【福井】蟹に温泉に絶景も♡えち鉄で行く!おひとりさま女子旅1泊2日プラン

【福井】蟹に温泉に絶景も♡えち鉄で行く!おひとりさま女子旅1泊2日プラン

福井県の中心「福井駅」から走っている鉄道「えちぜん鉄道」。東尋坊、永平寺などのさまざまな見どころとアテンダントの心あたたまるおもてなしが魅力の路線です。今度のお休みはこの「えち鉄」に乗って、福井県の代表的な観光地を巡ったり、福井ならではのおいしいグルメを味わったりする旅に出かけてみませんか?おひとりさま女子旅で、気ままにゆっくりと電車に揺られながら、車窓の景色を楽しむのもいいものですよ。日常に疲れてちょっと息抜きしたくなったら、福井へ感動と新しい発見を見つけに行きましょう!

2018年10月17日

「えち鉄」って?

「えち鉄」って?1742100

出典:Purpleさんの投稿

「えち鉄」とは、福井県のローカル線「えちぜん鉄道」の愛称です。福井県の中心である福井駅から、日本海に向かって走る「三国芦原線」と九頭竜川沿いを走る「勝山永平寺線」という二つの路線があり、通勤通学はもちろん、福井県の代表的な観光場所へのアクセスもいいのでたくさんの人に利用されています。中でも観光客におすすめのポイントが、「アテンダント」と呼ばれる女性乗務員のおもてなし。車内で沿線の観光案内や、ためになる情報などいろいろな話をしながらおもてなしをしてくれます。各観光場所までの交通や所要時間などの質問にも答えてくれるので、自分で調べただけではいまいち不安なおひとりさま女子の頼もしい味方です♪

えち鉄に乗って、気ままにのんびりとおひとりさま旅に出よう!

えち鉄に乗って、気ままにのんびりとおひとりさま旅に出よう!1742101

出典:Apapaさんの投稿

いつもと違う景色、違う食べ物、いつもと違う出会い・・・それらを叶えてくれる「旅」は行き詰った日常をリフレッシュさせるのに最適な方法ですよね。毎日の仕事、職場の人や上司に愛想笑いや気を遣ったりするのに疲れちゃったな、なんだか最近気が晴れない・・・そんなモヤモヤを抱えることが多い現代女子には、おひとりさま女子旅で身体と心に栄養を与える必要があります。自分の好きなように、行きたいところに行ってしたいことをする・・・人と一緒だとなかなかできないことが、おひとりさま女子旅なら実現可能です。自分の欲求を大いに出し、それに忠実に従うことによって、日常のモヤモヤした気持ちも晴れていくことでしょう。

そして福井県は、東尋坊(とうじんぼう)や永平寺(えいへいじ)など心が洗われる観光スポットや泉質のいい温泉がある他にも、ご当地グルメの越前おろしそばや越前がになど、ここでしか味わえないおいしいグルメがいっぱい!ぜひ、えち鉄に乗って気ままなおひとりさま女子旅に出かけてみませんか?次からえちぜん鉄道で巡る、おひとりさま女子旅の1泊2日おすすめプランをご紹介していきます!

【1日目】日本海の絶景とグルメを堪能しよう♪

1日目は、「福井駅」からスタート。日本海に向かう「三国芦原線」に乗って、名所東尋坊を観光します。日本海の絶景を堪能した後は、名物カニの昼食へ。その日の宿は、福井の名湯あわら温泉。夜はのんびりゆったり温泉につかり日頃の疲れを癒しましょう。

