ドレスアップして今宵はお嬢様ステイ♡長崎「雲仙観光ホテル」

ドレスアップして今宵はお嬢様ステイ♡長崎「雲仙観光ホテル」

いつも同じようなスタイルで過ごしていると、女子力が低くなっているような気持ちになりませんか?今度の女子旅は、エレガントにドレスアップしてホテルステイを楽しんでみましょう。長崎にある「雲仙観光ホテル」は、東洋と西洋の美が融合した優雅なホテル。客室はお嬢様が住むお家のようで、ダイニングルームはかつてダンスパーティが開かれた場所。ドレスアップして過ごせば、非日常な気分が味わえて、女子力が高まりますよ。いつもと違った自分たちに出会いに行きましょう。

2018年10月18日

たまにはオシャレしてエレガンスな時間を

お出かけする女性

仕事と家の往復といった同じ日常を送っていると、ついつい女子磨きも怠りがち。たまにはめいっぱいオシャレをして、そしてインスタ映えを狙った旅ができたら刺激的だと思いませんか?非日常体験するなら、素敵なホテルを目的に旅をするのがおすすめ♡女子力を上げてくれる、そんなホテルをご紹介します!

お嬢様「雲仙観光ホテル」へようこそ

お嬢様「雲仙観光ホテル」へようこそ1739674

出典:

創業80年以上のクラシックホテル「雲仙観光ホテル」。国の登録有形文化財にも登録されている、建築物としても価値あるホテルです。細部までこだわったクラシカルなホテルなら、非日常を満喫する舞台にぴったりです。

期待が高まるエントランス

スイスのシャレー様式を用いた建築法で、山小屋風なのが印象的です。ホテルへ入ると、歴史を感じるエントランスが出迎えてくれますよ。美しいお花のいけ方にも、ホテルのおもてなしの精神を感じます。

階段も手すりも全てが美しい

階段も手すりも全てが美しい1739676

出典:

床や壁などホテルの至るところがきれいに磨かれています。ホテルでは「新しくノスタルジア」をコンセプトに、5年をかけて大規模な改修工事を終えています。工事といっても新しくするための改修工事ではなく、伝統を守って行くために行われた改修工事だったそう。どこを見渡してもホテルの誇りを感じますよ。

伝統を守るルームキー

伝統を守るルームキー1739677

出典:

ルームキーも真鍮製です。くるくる回して開けます。手にしただけで、タイムトリップしたかのような気分になれますね。

気品あふれる客室へ

気品あふれる客室へ1740054

出典:

お部屋のタイプは、スタンダート/スーペリア/デラックス/プレミアム/和室/オリエンタル、そして特別室と、ニーズに合わせて選べます。どのお部屋も扉から調度品、ランプなどすみずみまでホテルの気品を感じます。昭和天皇皇后両陛下も愛されたという特別室は、貴族気分を味わえる美しさです。

壁紙が可愛すぎる♡

壁紙が可愛すぎる♡1740044

出典:

ホテルでは大改修で、あちこちにウィリアム・モリスのデザインを取り入れています。可愛すぎる壁紙もウィリアム・モリス。ノスタルジックな中にモダンな雰囲気を感じさせます。

お部屋それぞれで使っている壁紙もちがいますし内装やインテリアも違うので、雰囲気が全く違います。どの部屋もとびきり素敵なので、何度でも泊まりたくなります。とにかく、大満足できるのは間違いありません。

窓辺の演出も素敵

窓辺の演出も素敵1740075

出典:

雲仙は日本初の国立公園。大自然に囲まれた地にあるこのホテルでは、山側の部屋は窓から鳥のさえずりが聞こえ、美しい自然を眺めることができます。そんな部屋からの景色もホテルの醍醐味ですよね。

雲仙観光ホテルでは、窓辺もロマンチックに演出されています。レースのカーテンだってこんなに可愛いのです。バルコニー付きのお部屋を選べば、外のおいしい空気もお部屋にいながら味わえますよ。

優雅なバスタイムを

優雅なバスタイムを1739681

出典:

次にご紹介するのは素敵なバスルーム。姫気分を高めてくれる、猫足のバスタブにときめいてしまいます♡水回りは素敵に改修工事されているので、清潔で気分良く過ごせる空間です。

優雅なバスタイムを1739683

出典:

エグゼクティブなお部屋だとアメニティがブルガリです。他、お部屋によってフランスのTHEMAE(テマエ)が使われています。アメニティを入れるポーチも用意されているという、うれしい心遣いです。

ホテルですが温泉もあります!

