有名どころから隠れた名刹まで!奈良のお寺巡りにおすすめ10選

有名どころから隠れた名刹まで!奈良のお寺巡りにおすすめ10選

奈良と言って思い浮かぶものと言えば何をおいてもお寺が真っ先に出てくる人も多いはず。奈良県では1400寺を超える数のお寺があります。奈良を訪れる観光客も旅のルートにいくつかのお寺を組み込むのは常識になっています。近年は御朱印をいただくことがブームになっていることもあり、お寺を訪れる人は年々増えているんです。今回は古刹・名刹の多い奈良におけるおすすめの厳選10寺をご紹介します!2016年05月04日 最終更新

ブログで紹介

HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。

3

561315

出典:kuromu24さんの投稿

日本で最も古い本格的寺院や世界最古の木造建築など、奈良県は日本が国として成立してきた最初期のエリアであるだけに、古く由緒ある名刹・古刹が非常に多い県となっているのは既に周知の通りです。修学旅行で訪れたという人も多い奈良県ですが、修学旅行で足を運ぶのは有名なお寺がやはり多いですよね。ただ大人になって再訪すると、有名なお寺でも当時と異なる見方や見どころを見つけられるもの。今回は修学旅行でお馴染みの有名なお寺から、ちょっとディープな隠れた名刹まで選りすぐりの10寺をご紹介していきますよ!

奈良公園周辺エリア

東大寺 創建 8世紀前半(700年代前半)

東大寺 創建 8世紀前半(700年代前半)462482

出典:

東大寺は華厳宗大本山となる寺院で、別名を金光明四天王護国之寺とも言います。奈良時代に疫病や飢饉が相次いだことに胸を痛めた聖武天皇が国力を尽くして建立したお寺。創建当時から現代に至るまで広く篤い信仰を集めており、日本の仏教文化をはじめ多方面の文化に大きな影響を与えてきた寺院でもあります。東大寺建設と並行して建設された日本全国60余か国にある国分寺の中心をなるお寺でもあり、総国分寺と位置付けられています。
東大寺 創建 8世紀前半(700年代前半)462484

出典:

東大寺の見どころは何といっても奈良の大仏こと廬舎那仏(るしゃなぶつ)。高さ14.7mにもなるこの大仏様は東大寺の本尊でもあり、創建当時は日本全国の仏教信仰の中心にもなった象徴的存在でもありました。現在東大寺は1998年に古都奈良の文化財の一部としてユネスコから世界遺産に登録されており、日々国内外からの観光客で賑わっています。

興福寺 創建 天智天皇8年(669年)

興福寺 創建 天智天皇8年(669年)462486

出典:

法相宗の大本山である興福寺は南都七大寺の1つに数えられる寺院で、藤原氏の始祖である藤原鎌足とその子である藤原不比等ゆかりの寺院です。藤原氏の氏寺でもあり、興福寺の勢力は古代から中世にかけては絶大なものだったと考えられています。
興福寺 創建 天智天皇8年(669年)462518

出典:

興福寺には境内に多くの見るべき建物を有していますが、中でもおすすめなのは南円堂。ここは西国三十三所第9番札所にもなっており、遍路として回っている人を見かけることもよくあります。また興福寺を訪れたなら必ず足を運びたいのは「国宝館」。教科書でもおなじみの「銅造仏頭(旧山田寺仏頭)」や「阿修羅像」などため息がでるような素晴らしい作品の数々を目にすることができますよ。

新薬師寺 創建 8世紀中期(700年代中期)

新薬師寺 創建 8世紀中期(700年代中期)462521

出典:

華厳宗の寺院である新薬師寺は、光明皇后もしくは聖武天皇が創立者=開基と伝えられている寺院です。奈良時代には南都十大寺のうちの1つでもあった規模も勢力も大きなお寺でした。薬師という名前がある通り、ご本尊は薬師如来様です。その眷属(けんぞく)である十二神将が薬師如来像を囲うようにお立ちになっています。十二神将のうち迷企羅大将像(めきらだいしょうりゅうぞう)は教科書に掲載されることも多く、500円切手のデザインにもなったのでご存知の人も多いと思いますよ。
新薬師寺 創建 8世紀中期(700年代中期)462528