世界でも3ヶ所でしか見られない奇勝に感動「東尋坊」

世界でも3ヶ所でしか見られない奇勝に感動「東尋坊」1742057

出典:古都ポタさんの投稿

「福井駅」から「三国芦原線」に乗り込み約50分。「三国駅」で下車したらそこから京福バスに乗り約10分で名所「東尋坊」に到着します。「東尋坊」は荒々しい岩肌に日本海の荒波が打ち付ける光景が迫力満点の、福井を代表する観光スポット。そしてここ柱状に連なる岩々は高さ20m以上にもなりその断崖からの眺めはまさに絶景。奇岩は「輝石安産岩の柱状節理」と呼ばれ国の天然記念物にも指定されており、世界でも、韓国、ノルウェー、東尋坊3ヶ所でしか見ることができません。スリル満点の崖上から青い海と白い波を見下ろしてていると、心が洗われる気分になりますよ。

東尋坊の詳細情報

東尋坊

住所
福井県坂井市三国町
アクセス
えちぜん鉄道 三国駅からバスで15分

データ提供

世界でも3ヶ所でしか見られない奇勝に感動「東尋坊」1742058

出典:とるならさんの投稿

遊覧船も出ています。ライオン岩、ローソク岩などのさまざまな形の奇岩や、海からそびえ立つ迫力満点の岩々を真下から眺めることができます。その光景はなんだか海外の秘境探検ツアーのよう♪ぜひ乗船してみて。

名物せいこガニが味わえる「越前がに やまに水産」

「越前がに やまに水産」 料理 80716487 越前三国せいこ丼

出典:大阪めんまさんの投稿

ランチは「東尋坊」から歩いてすぐの「越前がに やまに水産」でいただきましょう。ここでは福井の名物「越前ガニ」を使ったお料理や新鮮な魚介類を浜焼きにしたものなどが食べられるお店。「越前ガニ」は、福井県の三国、越前、敦賀、小浜の4か所で水揚げされた雄のズワイガニのことで、大変おいしく福井の冬の味覚の風物詩となっています。冬場のみ食べられるというレア感も女子心をくすぐりますね。そんな越前ガニもいいですが、おすすめは「せいこ丼」。こちらも冬場の期間限定でしか捕れないメスのズワイガニを使った丼で、外子や内子(卵)がたっぷりついていて、そのプチプチした食感と蟹のうまみがたまらない一杯!ぜひ福井に来たら味わってみて♪

「越前がに やまに水産」 料理 71464619 生うに

出典:底辺くんさんの投稿

「生ウニ」も海鮮好きにはおすすめ。口に入れるとトロッとした甘さでお口の中に幸せが広がります。添えられた甘海老の甘さとあいまってとっても美味♡

越前がに やまに水産の詳細情報

越前がに やまに水産

三国港、三国、三国神社 / 魚介料理・海鮮料理、海鮮丼、かに

住所
福井県坂井市三国町安島64-1
営業時間
8:00~17:00
定休日
無休
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

ノスタルジックな雰囲気に浸れる「三國湊レトロ」

ノスタルジックな雰囲気に浸れる「三國湊レトロ」1742012

出典:

お腹が満たされた後は、再びバスで「三国駅」に戻り、そこから徒歩で三国の町を散策します。「三國湊レトロ」は、江戸時代中期に関西などと交易していた「北前船」の影響で栄えた町屋や商店などが今も残るレトロな街並みが立ち並ぶ場所です。江戸時代にタイムスリップしたような帳場がある豪商の家「旧岸名家」や貴重な昔の三国の写真が展示してある「三国湊町屋館」などを見学すればノスタルジックな気分に浸れます。

「マチノミセ」と呼ばれる古い町家などを利用したコンセプトショップもあります。ガラス製品や盆栽店、フレンチデリのテイクアウトやジェラートのお店もあるため、ショッピングとおやつ両方楽しめそうです。

「cafe tabunoki(カフェ タブノキ)」は、ジェラート店「CARNA(カルナ)」の2Fにある、隠れ家的なカフェ。アンティーク調の家具に囲まれた落ち着いた店内でコーヒーやスイーツをいただきながら、ゆったりとした時間を過ごせます。