雲仙温泉は1000年以上の歴史ある温泉。ホテルで楽しめる温泉は、雲仙の地獄温泉が源泉です。温泉の入り口もウィリアム・モリスの壁紙です。これも可愛いですね。
こちらが男性用の入り口です。女性用と色違いの壁紙を使っているところにもセンスを感じますね。
ホテルですが温泉もあります!1739685

出典:

お風呂もこんなに素敵なんですよ。タイルやドーム型になった天井など、アールデコ調のデザインでホテルのこだわりを感じます。露天風呂もありますので、心も体もほぐれますね。

ホテルですが温泉もあります!1740085

出典:

誰にも邪魔されずに温泉を貸切できる「家族風呂」もあります。こちらは完全予約制なので、注意しましょう。

ドレスアップしてディナータイム♡

ダイニングでいただくホテル自慢のフレンチ

ダイニングでいただくホテル自慢のフレンチ1739704

出典:

雲仙観光ホテルでいただけるディナーは、フレンチと和食。フレンチをいただくのはホテルでも由緒ある「ダイニング」です。レトロな入り口の看板にワクワクしてきます。

天井や照明、ピカピカの床が美しいです。200畳以上もあるこの場所では、かつてダンスパーティーが開かれていたそうです。今でも演奏会が開かれているので、興味のある方は日にちを合わせて宿泊すれば、よりロマンチックに過ごせますね。
ダイニングでいただくホテル自慢のフレンチ1739687

出典:

テーブルにセッティングされたショープレートもこの美しさ!これはオールドノリタケのデザインをもとにしたオリジナルなのだそう。

ダイニングでいただくホテル自慢のフレンチ1739693

出典:

雲仙の大自然で育まれた素材を使った、地産地消のフレンチがいただけます。最高の雰囲気で味わう、最高の食材を使ったお料理は贅沢です。思いっきりドレスアップして楽しんでくださいね。

雲仙観光ホテル・メインダイニングの詳細情報

雲仙観光ホテル・メインダイニング

雲仙市その他 / フレンチ、ステーキ、喫茶店

住所
長崎県雲仙市小浜町雲仙320
営業時間
12:00~14:00 17:30~21:00
定休日
ホテルに順ずる
平均予算
  • ¥3,000~¥3,999
  • ¥20,000~¥29,999

データ提供

自然の恵みをいただく和食

自然の恵みをいただく和食1739697

出典:

しっとりとした雰囲気の「日本料理 燿亭」。フレンチはちょっと重いかな?という気分の日には、やっぱり和食はうれしいですね。和食は素材が命。自然豊かな雲仙ならではのおいしい素材を生かした和食が味わえます。

自然の恵みをいただく和食1739695

出典:

盛り付けも美しく目でも楽しめますよ。近くで水揚げされた新鮮な魚や季節の旬野菜が感動するおいしさです。極上の時間を過ごせますね。

創業当時からずっと変わらないバー

創業当時からずっと変わらないバー1739705

出典:

たっぷり贅沢な食事を味わい、温泉で心も体も芯からほぐれたら、ぜひ素敵なバーで過ごしてみませんか?昭和10年のホテル創業からずっとあるバー。すみずみまで驚くほどモダンで素敵です。看板だってこんなに可愛いのです。

創業当時からずっと変わらないバー1739706

出典:

暖炉の火をみているだけで落ち着きますよね。バーを訪れたらぜひ注目していただきたいのが、床。手焼きタイルを職人さんが手作業で並べて出来ているのだそう。

雲仙観光ホテル メインバーの詳細情報

雲仙観光ホテル メインバー

雲仙市その他 / バー

住所
長崎県雲仙市小浜松雲仙320 雲仙観光ホテル 1F
営業時間
17:00~23:00
定休日
ホテルに準ずる
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