出典:

新薬師寺がある高畑町は観光地として栄える奈良の中でも、静かな佇まいの寺院が多い隠れ名刹スポット。昭和初期には武者小路実篤や小林秀雄など著名な文筆家が暮らしていたこともあります。境内にある香薬師堂の前には小さな庭園があり、季節ごとに花や緑を落ち着いた雰囲気の中愛でることができますよ。

西ノ京エリア

薬師寺 創建 天武天皇9年(680年)

薬師寺 創建 天武天皇9年(680年)462532

出典:

法相宗の大本山である薬師寺は、南都七大寺の1つに数えられる大規模な寺院で、ご本尊は薬師如来様です。創建当初の薬師寺は、飛鳥の藤原京に存していました。現在の薬師寺は平城京遷都後に移転してきたものになります。薬師寺建立の由来が、天武天皇の正妻であった鵜野讃良皇女(うののさららのひめみこ)の病気平癒への発願であったため、今でも病が治るようにと参拝する人が多くあります。
薬師寺 創建 天武天皇9年(680年)462530

出典:

薬師寺と言えば見るべき建築物に東塔と西塔があります。東棟は「凍れる音楽」と称されることで有名な美しい五重塔で、大変落ち着き凛とした佇まいを見せてくれます。対をなす西塔は近年修復が完了し、当時の色彩を復元し見事に鮮やかな姿を取り戻しています。現在東塔は修繕中で、両塔を合わせて目にすることができるのは2019年とされています。

唐招提寺 創建 天平宝字3年(759年)

唐招提寺 創建 天平宝字3年(759年)462536

出典:

唐招航海技術の未発達な奈良時代当時、唐から日本へ渡航するのは命がけでした。5度の失敗を乗り越え、失明をしながらも日本に戒律の制度を確立するために渡日した鑑真が晩年を過ごした寺院が唐招提寺です。井上靖の小説『天平の甍』で一般に広く知られるようになった寺院でもあります。唐招提寺の名前を分解すると唐は国名、招提は私寺を含む仏教寺院を指す言葉であったので、唐招提とは唐から来た人=鑑真のためのお寺という意味になるんですよ。
唐招提寺 創建 天平宝字3年(759年)462537

出典:

唐招提寺の境内には蓮の美しい池や、立派な苔をたたえる苔庭など季節を通じて楽しめる庭園があります。広い境内を散策しながら、古代の僧侶たちに思いを馳せてみるのも乙ですね。

佐紀路エリア

秋篠寺 創建 奈良時代末期(700年代末期)

秋篠寺 創建 奈良時代末期(700年代末期)462552

出典:

秋篠寺は奈良時代末期に平城京西北の地である秋篠に建立されたことからこの名前がついたと言われています。伽藍の大部分は平安時代末期に戦火で焼失し、鎌倉時代に現在の本堂が再興されましたが、当時の金堂や東西の両塔跡は雑木林になっています。静かな雰囲気がリピーターに愛される寺院で、重要文化財に指定されている伎芸天像は東洋のミューズと言われ古美術愛好家をはじめ多くの芸術家や芸能人にも愛されています。
秋篠寺 創建 奈良時代末期(700年代末期)462553

出典:

現在、見事に苔むした庭園かつ森となっているエリアにかつて西塔や金堂がありました。西塔跡や金堂跡を間近に見ることはできませんが、苔むした森の中に当時あったとされる建築物を想うのも心豊かになれるひと時となりますよ。

海龍王寺 創建 8世紀前半(700年代前半)

海龍王寺 創建 8世紀前半(700年代前半)462556

出典:

真言律宗の寺院である海龍王寺は、光明皇后宮(藤原不比等邸宅跡)の北東隅に建立されていたことから隅寺の別称があるお寺。本尊は十一面観音様で木造の観音像は重要文化財に指定されています。海龍王寺は建立された奈良時代当時には、小規模ではありますが3つの金堂をもつ立派な寺院であったことがわかっています。現存する西金堂は位置や規模は奈良時代のままに、多くの修理を受け、主要な部分はほとんどが鎌倉時代のものに代わっていますよ。
海龍王寺 創建 8世紀前半(700年代前半)462558