カフェ タブノキの詳細情報

カフェ タブノキ

三国、三国神社 / カフェ

住所
福井県坂井市三国町南本町3-4-34 2F
営業時間
9:00~18:00
定休日
水曜日
平均予算
  • ~¥999

データ提供

三国湊町の町並みの詳細情報

三国湊町の町並み

住所
福井県坂井市三国町北本町〜神明
アクセス
えちぜん鉄道 三国駅から徒歩で5分

データ提供

福井の名湯で疲れを癒す「あわら温泉 ホテル八木」

福井の名湯で疲れを癒す「あわら温泉 ホテル八木」1741998

出典:

本日の宿は、開湯130年を超えるという歴史あるあわら温泉で。あわら温泉は「関西の奥座敷」として親しまれ、74本もの源泉がありお宿ごとに泉質や効能の違うお湯が楽しめる、湯量豊富な温泉地です。「三国駅」から再度えち鉄で約7分、「あわら湯のまち駅」で下車したら、徒歩ですぐのお宿へ。「あわら温泉 ホテル八木」は、おもてなしコンセプトが「気兼ねなく、心地よく」というおひとりさま女子向けの宿。最初から部屋にお布団が敷かれてあり必要以上にサービスをしないということで、お客様に静かにゆったりと過ごしてもらえるように心がけています。夕食も、好きなだけ好きなものが食べられるようにとビュッフェ形式にし、種類も選べ量も調節できるのもまさにおひとりさま女子旅にはぴったり。普段気を使っている分、旅では誰にも気兼ねなくのんびり過ごそうという願望を叶えてくれます。

福井の名湯で疲れを癒す「あわら温泉 ホテル八木」1742000

出典:

お風呂は「あわら温泉」の加水なしの源泉かけ流し。温度の高い温泉と低い温泉を上手に混湯して、湯舟に供給しているというなんとも贅沢なお風呂です。湯灯篭の灯る落ち着いた雰囲気の岩の露天風呂や広い大浴場は、朝の10時半まで解放されており夜通し入り放題というのも嬉しいですね。福井の名湯を心ゆくまで堪能できますよ。塩化物泉という塩分の含まれたお湯は、身体がポカポカと温まり、湯冷めしにくくなっています。

福井の名湯で疲れを癒す「あわら温泉 ホテル八木」1741999

出典:

お食事は「地産地消」をモットーにしたビュッフェ形式となっています。そのときの旬の食材を料理人が心をこめて調理しています。お野菜たっぷりのメニューが多いのも女子には嬉しいところ。目の前で切り分けるローストビーフや日本海の新鮮な海の幸に舌鼓を打って。デザートには、専門パティシエの手作りスイーツも味わえます。今日はダイエットのことは忘れ、思いっきり食べちゃいそうですね。

公式詳細情報 あわら温泉 ホテル八木

あわら温泉 ホテル八木

芦原温泉 / 高級旅館

住所
福井県あわら市温泉4‐418地図を見る
アクセス
JR北陸本線 芦原温泉駅より車で10分(迎えバス有・要予約)/北陸道 金津ICより約15分/小松空港より車で約50分
宿泊料金
4,300円〜(2名1室 / 1名)
宿泊時間
15:00(IN)〜 11:00(OUT)など

4,300円〜 / 人

他で見る

データ提供

浴衣でぶらりと2次会へ♪「あわら温泉屋台村 湯けむり横丁」

お腹はいっぱいになりましたが、気ままなおひとりさま女子旅の夜はまだ終わりません。ひとり2次会と称して浴衣姿で夜の町へ繰り出しましょう。「あわら温泉駅」ロータリー前にある「あわら温泉屋台村 湯けむり横丁」は、赤ちょうちんの灯る懐かしい雰囲気の屋台形式のお店が並ぶ横丁です。串揚げや手羽先、ラーメンなどその店自慢のお料理とお酒が味わえます。ここで昭和レトロな雰囲気を感じつつ、食後の一杯を。数少ないカウンター席に座って飲めるのも、おひとりさまならではの醍醐味。お店の人やたまたま隣に居合わせた人との会話も楽しみです♪

