【沖縄・読谷村】「やちむんの里」でお得に楽しく陶器を満喫する旅

【沖縄・読谷村】「やちむんの里」でお得に楽しく陶器を満喫する旅

食器やアクセサリーにいたるまで、女性から根強い支持を受けている陶器。ぬくもりを感じる土の質感や、流行に左右されない安定感のあるデザインで、永く付き合えるものとして人気を集めています。そんな陶器好きに愛されてやまないのが沖縄のにある「やちむんの里」!リゾート旅も良いけれど、沖縄はクラフトも大充実。心ゆくまで大好きなやちむんの世界に浸ってみませんか?

2018年11月29日

読谷村で陶器と自然を満喫する女子旅へ♡

沖縄

沖縄陶器の全てを感じられる場所といえば、読谷村にある「やちむんの里」。那覇バスターミナルから車で約55分。緑に囲まれた小高い場所にあり、ゆったりとした坂を登りながら、散歩気分で工房や販売所を見学できます。敷地は広く、沖縄の自然を楽しむには十分♪

読谷村で陶器と自然を満喫する女子旅へ♡1777177

出典:

青い空も生い繁る深緑の植物も、はっきりとした色合いでイキイキと語りかけてくるよう。沖縄らしいトリップ感と解放感バッチリのロケーションの中に、やちむんの世界が広がります。

やちむんの里の詳細情報

やちむんの里

住所
沖縄県中頭郡読谷村座喜味
アクセス
1) 那覇バスターミナルからバスで75分比謝後原バス停下車後、29番線に乗り換え - 親志バス停から徒歩で15分 2) 那覇バスターミナルからタクシーで55分
料金
無料

データ提供

知るほどハマる「やちむんの里」の魅力とは?

やちむんの里・12(沖縄県中頭郡読谷村)

読谷村は、現在約64の工房がある陶器が盛んなエリア。その中の19の工房が集い、制作活動をしているのが「やちむんの里」(2018年7月現在)です。ここでは、それぞれがアトリエで制作を行うほか、敷地内にある共同登窯を使用した陶器「読谷山焼」の制作も行われています。個性豊かな作家さんの作品を一同に見て回れる場所として、やちむんファンに親しまれています。

「やちむん」と言っても、その個性は本当に様々。ここにくるとその違いが顕著に感じられますよ!やちむんの面白さや味わい深さは、知れば知るほど夢中になるはず!この場所からハマリ出す女性も多くいるんですよ♪

ここだけは押さえたい!3つの見どころ

ここだけは押さえたい!3つの見どころ1663356

出典:norainuさんの投稿

季節や気温によっては、広い敷地内を全部見て回るのが厳しいことも。そんな時におすすめしたい3つのスポットをご紹介します。気候だけでなく、ちょっと時間が足りない…という時にも効率よく楽しめるポイントになるはず。

圧巻の登窯「読谷山焼共同窯」

読谷やちむんの里

「やちむんの里」には、3つの登窯があります。その中でも「読谷山焼共同窯」は、赤煉瓦と空の色のコントラストが目をひくシンボリックな存在。

この建物の中に、複数の窯が入っていて、数名が共同で使用できる仕組み。窯出しは年に数回しか行われておりませんが、運が良ければ目撃できるかも。

中を覗くと、蒔、土、窯がずらりと並び、その姿はクリエイティブな反面どこか原始的。自然が成す強さや可能性に胸を打たれます。まさに圧巻のひと言!一見の価値あり!

熟練の技を吟味「読谷山焼窯共同売店」

熟練の技を吟味「読谷山焼窯共同売店」1663366

出典:

「読谷山焼共同窯」で制作されたやちむんを販売しているのが、読谷山焼窯共同売店。比較的ベテランの作品が多く、伝統的なモチーフやデザインのものを好む人、クオリティにこだわる人が吟味していく場所。

やちむんビギナーも一度は通るべき作品群が揃っています。まずはここで自分の好みやベーシックな種類を知れば、後のやちむん探索がもっと楽しくなりますよ!

お持ち帰りの本命「北窯売店」

お持ち帰りの本命「北窯売店」1663370

出典:

敷地内の奥に位置する「北窯」は若手陶工が多く使用しています。そこで制作されたやちむんが買えるのが「北窯売店」。

芸術作品や大作だけでなく、生活に溶け込みやすいアイテムやモダンな作品が多く揃っているので、出会いの可能性大!

やちむんのある生活が想像しやすい、やちむん愛が深まる場所です。

出会いの宝庫「読谷山焼陶器市」

出会いの宝庫「読谷山焼陶器市」1663391

出典:

通常時は、登窯や売店、アトリエ等を見て回るのが「やちむんの里」の楽しみ方ですが、毎年12月に「読谷山焼陶器市」というイベントが開催されます。県内外から多くの人が集まる大イベント!