出典:

海龍王寺で見るべき五重小塔は、西金堂内に安置されている総高4.01mの塔。国宝指定されている塔であり、品目は工芸品ではなく建造物となっています。建造当時から屋内に安置されていた塔で、奈良時代当時の建築様式を知る上で大変貴重な文化財となっています。

斑鳩(いかるが)エリア

法隆寺 創建 推古15年(607年)(伝)

法隆寺 創建 推古15年(607年)(伝)463283

出典:

歴史の教科書でもおなじみの法隆寺は別名斑鳩寺(いるかでら)とも呼ばれるお寺で、周知の通り、法隆寺五重塔を含む西院伽藍(さいいんがらん)は世界最古の木造建築群として大変有名です。法隆寺は聖徳宗の総本山であり、聖徳太子にゆかりの深いお寺としても有名ですよね。夢殿を中心として西院伽藍と東院伽藍に分けられ、境内の広さは約18万7千平方メートルにも及びます。
法隆寺 創建 推古15年(607年)(伝)462590

出典:

法隆寺には見るべきスポットが本当にたくさんありますが、中でもおすすめなのは八角円堂である法隆寺夢殿。堂内には聖徳太子の等身像と言われる救世観音像が安置されています。また春と秋の一定期間しか公開されない秘仏観音菩薩立像も一度は見ておきたい美しい仏像です。

中宮寺 創建 7世紀前半(600年代前半)

中宮寺 創建 7世紀前半(600年代前半)463430

出典:

現在は法隆寺に隣接している中宮寺は、聖徳太子ゆかりの寺院で聖徳宗に属する寺院。法隆寺に比べて参拝客で混雑することが少ないので、ゆったりと参拝することができます。本尊は如意輪観音様で、木造菩薩半跏思惟像(もくぞうぼさつはんかしゆいぞう)は国宝にも指定されています。建立当時は現在の場所から400mほど東にあったとされており、現地に移転したのは江戸時代前期のことと伝わっています。
中宮寺 創建 7世紀前半(600年代前半)463432

出典:

中宮寺には東洋美術史上、欠かすことのできない仏像があります。それは前述にもあった木造菩薩半跏思惟像。国債美術史学者の間でも大変評価の高い仏像で、アルカイックスマイルの典型としてエジプトのスフィンクス、ダ・ヴィンチ策のモナリザと並んで、世界の三大微笑像と呼ばれています。

明日香村エリア

飛鳥寺 創建 6世紀末(500年代末)

飛鳥寺 創建 6世紀末(500年代末)463433

出典:

日本最古の本格的仏教寺院として歴史を刻んできた飛鳥寺は、蘇我氏の氏寺で開基は蘇我馬子と言われています。現在の宗派は真言宗豊山派です。本尊はいわゆる飛鳥大仏=銅造釈迦如来坐像でそもそもは止利仏師(とりぶっし)の作とされている像です。ただ長い時代を経ているので損傷がはげしく、後世に多く修繕をされています。
飛鳥寺 創建 6世紀末(500年代末)463434

出典:

609年に開眼したとの伝がある飛鳥大仏は、火災等で被災し創建当時のままの部分は頭部と右手指の一部のみとなっています。それでももともとの創建は前述の通り止利仏師のものであり、日本最古の金銅丈六釈迦如来像として長く威厳を示してきました。用いた材料に黄金30kgとあることから、当時は大変な輝きを見せていたと思われます。

いかがでしたか?

いかがでしたか?463441

出典:

多くの寺院を擁する奈良県は、四季を通して観光客の多い場所でもあります。ただ他の歴史的観光地と比較しても、当時のままの姿で残るエリアなどが多く、建造物を含め当時の風をより体感できる場所でもあります。特に飛鳥時代や天平時代など古代日本の面影を残す建造物が建つエリアは、今でもゆったりとした時間が流れており、静謐な寺院に身を置くと心身が洗われること間違いありません。

関連まとめ

関連キーワード