「手羽先 鳥ひろ」は店主こだわりの手羽先が食べられるお店。オリジナルで味付けした手羽先を二度上げすることで外はカリッと、中はジューシーになっています。それ以外にも、親鳥のたたきや軟骨から揚げなどいろいろな鳥料理が味わえます。アツアツの手羽先に、ビールが進みます♪

横丁の隣には「芦湯」という足湯があるので、外で冷えた足を温めてから宿に帰ってもいいですね。館内には、建物の屋根前面にはめ込まれたステンドグラスが美しい5種類の足湯があり、なんと無料で入れます。

あわら温泉芦湯の詳細情報

あわら温泉芦湯

住所
福井県あわら市温泉1-203
アクセス
あわら湯のまち駅からから徒歩で1分0.30km
営業時間
[日月火水木金土祝] 7:00〜23:00 年中無休
料金
300円 フェイスタオルの自販機有り

データ提供

【2日目】名物グルメの手作り体験と恐竜に会いに行こう!

2日目は、福井のご当地グルメ「越前おろしそば」を味わうべく、そば打ち体験に挑戦です。自分で打ったお蕎麦は味も格別!福井県のもう一つの目玉観光スポット「永平寺」で厳かな気分に浸ったあとは、太古の巨大生物「恐竜」に会いに行きます。2日目も新しい発見と感動が盛りだくさんですよ。

福井のソウルフード越前そば打ちに挑戦!「越前そば道場」

お宿をチェックアウトし、「あわら湯の町駅」から「福井駅」へ戻ったら、そこからバスで約40分の「越前そば道場」へ。福井県のソウルフードといえば、大根おろしがたっぷりと入ったつゆをかけていただく「越前おろしそば」が有名ですが、今回はそれを手作りしちゃいましょう。「越前そば道場」では、事前に予約しておけばそば打ち体験ができ、その場で食べることができます。施設の名前も「道場」だけに、無心にそばをこねていると、邪念が吹き飛んでいきそう・・・!

「越前そば道場」 料理 54818617

出典:love_nyanko76さんの投稿

自分で打ったおそばは、不格好かもしれないけど味は格別!労働の後の空腹感も、一層その味を引き立ててくれることでしょう。粉をふるうところから実食まで、おひとりさまでやり遂げることにも達成感が得られそうです。

越前そば道場の詳細情報

越前そば道場

花堂、赤十字前、商工会議所前 / そば、うどん

住所
福井県福井市福町31-1-19
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

厳しい修行にいそしむ修行僧たちに感服「大本山 永平寺」

厳しい修行にいそしむ修行僧たちに感服「大本山 永平寺」1742080

出典:とるならさんの投稿

体験とランチを楽しんだ後は、再び「福井駅」に戻り今度はえち鉄の「勝山永平寺線」に乗り込みます。乗車時間約25分で「永平寺口駅」に着くので、そこから京福バスで約15分の「大本山 永平寺」へ。ここは770年以上続く曹洞宗の中心的寺院です。出家参禅の道場として、多くの修行僧が勤行、坐禅などの厳しい修行に励んでいます。参拝すればあちこちに修行僧が掃除などをしている姿を見ることができ、とても厳かな気分になれますよ。

北陸の古刹(永平寺)・29

うっそうとした杉林に囲まれたその静寂なたたずまいにも、気持ちがピリッと引き締まります。日頃の自分を見つめ直すのにもいい場所かも。

曹洞宗大本山永平寺の詳細情報

曹洞宗大本山永平寺

住所
福井県吉田郡永平寺町志比5-15
アクセス
1) 福井駅からバスで30分 2) 福井駅から列車で25分 - バスで13分
営業時間
8:00〜16:30 8:00〜16:30(11月〜4月) 8:00〜17:00(5月〜10月)
料金
小学生 200円 中学生 200円 高校生 500円 大人 500円