ホテルを贅沢に堪能し尽す

ホテルの中にはまだまだ見所がいっぱい!目に焼き付けたい、おすすめをご紹介します。素敵なホテルに宿泊するのですから、堪能し尽くしましょう。

外国の絵本に出てくるみたいな「図書室」

外国の絵本に出てくるみたいな「図書室」1739698

出典:

壁紙から調度品、全てが素敵な「図書室」。本が読める場所があるホテルって、それだけで魅力的です。ホテルでゆったりと過ごしてほしいという思いが詰まったスペースなのでしょうね。

本棚には1,500冊以上の本が並んでいます。お好きな本を手にとって本に集中するのも良いですよね。また、ここでドリンクを注文することもできるので、時間を忘れて没頭できそうです。

下を見て歩いていると素敵なデザインに出会える

ホテルに入る前の石畳から、こんなに素敵。ぜひホテルに入る前や帰るときに下を見てみましょう。
エントランスでもこんなに美しい床に出会えます。写真におさめずにはいられませんよね。
手焼きのタイルを敷きつめたという、バーの床もこんなに見事です。職人さんのセンスの素晴らしさに脱帽ですね。

紳士淑女が交流していた「撞球室(どうきゅうしつ)」

撞球室(ビリヤード場)にあるのが、ホテルオリジナルのステンドグラス。本当に素敵です。
紳士淑女が交流していた「撞球室(どうきゅうしつ)」1740225

出典:

かつてここは社交場と呼ばれる場所だったのでしょうね。ビリヤードを楽しむ紳士たちの姿が目に浮かんできます。ウィリアム・モリスの柄を使った椅子もモダンです。

朝のお楽しみが待っています

朝のお楽しみが待っています1740233

出典:

いっぱい楽しんで寝心地の良いベッドで眠りについたら、次の日の朝はお楽しみの朝食が待っています。朝食も洋食か和食を選べますよ。どちらもダイニングでいただきます。洋食ではフワフワのオムレツなど、ホテル自慢の卵料理を朝からたっぷり味わいましょう。

朝のお楽しみが待っています1739702

出典:

器や盛り付けから贅沢気分の和食。少しずつたくさんのおかずが並びます。朝から贅沢です。胃腸にやさしく素材の新鮮さを感じる、やさしい味付けもうれしいです。和食も洋食もどちらも甲乙つけがたい!

忘れずに旅の思い出を買って帰ろう

忘れずに旅の思い出を買って帰ろう1739709

出典:

ホテルには雲仙の特産品や工芸品、ホテルオリジナル商品を販売しているショップがあります。ホテルを出発する前にぜひこちらにも立ち寄って、旅の思い出を探してみてください。

忘れずに旅の思い出を買って帰ろう1739710

出典:

パケ買いしてしまいそうなホテルオリジナルのスイーツや、かわいいオリジナルベアーも並んでいます。贈り物にしたらきっと喜んでもらえそうですよね。

公式詳細情報 雲仙観光ホテル

雲仙観光ホテル

雲仙 / 高級ホテル

住所
長崎県雲仙市小浜町雲仙320地図を見る
アクセス
JR諫早駅よりバスで80分/諫早ICより車で60分/島原外港より車 バスで40分
宿泊料金
33,000円〜(2名1室 / 1名)
宿泊時間
14:00(IN)〜 11:00(OUT)など

33,000円〜 / 人

他で見る

データ提供

こちらもぜひ♪おすすめリンク

雲仙観光ホテルをもっと知る!

観光するなら参考に

お土産に悩んだら

グルメをもっと楽しみたい!

他では体験できない世界観のホテル

他では体験できない世界観のホテル1739708

出典:cowboy_spikeさんの投稿

美しいホテル「雲仙観光ホテル」の魅力をお伝えできましたか?外観からインテリア、床や壁紙、窓枠にいたるまで、女子心をくすぐる魅力がいっぱいつまったホテルです。淑女になれる貴重な時間を過ごしに、「雲仙観光ホテル」にお出かけしてみませんか?

長崎県のツアー(交通+宿)を探す

このホテルの紹介記事

関連記事

関連キーワード