B級品も含めて、膨大な量のやちむんが20〜30%OFFで購入できるというお得な市!お気に入りの作家さんの作品を目当てに毎年訪れる人、お土産としてまとめ買いする人など、大勢の人がやちむんに魅了される3日間です。

期間中は、敷地内に飲食店が出店したり青空市のような屋外販売もあり、一日中楽しむことができます。運命の出会いを探すように、ゆっくりじっくり作品と向き合ってみては?

インスタを賑わす女性に人気の作品って?

インスタを賑わす女性に人気の作品って?1777182

出典:

「やちむんの里」の陶工さんは、ベテランから若手まで様々。最近は若手女性陶工も増え、ますます女性のやちむんファンを増やしています。中でも、特に注目を集めている作品をご紹介します。

ナチュラルな色合いにほっこり「工房いろは」

飾らない自然な色合いは、サトウキビの釉薬によるもの。日常に溶け込みつつも、文様のようなさりげない模様や、ぽってりとしたフォルムが沖縄らしい。

日々に寄り添う相棒的存在として手元に置いておきたくなりますね。

愛らしくて実用的「常秀工房」

やちむんと聞いて、誰しもが想像するような伝統的な模様や手法を守りながら、現代の生活ニーズにあった作品を発表しています。

豆皿や小さい花器など、家にあるとヘビロテしそうなアイテムも多数。気がつけば「やちむんのある日常」にハマっていきます。

オリジナルのブルー夢中!「志陶房」

沖縄の海のように、目がさめるような鮮やかなブルーが施された「夏至南風(カーチベー)」は、オリジナルの釉薬が生み出すオンリーワンの陶器。

ぬくもりと透明感を併せ持つ作品は、夏の癒しになること間違いなし!

ミルクのような深い白に癒される「山ひつじ舎陶器」

やちむんでは珍しい白の陶器。女性らしい細やかな仕様でありながらも、厚みや丸みは沖縄独特のそれ。やちむんビギナーでも取り入れやすい白は、コーヒーや洋菓子との相性も良く、おしゃれな女性に愛されています。

まるでホットミルクのような、優しさや深みに安心感を覚えますよね。

やちむん&グルメでほっとひと息

「やちむん&カフェ 群青」 料理 54458630

出典:

「やちむんの里」で陶器の世界に触れたら、早速使ってみたいですよね。家まで待てない!という時は、近くのカフェでひと休みはどうでしょうか?やちむんの食器で提供してくれる美味しいお店がたくさんありますよ。中でも女性に支持されているお店はこちら!

ビタミンカラーに元気をもらおう!「やちむん&カフェ群青」

「やちむん&カフェ 群青」 料理 54458596

出典:

やちむんギャラリーを併設しているカフェ「やちむん&カフェ群青」では、石窯で焼かれたもちもちサクサクのピザが大人気。ビタミンカラーが眩しい大ぶりの野菜を乗せた健康的なピザと、自然味溢れるやちむんの組み合わせはまさにマリアージュ!

月に1回程度沖縄民謡やフラメンコのステージも開催されているそう。読谷村に来てよかったー!と心から感じられる時間が過ごせそうですね。

やちむん&カフェ 群青の詳細情報

やちむん&カフェ 群青

読谷村 / イタリアン、カフェ、ピザ

住所
沖縄県中頭郡読谷村座喜味2898-21
営業時間
[月・火・木・金・土・日] 10:00〜19:00 (ピザのご提供は11:00~L.O.18:30) 売切れ次第閉店となります。
定休日
水曜日
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999
  • ¥2,000~¥2,999

データ提供

ぬくもりのあるスイーツに感動!「まらなた」

「まらなた」 料理 40815149

出典:しまじろー3さんの投稿

ゴロゴロと大胆にカットされたマンゴーが目にもジューシーなかき氷や、有名な地元グルメ沖縄ぜんざいが楽しめるお店。こちらも手作りのやちむんで提供してくれます!

「まらなた」 料理 40815153

出典:しまじろー3さんの投稿

冷たいかき氷と厚みと深みのあるやちむんのコントラストが、なんとも素敵。ガラスの器にはない優しさが感じられますよ。

まらなたの詳細情報

まらなた

読谷村 / カフェ・喫茶(その他)、沖縄そば

住所
沖縄県中頭郡読谷村字座喜味2678-4
営業時間
AM11:00〜PM6:00
定休日
年中無休
平均予算
  • ~¥999

データ提供

ここにしかない出会いを探しに行こう!

やちむんの里

「やちむんの里」は、作品が生まれる工程に触れられるのが最大の魅力!インテリアショップや雑貨屋さんに並んでいるものより、作品の一つひとつにストーリーを感じられます。沖縄の自然の中で、やちむんと向き合っていると「かわいい」「おしゃれ」という基準だけではなく「本当に心が惹かれるもの」が見えてきそう。きっとここにしかない出会いがあるはず!ぜひ足を運んでみてくださいね♪

沖縄県のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

沖縄県×ホテル・宿特集

関連キーワード