの投稿

"千尋岩"は海から眺めると"ハート"型に見えることから"ハートロック"と呼ばれているんです。実際に"ハートロック"を眺めるのと、登ってみるのでは大違い。違った角度から実際に観たり触れたりすると、自分の感じ方も変わったり…。新しい自分に出会えるかもしれませんよ?

千尋岩の詳細情報

千尋岩

住所
東京都小笠原村父島北袋沢

データ提供

4.遊んでもいいし、寛いでもいい"大村海岸"

4.遊んでもいいし、寛いでもいい"大村海岸"1733058

出典:nao0869さんの投稿

港から1番近い「大村海岸」は、街の中心に位置しています。シャワーと更衣室があるのでひとり海水浴でもばっちりです。波が穏やかで島の人もよく利用しているビーチなんですよ。父島の美しい海を、思う存分堪能してはいかがですか♪

心が和む、海辺のシーグラスや珊瑚…

砂浜には、珊瑚やキレイなシーグラス、貝殻を拾って眺めるのも癒しのひととき。ふと童心に帰り夢中で集め始めても、ひとり旅なら気にしない♪ボニンブルーと言われている、明るい青色の海から生まれた贈り物は、自分だけの大切な宝物にしちゃいましょう。

うまい!いつもより美味しく感じる"一口目"

ビーチに来る前にビールを買っておきましょう♡シャワーを浴びた後の、一口目は至福の瞬間に!砂浜にひとりでビールを飲み干したら、なんだかぐんと成長した気分になれるかもしれません♡滞在中に何度も寄りたくなる穏やかな海岸です。ビールは海岸から徒歩約3分の"スーパー小祝"が近いのでオススメです。

大村海岸の詳細情報

大村海岸

住所
東京都小笠原村父島大村

データ提供

5.ウミガメに胸がキュン♡"小笠原海洋センター"

5.ウミガメに胸がキュン♡"小笠原海洋センター"1733452

出典:

"父島"は、ウミガメの保護に力を入れていることで知られています。"小笠原海洋(おがさわらかいよう)センター"では、小笠原の歴史やウミガメの生態を知れる展示館のほか、たくさんの水槽に入った本物のウミガメを見ることができます。行くときは二見港から車で約16分です。

たくさんの子ガメが泳ぐ「飼育エリア」

たくさんの子ガメが泳ぐ「飼育エリア」1733514

出典:

「小笠原海洋センター」では、アオウミガメの生存率を上げるために育成プログラムを行っているんです。だからセンター内にはウミガメがたくさん♪水槽越しではなく、間近で見られるのは父島ならでは。可愛いウミガメの姿に、メロメロになってしまいます♡

感動!子ガメの放流体験ができる"ウミガメ教室"

"ウミガメ教室"には、いくつかコースがあります。「2時間コース」ではウミガメに餌をあげたり、実際にウミガメに触れ甲羅磨きを体験することができます。最初は怖く感じるかもしれませんが、段々とウミガメのゆったりとした動作に、愛着が湧いてきます♡

生まれたての"稚ガメ"に会いたい!

「3時間コース」では、「2時間コース」のメニューと保全活動である卵の移植卵に参加することができます。さらに、時期とタイミングが良ければ、卵から孵化したばかりのウミガメに会えるかもしれませんよ。ちなみに生まれたばかりのウミガメは"稚ガメ"と呼ぶそうです。命が誕生する瞬間を目の当たりにし、胸がぐっとなるはず。

感動の"子ガメ de Night!"

"子ガメ de Night!"では感動しちゃいますよ。ウミガメが孵化する6~9月頃まで、貴重な放流に参加することができるんです!手ですくって海に流すのですが、岸に戻ってきてしまったり、まっすぐ沖まで行ってくれなかったりと、気分はすっかり親心に。子ガメの成長の無事を、願わずにはいられない…そんな貴重な体験になることでしょう。

お土産話は、小笠原に暮らしている”生き物"

思わず連れて帰りたくなる可愛さに胸がキュンとします♡"小笠原海洋センター"では、小笠原のウミガメ以外の生き物についても学べます。旅行から帰ったら、小笠原の生き物について熱く語れそうですね♪"ウミガメ教室"や"子ガメ de Night!"は予約が必要です。ぜひ参加してみてくださいね。

小笠原海洋センターの詳細情報

小笠原海洋センター

住所
東京都小笠原村父島字屏風谷
アクセス
1) B-しっぷから徒歩で35分 2) B-しっぷからバスで5分奥村下車徒歩7分
営業時間
定期船入港日午後〜定期船出港日午前

データ提供

6.目指すは幸運の"グリーンフラッシュ"!「三日月山展望台」

6.目指すは幸運の"グリーンフラッシュ"!「三日月山展望台」1714851

出典:Yasu※さんの投稿

父島の西側の海岸を一望できる「三日月山(みかづきやま)展望台」は、二見港から車で約18分の場所にあります。見晴らしの良さは、父島でもトップレベルです。運が良ければ、ここからくじらやイルカを見られることもあるんですよ♪

ウットリ♡地元の人も見に来るほどの美しい夕陽

ウットリ♡地元の人も見に来るほどの美しい夕陽1733549

出典:

「三日月山展望台」は、高台にあるので景色の良さがずば抜けています。夕暮れ時になると、展望台には人がわらわらと集まってきて、観光客はもちろん地元の方も見に来るくらい美しい夕陽なんだとか。思わずウットリしてしまうはずですよ。

お目当ては”グリーンフラッシュ”!

お目当ては”グリーンフラッシュ”!1733562

出典:bluemoon81さんの投稿

見られる確率はごく僅かだと言われているのが、「グリーンフラッシュ」。太陽が海に沈む瞬間、太陽と海の境目がグリーン色に光る現象です。「三日月山展望台」は、視界がひらけているので「グリーンフラッシュ」に遭遇する確率が高いスポットとして有名なんです。夕暮れ時を狙って、旅の間通ってみてはいかがでしょうか♪

浴びるような満天の星☆

「グリーンフラッシュ」を見られなくても、がっかりしないでくださいね♪太陽が完全に沈むのを待てば、夜空には降ってきそうなぐらいの満点の星が。空気が澄んでいる上、高い建物がないので天体観測にオススメのスポットなんです。今夜は夜空をひとり占めしちゃいましょう。

三日月山展望台 (ウェザーステーション)の詳細情報

三日月山展望台 (ウェザーステーション)

住所
東京都小笠原村父島三日月山
アクセス
二見港からレンタルバイクで15分(村営バス三日月山入口バス停下車徒歩15分)

データ提供

海と山に囲まれた父島でレア体験の連続を

海と山に囲まれた父島でレア体験の連続を1733564

出典:Yasu※さんの投稿

他の島では味わえない素敵なスポットが満載の「父島」。最近感動していないかも…と思った時こそ吉日☆さっそく長期休暇申請をしちゃいましょう!次に「父島」で感動するのは、あなたの番ですよ♡

東京都のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

東京都×ホテル・宿特集

関連キーワード