データ提供

世界三大恐竜博物館のひとつ「福井県立恐竜博物館」

世界三大恐竜博物館のひとつ「福井県立恐竜博物館」1742047

出典:TAKUROさんの投稿

再度バスで「永平寺口駅」に戻りえち鉄に乗車、旅の最後は終点の「勝山駅」から循環バスで約15分のところにある「福井県立恐竜博物館」へ。福井県では1989年からの発掘調査の結果日本で最も多くの恐竜が見つかったことからこの博物館が建てられました。カナダ、中国と並ぶ世界三大恐竜博物館のひとつです。館内は「生命の歴史」「地球の化学」「恐竜の世界」の3ゾーンに分かれており、生命の誕生や人類の歴史、化石や恐竜の骨などさまざまな地球の神秘を感じることができます。長い長い生命の歴史をかけて今自分がここにいるということに、きっと感動を覚えることでしょう。

世界三大恐竜博物館のひとつ「福井県立恐竜博物館」1742068

出典:

ミュージアムショップでは恐竜グッズがたくさん。タオルやトートバッグなどは、友達や自分へのお土産にお揃いで購入するのもいいですね。

一通り見学したら、「カフェ&レストラン Dino」で休憩を。恐竜型のクッキーをあしらった「ティラノパフェ」や恐竜のラテアートがかわいい「恐竜アイスココア」は、運ばれてきたときほっこりしそう♡おいしいスイーツで一人まったりと、この旅を思い返してみましょう。

Dinoの詳細情報

Dino

比島、勝山、発坂 / レストラン(その他)、カフェ

住所
福井県勝山市村岡町寺尾51-11 恐竜博物館
営業時間
9:00~17:00(L.O.16:30)
定休日
不定休(恐竜博物館に準ずる)
平均予算
  • ~¥999

データ提供

福井県立恐竜博物館の詳細情報

福井県立恐竜博物館

住所
福井県勝山市村岡町寺尾51-11
アクセス
1) 中部縦貫自動車道勝山ICよりから車で10分 2) 勝山駅からバスで25分
定休日
第2、第4水曜日、年末年始12/29〜1/2 随時お問い合わせください
料金
小学生 260円 30名以上団体割引あり、50円引き 中学生 260円 30名以上団体割引あり、50円引き 高校生 410円 30名以上団体割引あり、100円引き 大学生 410円 30名以上団体割引あり、100円引き 大人 720円 30名以上団体割引あり、100円引き 備考 幼児、70歳以上の方は無料(証明できるものを提示して下さい。) 特別展開催期間中の料金別途

データ提供

「福井駅」に戻り、帰路の途へ

「福井駅」に戻り、帰路の途へ1742087

出典:sabotaroさんの投稿

おひとりさま女子でのんびり気ままな旅ももうすぐ終わり。最初の出発駅「福井駅」に戻り、特急と新幹線で帰路の途へ着きましょう。「福井駅」から「金沢駅」まで特急「サンダーバード」で約45分、「金沢駅」からは北陸新幹線「はくたか」または「かがやき」で2時間半~3時間で東京に到着します。車内で今この旅行で撮った写真や買ったお土産を眺めながら、旅を振り返るのは楽しいもの。あそこが楽しかった、あの景色が素晴らしかった・・・など、きっといろいろな楽しい思い出ができていることでしょう。

おひとりさまで乗る「えち鉄」旅で、明日からのパワー充電を♪

「越前がに やまに水産」 料理 62042895

出典:あけみ0404さんの投稿

「えち鉄」で大満喫した旅はいかがだったでしょうか?今回の旅は、いつもと違う新しい発見がたくさんありましたか?車窓からの眺めを楽しみ、綺麗な景色を見て、温泉でゆったりという定番の行程はもちろん、気の遠くなるほどの壮大な太古の歴史を学んだり、普段接することのないお寺の修行僧たちの生活に触れたりすることで自分を見つめ直したら、今までのささいな悩みなどが気にならなくなっていることでしょう!日常のモヤモヤを払拭したくなったら、ぜひ「えち鉄」を利用した福井へのおひとりさま女子旅を計画してみてくださいね!

福井県のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

関連キーワード